最下位ノリッジのディーン・スミス招へいが決定的に! 2年半契約にサインへ

2021.11.14 08:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノリッジ・シティのディーン・スミス氏(50)招へいが決定的となった。

イギリス『スカイ・スポーツ』など複数の現地メディアが伝えるところによれば、ノリッジとスミス氏は13日午前に2024年6月までの2年半の契約で口頭合意。また、契約に必要な手続きもほぼ完了しており、14日か週明けの15日にも公式にアナウンスされる見込みだという。

昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝チームのノリッジだが、今シーズンのプレミアリーグではここまで1勝2分け8敗の最下位に低迷。6日に行われた第11節のブレントフォード戦では待望の今シーズン初勝利を挙げていたが、直後にダニエル・ファルケ監督を解任していた。

その後任人事に関しては、昨シーズン途中までチェルシーを指揮していたフランク・ランパード氏が有力候補に浮上も、最終的に話し合いは決裂。これにより、クラブはもう一人の候補とされていたスミス氏に一本化していた。

2018年に指揮官に就任したアストン・ビラをプレミアリーグ昇格に導いたスミス氏は、以降2シーズン1部残留に導いていたが、今シーズンはエースMFジャック・グリーリッシュの売却資金を元手に積極補強を敢行した中、3勝1分け7敗の16位に低迷。とりわけ、直近の5連敗という泥沼の状況を受け、今月7日に解任されていた。

なお、スミス氏率いる新生カナリーズの初陣は20日にホームで行われるサウサンプトン戦となる。


関連ニュース
thumb

ノリッジにも敗北のエバートン、上層部がベニテスの進退巡ってミーティング

エバートン内部がラファエル・ベニテス監督(61)の進退を巡り、慌ただしくなっているようだ。 今季からエバートンを率いるベニテス監督。久々のプレミアリーグ復帰となったが、ここまで暫定15位に沈み、思い描いたような歩みとは至っていない。 そうしたなか、15日に敵地で行われた第22節でノリッジ・シティと対戦。ここ8試合未勝利で最下位に沈む相手との一戦だったが、1-2で敗れてしまった。 エバートンはこれで今季10敗目。昨年10月から数えて、12月6日に行われた第15節のアーセナル戦で手にした1勝どまりと不振を極めている。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、エバートン上層部はノリッジ戦後、オーナーを含めてミーティングを実施。ベニテス監督の進退を話し合ったという。 そんなベニテス監督を巡ってはファンの間でも不信感が募っている様子で、ノリッジ戦でも一部ファンから監督交代を求めるバナーが掲げられていた。 ノリッジ戦での敗北が拍車をかけ、クラブ重役の動きも忙しなくなりつつあるベニテス監督だが、続投の可能性を問われ、巻き返しに意欲を示した。 「私はプロであり、十分な経験もある。問題解決のためにここに来たわけで、この5カ月間だけでのことじゃない。時間が必要なのだ」 「昨季のチームトップスコアラーがシーズンの半分もいないのだから、より難しい。そんな彼らが戻って、立て直せるのを願っている」 2022.01.16 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

「100%ペナルティ」ノリッジGKクルル、ゴール前でヘッドロックした相手選手とそのままゴールイン「VAR?ぼくは警察を呼ぶよ」

ゴール前での激しい攻防は、議論の的になりやすいものだ。 12日に行われたプレミアリーグ第18節、ウェストハムvsノリッジの一戦は、ジャロッド・ボーエンの2ゴールでウェストハムが2-0と快勝。新型コロナウイルスの影響で試合延期が相次いでいるため暫定順位ではあるが、5位まで浮上した。 注目を集めることとなったのは、ノリッジのGKティム・クルルとウェストハムのMFニコラ・ヴラシッチのポジション取りから生まれたシーンだ。 飛び出しを阻害するため前に立ったヴラシッチを、クルルもどうにかしようと試みる。すると、牽制のし合いからクルルがヴラシッチにヘッドロックを決めるような格好に。最後は2人もつれ合いながらゴールへと倒れていった。 この場面で主審はファウルを取らず、VARの介入もなし。当然ファンの多くは黙っていられず「100%ペナルティ」、「首を折にいった」、「暴行だな」、「VAR?ぼくは警察を呼ぶよ」、「勝ったけど、死んだ」などのコメントがあふれることとなった。 最終的には3ポイントを手にすることができたウェストハム。もしも結果が異なっていれば、外野の声はさらに大きくなっていただろう。 <span class="paragraph-title">【動画】ゴール前の攻防でGKが相手選手にヘッドロック…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Yes, that should have been a penalty for West Ham <a href="https://t.co/HBd8S9kAwB">pic.twitter.com/HBd8S9kAwB</a></p>&mdash; Has the Referee or VAR made a poor decision? (@PoorEPLreferees) <a href="https://twitter.com/PoorEPLreferees/status/1481363277716369417?ref_src=twsrc%5Etfw">January 12, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.13 20:55 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグ、新年初戦のレスターvsノリッジ、セインツvsニューカッスルが開催延期

プレミアリーグは、第21節のレスター・シティvsノリッジ・シティ(1月1日)、サウサンプトンvsニューカッスル(1月2日)の2試合の開催延期を発表した。 現在、ノリッジとニューカッスルでは負傷者に加え、クラブ内での新型コロナウイルスのクラスター発生によって多くのトップチームの選手がプレーできない状況となっている。 そのため、プレミアリーグの試合の要件を満たす上で必要なトップチームの選手を揃えることが難しい状況にある両クラブは、プレミアリーグに対して、同試合の開催延期を要請。これを理事会が承認した。 2021.12.31 22:16 Fri
twitterfacebook
thumb

アウェイで圧勝のアーセナル、アルテタ監督はクオリティに満足感「本当に印象的だった」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、ノリッジ・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 暫定ながら4位につけているアーセナル。アウェイで最下位のノリッジと戦った。 この試合に向けては日本代表DF冨安健洋が新型コロナウイルスの陽性判定を示したとしてメンバー外に。その他の主軸は起用されると、6分にブカヨ・サカのゴールでいきなり先制する。 44分にはキーラン・ティアニーがネットを揺らし、前半で2点のリードを奪うと、後半もゴールラッシュ。67分にサカが2点目を決めると、84分にはPKをアレクサンドル・ラカゼットが決めて4点目。91分にはエミール・スミス・ロウもネットを揺らし、終わってみれば0-5で圧勝を収めた。 アルテタ監督はアウェイでの快勝について簡単ではないとコメントしたものの、戦い方や選手のクオリティは素晴らしかったと語った。 「とても幸せだ。リーグ戦においてアウェイで勝つことは簡単ではない。我々が見せた戦い方、最初からどれほど支配したのか。そしてゲームを通して示したクオリティは、今日は本当に印象的だった」 また、シーズン当初に比べ、このところは複数得点を奪うことが増え、得失点差も多く稼いでいるアーセナル。その理由についてもアルテタ監督が言及した。 「確かにスタートは難しかったが、より良いコンディションでポジションに立てるようになったことで、より多くのゴールを決められるようになった」 「どのプロセスもより上手くいっているし、ポジショニングも良くなって、ストライカーにチャンスが回ってくるようになったのだろう。今のところ、彼らは本当に効果的に機能している」 2021.12.27 09:33 Mon
twitterfacebook
thumb

サカの2発など大量5ゴールを奪ったアーセナルがノリッジに圧勝!冨安はコロナ陽性で欠場《プレミアリーグ》

冨安健洋の所属するアーセナルは26日、プレミアリーグ第19節でノリッジと対戦し5-0で圧勝した。同日に新型コロナウイルスの感染が発表された冨安はベンチ外となっている。 リーグ戦3連勝中の4位アーセナル(勝ち点32)は、主力を温存して臨んだEFLカップ(カラバオカップ)5回戦のサンダーランド(イングランド3部)戦から先発を8人変更。スミス・ロウやペペ、エルネニーらに替えてラカゼットやサカ、ジャカらが先発で起用された。 最下位に沈むノリッジ(勝ち点10)に対し、アーセナルは開始早々の6分に敵陣でのパスカットからショートカウンターを仕掛けると、細かなパスワークから最後はウーデゴールのパスをボックス右でボールを受けたサカがゴール左隅にシュートを流し込んだ。 その後も素早い攻守の切り替えから優位に試合を進めるアーセナルは、27分にサカの右クロスからラカゼットがヘディングシュート。37分にはマルティネッリがボックス手前からミドルシュートでゴールに迫ったが、これは相手GKセーブに阻まれた。 ハーフタイムにかけてやや荒れ気味の試合展開となる中、アーセナルは44分に追加点を奪う。右サイドでボールを奪ったマルティネッリからパスを受けたウーデゴールが素早く逆サイドに展開すると、左サイドを駆け上がったティアニーがボックス内まで切り込みシュート。右ポストに当たったボールはそのままゴールに吸い込まれた。 迎えた後半もアーセナルが主導権を握ると、61分にホワイトのサイドチェンジをボックス左手前で受けたマルティネッリがカットインからシュート。相手DFにディフレクトしたボールはドライブシュートのような軌道を描き、ゴール右隅に突き刺さったが、オフサイドの判定でゴールは取り消された。 それでもアーセナルは67分、ラカゼットの横パスをボックス右角付近で受けたサカが、巧みな足技でマークを剥がすとカットインから左足一閃。グラウンダーのシュートがゴール左隅に突き刺さった。 さらにアーセナルは、83分にもスミス・ロウの縦パスをボックス内で受けたラカゼットがオザン・カバクに倒されPKを獲得。このPKをラカゼットが右隅に決めた。 試合を決定づけたアーセナルは、後半アディショナルタイムにもスミス・ロウがゴールネットを揺らし、5-0で圧勝。リーグ戦4連勝と好調を維持している。 2021.12.27 01:57 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly