クーマン監督の次を見据えるバルセロナ、理想はリバプールのクロップ監督招へいか

2021.10.27 16:36 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナはリバプールのユルゲン・クロップ監督招へいを希望しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。バルセロナは昨夏にロナルド・クーマン監督が就任。FWルイス・スアレスを構想外として多くの若手を起用するなどスカッドの刷新を断行し、コパ・デル・レイではチームを優勝に導いた。

しかし、FWリオネル・メッシが夏に去った今季は状況が日々悪化しており、ラ・リーガでは9位に低迷。24日にカンプ・ノウで行われたレアル・マドリーとのエル・クラシコも、1-2で敗れている。加えて、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージでもバイエルン、ベンフィカに立て続けに0-3のスコアで敗れるなど元気はなく、非難は強まる一方だ。

エル・クラシコでの敗戦後には帰路につくクーマン監督の車をファンが取り囲み暴言を浴びせる事態も発生しており、ファンとの関係も崩壊寸前。クラブも現時点ではあくまでクーマン監督の続投を主張しているものの、今後数試合の結果次第では解任の可能性も高いとされている。

仮に解任となった場合、後任候補としてアル・サッド(カタール)のチャビ・エルナンデス監督やベルギー代表のロベルト・マルティネス監督、現在フリーのアンドレア・ピルロ氏などの名前が挙げられているが、スペイン方面の報道によるとクロップ監督の招へいこそがクラブの理想のようだ。

クロップ監督は2015年10月にリバプールの監督に就任すると、無冠の日々が続いていたチームを卓越した手腕で立て直し、2018-19シーズンにはCLを制覇。続く2019-20シーズンには30年ぶりとなるリーグ優勝をクラブにもたらした。

スーパースターが去ったチームの再建としてクロップ監督はうってつけの人材と言えるが、一方でバルセロナは招へいの難易度を理解してもいるようだ。クロップ監督とリバプールの契約は2024年夏まで残っており、その後は1年の休養を取りたいと指揮官本人が明言している。

それでも今後バルセロナが何らかのアプローチをかける可能性はあるものの、クロップ監督がリバプールでの任期中にスペインへ向かう可能性は非常に低いかもしれない。

関連ニュース
thumb

レヴァンドフスキが男子年間最優秀選手を2年連続受賞! 『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』で各賞発表

国際サッカー連盟(FIFA)は17日、2021年度『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の男女各賞受賞者を発表した。 男子最優秀選手は昨年に続きFWロベルト・レヴァンドフスキがアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)、エジプト代表FWモハメド・サラー(リバプール)を抑えて2年連続受賞。 男子最優秀監督はチェルシーを指揮して約4カ月でチャンピオンズリーグ(CL)のタイトルをもたらしたトーマス・トゥヘル監督が初受賞。男子最優秀GKはチェルシーの守護神エドゥアール・メンディが同じく初受賞した。 一方、女子最優秀選手はスペイン代表MFアレクシア・プテラス、女子最優秀監督はチェルシーのエマ・ヘイズ監督、女子最優秀GKはチリ代表GKクリスティアネ・エンドレルが受賞している。 その他では年間ベストゴール賞に当たるFIFAプスカシュ賞は、アルゼンチン代表MFエリク・ラメラがトッテナム時代のアーセナルとのノースロンドン・ダービーで決めたラボーナ弾で受賞。トッテナムは昨年の韓国代表FWソン・フンミンに続き史上初の2年連続受賞に。 FIFAフェアプレー賞、FIFAファン賞は、ユーロ2020のデンマーク代表とフィンランド代表の試合中に卒倒し、一時心停止となったデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの救命措置で世界中のフットボールファミリーから称賛を浴びたデンマーク代表、同試合で暖かなサポートを見せた両チームのサポーターが選出された。 また、偉大なキャリアを送った選手たちが対象となるFIFA特別賞を、それぞれポルトガル代表、カナダ女子代表で代表通算ゴール記録を塗り替えたクリスティアーノ・ロナウド、クリスティーン・シンクレアが受賞することになった。 ◆各賞受賞者一覧 《男子最優秀選手》 ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン) 《男子最優秀監督》 トーマス・トゥヘル(ドイツ/チェルシー) 《男子最優秀GK》 エドゥアール・メンディ(セネガル/チェルシー)) 《女子最優秀選手》 アレクシア・プテラス(スペイン/バルセロナ) 《女子最優秀監督》 エマ・ヘイズ(イングランド/チェルシー) 《女子最優秀GK》 クリスティアネ・エンドレル(チリ/パリ・サンジェルマン、リヨン) 《FIFAフェアプレー賞》 デンマーク代表&メディカルチーム 《FIFAプスカシュ賞》 エリク・ラメラ(アルゼンチン/トッテナム、セビージャ) 《FIFAファン賞》 デンマーク&フィンランドサポーター 《FIFA特別賞》 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド) クリスティーヌ・シンクレア(カナダ/ポートランド・ソーンズ) 2022.01.18 06:20 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ユムティティが右足の第5中足骨を骨折…18日に手術へ

バルセロナは17日、フランス代表DFサミュエル・ユムティティが18日に右足の手術を受けることを発表した。 クラブの発表によると、ユムティティは17日のトレーニング中に右足を強打し、第5中足骨を骨折。そして、同選手は、18日にアントニ・ダルマウ医師とクラブのメディカルサービスの下で手術を受ける予定だという。 離脱期間などの詳細に関しては手術実施後に改めてアナウンスする予定だ。 先日に大幅な減俸を受け入れる形で2026年までの新契約にサインしたユムティティは、今シーズンここまでラ・リーガ第17節のオサスナ戦の1試合のみに出場している。 2022.01.18 00:08 Tue
twitterfacebook
thumb

カルバハルが新型コロナ感染…スーペル・コパ決勝は欠場

レアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルが新型コロナウイルスに感染した。 GKティボー・クルトワやFWヴィニシウスらが感染から回復して間もないマドリーだが、クラブは14日にカルバハルから陽性反応が見つかったことを公表。 13日に行われたスーペル・コパ準決勝のバルセロナ戦に出場していたカルバハルだが、16日に行われる決勝戦のアスレティック・ビルバオ戦は欠場することが決定した。 2022.01.15 01:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「なにこれ笑」クラシコでもゴールの好調ヴィニシウス、セレブレーションのダンスが注目の的に「パラパラ踊ってるんだろうと…」

レアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールの不思議なゴールセレブレーションが話題を呼んでいる。 マドリーは12日、サウジアラビアで行われたスーペル・コパ準決勝でバルセロナとのエル・クラシコに臨んだ。ヴィニシウスのゴールで幕を開けた一戦は打ち合いとなり、先行したマドリーに対してバルセロナが2度追い付くという熱戦に。 延長戦までもつれ込んだ試合はフェデリコ・バルベルデの決勝点でマドリーが3-2と勝利を収め、決勝へと駒を進めた。 この試合でショートカウンターから先制点を決めたヴィニシウス。ゴール後に見せたセレブレーションが話題を呼んでいるようだ。 ユニフォームのエンブレムを指さした後に、ブラジルでは頻繁にみられるという頭部の横で指を回すアクションを披露。続けてダンスが披露したのだが、これがなかなかに不思議な踊りとなっており、ファンの注目をさらっている。「メッセージは明確だよ!」、「なにこれ笑」、「今最も人気のあるダンサーです!」、「パラパラ踊ってるんだろう…と思ってしまった」など、様々なコメントが寄せられることとなった。 8日に行われたラ・リーガ第20節のバレンシア戦でもダンスのセレブレーションを披露していたヴィニシウス。好調を維持しているだけに、今後のゴールパフォーマンスにも注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】不思議な踊り?ヴィニシウスがスーペル・コパで披露したダンスのゴールセレブレーション</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Gol <br>Celebración <a href="https://twitter.com/vinijr?ref_src=twsrc%5Etfw">@vinijr</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/Supercopa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Supercopa</a> <a href="https://t.co/PtphiSSLrE">pic.twitter.com/PtphiSSLrE</a></p>&mdash; Real Madrid C.F. (@realmadrid) <a href="https://twitter.com/realmadrid/status/1481551603215654913?ref_src=twsrc%5Etfw">January 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.13 20:25 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、今夏レンタル加入のユスフ・デミルをラピド・ウィーンに返還

バルセロナは13日、 オーストリア代表MFユスフ・デミル(18)との契約解除を発表した。 同選手は昨夏、ラピド・ウィーンから1年間の有償レンタルで加入。加入当初はバルセロナB登録となっていたが、プレシーズンのアピールとトップチームでのアタッカー不足の影響もあり、ラ・リーガ開幕からトップチームに帯同。第2節のアスレティック・ビルバオ戦で早くもデビューを飾った。 以降はロナルド・クーマン、セルジ・バルフアン、チャビ・エルナンデスと3人の指揮官の下、ここまで公式戦9試合に出場。現体制ではベンフィカとのチャンピオンズリーグの試合でスタメン出場も飾っていた。 しかし、12日のスーペル・コパ準決勝のレアル・マドリー戦でデビューしたFWフェラン・トーレスの加入で状況が一転。その獲得資金を捻出するため、デミルは双方合意の下で所属元へ返されることになった。 スペイン『マルカ』が伝えるところでは、ラピド・ウィーンとの契約には、公式戦10試合に出場した時点で1000万ユーロ(約13億円)での買い取り義務が生じる条項が盛り込まれていたようで、バルセロナはその支払いを回避するため、12月8日に行われたチャンピオンズリーグのバイエルン戦を最後に出場させていなかった。 なお、ラピド・ウィーンへ復帰したデミルは、同日に2024年までの新契約にサインしている。 2022.01.13 20:04 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly