ビジャレアル加入のオーリエが意気込む! 移籍決断の背景にPSGで指導受けたエメリの存在

2021.10.06 06:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルに加入したコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(28)が新天地での意気込みを語っている。今夏の移籍市場最終日にトッテナムとの契約を解消し、フリーとなっていたオーリエは、今月4日にビジャレアルへ2年間の延長オプション付きの1年契約で加入が決定した。

自身初のスペイン行きを決断した背景には、パリ・サンジェルマン(PSG)時代に指導を受けたウナイ・エメリ監督の存在が大きかったようだ。

オーリエはクラブ公式チャンネルのインタビューで、新天地での意気込みを語っている。

「これは僕にとって新しい経験だ。これまでビジャレアルの試合をたくさん見てきたから、今回の挑戦にワクワクしているんだ」

「この移籍は自分にとって良いチャンスであり、新たな挑戦だよ。新しいチームでの最初のトレーニングセッションに参加するのが待ち切れないよ」

「個人的に準備はできていると思っている。僕はすでに監督のやり方を知っているからね」

「僕らはPSG時代に素晴らしい時間を過ごしてきたし、今回の契約にサインする前に、彼から連絡をもらってすべてを説明してくれたんだ。僕らは良い関係を築いてきたし、再び一緒に仕事ができることを嬉しく思うよ」

なお、ビジャレアルにはトゥールーズ時代の元同僚であるMFエティエンヌ・キャプー、トッテナムで右サイドバックのポジションを争ったDFフアン・フォイスが在籍している。

関連ニュース
thumb

「今年のNo.1ゴール」アトレティコ、アンヘル・コレアの超ロングシュートが話題沸騰!!「コレアエアウェイズ」

アトレティコ・マドリーのアルゼンチン代表MFアンヘル・コレアが目の覚めるようなオープニングゴールを沈めた。 9日に行われたラ・リーガ第20節で、ビジャレアルとのアウェイゲームに臨んだアトレティコ。ゲームは2-2の引き分けに終わったが、先制点となったアンヘル・コレアの一撃が話題をさらっている。 10分、センターサークル内で相手の横パスをカットしたアンヘル・コレアはそのまま右足を強振。50m近いロングシュートは美しい弧を描いてゴールへと吸い込まれた。 判断力と技術が生んだ長距離砲にはファンも驚きだ。「今年のNo.1ゴール」、「最高の1枚」、「コレアエアウェイズ」、「今シーズンはやってくれる!」など、早くも今季の最優秀ゴールに推す声まで上がっている。 リーグ戦では第19節のラージョ・バジェカーノ戦でのドブレーテに続く、2試合連続ゴールとなったアンヘル・コレア。2022年に入ってすでに3得点と、素晴らしいスタートを切っている。 <span class="paragraph-title">【動画】センターサークル内から決めたアンヘル・コレアの超ロングシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CYhdX9DF13-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CYhdX9DF13-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CYhdX9DF13-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.10 21:05 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコが3部相手に5発大勝で4回戦進出! 《コパ・デル・レイ》

アトレティコ・マドリーは6日、コパ・デル・レイ3回戦で3部に所属するラージョ・マハダオンダと対戦し5-0で大勝した。 4日前に行われたラージョ・バジェカーノ戦でリーグ戦5試合ぶりの白星を飾ったアトレティコは、その試合から先発を3人変更。アンヘル・コレアやトリッピアー、エルモソに替えてマテウス・クーニャ、マルコス・ジョレンテ、フェリペをスタメンで起用した。 試合は開始早々にスアレスと接触したGKジラルトが右手を負傷するアクシデントに見舞われると、マハダオンダは5分にGKアルバロ・フェルナンデスを緊急投入した。 立ち上がりから攻勢を続けるアトレティコは17分、相手ボックス付近までハイプレスをかけたカラスコがカサドのクリアを引っかけると、こぼれ球をボックス内で拾ったクーニャが難なくゴールネットに流し込んだ。 先制したアトレティコは、26分にも敵陣でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けるとカラスコ、レマルとパスをつなぎ、最後はボックス左までオーバーラップしたロージがダイレクトシュートでゴールネットを揺らした。 その後もマハダオンダ陣内でハーフコートゲームを展開するアトレティコは、41分にカラスコのパスでボックス右から侵入したM・ジョレンテがダイレクトクロスを入れると、最後はスアレスが流し込み、前半を3点のリードで終えた。 ハーフタイムで3選手を交代したアトレティコは、57分にもスアレスとレマルを下げて新型コロナウイルスから復帰したグリーズマンとフェリックスを投入。 すると67分、アンヘル・コレアとのパス交換で敵陣中央を切り裂いたグリーズマンがゴール前まで抜け出すと、GKとの一対一を難なく制した。 リードを広げたアトレティコは77分にアクシデントに見舞われる。プレー中に足を痛めたグリーズマンが歩いてピッチを出るとそのままドレッシングルームへ。交代枠を使い切っているアトレティコは10人での戦いを余儀なくされた。 数的不利となったアトレティコだが、79分にはロージのスルーパスで左サイドを抜け出したフェリックスがそのままボックス内まで切り込むと、ゴール右隅にシュートを突き刺し、5点目。 結局、試合はアトレティコが5-0で大勝。終始マハダオンダを圧倒したアトレティコが順当に4回戦進出を決めている。 また、同日開催の試合では、セビージャやビルバオ、カディス、エルチェといったプリメーラ勢がいずれも順当に勝ち上がった一方、ビジャレアル、オサスナの2チームが3回戦敗退となった。 ◆コパ・デル・レイ3回戦 ▽1/6(木) フエンラブラダ(2) 0-1 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">カディス</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジローナ</span>(2) 1-0 オサスナ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">スポルティング・ヒホン</span>(2) 2-1 ビジャレアル サラゴサ(2) 0-2 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">セビージャ</span> マンチャ・レアル(4)0-2 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アスレティック・ビルバオ</span> アルメリア(2) 1-2 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">エルチェ</span> ラージョ・マハダオンダ(3) 0-5 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アトレティコ・マドリー</span> ▽1/4(火) ポンフェッラディーナ(2) 1-1(PK:1-3) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">エスパニョール</span> ▽1/5(水) エイバル(2) 1-2 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">マジョルカ</span> レガネス(2) 2-3 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レアル・ソシエダ</span> カルタヘナ(2) 1-2 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バレンシア</span> リナレス(3) 1-2 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バルセロナ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アトレチコ・バレアレス(3)</span> 2-1 セルタ ミランデス(2) 0-1 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ラージョ・バジェカーノ</span> バジャドリー(2) 0-3 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ベティス</span> アルコヤーノ(3) 1-3 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レアル・マドリー</span> ※数字は所属カテゴリー 2022.01.07 07:22 Fri
twitterfacebook
thumb

ラウンド32の組み合わせが決定! マドリーは昨季敗戦のアルコヤーノと再戦《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイの3回戦(ラウンド32)の組み合わせが17日に決定した。 14日から16日にかけて行われた2回戦では、8度の優勝を誇るバレンシアが4部のアレンテイロに快勝。ビジャレアルは3部のアトレティコ・サンルケーニョから7点を奪うなど、ビッグクラブが実力を見せつけた。また、5度の優勝経験のあるセビージャは、4部のアンドラッチにまさかの苦戦。1-1でPK戦までもつれ込みながらも、なんとか2回戦突破を果たしている。 一方で、アラベスやレバンテ、グラナダ、ヘタフェはここで敗退。グラナダは4部のマンチャ・レアル相手に敗戦し、ヘタフェは3部のアトレチコ・バレアレスに0-5の大敗を喫した。プリメーラからはこの4チームが敗退となった。 その他、日本人所属選手では、MF久保建英が所属するマジョルカは、久保の2アシストの活躍もあり4部のリャネラに6-0で圧勝。MF柴崎岳のレガネスと、FW岡崎慎司のカルタヘナもそれぞれ3部のチームを下して突破している。 そして、32チームで行われる3回戦では、優勝回数トップ4のバルセロナ(31回)、アスレティック・ビルバオ(23回)、レアル・マドリー(19回)、アトレティコ・マドリー(10回)が満を持して登場。3回戦も変わらず上位リーグのクラブがアウェイチームとして下位リーグのクラブと対戦するレギュレーションとなっており、前回覇者のバルセロナは、2回戦でアラベスを下したリナレスと、昨季ファイナリストのアスレティックは、グラナダを破ったマンチャ・レアルとの対戦が決まった。 また、マドリーは、昨季このラウンドで敗れたアルコヤーノと再戦することに。アルコヤーノが勝利した場合、2大会連続でマドリーを敗退に追いやる史上2クラブ目となる。1984年と1985年のアスレティックが最初のクラブだった。 その他の組み合わせは以下の通り。3回戦は新年1月4日から6日かけて行われる。 ◆コパ・デル・レイ3回戦日程※数字は所属カテゴリー ▼1/4(火) 《29:00》 ポンフェッラディーナ(2) vs エスパニョール ▼1/5(水) 《24:00》 レガネス(2) vs ソシエダ エイバル(2) vs マジョルカ 《26:00》 カルタヘナ(2) vs バレンシア 《27:30》 リナレス(3) vs バルセロナ 《28:00》 アトレチコ・バレアレス(3) vs セルタ ミランデス(2) vs ラージョ・バジェカーノ バジャドリー(2) vs ベティス 《29:30》 アルコヤーノ(3) vs レアル・マドリー ▼1/6(木) 《24:00》 フエンラブラダ(2) vs カディス ジローナ(2) vs オサスナ 《26:00》 スポルティング・ヒホン(2) vs ビジャレアル サラゴサ(2) vs セビージャ 《28:00》 マンチャ・レアル(4) vs アスレティック・ビルバオ アルメリア(2) vs エルチェ 《29:30》 ラージョ・マハダオンダ(3) vs アトレティコ・マドリー 2021.12.18 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ペップはCLの抽選ミスに寛大な反応「このようなことは時々起こる」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、寛大な対応を見せた。 13日、欧州サッカー連盟(UEFA)はチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16組み合わせ抽選会を実施した。 ビッグイヤーを目指し、強豪クラブがしのぎを削る大一番を決めるドローだったが、前代未聞のトラブルが発生した。 通常ラウンド16ではグループステージで同居したクラブとの対戦、そして同じサッカー協会に所属するクラブとの対戦が自動的に回避される。 しかし、今回の抽選ではビジャレアルの抽選の際に、グループステージで同居したマンチェスター・ユナイテッドが含まれてしまい、それが引かれることに。しかし、このミスに気がつき引き直されると、シティが選ばれていた。 その後、アトレティコ・マドリーの抽選となったが、今度はユナイテッドが入っておらず、グループステージで同居したリバプールが入る事態に。ここではバイエルンが引かれたが、抽選終了後に異議が申し立てられ、UEFAがミスを認め再抽選が行われていた。 再抽選の結果が出る前、試合に向けた会見に出席していたグアルディオラ監督は、抽選の手続きでミスがあったことを聞かれると、ミスは起こり得るものだと寛大な対応を見せた。 「また起こるだろう。それはフェアだと思う。ミスだったんだ」 「このようなことは時々起こる。特に選手や監督、そして時々UEFAにだって起こる。我々は待つつもりだ」 「いつも言ってきたように、私はその一部であることに満足している。再抽選は理にかなっているし。だから疑いはない」 また、グアルディオラ監督は、どのチームが相手でも難しいことには変わりないとも語った。 「全ての対戦相手がタフだ。一方が他方より優れているという人もいるが、全てが難しい」 会見の時点では再抽選は実施されなかったが、グアルディオラ監督率いるシティはビジャレアルとの対戦から、再抽選の結果スポルティング・リスボンに変更となった。 <span class="paragraph-title">【動画】グアルディオラ監督は寛大な反応(日本語字幕あり)</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJSRjJYOHppdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.12.14 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLグループF総括】CR7牽引のユナイテッドが首位通過、ビジャレアルがアタランタ退け突破

マンチェスター・ユナイテッドが盤石でないながら首位通過を果たした。復帰したFWロナウドの決定力を前面に押し出し、接戦でことごとく勝ち点を積み重ねていった。2位に滑り込んだのはビジャレアル。大雪により1日延期となったアタランタとの最終節を制し、2位通過を果たした。 ■グループF順位表■  [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.マンチェスター・ユナイテッド[11/3/2/1/3] 2.ビジャレアル[10/3/1/2/3] 3.アタランタ[6/1/3/2/-1] 4.ヤング・ボーイズ[5/1/2/3/-5] ◆復帰のレジェンドが牽引~マンチェスター・ユナイテッド~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211208_21_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 12年ぶりに復帰したレジェンドのFWロナウドがユナイテッドを牽引した。アタランタとの連戦ではいずれも試合終盤にゴールを挙げて勝利、引き分けに持ち込んでチームに勝ち点をもたらし、重要な場面で計6ゴール。ゴールマシーンの真骨頂を発揮した。スールシャール前監督はプレミアリーグでの不振を受けて解任の憂き目に遭ったが、最終節を前に決勝トーナメント進出を決めた。 ◆EL王者が2位通過~ビジャレアル~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211208_21_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季ヨーロッパリーグ(EL)王者のビジャレアルはエメリ監督の下、FWジェラール・モレノ、DFパウ・トーレスらスペイン代表組の残留でチーム力を維持したが、夏にユーロを戦った影響か、ゴールゲッターのジェラール・モレノが負傷離脱。得点源を欠いたチームはヤング・ボーイズにはきっちりと連勝したものの、昨季EL決勝で下したユナイテッドには連敗と、思うように勝ち星を積み重ねられず苦戦を強いられた。それでも大雪により1日延期となった最終節のアタランタ戦を制して2位での突破を決めた。 ◆3季連続突破ならず~アタランタ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211208_21_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 名将ガスペリーニ監督の下、CL初出場から2季連続でグループステージ突破を果たしていたアタランタは試合運びのまずさが目立った。ユナイテッドとの連戦では勝利に相応しい内容を見せながらも終盤の試合の締め方に問題があり、勝ち点を取りこぼした。そして、最終節のビジャレアル戦を落とし、3季連続でのグループステージ突破はならなかった。 ◆ユナイテッド&アタランタに善戦~ヤング・ボーイズ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211208_21_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ハダースフィールドやシャルケなどを率いた経歴を持つワグナー監督を迎えたスイスリーグ4連覇中のヤング・ボーイズは、最下位には終わったもののユナイテッドに勝利、アタランタに引き分けるなど、一定の抵抗は見せた。ビジャレアルとの連戦で連敗していなければ、さらにグループをかき乱す存在になっていたかもしれない。 2021.12.11 15:01 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly