ブンデス初ゴールの伊藤洋輝、遠藤航が祝福も「本音を言うと」

2021.11.27 10:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトのDF伊藤洋輝がブンデスリーガ初ゴールを喜んだ。

26日、シュツットガルトはブンデスリーガ第13節でマインツをホームに迎えた。

3連敗中のシュツットガルトは、この試合も伊藤とMF遠藤航が先発フル出場を果たす。

すると21分、ボックス付近でパスを繋いでいると、3バックの左に入っていた伊藤がするすると上がりボックス内へ。マンガラからのパスを受けると、右足を振り抜き、GKに触られながらもゴールを奪った。

これが嬉しいブンデスリーガ初ゴールとなると、その後は追いつかれながらも勝ち越し、2-1で勝利。連敗を「3」でストップさせた。

試合後、伊藤は自身のインスタグラムを更新。「ブンデスリーガ初ゴール!! 応援ありがとうございました」とファンのサポートに感謝した。

また、遠藤はストーリーズで伊藤に対して「初ゴールおめでとう」と祝福。伊藤は「ゴールから出てきたボールしっかり蹴り込んでたのしっかり見てるから」と返信すると、遠藤は「本音を言うとポストに当たって俺のとこにこぼれてきて欲しかった」と、自身もゴールを狙っていたことを明かした。

現在はレンタル移籍でジュビロ磐田から加入している伊藤。完全移籍への切り替えもクラブが検討しているというが、この活躍を続ければ実現もあるだろう。




関連ニュース
thumb

マジョルカ、シュツットガルトからマフェオを完全移籍で買い取り

マジョルカは24日、シュツットガルトのスペイン人DFパブロ・マフェオ(24)を完全移籍で買い取ったことを発表した。 2018年夏にマンチェスター・シティからシュツットガルトに加入した右サイドバックのマフェオは、2021年7月にマジョルカへ買い取りオプション付きのレンタルで加入。 今季はラ・リーガ35試合に出場して1ゴール5アシストを記録し、マジョルカの残留に貢献していた。契約条項により買い取り義務が発生し、ドイツ『キッカー』によれば300万ユーロ(約4億円)が支払われることになるようだ。 2022.05.25 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

シュツットガルトが保有元アーセナルからマヴロパノス買取! カラソルとも契約延長

シュツットガルトは19日、ギリシャ代表DFコンスタンティノス・マヴロパノス(24)の完全移籍移行を発表した。 マヴロパノスは2020年夏にアーセナルからレンタル加入。シュツットガルトとのローン契約を延長した今季もブンデスリーガ31試合に出場して、買取オプションの行使義務発生が噂されている状況だった。 報道によれば、アーセナルに支払われる額は320万ユーロ(約4億3000万円)。シュツットガルトと新たに2025年6月30日までの契約にサインしたマヴロパノスは喜びの心境を口にしている。 「僕はは常にベストを尽くしてきましたし、これからもこの素晴らしいクラブのために全力で頑張るよ。クラブ内での信頼とファンからの愛は僕の大きなモチベーションになっているんだ」 また、チームは今季のリーグ戦24試合に出場したドイツ人MFアタカン・カラソル(25)との契約延長も発表。新たな契約は2026年6月30日までとなる。 2022.05.21 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表初招集のDF伊藤洋輝が同日に磐田からシュツットガルトへ完全移籍!2025年夏まで契約

シュツットガルトは20日、日本代表DF伊藤洋輝(23)の完全移籍加入を発表した。 伊藤はジュビロ磐田からのレンタル移籍だったが、買い取りオプションを行使。契約期間は2025年6月30日までとなる。 伊藤は2021年夏にジュビロ磐田から買取オプション付きのレンタルで加入。当初こそセカンドチームでのプレーを予定していたが、プレシーズンからアピールに成功して、トップチームで主力としての地位を築いた。 センターバックとしてプレーし、ブンデスリーガでは29試合で1ゴール1アシスト。DFBポカールでは2試合に出場。ブンデスリーガ最終節では、後半アディショナルタイムにCKをヘディングでフリックすると、遠藤航の劇的勝ち越しゴールをアシスト。チームの残留に大きく貢献していた。 また、同日には日本代表に初選出され、6月のキリンチャレンジカップ2022、キリンカップサッカー2022でのデビューが期待される。 シュツットガルトのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるスヴェン・ミスリンタート氏は、クラブを通じて伊藤について言及している。 「彼のサッカーのスキルとキャラクターの特徴は、我々のチームにおいてとても貴重だ。従って、買い取りオプションを選択することはすぐに分かった」 「ヒロキが今後もシュツットガルトのシャツを着続けることをとても嬉しく思う」 伊藤は磐田を通じて、コメントしている。 「この度、VfBシュトゥットガルトへと完全移籍することになりました。昨年、ジュビロ磐田での最後の試合でエコパスタジアムに掲げていただいた言葉を胸に一年間戦ってきました。チームとしては苦しいシーズンでしたが、なんとか残留することができました」 「これからも厳しい環境に身を置き、更にレベルの高いプレーヤーへと成長できるよう頑張ります。これまでサポートいただいた皆様、ありがとうございます。これからも応援よろしくお願いします」 2022.05.20 21:32 Fri
twitterfacebook
thumb

東京五輪世代で過去にも招集、A代表初招集となったDF伊藤洋輝に森保監督「守備力が格段に上がった」と評価

20日、キリンチャレンジカップ2022、キリンカップサッカー2022に臨む日本代表メンバー28名が発表された。 3月のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を終えてからおよそ2カ月が経つ中で、本大会に向けた貴重な4試合を6月に行うこととなる。 キリンチャレンジカップでは、パラグアイ代表とブラジル代表と対戦。また、キリンカップサッカーでは、ガーナ代表と対戦し、チリ代表かチュニジア代表ともう1試合を戦うこととなる。 今回のメンバーでは、唯一の初招集となったのがシュツットガルトのDF伊藤洋輝だ。 昨夏にジュビロ磐田からシュツットガルトへとレンタル移籍した伊藤は、当初はBチームに入る予定だったが、ペッレグリノ・マタラッツォ監督がその才能に惚れ込み、シーズン前からファーストチームに帯同。ブンデスリーガで:29試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 伊藤について森保一監督は評価を語った。 「今年はシュツットガルトでシーズンを通してディフェンスのポジションで出続けています」 「守備のところで屈強な相手を止めながらも、攻撃では彼の良さを出してチームの攻撃の起点となる選手として活躍していたと思っています」 東京オリンピック世代でもある伊藤は、2018年にAFC U-23選手権に出場。森保監督の下でもプレー経験がある。 当時はボランチでの起用だった伊藤。ドイツでの変化については、「守備力が格段に上がったと思っています」と語り、ブンデスリーガで揉まれたことが非常に大きいと感じているようだ。 2022.05.20 17:09 Fri
twitterfacebook
thumb

今、日本代表に呼ぶべき未招集選手5人。特長を示すストライカーや中盤の要

20日、6月のキリンチャレンジカップ2022、キリンカップサッカー2022に向けた日本代表メンバーが発表される。 11月に開幕するカタール・ワールドカップに向けた貴重な実戦の場。チームとして本番前に行えるテストが限られた中、森保一監督がどのようなメンバーを招集するのか注目が集まっている。 そこで、今呼ぶべき日本代表未招集の選手5名をピックアップする。 <H2>①献身性を身につけたストライカー</H2> FW鈴木優磨 生年月日:1996年4月26日 所属:鹿島アントラーズ 2022 Jリーグ:13試合/6ゴール4アシスト 日本代表歴:なし 鹿島のアカデミー育ちの鈴木は2019年7月に海を渡りシント=トロイデンへ完全移籍。ベルギーでの挑戦をスタートさせた。 初年度こそ苦しむ時期もあったが、3シーズンをプレーしジュピラー・プロ・リーグでは69試合で26ゴール6アシストを記録。昨夏は多くのクラブが興味を示したものの、移籍話がまとまらずに残留。今シーズンはその影響もあり数字を残せないでいると、1月にもヨーロッパでのステップアップを目指すと思われた中、古巣の鹿島へ電撃復帰を果たした。 その鈴木だが、鹿島では絶好調。大先輩である小笠原満男氏が背負った「40」をつけ、ゲームキャプテンを務めるほか、ピッチ上ではハードワークと献身性を見せるだけでなく、6ゴール4アシストとすでに10ゴールに絡む活躍を見せている。 時折みせるヤンチャな部分が悪目立ちする印象はあるが、日本代表のエース候補でもあるFW上田綺世とのコンビネーションも抜群。献身性、デュエルで戦える強さ、得点力と招集に必要な要素は備えていると言って良いだろう。 <span class="paragraph-title">②トップ下で花開く万能型FW</span> <span data-other-div="page1"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/daihyo20220520_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> FW西村拓真 生年月日:1996年10月22日 所属:横浜F・マリノス 2022 Jリーグ:9試合/4ゴール 日本代表歴:なし ベガルタ仙台から今シーズン横浜FMへと完全移籍で加入した西村。若くして、CSKAモスクワ、ポルティモネンセとヨーロッパでのプレーを経験しており、チャンピオンズリーグ(CL)でもプレーを経験済みだ。 ヨーロッパの挑戦は決して順風満帆というわけにいかず、出場機会もあまり得られないという苦しい時代だった。 復帰した仙台でも苦しい状況は続き、チームはJ2に降格。そんな中、移籍した横浜FMではチームに欠かせない戦力となっている。 これまでは2トップの一角や、ワイドのポジションで起用されていた西村だが、ケヴィン・マスカット監督はトップ下のポジションに配置。すると、持ち前の献身性に加え、豊富な運動量を生かしたプレーで、攻守に顔を出す活躍を見せている。 走行距離も常に高いだけでなく、シーズンはすでに4ゴールを記録。先日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも全試合に出場するなどタフさも備えており、攻撃を活性化させるという点では日本代表でも生きる存在と言えるだろう。 <span class="paragraph-title">③ドイツで輝いたレフティCB</span> <span data-other-div="page2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/daihyo20220520_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> DF伊藤洋輝 生年月日:1999年5月12日 所属:シュツットガルト(ドイツ) 2021-22 ブンデスリーガ:29試合/1ゴール1アシスト 日本代表歴:なし 昨夏にジュビロ磐田からシュツットガルトへとレンタル移籍した伊藤。今シーズンはU-23チームに所属してプレーするはずだった。 しかし、シーズン前のトレーニングキャンプでファーストチームに帯同すると、ペッレグリノ・マタラッツォ監督がその才能に惚れ込みそのまま帯同。シーズン初戦のDFBポカールでいきなり先発すると、その後もポジションを確保して3バックの一角でプレーを続けた。 ブンデスリーガでも屈強なストライカー相手に負けないプレーを見せたほか、元々の持ち味だった攻撃参加と非凡なパスセンスでビルドアップや攻撃の起点になることも多く、現代のセンターバックとしての素質を兼ね備えている状況だ。 高いレベルでシーズンを通してプレーし、最終節では遠藤航の劇的ゴールをアシストするなど、チームにも多大なる貢献を見せている。左利きのCBとして、板倉滉(シャルケ)というライバルがいる中、日本代表でもパフォーマンスが見たいものだ。 <span class="paragraph-title">④無尽蔵のスタミナで中盤を制圧</span> <span data-other-div="page3"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/daihyo20220520_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> MF小泉慶 生年月日:1995年4月19日 所属:サガン鳥栖 2022 Jリーグ:13試合 日本代表歴:なし アルビレックス新潟、柏レイソル、鹿島アントラーズと渡り歩き、昨シーズン途中から鳥栖でプレーする小泉だが、その運動量は日本の助けになるかもしれない。 Jリーグ屈指の走行距離を誇る小泉は、これまでサイドバックで起用されることが多かったが、鳥栖ではアンカーやボランチの一角でプレー。すると、豊富な運動量を武器に、広大なカバー範囲を誇り、チームの守備を支えている。 また、カバーの範囲が広いだけでなく、ボールを刈り取る能力にも長けており、激戦区ではあるものの、日本のボランチとしては非常に注目すべき能力を持っていると言えるだろう。 もちろん、サイドでのプレーも可能という点ではユーティリティ性も高く、限られたメンバーで戦う代表にいれば心強いことは間違いない。 <span class="paragraph-title">⑤ボランチでもインサイドでも輝くゲームメーカー</span> <span data-other-div="page4"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/daihyo20220520_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> MF樋口雄太 生年月日:1996年10月30日 所属:鹿島アントラーズ 2022 Jリーグ:13試合/3アシスト 日本代表歴:なし サガン鳥栖から今シーズン鹿島に完全移籍で加入した樋口。ここまでリーグ2位と好調を維持するチームを支えている1人と言って良いだろう。 数字だけを見れば3アシストと多くはないが、鳥栖時代に鍛えられた走力と、的確なポジショニングと状況判断を生かした守備力は、鹿島の中盤のカギとなっている。 また、1つ前でプレーしていた樋口は、ゲームメイクする力や、パスセンスも非凡なものがあり、攻撃の起点として機能するだけでなく、決定的な仕事もできる存在だ。 森保監督が[4-3-3]を継続するのか、それとも[4-2-3-1]や[4-4-2]、[3-4-2-1]とどのシステムを考えているかは定かではないが、中盤ならどこでも高いレベルでプレーできる樋口の存在は貴重になるだろう。 2022.05.20 12:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly