エースの宿命か、C・ロナウドが"チョークスラム"のような厳しい守備に遭う

2021.11.14 08:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドへのマークは激しさを増しているようだ。11日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第9節でアイルランド代表とアウェイで対戦したポルトガル。押し込みながらも自陣に5バックを形成するアイルランドを崩しきれない状況が続いた。

C・ロナウドも度々ゴールへと迫るも、代表での世界最多得点記録を持つストライカーともなれば、激しいマークに晒されるのは必然のこと。その中でも印象的なシーンを『イレブンスポーツ』が取り上げている。
C・ロナウドとDFシェーン・ダフィが空中戦に挑んだ場面だ。両者が飛び上がった際、ダフィの左手がC・ロナウドの喉元をホールドしているように見える。このまま"のど輪落とし"へと持ち込めそうなほどだ。

エースを封じられたポルトガルは最後まで相手の牙城を崩すことはできず、ゴールレスドローでタイムアップを迎えたそれでも、勝ち点17でセルビア代表と並び、得失点差でグループ首位に。14に行われる最終節、セルビアとの直接対決では、C・ロナウドにゴールは生まれるだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

ロビー・キーンが最愛の母の逝去明かす…「いつもあなたを愛し、恋しく思います」

元アイルランド代表FWのロビー・キーン氏(42)が最愛の母の逝去を明かした。同氏が18日に自身の公式SNSでアンさんの訃報を伝えた。 キーン氏は公式SNSを通じて偉大な母に対する愛情、敬意に溢れるメッセージを綴った。 「私の最愛の母であるアンの訃報をお伝えするのは、非常につらい思いです」 「私の素晴らしい母は私たちにとって大きな支えでした。彼女は自分の子供や孫を愛し、私が今まで会った中で最も寛大で無私の人でした」 「彼女には人を惹きつけるユーモアのセンスがあり、いつも私たちへ笑顔を向けてくれました」 「あなたはいつも私がどこから回復力を得たのか疑問に思っていましたが、人生で、特に過去数週間、あなたに投げかけられたすべてのものにもかかわらず、あなたの決意と戦いを見た後、私はそれがあなたのお母さんからのものであることを理解しました。あなたはいつもとても強く、真の戦士でした」 「あなたのような母に恵まれたことは、言葉では言い尽くせません。 私が永遠に大切にするすべての愛、笑い、そして思い出をありがとう。さよならを言うのはとても悲しいですが、お父さんが両手を広げてあなたを待っていること、そしてあなたが私たち全員を天国から導き続けてくれることを私は知っています。お母さん、どうか安らかに。 私はいつもあなたを愛し、恋しく思います」 「あなたを失うのは最もつらいことでした。あなたは私にとってとても大切な存在でしたが、あなたは私の心の中にいつでもいます、お母さん、それはあなたがいつもそこにいる場所です。天があなたを呼んだことは知っていますが、あなたが残っていたらよかったのにと思います」 「私はあなたを失いたくなかったけど、あなたは一人で行かなかった。だから一つ覚えておいてほしいのは、私たちは離れていないということ、あなたは私の思い出の中で、そして私の心の中で私と一緒にいるということです」 これまでトッテナムやリバプール、リーズ、LAギャラクシー、アイルランド代表で輝かしいキャリアを歩んできたキーン氏だが、その活躍の裏では明るくときに厳しく叱咤激励する素晴らしいアンさんの存在があったようだ。 <span class="paragraph-title">【画像】最愛の母への思い綴る</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cj0rCoCtxeN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cj0rCoCtxeN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #F4F4F4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cj0rCoCtxeN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Robert Keane(@robbiekeane)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2022.10.18 23:14 Tue
twitterfacebook
thumb

南野の元同僚21歳FW、凄まじいキャノン砲で代表4試合目で初ゴール!

アイルランド代表FWマイケル・オバフェミ(21)が目の覚めるような一撃をたたき込んだ。 2018年に2000年生まれの選手として初めてアイルランド代表キャップを刻んだオバフェミ。以降は代表での出場が空いてしまったが、先発出場を果たした11日のUEFAネーションズリーグ(UNL)リーグB・グループ1、スコットランド戦で鮮烈な代表初ゴールを記録した。 28分に絶妙なループパスでFWトロイ・パロットのゴールをお膳立てすると、2点のリードで迎えた51分には自らネットを揺らす。ゴール正面約30mの位置で横パスを受けたオバフェミはファーストタッチで前を向き、思い切り良く右足を一閃。コースは甘かったものの、凄まじい威力のブレ球がゴールに突き刺さった。 オバフェミはサウサンプトンの育成組織出身で、2020-21シーズンにはセインツで日本代表FW南野拓実ともチームメイトだった。このシーズンはケガの影響などもあり、前季より出場機会が減少。今シーズンは夏にチャンピオンシップ(イングランド2部)のスウォンジーへと活躍の場を移した。 リーグ戦で32試合に出場して12得点を挙げると、活躍が評価されてUNLのメンバーにも招集。代表キャップ4試合目にして印象的な初ゴールを記録することとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】えぐ過ぎるブレ方…21歳のオバフェミが決めた凄まじい威力の代表初ゴール(1:02~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="cxJ2uX6C1tw";var video_start = 62;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.06.12 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

「狂ってるわ」“人間発射台”が再降臨! リバプール女子DFのロングスローの飛距離が尋常じゃない

ロングスローの名手と言えば、誰を思い浮かべるだろう。 真っ先に名前が挙がるのは、ストーク・シティなどで活躍し“人間発射台”の異名を取った元アイルランド代表MFロリー・デラプか。Jリーグファンにはジェフユナイテッド市原・千葉でプレーしたオーストラリア代表DFマーク・ミリガンも馴染みが深いだろう。 3日に行われた明治安田生命J2リーグ第8節、モンテディオ山形vsファジアーノ岡山でも後半のアディショナルタイムにMF本山遥の“一投”から劇的な決勝点が生まれているが、女子選手の強肩にも大きな注目が集まっているようだ。 同じく3日に行われたFA女子チャンピオンシップ(イングランド女子2部)、首位リバプールと2位ブリストル・シティの一戦では、リバプールのアイルランド女子代表DFメーガン・キャンベルが驚愕の一投からゴールを演出した。 2-1とリバプールのリードで迎えた59分。左サイドの敵陣中央ほどでスローインを得ると、キャンベルが魅せる。投げたボールはぐんぐん伸びてゴール前へ到達し、ボックス内で味方が落とすと、ケイティ・ステンゲルが押し込んでネットを揺らした。 閲覧者からは「狂ってるわ」、「今まで見た中で最高のロングスローの1つ」、「どうすればそこまで投げられるのか」、「アリエナイ」などの声が届いた大遠投。ボックス脇からではなく敵陣中央からのため、少なくとも40mはあると思われる。 女子サッカーではあまり馴染みのないロングスロー。使い手として名前が挙がるのは、リヨンのオーストラリア女子代表DFエリー・カーペンターやなでしこリーグ時代のノジマステラ神奈川相模原でプレーした元台湾女子代表FWミッシェル・パオだろうか。 試合はその後、両チームが1点ずつを加え、4-2でリバプールが勝利を収めた。この結果、リバプールはリーグ優勝とFA女子スーパーリーグ(FAWSL)への昇格が決定。来季は岩渕真奈や長谷川唯との対戦で、この大遠投が見られるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】40m超え確実! リバプール女子DFが見せた脅威の超ロングスロー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Megan Campbell&#39;s long throws are LETHAL! <a href="https://twitter.com/ksteng12?ref_src=twsrc%5Etfw">@ksteng12</a> puts <a href="https://twitter.com/LiverpoolFCW?ref_src=twsrc%5Etfw">@LiverpoolFCW</a> closer to <a href="https://twitter.com/BarclaysFAWSL?ref_src=twsrc%5Etfw">@BarclaysFAWSL</a> promotion... <a href="https://t.co/6wpSO5DR6y">pic.twitter.com/6wpSO5DR6y</a></p>&mdash; FA Women&#39;s Championship (@FAWomensChamp) <a href="https://twitter.com/FAWomensChamp/status/1510640337072496654?ref_src=twsrc%5Etfw">April 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.04.04 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

主力不在ベルギー、終盤被弾でアイルランドにドロー《国際親善試合》

ベルギー代表は26日、国際親善試合でアイルランド代表とのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 デ・ブライネやルカクを招集外としたベルギーは、3トップにバチュアイ、ヴァナケン、デ・ケテラエルを据えた。 ドハーティやコールマン、ヘンドリックらをスタメンで起用してきたアイルランドに対し、立ち上がりは押し込まれる展開とされたベルギーだったが、12分に先制する。 左サイドでパスを受けたバチュアイがカットインから右足を振り抜くと、見事にコントロールされたシュートがゴール右隅に決まった。 先制後はベルギーの攻勢が強まったが、35分に同点とされる。クロスのルーズボールをボックス内のオグベネにバイシクルシュートで決められた。 1-1で迎えた後半、引き続きベルギーが押し込むと、58分に勝ち越す。右CKからヴァナケンがヘッドで叩き込んだ。 終盤にかけてベルギーが試合を締めにかかっていたが、85分に同点とされる。オグベネの右クロスからブラウンに打点の高いヘッドで叩き込まれた。 このまま2-2でタイムアップ。引き分け決着となった。 2022.03.27 03:55 Sun
twitterfacebook
thumb

アイルランド代表、ケニー監督とユーロ2024まで契約更新 「この上ない名誉」

アイルランドサッカー協会(FAI)は9日、同国代表を率いるスティーブン・ケニー監督(50)との契約更新を発表した。新たな契約はユーロ2024までとなる。 アシスタントマネージャーのキース・アンドリュース氏、コーチングチームのディーン・キーリー氏、スティーブン・ライス氏、ダミアン・ドイル氏とも新契約を締結。空位のアシスタントコーチに関しては追って決まる見通しだ。 ケニー監督は「母国の監督を務めるのはこの上ない名誉であり、契約を延長できて嬉しく思っている」と喜びの心境とともに、チームのこれからに期待を抱いている。 「選手たちはアイルランドのためにプレーするのを大いに誇らしく思い、最近のパフォーマンスを通じてもチームとサポーターの強い結びつきを目の当たりにした」 「選手の姿勢も良く、チームの成長も目にしてきた。私はキース・アンドリュースやスタッフ全員とともに、チームがその潜在能力を発揮するのを楽しみにしている」 ケニー監督は2020年4月、ミック・マッカーシー監督の後任として、U-21代表からA代表の監督に昇格。初勝利まで12試合を要したが、ここ10試合は1敗しか喫していない。 なお、カタール・ワールドカップ行きは叶わず、次の公式戦は今年6月と9月に控えるネーションズリーグ・グループB1の6試合となる。 2022.03.11 17:58 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly