アーセナル保有のマヴロパノスが完全移籍へ! ブンデス残留のシュツットガルトに買取義務発生

2022.05.16 17:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ギリシャ代表DFコンスタンティノス・マヴロパノス(24)がシュツットガルトに完全移籍を果たすようだ。

マヴロパノスは2018年1月からアーセナルが保有するセンターバックだが、出番に恵まれず、2020年1月のニュルンベルク入りからドイツが主戦場に。同年7月からはシュツットガルト入りした。

シュツットガルトとのローン契約を延長した今季もブンデスリーガ31試合に出場。チームは先週末のリーグ最終節まで降格危機に瀕したが、日本代表MF遠藤航の劇的弾で制して1部残留を決めた。

移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、シュツットガルトの1部残留決定でマヴロパノスの契約に付く買り取り義務が発動。額は270万ポンド(約4億2000万円)前後だという。

なお、マブロパノスは近々、シュツットガルトと将来について話し合う見通しとのことだ。

関連ニュース
thumb

「えぐい!」「ゴラッソすぎる」遠藤航のワールドクラスのミドルに称賛の嵐「ミドル上手くなったら最強」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航が衝撃の一発を決めた。 13日、ブンデスリーガ第2節のブレーメンvsシュツットガルトが行われ2-2の引き分けに終わった。 今シーズンもキャプテンを務める遠藤は、開幕戦のRBライプツィヒ戦に続いて先発出場を果たす。 試合は開始4分でいきなり失点を喫する苦しい展開に。しかし、そのチームを救ったのが遠藤だった。 37分、左サイドからパスを繋いで崩すと、クリス・ヒューリッヒの縦パスをサーシャ・カライジッチがダイレクトで落とすと、後ろから上がってきた遠藤がバイタルエリアで右足一閃。衝撃の弾道のミドルシュートがゴール左に突き刺さり、同点に追いついた。 昨シーズンは開幕戦でゴールを決めていた遠藤は、今季は第2節でゴール。その後、互いに1点ずつを取り合い勝利とはならなかったが、遠藤個人としては幸先の良いシーズンスタートとなった。 遠藤は自身のインスタグラムで「結果は残念でしたが、今季初ゴールを決めることができて良かったです。頑張ります」と意気込んでいる。 ファンからも「あっぱれ」、「えぐい!」、「蹴った瞬間入るのが分かる」、「ミドル上手くなったら最強」、「ゴラッソすぎる」と、ワールドクラスのミドルシュートに驚きの声が止まなかった。 <span class="paragraph-title">【動画】半端ない!遠藤航のワールドクラスのミドルシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="s6YvQkC9viA";var video_start = 46;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.15 23:15 Mon
twitterfacebook
thumb

鎌田&遠藤が今季初ゴール! 日本代表DF対決は劇的ドロー決着【ブンデスリーガ日本人選手】

ブンデスリーガ第2節が13、14日にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 開幕節から多くの選手が出場機会を得る中、フライブルク新加入の堂安が今季リーグ戦初ゴールを記録。そして今回の第2節では、フランクフルトの鎌田とシュツットガルトの遠藤に初ゴールが生まれた。 3日前のUEFAスーパーカップから連続でスタメンとなった鎌田は、開始3分に自身のボールロストからヘルタ・ベルリンにショートカウンターを受け、失点を招く。 それでも迎えた後半開始3分、敵陣高い位置でのボール奪取からショートカウンターに転じると、コロ・ムアニのラストパスを鎌田が難なくゴールに蹴り込んだ。その後はオープンな展開となったが、互いに追加点は生まれず。試合は1-1の引き分けに終わった。 一方、遠藤と伊藤が先発したシュツットガルトは、アウェイでブレーメンと対戦。開始4分に失点したシュツットガルトだったが、37分にカライジッチのパスを受けた遠藤が豪快に右足を一閃。強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。 シュツットガルトは77分にムヴァンパにゴールで逆転に成功したが、試合終了間際の追加タイム5分にパワープレーを受けた流れからバークに決められ、2-2でタイムアップを迎えた。 また、吉田vs板倉の日本代表対決となったシャルケvsボルシアMGは、試合終了間際にPKを獲得したシャルケがバルターのゴールで追いつき2-2のドロー決着となっている。 その他、ホッフェンハイムとアウェイで対戦した浅野所属のボーフムは、13分までに2点をリードしたが、前半の内に追いつかれると試合終了間際の88分にダブールに逆転弾を許し、そのまま2-3で敗戦。2戦連続のスタメンとなった浅野は見せ場を作ることができず77分に交代した。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽8/13 シャルケ 2-2 ボルシアMG ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424556">結果ニュース</a> ★鎌田大地[フランクフルト] ▽8/13 ヘルタ・ベルリン 2-2 フランクフルト ◆86分までプレー、48分に今季初ゴールを記録 ★長谷部誠[フランクフルト] ▽8/13 ヘルタ・ベルリン 2-2 フランクフルト ◆74分からプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424550">結果ニュース</a> ★堂安律[フライブルク] ▽8/12 フライブルク 1-3 ドルトムント ◆85分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424504">結果ニュース</a> ★吉田麻也[シャルケ] ▽8/13 シャルケ 2-2 ボルシアMG ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424556">結果ニュース</a> ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽8/14 マインツ 0-0 ウニオン・ベルリン ◆70分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424603">結果ニュース</a> ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽8/13 ブレーメン 2-2 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽8/13 ブレーメン 2-2 シュツットガルト ◆フル出場、38分に今季初ゴールを記録 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=424549">結果ニュース</a> ★浅野拓磨[ボーフム] ▽8/13 ホッフェンハイム 3-2 ボーフム ◆77分までプレー 2022.08.15 06:30 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤が豪快ミドル弾もシュツットガルト、試合終了間際の被弾でブレーメンにドロー《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは13日、ブンデスリーガ第2節でブレーメンとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場している。 強豪ライプツィヒとの開幕節で遠藤と伊藤が揃って先発した中、1-1の引き分けに持ち込んだシュツットガルトは、引き続き遠藤と伊藤がスタメンとなった。 開幕節でヴォルフスブルクに引き分けたブレーメンに対し、シュツットガルトは開始4分に失点する。ユングの左クロスからフュルクルクにヘディングシュートを決められた。 さらに9分、フュルクルクにバー直撃のシュートを浴びてひやりとしたシュツットガルトは、ボールこそ持つものの攻めあぐねる状況が続いた。 そんな中33分、遠藤がミドルシュートでGKを強襲すると、37分に同点弾を叩き込む。中央でボールを受けた遠藤が豪快に右足を一閃。強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。 1-1で迎えた後半、守勢に回っていたシュツットガルトだったが、77分に逆転する。カライジッチのスルーパスでディフェンスライン裏を取ったムヴァンパがGKとの一対一を決めきった。 このまま逃げ切るかと思われたシュツットガルトだったが、試合終了間際の追加タイム5分に落とし穴。パワープレーを受けた流れから最後はバークに決められた。 直後にタイムアップとなり2-2で決着。シュツットガルトは逃げ切り失敗で2戦連続ドローとなった。 2022.08.14 00:44 Sun
twitterfacebook
thumb

主砲流出覚悟のシュツットガルトはザークツィーを後釜に?

シュツットガルトが、バイエルンのU-21オランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(21)の獲得に動いているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 シュツットガルトではエースストライカーのオーストリア代表FWサシャ・カライジッチ(25)に今夏の流出の可能性がある。とりわけ、先週末に行われたRBライプツィヒとのリーグ開幕戦後には、自身の将来について明確にしたいと、移籍を示唆するコメントも残している。 そのため、エース流出に備えてクラブは、後釜の確保に動き始めている。 『スカイ』によると、シュツットガルトは9日にバイエルンと電話での話し合いを行い、ザークツィーの問い合わせを行ったという。ただ、現時点ではクラブ間、個人間の双方において合意には至っていないという。 ザークツィー自身はバイエルンに比べて出場機会を得られるシュツットガルト移籍に前向きな姿勢を示しているようだが、バイエルンは同選手の移籍金として2000万ユーロ(約27億4000万円)を要求しており、お世辞にも資金力が潤沢とは言えないシュツットガルトが獲得できるかは微妙なところだ。 ただ、バイエルンサイドはカメルーン代表FWエリック・マキシム・チュポ=モティングを前線のバックアッパーに位置づけ、ザークツィーは余剰人員となっているため、移籍形態は不明だが、シュツットガルトへの移籍を認める可能性もある。 2017年にフェイエノールトからバイエルンに加入した大型ストライカーのザークツィーは、2019年12月にトップチームデビュー。そのデビューシーズンはリーグデビュー戦でのゴールを含め、ブンデスリーガ4ゴールを挙げる活躍を見せて台頭した。 しかし、以降はトップチームに定着できず、一昨シーズンの後半戦はパルマへ、昨シーズンはアンデルレヒトに2シーズン連続で武者修行へ出ていた。 そのアンデルレヒトでは公式戦47試合18ゴール13アシストと、覚醒の兆しとなる印象的なパフォーマンスを見せていた。 2022.08.11 15:29 Thu
twitterfacebook
thumb

「こりゃすごい」たった1本のパスで決定機を作る伊藤洋輝の“左足絶品フィード”に称賛の声「すげーピンポイント」

シュツットガルトの日本代表DF伊藤洋輝の左足に注目が集まっている。 伊藤は、7日に行われたブンデスリーガ開幕節のライプツィヒ戦に3バックの左で先発。アンカーで先発した日本代表MF遠藤航とともにフル出場した。 試合は立ち上がりからライプツィヒが攻勢に出て、8分に早々に先制。それでもシュツットガルトは31分に同点ゴールを決め前半のうちに追いつくと、後半の49分には伊藤の1本のパスからチャンスを作る。 伊藤は、自陣左サイドから正確なロングフィードを供給。ゴール前に送った長い距離のパスはDFヨシュア・ヴァグノマンに通り、GKとの1対1を迎えるが、シュートは枠を外れた。 ゴールには繋がらなかったものの、フィード1本でチャンスを演出した伊藤にはファンも驚き。「こりゃすごい」、「やばい」、「伊藤のロングフィード絶品だな」「すげーピンポイント」と称賛の言葉を寄せている。 その後は防戦一方を強いられたシュツットガルトだったが、GKフロリアン・ミュラーの好セーブもあり、何とか1-1で試合を終え、勝ち点1を獲得している。 <span class="paragraph-title">【動画】1本のパスで一気にチャンスを作る伊藤洋輝の“左足絶品フィード”</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="z5VwMYJKKXk";var video_start = 123;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.09 11:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly