ドイツをW杯に導いたチェルシーコンビ、前半無得点も2ゴールのヴェルナーは「得点するのは時間の問題だった」

2021.10.12 10:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのドイツ代表コンビFWカイ・ハヴァーツとFWティモ・ヴェルナーが、北マケドニア代表戦を振り返った。ドイツサッカー連盟(DFB)が伝えた。

ドイツは11日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループJ第8節で、北マケドニアとアウェイで対戦した。

3月に行われたホームでの北マケドニア戦では1-2で敗れ、予選で唯一の黒星を喫していたドイツ。この試合も前半から押し込むが、ゴールを奪えず苦しい展開が続く。

ゴールレスで迎えた後半もドイツが押し込むと50分にハヴァーツのゴールで先制。70分と73分にはヴェルナーが連続ゴールを奪い、試合の大勢を決める。

さらに84分には、ジャマル・ミュージアラがゴールを奪い、0-4で快勝。ルーマニア代表が敗れたために、世界最速でカタールW杯出場を決めた。

先制ゴールを奪ったハヴァーツは、「全体的に、ハーフタイム後からのラストパスは正しかった」と後半のパフォーマンスが良かったとコメント。「前半は、ラストパスを出し、チャンスを作るのに苦労した。後半は立ち上がりが良く、90分間試合をコントロールできた」と語り、後半盛り返せたことが良かったと語った。

また、この試合では2ゴールを記録したヴェルナーは「このようなチームとの対戦は、いつも最初は難しい」と語り、北マケドニアに苦戦したことを認めた。

それでも「ゴールを与えなかったのは良かった」と無失点で試合を進めたことを評価。「このような相手と90分間戦えば、得点するのは時間の問題だった」と語り、我慢を続けていればゴールを奪えると考えていたようだ。

関連ニュース
thumb

8万人超の大観衆! イングランドが自国開催の女子ユーロでドイツ下して初優勝!《女子ユーロ2022》

7月31日、女子ユーロ2022決勝のイングランド女子代表vsドイツ女子代表がウェンブリー・スタジアムで行われ、延長戦の末に2-1でイングランドが勝利。初優勝を収めた。 自国開催となったイングランドは大会初優勝を目指すことに。対するドイツは、過去6連覇を含む8度の優勝を経験し、9度目の優勝を目指していた。 イングランドはグループAでオーストリア、ノルウェー、北アイルランドと同居し3連勝で首位通過。準々決勝で優勝候補の1つでもあるスペインに2-1で勝利すると、準決勝では東京五輪銀メダルのスウェーデンに4-0で快勝し決勝に駒を進めた。 対するドイツはグループBでスペイン、デンマーク、フィンランドと同居し、こちらも3連勝で首位通過。準々決勝ではオーストリアに2-0で勝利すると、準決勝では優勝候補のフランスを2-1で下して決勝へ駒を進めた。 8万7192人のファンがスタンドに集まった大一番。自国開催のイングランドの優勝を期待する声が高まっていた中、最初にチャンスを迎えたのはドイツ。25分、左CKを得ると、ゴール前の混戦をマリーナ・ヘゲリングが詰めるが、体を張って守りゴールを許さない。 互いに譲らない試合展開となる中、お互いにゴールを奪い切れずに前半を終了。すると後半、イングランドが先制する。 62分、自陣からのロングフィードに対して裏に抜けたエラ・トゥーンが独走。GKが前に出てくるが、見事なループシュートを決めて先制する。 先制を許したドイツは66分に反撃。右サイドからのスルーパスに反応したリナ・マグルがドリブルでボックス内に侵入し右足シュート。しかし、これはポストに直撃。跳ね返りをリー・シュレルがボレーで狙うが、GKがキャッチする。 ピンチを凌いだイングランドだったが79分に失点。ドイツは右サイドから崩すと、最後はタベア・ワスムートがボックス内右からグラウンダーのパス、これをマグルがダイレクトで蹴り込み、同点に追いつくことに成功する。 1-1で90分を終え、延長戦に突入した試合。ドラマは110分に待っていた。 イングランドが右CKを獲得するとゴール前で混戦に。これを途中出場のクロエ・ケリーが押し込み、勝ち越しに成功。スタンドのファンも俄然盛り上がりを見せる。 そしてそのままタイムアップ。イングランドが、自国開催のユーロで見事初優勝を成し遂げた。 イングランド女子代表 2-1 ドイツ女子代表 【得点経過】 1-0:62分 エラ・トゥーン(イングランド) 1-1:79分 リナ・マグル(ドイツ) 2-1:110分 クロエ・ケリー(イングランド) <span class="paragraph-title">【動画】8万人超の大観衆が集まった試合!イングランドの鮮やか先制ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/keira_walsh?ref_src=twsrc%5Etfw">@keira_walsh</a>’s <a href="https://twitter.com/hashtag/WEUROVision?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WEUROVision</a> is something else <a href="https://twitter.com/hashtag/WEURO2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WEURO2022</a> | <a href="https://twitter.com/HisenseSports?ref_src=twsrc%5Etfw">@hisensesports</a> <a href="https://t.co/XjcKoIQ94s">pic.twitter.com/XjcKoIQ94s</a></p>&mdash; UEFA Women&#39;s EURO 2022 (@WEURO2022) <a href="https://twitter.com/WEURO2022/status/1553885720825176067?ref_src=twsrc%5Etfw">July 31, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.01 11:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ベッカム氏が娘を使って自ら実況付けてラストシーンを妄想「幸運を祈るだけ」イングランド初戴冠なるか!?

デイビッド・ベッカム氏が、初の女子ユーロ制覇に向けて意外な形でエールを送った。 31日、女子ユーロ2022の決勝が行われる。 今大会の開催地はイングランド。決勝は、その開催国イングランド女子代表と、最多8度の優勝を誇るドイツ女子代表のカードとなった。 大会6連覇も達成しているドイツに、初優勝を懸けて戦う開催国イングランド。2009年の決勝で対戦した時は6-2でドイツが圧勝しており、イングランドとしてはリベンジの大会となる。 そんな中、男子のイングランド代表のレジェンドであり、現在はインテル・マイアミのオーナーを務めるベッカム氏が、自身のインスタグラムに動画を投稿。「ライオネス(イングランド女子代表の愛称)」にエールを送った。 その動画とは、PKを蹴る女性の足元が映ったもの。助走から見事にゴールを決めたが、それは娘のハーパー・セブンさんだった。 ベッカムは「ギリギリのところ、最後のライオネシーズのFKです。シュート、ゴール!」と実況をつけてしまうほど。ゴールが決まった後は、「幸運を祈るだけです。国中に刺激を与えてくれてありがとう。カップを持ち帰ろう」と激励。テキストでも「笑顔で待ってます!頑張って、ライオネス!観るのが待ちきれない」とエールを送った。また、ベッカム氏の娘の溺愛ぶりも改めて確認できる映像となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】すらりと伸びた足からシュート! 父娘が初優勝へエール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CgrGqbxIupo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CgrGqbxIupo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CgrGqbxIupo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">David Beckham(@davidbeckham)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.31 22:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表GKレノのフルアム移籍が前進、アーセナルが移籍金を引き下げか

アーセナルのドイツ代表GKベルント・レノ(30)は、かねてより取り沙汰されてきたフルアム移籍が近づいてきたようだ。イギリス『サン』などが報じている。 レノは長らくレバークーゼンの守護神として活躍し、2018年夏にアーセナルへ移籍。加入後の3シーズンでプレミアリーグ97試合に出場するなど、ゴール前で大きな存在感を発揮してきた。 しかし、クラブが昨年夏にイングランド代表GKアーロン・ラムスデールを獲得すると、状況は一変。ミケル・アルテタ監督はビルドアップに長けたラムスデールを重宝し、レノは2番手に降格。昨季の公式戦出場はわずか8試合にとどまった。 フルアムは今夏の早い段階からレノ獲得に着手。だが、アーセナルが要求する1000万ポンド(約16億3000万円)に二の足を踏み、ここ最近は進展が伝えられていなかった。 それでも、イギリス『イブニング・スタンダード』によると、新たにアメリカ代表GKマット・ターナーを獲得したアーセナルは、レノの売却を躊躇する理由がないことから、価格を800万ポンド(約13億1000万円)まで引き下げ、フルアムとの交渉を進めている模様だ。 なお、レノ本人もカタール・ワールドカップ(W杯)のメンバー入りを見据えて、新天地行きの決意は堅い様子。家族とともに暮らすロンドンの街を気に入っていることから、アーセナルと同じくロンドンに本拠を構えるフルアムへの移籍にこだわっているとみられている。 2022.07.26 20:17 Tue
twitterfacebook
thumb

元西ドイツ代表エースでハンブルガーSVのレジェンドであるゼーラー氏が85歳で他界

かつて西ドイツ代表として活躍し、ハンブルガーSVでキャリアの大半を過ごしたウーヴェ・ゼーラー氏が他界した。85歳だった。 ハンブルク出身のゼーラー氏は、地元クラブのハンブルガーSVのユース育ち。そのままファーストチームに昇格した。 1953年から1972年まで、20シーズンにわたってハンブルガーSVでプレー。580試合で490ゴールを記録し、偉大なストライカーとして名を残している。 西ドイツ代表としても72試合で43ゴールを記録。4度のワールドカップに出場し、1966年のイングランド大会では決勝でイングランドと対戦し敗れていた。W杯4大会では全て複数得点を記録しており、これは史上2人しか達成していない記録。もう1人は、同じドイツ人のFWミロスラフ・クローゼとなっている。 西ドイツ代表としてはキャプテンを務めた時期もあり、フランツ・ベッケンバウアー氏らともプレー。引退後には名誉キャプテンにも就任した。さらに1995年には古巣であるハンブルガーSVの会長に就任したが、1998年にスキャンダルの影響で関与はしていなかったものの辞任していた。 クラブ幹部のヨナス・ボルド氏は、公式サイトを通じて追悼のメッセージを送っている。 「ウーヴェ・ゼーラーは、善良な人間を特徴付ける全ての要素を兼ね備えていました」 「実直さ、忠誠心、生きる喜び、そしていつも親しみやすい人でした。彼はハンブルーがSVの典型的な例です」 「個人的には、彼の最後の誕生日を一緒に過ごしたことが特別な思い出になっています。彼は店で話をし、彼にとってのハンブルガーSVについて聞けば、私にヒントといくつかの格言をくれました」 「我々は彼のことを決して忘れることなく、ずっと大切にしていきます。今、我々は彼の家族に思いを寄せ、心から哀悼の意を表します」 2022.07.22 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

大流行したあのセレブレーションを覚えている?10年前のバロテッリに今でも大賛辞「スーパーマリオ」「ビーストでした!」

イタリア代表FWマリオ・バロテッリのパフォーマンスを覚えているか。 ポーランドとウクライナによる共同開催で行われたユーロ2012。日本時間の29日未明に行われたドイツとの準決勝で、バロテッリは先発出場。20分には先制点を挙げる。 さらに36分、最前線で待ち構えるバロテッリは、自陣左サイドからのMFリッカルド・モントリーボのパスを呼び込むと、ペナルティアーク内右から右足を強振。ゴール右上隅に強烈なシュートを突き刺した。 弾丸ライナーを沈めたストライカーは即座にユニフォームを脱いで上半身を披露。ラットスプレッドのような恰好を決めた。 名手マヌエル・ノイアーでもセーブ不可能な一撃には、10年が経った今でも多くの称賛が。「アイコニック」、「スーパーマリオ」、「信じられないフィニッシュだった」、「昨日のように覚えている」、「バロテッリはビーストでした!」などの声が寄せられている。 イタリアは終盤に1点を返されたものの、逃げ切って決勝進出を果たしている。現在はトルコのアダナ・デミルスポルでプレーをするバロテッリ。鮮烈なゴールと相まってこのゴールパフォーマンスは大流行し、一躍彼の名を世界中に知らしめることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】ドイツ相手に2点目を奪い、上半身を晒すバロテッリ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Euro 2012 semifinals: Germany 1-2 Balotelli<br><br>One of the coldest celebrations in football turns 10 today <br><br>(via <a href="https://twitter.com/EURO2024?ref_src=twsrc%5Etfw">@EURO2024</a>)<a href="https://t.co/AYgk3AALAf">pic.twitter.com/AYgk3AALAf</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1541790209301438464?ref_src=twsrc%5Etfw">June 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.29 20:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly