代表戦で危険タックル…なのに歩いてピッチを後に? 躍進中のアーセナルDFコラシナツが負傷交代

2021.11.14 21:55 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツが危険なタックルを受けてピッチを退いた。

12日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループD第9節、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表(勝ち点7)vsフィンランド代表(勝ち点8)の一戦が行われた。

FWマーカス・フォルスのゴールでリードを奪ったフィンランド。このままゲームを進めたかったが、36分にカウンターを浴びて窮地に。速攻から裏を取ったコラシナツが左サイドで持ち上がると、DFユッカ・ライタラがスライディングで対応。これがコラシナツの足首を捉えてしまった。

ピッチにうずくまるコラシナツ。ライタラには危険なプレーとしてレッドカードが提示され、フィンランドは残り時間を10人で戦うことに。コラシナツもFWエルメディン・デミロビッチとの交代を余儀なくされてしまった。

退場者を出したフィンランドだが、その後追加点も奪い1-3で勝利。ウクライナ代表をかわして2位に浮上している。

一方のボスニア・ヘルツェゴビナはW杯への道が閉ざされることに。さらには負傷交代したコラシナツの容態も心配だ。



1 2

関連ニュース
thumb

「毎試合後がない」清水GK権田修一が語るW杯最終予選への覚悟「突破するためだけ」

日本代表候補トレーニングキャンプも4日目を迎えた中、清水エスパルスのGK権田修一がメディアのオンライン取材に応じた。 21日にはトレーニングマッチが控えている日本代表候補。すでに3日のトレーニングを終えた中、ゲーム形式のトレーニングが続いている。 強度の高いトレーニングが続く中で、各選手の連携や動きなどをチェック。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に生き残るためのアピールが続いている。 今回は谷晃生(湘南ベルマーレ)が負傷により活動を辞退。GKは権田1人となっているが「今回の合宿に関していえば、もともと谷選手と2人で招集されて、谷選手が負傷して1人になってしまったということです」とコメントした。 自身のパフォーマンスについて「今シーズンからエスパルスのGKコーチが変わって、新しくきた石野さんというGKコーチとコミュニケーションを取りながら、クラブの芝が8日からしか使えず、その前から動きたかったですが、使えないと言われたので、8日からは毎日しっかりトレーニングをしてこれたので、GKのシンプルな動きはできます」とコメント。ただ、「サッカーはそれだけではないです。周りを見るところ、ゲームに入ることは、ヨーロッパでバリバリやっている選手たち、トップトップの選手たちと色々な部分で合わせないといけないので、僕自身は1日1日を大切にやらないといけないと思います」と、まだまだ上げていかなければいけないと語った。 ここまで最終予選で2位につけている日本。スタートから不安定な戦いが続いたが、現在は良い位置につけている。 しかし、権田は「最終予選に関して言えば、最後終わった時がどういう状況かというのが大事です。予選トータルで見た時に最初がというのがありますが、最初良くて最後ダメでもいけないので、突破するためだけにやるものです」とコメント。「その中で良いサッカー、見ている人を楽しませるのも大事ですが、最終予選の1番の目的はW杯に出場することなので、残っている試合でそこに向けてやっていると思います」と、とにかくW杯出場権を得ることだけを考えてやるとした。 今回の最終予選については「何人かの選手はケガで来れないことは決まっています」とコメント。「誰かがいないと勝てないとか、出場停止やケガ人がいる状況でも、日本代表でもいつも呼ばれている30名弱だけじゃなく、日本でプレーしている、海外でプレーしていて招集されていない選手が出てくることもある」と新たな選手が出てくることも大事だとした。 また、「僕は毎回メディアの方々のネットを見ていて、スタメンからしっかり僕を外してくれているので、僕が物足りないことも重々理解しています。しっかりと競争を勝ち抜くメンバーが大事になります。今回ケガでいない選手の代わりに出る選手が出て、活躍して、チームの活性化になるのであれば、毎回新しい選手が呼べるので、それはチームにとって理想の形だと思います」とコメント、選手個々がしっかりと成長して競争していくことが重要だと語った。 ここからW杯に向けてもパフォーマンスを上げていく必要がある中で、権田が思いを語った。 「集大成という言葉があると思いますが、僕はそもそも毎試合集大成だと思ってやっていますし、毎試合後がないと思ってやっています」 「谷選手がいたり、ベンフィカBには小久保選手がいたり、Jリーグにも良い選手がいて、守りに入ったらチャレンジしなくなって、プレーのチャレンジする姿勢、向上するという部分は失ってしまいます」 「僕自身は常に毎日毎日全力でやって、それを評価してもらえたらずっと試合に出られるかもしれないですし、僕より良いプレーをする選手がいたら出られないかもしれないです」 「定位置があるスポーツではないですし、W杯を見据えていますが、その直前の試合でケガしないためにというプレーはしたくないです。守らなければいけないシーンは、ケガを覚悟で守りに行きます。今年も今まで通りやっていきたいと思います」 2022.01.20 22:07 Thu
twitterfacebook
thumb

CBとしてチャンスを掴みたい川崎FのDF谷口彰悟「チャンスであることは間違い無い」

日本代表候補トレーニングキャンプも4日目を迎えた中、川崎フロンターレのDF谷口彰悟がメディアのオンライン取材に応じた。 21日にはトレーニングマッチが控えている日本代表候補。すでに3日のトレーニングを終えた中、ゲーム形式のトレーニングが続いている。 強度の高いトレーニングが続く中で、各選手の連携や動きなどをチェック。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に生き残るためのアピールが続いている。 ここまでの合宿について振り返った谷口は「僕の場合はチームの始動と同時に合宿が始まったので、ここが始動という感じでした。最初から上げていくことはわかっていたので、体作りや心構えは準備していましたし、トレーニングしてみても体のコンディションは良い感じに上がってきていると感じています」と一定の手応えを感じている様子。一方で、「トレーニングしながら頭の部分はもっとあげられると思いますし、体の部分もあげられると思います。良いトレーニングをしています」と振り返った。 今回はDF吉田麻也(サンプドリア)やDF冨安健洋(アーセナル)ら、CBに負傷者が出ており、招集されないと見られている。 CBの選手としてはレギュラー組がいないだけにチャンスではあるが、谷口は「チャンスであることは間違い無いです。そこの座を狙っていますし、1回1回の練習、ワンプレーワンプレーが勝負になってきて、その気持ちで臨んでいます。自分も戦える、できるというのを見せないとピッチには立てないです」とコメントした。 アピールしたいポイントについては「守備の部分では周りを動かすところとか、バランス、誰がどういう感じかは整理できているので周りに伝える、個々のバトルもこだわって見せていきたいです」とコメント。また攻撃面にも触れ「ビルドアップのところでは早く攻めるのか、ゆっくり持ちながら攻めるのかは、現代サッカーではCBがやらなければいけないので、そこは率先してやりたいですし、自信もありますので、率先してやっていきたいです」と語り、「ビルドアップの際に縦につけるパスなど隙を逃さないということは持ち味でもあるので、そこは発揮していきたいと思います」と意気込んだ。 その谷口だが、今回のW杯最終予選への意気込みはかなり強いようだ。 「今回1つチャンスでもあるなというのはもちろん感じています。結局、結果としてチームが勝たないといけないですし、後ろとしてもパフォーマンスを出さないといけないということはわかっています」 「チャンスを生かさないといけないですし、アピールしたいですし、結果を出さないといけない。中国戦、サウジアラビア戦で代表として連勝することしか考えていないですし、自分がチャンスを掴めたら全てを出していきたいと思います」 「ワールドカップに立つということを考えると、先ばかり見るのではなく目の前の試合をしっかりと戦う。準備をしっかりやることが大事になります」 今回は同じ熊本出身のMF荒木遼太郎(鹿島アントラーズ)、MF松岡大起(清水エスパルス)が合宿に参加。そして、同じ大津高校の後輩でもあるDF植田直通(ニーム)も招集される可能性が高い。 植田については「直通の場合は高校生の時から身体能力を含め、パワーを含めて素晴らしいものを持っていましたし、それを武器にしているなと改めて感じました」とコメント。「ヘディングでは絶対負けない、競り合いでは負けない、バトルでは負けないというのは隣ですごく感じて、頼もしく思いました」と代表で共演したときにも感じたという。 その点について「僕も刺激になりましたし、そこでは負けたくないですし、それ以外のところでも後輩ですが負けたくない気持ちがあります。その気持ちが大事で、それが成長につながると思います」と、後輩からも刺激を受けているという。 また「負けたくない部分は全てになりますが、とにかく良いプレーをしてということを常に考えています。ここは絶対負けたくないというのはあまり考えないですし、ライバルでありチームメイトなので、お互いの良さを引き出しつつ、それぞれがバトルはやっていかなければいけないです」とコメント。「今はライバル心をメラメラ燃やしている段階ではないですし、とにかくゲームを勝つということにフォーカスしているつもりなので、チャンスをもらった選手が持っているものを100%出すことが勝利に近づくと思っているので、みんなでやれればと思います」と、それぞれの良さを出してチームとして結果を出せればと語った。 2022.01.20 21:01 Thu
twitterfacebook
thumb

「このレベルを基準に」MF渡辺皓太、横浜FMでのプレーが重要と語る「帰った時が本当に大事」

日本代表候補トレーニングキャンプも4日目を迎えた中、横浜F・マリノスのMF渡辺皓太がメディアのオンライン取材に応じた。 21日にはトレーニングマッチが控えている日本代表候補。すでに3日のトレーニングを終えた中、ゲーム形式のトレーニングが続いている。 強度の高いトレーニングが続く中で、各選手の連携や動きなどをチェック。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に生き残るためのアピールが続いている。 渡辺は今回の合宿について「やっぱり経験のある選手が多くて、ピッチ内でもそうですが、それ以外の部分でも意識の高さ、練習に対する準備の仕方、練習後の筋トレとかでも意識の高さを感じています」とコメント。経験者たちの力に驚きをコメントした。 久々に日本代表に招集されたことについては「自分自身、正直発表があった時はビックリしました」とコメント。「このメンバーの中では圧倒的に出場時間だったりは少ないので、まずはそういうところを伸ばしていかないといけないと思っています。それでも、少ない時間でも最後の試合とかを見てくれたと思うので、1年間今年は継続してやっていくことが大事だと思います」とコメント。招集を受けたことに驚きながらも、この1年間はしっかりとプレーしていきたいと語った。 森保一監督からは「もっともっと上を目指せると言ってもらいました」と明かした渡辺。「まずはチームでしっかり結果を残して、このチームに残れるように頑張っていきたいと思います」と、継続して代表に招集を受けるためにも、自チームでのパフォーマンスが重要だとした。 今回の合宿については「まずこのレベルを基準にしなければいけないですし、このレベルを忘れないで続けることができれば、あとはチームで存在感を出せれば必ず見てくれていると思うので、そこは意識したいです」とコメント。日本代表の基準をしっかりと意識していきたいと語った。 自身の特徴である攻撃面については「ボールをたくさん触ることが自分の特徴なので、前線の選手が大迫選手などだと収めてくれれば前向きで受けられるので、そこはやりやすかったです」とコメント。練習の中でもやりやすさを感じたという。 ただ、渡辺の意識はチームへ戻ってからのシーズンに向いており「帰った時が本当に大事だと思うので、まず感じたことをプレーで示すこと。練習の1つ1つで強度が高いので、そういったところを自分のプレーで表現する。守備の強さだったりをチームで出せればと思います」と、横浜FMでのプレーが大事だと語った。 その中で求められる自ら発信する力については「もう若くないですし、自分が引っ張っていくという気持ちでやらないと残れないと思うので、帰った時に自分が基準をここにして、中心でやるというのを今年1年見せていければと思います」とし、チームでもしっかりと発信していきたいと語った。 2022.01.20 20:40 Thu
twitterfacebook
thumb

「視野には入っている」W杯を目指す鹿島FW上田綺世、先輩のFW大迫勇也のプレーに「精度は自分にはまだまだ」

日本代表候補トレーニングキャンプも4日目を迎えた中、鹿島アントラーズのFW上田綺世がメディアのオンライン取材に応じた。 21日にはトレーニングマッチが控えている日本代表候補。すでに3日のトレーニングを終えた中、ゲーム形式のトレーニングが続いている。 強度の高いトレーニングが続く中で、各選手の連携や動きなどをチェック。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に生き残るためのアピールが続いている。 上田はここまでの合宿について「強度も高いですし、良い刺激をもらっています」とコメント。自身のパフォーマンスについては「まだまだ模索するところ、自分なりにアピールするところは見つけないといけないので、そこに常にトライしていかなければいけないです」と、まだまだアピールが必要だとした。 「動き出しのところで良さを全面に出したい」と自身の特徴を語った上田。「自分が動き出しを武器にしていて誰とでも組めるというのはあるので、拘らずにやりたいです」と、誰とでも合わせられると語った。 ただ、代表活動では連携を深めることは時間も短く難しい部分がある。「代表活動で必ず課題になるところだと思いますし、凝った戦術を練るのは難しいので、個のステータスで補う必要があリマス」とコメント。「みんなでそこで擦り合わせる必要があるというのが大事だと思います」と代表活動の難しさを語った。 また「動き出しに関しては、コミュニケーションを取らないといけない部分もあるし、自分が主体で動きながらも、選手にとって得意なパスを観察して合わせていくことをしています」と、自身が合わることもしっかりとしたいと語った 今回の合宿では鹿島の先輩でもあるFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)とも共にトレーニングしているが「ポストプレーの質、ボールを受ける引き出しは抜けています。そこの精度は自分にはまだまだ足りないと思います」と、大迫の凄さを身近に感じているようだ。 今年はW杯イヤーとなるが「視野には入っていますが、自分のチームの活動もあるので、この活動がW杯につながるとは思っていないです」と上田はコメント。「W杯までに時間があるので、そこまでのプレーが繋がってくると思います」と、クラブに戻ってからのプレーも重要であるとした。 その中で、中国代表との試合については「チャンスがもらえれば特徴や求められることを全力でパフォーマンスできればと思いますし、結果として得点を決められればと思います」と意気込みを見せた。 2022.01.20 20:12 Thu
twitterfacebook
thumb

メッシ&ロメロが招集外…すでに本大会行き決定のアルゼンチン代表が発表《カタールW杯》

アルゼンチンサッカー協会(AFA)は19日、1月と2月のカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に臨む、同国代表メンバーを発表した。 すでにブラジル代表と共に本大会出場を決めているアルゼンチンでは、新型コロナウイルス感染から回復間もないFWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)、長期離脱明けのDFクリスティアン・ロメロ(トッテナム)の主力2選手が招集外となった。 それでも、リオネル・スカローニ監督はFWパウロ・ディバラ(ユベントス)、FWラウタロ・マルティネス(インテル)、MFアンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)らその他の主力を順当に選出している。 アルゼンチンは1月27日にチリ代表とのアウェイゲーム、2月1日にコロンビア代表とのホームゲームに臨む。 ◆招集メンバー27名 GK フアン・ムッソ(アタランタ/イタリア) エミリアーノ・マルティネス(アストン・ビラ/イングランド) フランコ・アルマーニ(リーベル・プレート) エステバン・アンドラーダ(モンテレイ/メキシコ) DF ニコラス・オタメンディ(ベンフィカ/ポルトガル) ナウエル・モリーナ(ウディネーゼ/イタリア) ルーカス・マルティネス・クアルタ(フィオレンティーナ/イタリア) リサンドロ・マルティネス(アヤックス/オランダ) ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス/オランダ) ヘルマン・ペッセーラ(ベティス/スペイン) ゴンサロ・モンティエル(セビージャ/スペイン) マルコス・アクーニャ(セビージャ/スペイン) MF ジオバニ・ロ・チェルソ(トッテナム/イングランド) アレクシス・マク・アリステル(ブライトン/イングランド) ルーカス・オカンポス(セビージャ/スペイン) パプ・ゴメス(セビージャ/スペイン) ギド・ロドリゲス(ベティス/スペイン) ロドリゴ・デ・パウル(アトレティコ・マドリー/スペイン) アンヘル・コレア(アトレティコ・マドリー/スペイン) レアンドロ・パレデス(パリ・サンジェルマン/フランス) アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン/フランス) FW パウロ・ディバラ(ユベントス/イタリア) ラウタロ・マルティネス(インテル/イタリア) ホアキン・コレア(インテル/イタリア) ニコラス・ゴンサレス(フィオレンティーナ/イタリア) エミリアーノ・ブエンディア(アストン・ビラ/イングランド) フリアン・アルバレス(リーベル・プレート) 2022.01.20 01:12 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly