スロベニアクラブに不覚…ケインも肩落とす 「痛い」

2021.11.26 11:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが肩を落とした。イギリス『デイリー・メール』が報じている。

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のグループG4試合を消化して2勝1分け1敗で2位につけるトッテナム。25日の第5節では4戦全敗で最下位に沈むムラのホームに乗り込んだが、11分に先制点を献上した挙句、31分にMFライアン・セセニョンが退場と悪い流れが続き、1-2の敗北を喫した。

スロベニアのクラブに今大会初勝利を献上したトッテナムだが、2位の座をキープ。ただ、今節の他会場で首位スタッド・レンヌと引き分けたフィテッセに勝ち点で並ばれ、最終節の結果次第で敗退の可能性が浮上している。主将のケインも試合後、イギリス『BT Sport』で落胆の思いを吐露した。

「本当に受け入れ難い。1点ビハインドでのスタートも、10人での戦いも僕らにとって難しいことだった」

「後半の僕らは闘志やスピリットを示して試合に入り、ゴールを決めそうな感じがあったが、未熟なミスで失点してしまった。受け入れ難いが、この厳しい夜から学ぶ必要がある。仕事をやり遂げられなかったし、アウェイでの夜はうまくいかないと辛いものだ」

「僕らは落ち着いて、自分たちの戦いをしたが、それだけだと足りず、試合のラスト数秒で勝ち越しを許してしまった。痛いよね。試合に出て勝つのは選手の責任。だが、今日はそれができなかった。彼らから学ぶ必要があるが、埃も払わないといけない」

また、ドレッシングルーム内の様子を尋ねられると、「当然だが、怒りや失望の感情に包まれている。僕らはこの試合で勝利が期待されたが、いくつか未熟なミスをおかして、その罰を受けた。遠征したファンや、地元に残っているファンに申し訳ない」と返している。

関連ニュース
thumb

積極補強のトッテナム、指揮官の望むパウ・トーレス獲得に向けオファー用意か

トッテナムが、ビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレス(25)獲得を狙っているようだ。 2021-22シーズンのプレミアリーグでトップ4入りを成し遂げ、今夏の移籍市場で積極的な動きを見せるトッテナム。すでにクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(33)、イングランド代表GKフレイザー・フォースター(34)、マリ代表MFイヴ・ビスマ(25)、ブラジル代表FWリシャルリソン(25)を獲得したほか、バルセロナのフランス代表DFクレマン・ラングレ(27)加入も間近と報じられている。 充実のチーム強化を実現させているトッテナムだが、クラブはまだ現陣容に満足していない。イギリス『ミラー』によると、3バックを用いるアントニオ・コンテ監督が左利きのセンターバックを数選手揃えたいという意向を示しており、ラングレの去就にかかわらず、パウ・トーレスの動向には引き続き目を光らせていく模様だ。 なお、トッテナムは交渉材料として、ビジャレアルに昨季レンタル移籍していたアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソ(26)をそのまま差し出す用意もあると伝えられている。 ビジャレアルの下部組織出身であるパウ・トーレスは、2019-20シーズンからトップチームに定着し、守備の要として活躍。昨シーズンも公式戦47試合に出場し、準決勝まで勝ち上がったチャンピオンズリーグ(CL)では、全12試合でフルタイム出場した。 2022.07.05 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミアで立見席が復活、過去の悲劇乗り越え厳格な規制のもとに順次導入

プレミアリーグとチャンピオンシップ(イングランド2部)で、立見席が復活することが許可されたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 プレミアリーグのクラブでは、1990年代初頭に全てが座席になるスタジアムができ始め、現在のプレミアリーグのスタジアムでは立見席は存在しない。 これは過去にスタジアムで起きた「ヒルズボロの悲劇」と呼ばれる事故の影響もあり、立見席が禁じられていたことも影響。ただ、観客は着席するはずのエリアで立ち見を続けており、特にゴール裏ではどのスタジアムでも立ち見が行われている状況だ。 そんな中、2022-23シーズンからの導入を前に、2021-22シーズンの後半戦で、チェルシー、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、カーディフ・シティの5クラブは、政府の委託を受けて「早期導入者」としての試験に参加していた。 また、2022-23シーズンはブレントフォード、QPR、ウォルバーハンプトンが、ホームとアウェイで指定した座席エリアでの立ち見を行うこととなる状況。他クラブもシーズン中に参加する可能性がある。 さらにウェンブリー・スタジアムでは、シーズン後半に行われる国内での試合において、ファンに向けて小規模な指定立見席を用意するという。 なお、立見席を設けるためには、CCTV(防犯カメラ)の強化、スチュワードのトレーニング、ファンが個人のスペースを厳格に守ることなどの厳しい条件が設けられるという。 イギリスのデジタル・文化・メディア・スポーツ大臣であるナディン・ドリーズ氏は、立見席の復活についてコメントした。 「しっかりとした試験、徹底的な検証、近代的な技術のおかげで、我々のグラウンドで再び立ち見を許可する準備が整った」 「我々はテラス席を復活させるのではなく、厳しい安全基準を満たしたクラブにのみ許可される」 2022.07.05 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ベルフワインの母国帰還迫る! アヤックスとスパーズがクラブ間合意か?

アヤックスがトッテナムのオランダ代表FWステーフェン・ベルフワイン(24)獲得に向け、クラブ間合意に至った模様だ。オランダ『テレグラフ』が報じている。 今年1月の段階からベルフワイン獲得に動いていたアヤックスは、選手サイドとの合意は早い段階で取り付けていたものの、売却額を最低2500万ユーロ(約35億4000万円)に設定していたトッテナムとのクラブ間交渉が難航していた。 しかし、トッテナムがエバートンのブラジル代表FWリシャルリソン獲得に成功し、余剰人員の整理に着手し始めたこと。また、アヤックスがコートジボワール代表FWセバスティアン・アラーなど一部主力の売却交渉が進み、獲得資金に目途が立ったことで、交渉が進展。 『テレグラフ』によると、両クラブは3000万ユーロ(約42億4000万円)の金額で合意に至った模様。そして、同選手は今週中にも現地でメディカルチェックを受診する見込みだという。 この報道に対して、イギリス『フットボール・ロンドン』はクラブ間合意は時期尚早と主張しながらも、両者の合意が迫っていると報道。そのため、ベルフワインの母国復帰はほぼ確実と見られる。 2020年1月にPSVからトッテナムに移籍したベルフワイン。今シーズンのレスター・シティ戦での劇的2ゴールなど、印象に残る活躍が光る一方、公式戦32試合中スタメンはわずかに8試合とアントニオ・コンテ監督からの信頼を得ることができていない。 その一方、定期的にプレー機会を得ているオランダ代表では先日のUEFAネーションズリーグのベルギー代表戦での鮮烈なミドルシュートを含め、印象的な活躍を見せていた。 そのため、カタール・ワールドカップに向け、定期的なプレー機会を求める24歳は、先月の代表活動中の母国メディアの取材に対して、「僕自身はプレーすることを望んでいる。そして、現時点ではスパーズを出たい、それは確かだよ」と、今夏のトッテナム退団を希望していることを明らかにしていた。 2022.07.04 21:27 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがエリクセン獲得を決定的に! 今週中にも3年契約にサインへ

マンチェスター・ユナイテッドがデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(30)獲得を決定的なモノにした。 イギリス『The Athletic』のデイビッド・オーンスタイン記者、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏らがこぞって報じている。 なお、両者は3年契約で合意に至り、今週中にメディカルチェックを準備しており、数日以内にすべての手続きが完了する模様だ。 エリク・テン・ハグ監督の下で再建を期すユナイテッドは今夏の移籍市場で中盤の刷新を図る中、指揮官と同じアヤックスに在籍経験があり、トッテナムやインテルといったビッグクラブで司令塔を担ってきた百戦錬磨のMFをリストアップしていた。 一時は古巣トッテナムへの移籍が優勢と見られていたが、アントニオ・コンテ率いるチームは、その他のターゲットの獲得を優先して獲得レースから撤退。以降は残留オファーを掲示したブレントフォードと、ユナイテッドの一騎打ちとなっていた中、テン・ハグ監督との直接の話し合いがキーとなり、赤い悪魔がデンマーク代表MFの説得に成功した。 昨年のユーロ2020の試合中の心停止から約半年後、ブレントフォードで見事にカムバックを果たした30歳は、今シーズンのリーグ戦11試合で1ゴール4アシストを記録。復帰したデンマーク代表でも、直近のUEFAネーションズリーグの数試合で安定したパフォーマンスを披露していた。 2022.07.04 21:01 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ退団の伊代表GKゴッリーニ、フィオレンティーナ移籍有力に!

イタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(27)は来季からフィオレンティーナでプレーするようだ。 近年のセリエAで躍進著しいアタランタで守護神を務めたりと着実に力をつけ、昨夏に買取オプション付きのシーズンローンでトッテナム入りしたゴッリーニ。先月の代表ウィークでもイタリア代表から声がかかるほどの実力者だが、フランス代表GKウーゴ・ロリスの牙城を打ち破れず、公式戦10試合の出場に終わった。 結局、6月上旬にトッテナムの買取オプション不行使が決まり、保有元のアタランタ復帰がひとまず既定路線に。だが、アタランタに戻るとなっても、アルゼンチン代表GKフアン・ムッソがおり、さらなる移籍が有力視されている。 そうしたなか、移籍先と目されるのがプロ入り前のいち時期を過ごしたフィオレンティーナだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏いわく、800万ユーロ(約11億2000万円)の買取オプションが付帯したローン移籍になるようで、クラブ間でも合意済み。近くサインするという。 2022.07.03 16:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly