8戦全勝でW杯出場決定のデンマーク、主将ケアーも喜び隠さず 「チームはさらにハングリーに」

2021.10.13 10:36 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランに所属するデンマーク代表DFシモン・ケアーがカタール・ワールドカップ(W杯)本大会出場決定を喜んだ。イギリス『BBC』が伝えている。

デンマークは12日に行われたW杯欧州予選グループF第8節でオーストリア代表と対戦した。ここまで予選全勝のチームは前半にMFミッケル・ダムスゴーアが負傷交代したこともあり、なかなか得点を奪えない時間が続いたが、53分にDFヨアキム・メーレのゴールで先制に成功。その後はここまで予選無失点の守備が相手の反撃を許さず、1-0で勝利した。

この結果、デンマークは予選8試合で27得点無失点という圧倒的な成績によってグループ首位が確定。早くもW杯本大会の出場権を獲得した試合後、デンマーク『Kanal 5』のインタビューに応じたキャプテンのケアーはチームが今夏開催のユーロ2020でベスト4を達成したことに引き続き結果を出したことを喜び、全員の貢献による成果だと胸を張った。

「僕たちは、すでに長い道のりを歩んできたと思う。それでも、このチームはさらにハングリーになっている」

「僕らは信じられないほど健全な仲間と共にこのメンタリティを築き上げ、常に向上心を持ち続けている。チームに所属する選手は互いに最高のものを共有しているんだ。それを僕たちが元々持つクオリティに加えたことで、より遠くへ行くことができる」


関連ニュース
thumb

「カタールW杯でのプレーが目標」、エリクセンがキャリア一時中断後初のインタビュー

デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、心臓発作によるキャリア一時中断後初めてのインタビューで今後のキャリアプランについて語った。 昨年6月に行われたユーロ2020のフィンランド代表戦で、試合中に卒倒したエリクセン。意識を失い、ピッチ上で心肺蘇生が行われるなどしたが、無事に一命を取り留め、その後回復した。 その後、エリクセンは手術により心臓発作の再発を防ぐための植え込み型除細動器(ICD)を装着。現在は母国デンマークで家族と共に療養生活を送る傍ら、ユース時代に在籍した古巣オーデンセで個人トレーニングを行っている。 そのエリクセンは先日にインテルとの契約を双方合意の下で解消。今後はICD装着でのプレーが許可されているリーグで現役を継続する意向を持っている。 フィンランド戦後は自身のSNSを通じて、世界中のフットボールファミリーから届いたメッセージに感謝を示したものの、公の場で言葉を発する機会はなかったデンマーク代表MFだったが、今回母国『DR』のインタビューに応じ、自身の近況や今後について言及。現在フリーの状況にありながらも、今年開催されるカタール・ワールドカップ出場を目指していることを明かした。 「僕の目標はカタールのワールドカップでプレーすることだ。プレーしたいんだ」 「それがずっと僕のマインドセットなんだ。それは目標であり、夢だ。選ばれるかどうかはまた別の話だけど、戻ってくるのが夢なんだ」 「現時点では身体に違和感はないし、自分の中では復帰できると確信しているよ」 「フィジカル的には、最高の状態に戻ってきている。まだ先のことだけど、フットボールをプレーして、これまでと同じレベルに戻ってきたことを証明するだけさ」 「デンマーク代表の存在はとても重要だよ。ワールドカップでみんなののためにプレーしたい。僕の夢は代表チームに再合流し、再びパルケン(代表の本拠地)でプレーして、あれ(心停止)が一過性のもので、二度と起こらないということを証明することだ」 「自分が前に進んでいることを証明し、再び代表チームでプレーできるようにしたいんだ。それを見極めるのは監督次第だけど、僕の心臓は障害にはならないよ」 また、エリクセンはフィンランド戦での心停止という非常なセンシティブな話題に関しても言及。「5分間死んでいた」と生死の境をさまよったことを認めると共に、世界中から届けられた多くのメッセージへの感謝を改めて語った。 「これほど多くの人が手紙を書いてくれたり、花を贈ってくれたことには本当に驚かされたよ」 「多くの人があの出来事に影響を受け、僕や家族に対して何かをしたいということを感じてくれたんだと思う。それはとても嬉しいことだったよ」 「病院では、どんどん花が届いていると言われたんだ。5分間死んだだけで、あれだけ多くの花を贈られるとは思っていなかったから、少し不思議な感じだったよ」 「それは非常に素晴らしいことだったよ。多くの人たちからの自分の回復を願うメッセージを受け取ることは、本当に大きな助けとなったんだ 。それに、多くの人は今でも手紙を書いてくれている」 「直接会った人にはお礼を言うことができたんだ。医師やチームメイト、その家族にも直接お礼を言ったよ」 「それだけではなく、何千通もの手紙やメール、花を贈ってくれたり、イタリアでもデンマークでも、道で声をかけてくれたりしたファンのみんなには、世界中で受けた応援が僕を助けてくれたことに感謝していると伝えたいよ」 現在、プレミアリーグなどを中心に多くのオファーが舞い込んでいると言われるエリクセン。健康上の問題をしっかりとクリアした上で再びピッチへ舞い戻り、自身が最大の目標と語るカタールW杯でプレーする姿を見せてほしいところだ。 2022.01.05 07:14 Wed
twitterfacebook
thumb

エリクセンが古巣オーデンセで個人トレーニングを開始

インテルのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、ユース時代を過ごした母国のオーデンセBKで個人トレーニングを開始した。『ロイター通信』が伝えている。 今夏行われたユーロ2020のフィンランド代表戦で、試合中に卒倒したエリクセン。意識を失い、ピッチ上で心肺蘇生が行われるなどしたが、無事に一命を取り留め、その後回復した。 エリクセンは手術により心臓発作の再発を防ぐための植え込み型除細動器(ICD)を装着。現在は母国デンマークで家族と共に療養生活を送っている。 そのエリクセンに関して、2005年から2008年までユースチームに在籍していたオーデンセは2日、同選手からの連絡を受けてトレーニング施設を提供していることを明かした。 オーデンセのスポークスマンは『ロイター通信』の取材に対して、以下のような説明を行っている。 「エリクセンが我々にコンタクトを取ってきた。そして現在、彼は個人トレーニングを行っている」 「彼がユース時代にここでプレーし、近くに住んでいるのでそれは自然なことだ。彼のためにトレーニング施設を提供できることをとても嬉しく思っている」 ちなみに、同スポークスマンは、エリクセンがいつオーデンセでトレーニングを開始したのか、またどれくらいの期間、トレーニングを行う予定なのかについては言及を避けている。 今回のトレーニング開始の知らせによってエリクセンは、現役続行の意思を持っていると思われるが、インテルでのキャリア続行は絶望的な状況だ。 イタリアではICDを装着したままではプロスポーツは行えない決まりがあり、インテルも「イタリアの医療機関からエリクセンのスポーツ活動が認められないと報告があった」と声明を発表していた。 これにより、インテルはエリクセンに対して、他国のリーグでキャリアを継続させることを容認する構え。これまでは古巣アヤックス復帰の可能性が伝えられていた。 2021.12.02 23:11 Thu
twitterfacebook
thumb

「彼のような選手は出てこない」バロンドールのメッシにケアーが言及、授賞式参加には「最高の瞬間」

ミランのデンマーク代表DFシモン・ケアーが、バロンドールについて言及した。 29日、『フランス・フットボール』が主催するバロンドールの授賞式が開催。パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2年ぶり7度目の受賞を果たした。 授賞式では他の表彰もされた中、プレゼンターを務めていた元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ氏が壇上でスピーチ。ユーロ2020で、クリスティアン・エリクセンが卒倒した時のの振る舞いを受け、ケアーを称賛していた。 ケアーは30人の候補に残っていたために授賞式に出席。結果は18位だったが、この名誉にコメントしていた。 「これは僕のキャリアの最高の瞬間だ。僕は今夜の30人のリストに載っていて、昨シーズンのミランのチャンピオンズリーグ出場に貢献できた」 「僕たちは今シーズンのスクデット候補だ。僕はキャリアの中で、常に改善に努めてきた。自分のキャラクターに疑いを持ったことは一度もない。僕がここにいることは驚きではないよ」 また、ドログバ氏がスピーチしたユーロ2020での出来事についても言及。エリクセンが元気であることが重要だとした。 「それは私の心に残っているものだけど、少しずつ前に進んでいかなければなりません。僕は、この件に関する全ての疑問を尊重する。ただ、決して忘れることのできない出来事だった」 「そのことはとても個人的なことだ。幸いなことに、うまく終わった。そうでなければ、僕は今ここにいない」 「最も重要なことは、彼が元気であることだ。常にピッチに集中している。これからは前に進むために努力する」 さらに、史上最多7度目のバロンドール受賞となったメッシについても言及。受賞は当然だとした。 「彼はチャンピオンだ。彼のような選手に出会えたのは幸運だ。誰もがマラドーナとペレについて話すけど、僕の世代はそれらをYouTubeでしか観ていない」 「7度のバロンドールは印象的だ。将来、彼のような選手は出てこないだろう」 <span class="paragraph-title">【動画】ドログバ氏がケアーを称えるスピーチ、会場も拍手に包まれる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This is more than football. <br><br>Thanks <a href="https://twitter.com/simonkjaer1989?ref_src=twsrc%5Etfw">@simonkjaer1989</a> for being you! <a href="https://twitter.com/hashtag/ballondor?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ballondor</a> <a href="https://t.co/Z84TCbiafE">pic.twitter.com/Z84TCbiafE</a></p>&mdash; Ballon d&#39;Or #ballondor (@francefootball) <a href="https://twitter.com/francefootball/status/1465418482607177730?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.30 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「全てのヒーローがマントを着ているわけではない」バロンドール授賞式でドログバが感動のスピーチ、エリクセンの命救ったケアーに敬意

元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ氏が、ステージ上で改めて敬意を示した。 29日、『フランス・フットボール』が主催するバロンドールの授賞式が開催。パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2年ぶり7度目の受賞を果たした。 授賞式では他の表彰もされた中、プレゼンターを務めていたドログバ氏が壇上でスピーチ。1人の選手への敬意を表した。 「この場を借りて、私にとって大切なことをお話ししたいと思います。今年、本当に功績のあった人物に敬意を表したいと思います」 「この男はヒーローです。これはフットボールや我々よりも大きいことです」 「ケアーは友人でもある、クリスティアン・エリクセンの命を助けました。賢い人々は、全てのヒーローがマントを着ているわけではないと言いました。シモン・ケアー、ありがとう」 これは、今夏行われたユーロ2020のデンマーク代表vsフィンランド代表の一戦で、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが卒倒し、ピッチ上で心肺停止になった事件に関するものだ。 エリクセンがピッチ上で倒れた際、DFシモン・ケアーが最初に異変に気がつき駆け寄ると、救助を呼び、その後はエリクセンの妻のケア、チームメイトとともにエリクセンを囲う壁を作るなど、素晴らしい対応を見せていた。ドログバ氏は改めて賛辞の言葉を送り、会場は拍手に包まれることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】ドログバ氏がケアーを称えるスピーチ、会場も拍手に包まれる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This is more than football. <br><br>Thanks <a href="https://twitter.com/simonkjaer1989?ref_src=twsrc%5Etfw">@simonkjaer1989</a> for being you! <a href="https://twitter.com/hashtag/ballondor?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ballondor</a> <a href="https://t.co/Z84TCbiafE">pic.twitter.com/Z84TCbiafE</a></p>&mdash; Ballon d&#39;Or #ballondor (@francefootball) <a href="https://twitter.com/francefootball/status/1465418482607177730?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.30 15:50 Tue
twitterfacebook
thumb

「世界最高のDFになれる」、ケアーが後輩クリステンセンを称賛! 一方で克服すべき課題も指摘

ミランとデンマーク代表でディフェンスリーダーを担うDFシモン・ケアーは、代表チームの後輩であるチェルシーDFアンドレアス・クリステンセンが“世界最高のDF”の一人になれると考えているようだ。デンマーク『BOLD』が伝えている。 これまでヴォルフスブルクやローマ、リール、フェネルバフチェ、セビージャとヨーロッパ屈指の名門を渡り歩いてきた百戦錬磨のケアー。 現在、ミランとデンマーク代表で印象的な活躍を続ける32歳は、先のユーロ2020での同胞MFクリスティアン・エリクセンの人命救助に尽力した功績もあり、先日に発表されたバロンドールでは30人の候補にも選出されている。 一方、現在25歳のクリステンセンはボルシアMGでの2年間の武者修行を経て、2017年にチェルシーに復帰。以降は準主力という位置付けだが、トーマス・トゥヘル監督の就任以降は定期的にプレー機会を与えられると、攻守両面で総合力の高いパフォーマンスを披露。ヨーロッパ屈指の堅守を築くブルーズの新たなディフェンスリーダーとして存在感を放っている。 ケアーはデンマーク代表の最終ラインでコンビを組む後輩が、将来的に自身と同じようにバロンドール候補に選出されるレベルの守備者に成長できると考えているようだ。 「彼は世界最高のDFになるために必要な条件をすべて備えていると思う」 「彼は完全に独自の形でゲームを読んでいる。ボールを持ったときも素晴らしく、スピードがあり、アスリート能力も高い」 クリステンセンのポテンシャルに太鼓判を押した一方、ケアーは同選手の明確な課題についても指摘している。 「彼は時々、もっと大きな声で周囲にコーチングしていく必要があるけど、それもだんだん良くなってきた。クリステンセンは素晴らしいDFだと思うよ」 「彼はここにいる間、ピッチ内外で成長してきた。だけど、僕から言わせれば、もっと彼に多くを求めたい。もっとパーソナリティを出してほしいんだ」 「彼はもちろん良くなっている。だけど、僕は彼がより高みに到達できるように、少しずつ追い込んでいきたいと思っているんだ」 「ピッチ内外で、彼にもっと要求したいと考えている。個人的な考えだけど、彼はまだどこかで自分を少しコントロールしている部分があると思っているからね」 チェルシーではブラジル代表DFチアゴ・シウバ、代表ではケアーと奇しくもミランに関りがある偉大な先達からの叱咤激励を受け、クリステンセンはケアーが求める世界最高峰のDFに成長できるか…。 2021.11.11 08:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly