PSVで輝き出す堂安律に「頼りがいがある」 今夏回想の指揮官が残留喜ぶ

2021.11.26 17:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
PSVを率いるロジャー・シュミット監督が今夏の日本代表MF堂安律を振り返った。オランダ『ED』が報じている。昨夏に出場機会を求めてアルミニア・ビーレフェルトにシーズンローンで移った堂安。ドイツでの堂々たるプレーぶりを受けて、ビーレフェルトの買い取り話や他のブンデスリーガクラブ行きの憶測もあったが、最終的に具体化せず、PSVに今季復帰した。

来年1月もサウサプトンが獲得を目指しているとの噂が浮かび上がるが、その一方で、PSVでも出場機会を増やしつつある堂安。東京オリンピック参戦による合流遅れや負傷離脱もあったが、ここまで公式戦10試合の出場で2得点1アシストを記録している。

そして、25日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループB第5節のシュトゥルム・グラーツ戦に先発すると、1アシストを記録して、マン・オブ・ザ・マッチに。そんな堂安だが、今夏を振り返ったシュミット監督は残留という結果に喜びの思いを口にした。

「当時の彼は常に先発というわけじゃなく、主軸になりたいという思いがあった。その件について話し合いをして、リツも疑問を投げかけてくれた」

「彼に自らの価値を認めさせるのはそう容易いことじゃなかった。また、後からの合流に短期間のケガもあり、彼にとって難しい夏になってしまった」

「とはいえ、彼をキープできて、非常に嬉しく思っている。オフェンス面で多くのものをもたらすことができ、ディフェンス面も非常に頼りがいがある」

「今の彼を見ていると、トレーニングでも、試合でも精神面にシャープだとわかる。本当に全力でやってくれている」

関連ニュース
thumb

メルテンスに古巣PSV帰還の可能性? インシーニェに続きナポリ退団か…

ナポリのベルギー代表FWドリエス・メルテンス(34)に古巣PSVへの復帰の可能性が浮上している。ベルギー『La Dernière Heure』など複数メディアが報じている。 2013年にPSVから加入したメルテンスは、ナポリ在籍9シーズンで公式戦378試合に出場し、クラブ歴代最多の141ゴールを記録。イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェと共に長年に渡って攻撃をけん引してきた。 ただ、今シーズンは肩のケガの影響などもあり、ここまでリーグ戦の先発は6試合とプレータイムを減らしている。 ナポリとの現行契約は今シーズン終了までとなっているが、現時点では1年の延長オプションの行使の可能性を含め、延長交渉は進んでいない。 『La Dernière Heure』などによると、今夏フリーとなるベテランアタッカーに対して、古巣であるPSVが獲得に動いているという。 現時点で交渉がどの程度進んでいるかは不明だが、メルテンスと妻のカトリン・ケルホフスさんの間にはもうまもなく第一子が誕生する予定となっており、夫妻は故郷のベルギーに近いアイントホーフェンでのプレーに興味を示しているという話もあるようだ。 ナポリではインシーニェが今季限りで退団し、トロントFCに移籍することが決定的に。加えて、メルテンスまで退団となれば、一時代の終焉となる。 2022.01.06 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

PSVの元オランダ代表MFプレパーが30歳で電撃引退! 今季16試合出場もプレーへの情熱失う…

PSVは4日、元オランダ代表MFダヴィ・プレパー(30)の現役引退を発表した。 現在はヒザのケガにより、約1カ月半の戦線離脱を強いられているプレパーだが、今シーズンここまではエールディビジで首位に立つチームで公式戦16試合に出場し、1ゴール1アシストを記録していた。 しかし、現役真っ盛りと思われた30歳MFはPSVとの間に残していた1年半の契約を全うすることなく、このタイミングでの電撃引退を発表することになった。 「クリスマス前に選手生活にピリオドを打つという最終決断を下し、ホッとした気分だよ。だから、自分の選択は正しかったと思う」 「海外にいたときは、だんだん試合に対する愛情が薄れていったんだ。最高のパフォーマンスを発揮するために必要な規律を守ることも、多忙なフットボールのスケジュールに人生を支配されることも、僕にとっては難しいことだった。コロナウイルスの問題や、親戚や友人との交流がないことも、僕にとっては良いことではなかった」 「その中でクラブが再び僕を歓迎してくれたことに感謝しているんだ。フットボールをする喜びを再発見したかったけど、フットボールの世界に馴染めず、そううまくはいかなかった。これ以上、フットボール界に関わりたくないんだ」 プレーすることへの情熱の欠如、昨今のフットボール界を巡る様々な問題を理由に、スパイクを脱ぐ決断を下したプレパー。だが、現時点で明確なセカンドキャリアのプランはなく、今後は家族との時間を大事にしながら自身の将来を考えていくことになるようだ。 「自分の興味が何なのか、何に挑戦するのか、時間をかけて見極めていくよ。もちろん、僕には美しい瞬間がたくさんあったし、それは大切にしていきたい。フットボールが恋しくなるかどうかはこれからだけど、新しいことに集中する準備はできているよ。これまで支えてくれた家族、親戚、友人たちに感謝したい。今、彼らに投資するときが来たんだ」 2009年にフィテッセでプロキャリアをスタートしたプレパーは、2015年にPSVへ完全移籍で加入。185cmと恵まれた体躯を誇る同選手は、セントラルMFを主戦場に攻守両面で貢献できる、オランダでいう「6番」や「8番」タイプのプレーヤー。 PSVでは在籍期間に通算105試合に出場し、23ゴール21アシストを記録。2015-16シーズンのエールディビジ制覇、2度のヨハン・クライフ・スハール制覇に貢献。また、2017年から在籍したブライトンでも中盤の主力として活躍していた。 2015年6月のアメリカ代表戦でデビューを飾ったオランダ代表では通算17試合に出場し3ゴールを記録していた。 2022.01.05 00:18 Wed
twitterfacebook
thumb

「雑誌の表紙かと」顔面負傷の堂安律、休暇で訪れた場所はまさかの“砂漠”

PSVの日本代表MF堂安律がまたしても驚かせてくれた。 今シーズンはPSVへと復帰した堂安。当初は出場機会があまりなかった中、徐々に出番が増えると、前半戦は公式戦15試合の出場で5ゴール2アシストをマーク。チーム内での信頼を置かれている。 その堂安は、19日に行われたエールディビジ第17節のRKC戦に右ウィングとして先発したが、21分に相手DFアレクサンデル・ビュットネルととの空中戦で交錯。顔面を抑えて倒れ込み、27分にピッチを後にしていた。 堂安は21日に自らのSNSで左目の周りが赤黒く腫れ、裂傷を負ったとみられる鼻筋付近にもテープが貼された痛々しい姿を公開。クラブは「眼窩を骨折したようだ」とし、年内の試合を欠場していた。 ケガの具合も心配される堂安だったが、自身のインスタグラムを更新。別の意味で驚かせてくれた。 堂安がインスタグラムに投稿した写真は、まさかの砂漠。どこの砂漠かは明らかにされていないが、バギーに腰をかけている堂安の写真が2枚アップされている。 ケガの影響は定かではないが、写真を見る限り調子は悪くなさそう。しっかりとウィンターブレイクでリフレッシュしている様子がうかがえる。 この投稿にはファンも「びっくり」、「砂漠が似合ってる」、「かっこよすぎ」、「かっけー」、「たまらん」と称賛の声。「雑誌の表紙かと」と、キマっている写真に驚きの声が集まっている。 ケガからの復帰、PSVでの活躍とともに、1月に再開するカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でも活躍が期待される堂安。しっかりとリフレッシュしてもらいたいところだ。 <span class="paragraph-title">【写真】砂漠にいる堂安がキマってる!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CYBnAokpDDq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CYBnAokpDDq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CYBnAokpDDq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">堂安律/Ritsu Doan(@doanritsu)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.28 21:46 Tue
twitterfacebook
thumb

負傷交代のPSV堂安律、年内最終戦欠場へ

PSVの日本代表MF堂安律は年明けの復帰になるようだ。 堂安は19日に行われたエールディビジ第17節のRKCワールワイク戦に右ウィングとして先発したが、21分に相手DFアレクサンデル・ビュットネルととの空中戦で交錯。顔面を抑えて倒れ込み、27分にピッチを後にした。 そんな堂安は21日に自らのSNSで左目の周りが赤黒く腫れ、裂傷を負ったとみられる鼻筋付近にもテープが貼された痛々しい姿を公開したが、PSVは22日にその影響で年内最終戦も欠場する見通しを発表している。 23日に第18節のゴー・アヘッド・イーグルス戦に臨むクラブは堂安について「眼窩を骨折したようだ」とした上で「ウィンターブレイク明けからトレーニングに戻れるだろう」と復帰時期を説明した。 今夏にレンタル先のアルミニア・ビーレフェルトから復帰した堂安は徐々に出番を増やして、ここまで公式戦15試合の出場で5得点2アシストをマーク。年明けの初戦は16日に行われる第19節のフローニンヘン戦となる。 2021.12.23 09:10 Thu
twitterfacebook
thumb

顔に傷を負った堂安の“目瞑りどアップ”にファン心配も…「キス顔に見える」「カワイイが勝っちゃう」の声も

PSVの日本代表MF堂安律が、自身のツイッターで顔をアップした写真を掲載。傷を心配する声があがるとともに、その脱力した表情にも注目が集まった。 堂安は19日に行われたエールディビジ第17節のRKC戦に先発出場を果たす。しかし、27分にヘディングシュートを試みた場面で相手DFアレクサンデル・ビュットネルと顔面と頭部が激突してしまい、そのまま途中交代を余儀なくされていた。 試合後、堂安は自身のインスタグラムで、顔面を抑えた状態の写真とともに「今日は僕の日ではなかった」と綴っていたが、21日には自身のツイッターも更新。顔面のドアップ写真を添え、今の状態を明かしてくれた。 堂安の左目は赤黒く腫れ、出血していた鼻筋にはテープが貼られている。痛々しさが伝わる1枚には「痛々しい…」、「お大事にしてください」と言ったコメントが多く寄せられているが、目を瞑ってこちらを向くアップには「キス顔に見える」、「申し訳ないんだけどカワイイが勝っちゃう」、「痛そう。でも可愛い」と普段は見られない表情に着目する声も多くあった。 リーグ首位につけるPSVは23日に年内最終戦となるゴー・アヘッド・イーグルス戦を控えるが堂安は欠場することが決定的な状況。回復に時間を充て、完璧な状態で2022年も活躍してほしいところだ。 <span class="paragraph-title">【写真】キス顔にも見える?堂安の目瞑りどアップ写真</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://t.co/07Q09jHhnj">pic.twitter.com/07Q09jHhnj</a></p>&mdash; Ritsu Doan/堂安 律 (@doan_ritsu) <a href="https://twitter.com/doan_ritsu/status/1473229672058171392?ref_src=twsrc%5Etfw">December 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.22 12:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly