ウェストハムにリベンジ許したユナイテッド、スールシャール監督は選手の出場機会をプラスに捉える「準備ができ、より強くなる」

2021.09.23 13:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、ウェストハム戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

ユナイテッドは22日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でウェストハムと対戦。開始9分にマヌエル・ランシーニにゴールを許し、0-1で敗れた。

19日に行われたプレミアリーグでも対戦した両者。その試合でもユナイテッドは終盤まで勝ち越せず、土壇場でリードを奪うと、アディショナルタイムでPKを与えてしまうも、GKダビド・デ・ヘアの活躍で見事に勝利を収めていた。

ウェストハムにリベンジを果たされ、カップ戦から敗退することとなったユナイテッド。スールシャール監督は、試合出場機会を与える必要もあったとし、今後に生きてくるだろうと語った。

「過去2シーズンは我々は準決勝に勝ち進んでいた。この大会では全体像を見れば、選手に出場時間を与えることが伝統となっている」

「今日、我々はそういった決断をしたが、何人かの選手が90分間を経験したことで、リーグ戦やチャンピオンズリーグ、FAカップが始まってからの準備ができ、より強くなるだろう」

試合全体については、攻撃面でシュートを多く放ったものの決め切れなかったと振り返った。

「序盤はうまくいかず、その後は良いところもあったが、終盤になって気合を入れた時に隙を突かれてしまった。もっと彼らは得点できたと思う」

「ただ、選手たちは本当によく頑張ってくれたし、一生懸命プレーした。結局、27本のシュートを放ったことは素晴らしいと思う。何人かの選手には出場時間が必要だったが、それは当然のことだ」

また、ミッドウィーク開催でスタジアムに集まったファンに感謝。雰囲気作りを称賛した。

「素晴らしい。全くもって素晴らしかった。新しいコーチが何人かきて、彼らは今朝「ファンはどれぐらいいるだろうか? 4、5万人は集まるかな?」といっていた」

「私は満員に近い数字になるだろうと思っていた。我々のファンは間違いなく素晴らしい。雰囲気も素晴らしかった」



1 2
関連ニュース
thumb

「彼女に監督をさせるべき」ユナイテッドの守備を指摘する“10歳少女”に反響「スールシャールより…」

24日に行われたプレミアリーグ第9節で、リバプール相手に0-5の大敗を喫したマンチェスター・ユナイテッド。歴史的大敗にオーレ・グンナー・スールシャール監督への風当たりも強くなっている中、ある10歳の女の子のサポーターが大きな話題となっている。イギリス『GIVE ME SPORT』が伝えている。 『United View』というユナイテッドのファン向けのYouTubeチャンネルは、オールド・トラッフォードを訪れていた10歳の女の子にインタビュー。女の子はクラブが直面している問題についてしっかりと自分の言葉で語った。 「(ルーク・)ショーのような最終ラインの選手がいつもどうしていいか分からなくなっています。彼は良い選手だったけど、今はピッチにいるかどうかすら分かりません」 「今は(ジェイドン・)サンチョがいますが、最終ラインの選手たちは『サンチョのような選手もいるし、(クリスティアーノ・)ロナウドもいるし、世界で最高の選手たちがいるから仕事をしなくて良い。攻撃すればいい』と勘違いしています」 「昨年、ヨーロッパリーグ決勝に進出しました。今の私たちは、小さな小さなチームを打ち負かすのに苦労しています」 「恥ずかしく思います。もっと悪いチームもありました。昨年はより悪いチームで、ロナウドもいませんでした。でも、今では小さなチームに勝つこともできません。彼らが努力していると思えないので、良くなるとは思いません」 10歳とは思えない観点と内容でユナイテッドの問題点を指摘した女の子には、他のサポーターたちからも「この驚くべき10歳の女の子は、オーレ(・グンナー・スールシャール)よりもサッカーのセンスがある」「ユナイテッドはこの子に監督をさせるべきだ」「彼女があの試合を観たのは残念だが、彼女は勇気を出して話した」とその姿を絶賛する声が相次いでいる。 ただ、ユナイテッドは30日に行われる次節のトッテナム戦までは、監督交代を行わない模様。トッテナム、マンチェスター・シティとの連戦が続き、その間にチャンピオンズリーグ(CL)のアタランタ戦も待つ厳しいスケジュール中、スールシャール体制のユナイテッドは反撃の糸口を見いだせるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】10歳とは思えない知識と冷静さでユナイテッドの問題を指摘した女の子サポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/vTLPBriNTX8" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.10.28 07:35 Thu
twitterfacebook
thumb

PSVの逸材マドゥエケ、過去にPLライバルクラブ行きの可能性明かす

PSVに所属するU-21イングランド代表FWノニ・マドゥエケ(19)が、過去にマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーに移籍する可能性があったことを明かした。イギリス『BBC』が伝えている。 トッテナムのアカデミー出身で2018年にPSVのユースチームに加入したマドゥエケは、左利きのアタッカー。昨シーズンは右ウイングを主戦場に公式戦32試合9ゴール8アシストの数字を残し、飛躍の1年を過ごした。 また、クラブと2025年まで新契約を結んで臨んだ今シーズンも、ここまで公式戦16試合6ゴールと安定した数字を残している。 その逸材は、過去にPSV行きを選択する前にプレミアリーグのライバルクラブに移籍する可能性があったことを明かしている。 「当時はチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドなど、ヨーロッパの多くのクラブからオファーが届いていたんだ」 「だけど、一度だけここ(PSV)に来たことがあるんだけど、来てすぐに契約したいと思ったんだ。トッテナムからユナイテッドに行くのは、(出場機会という面で)ほとんど同じことだとわかっていたからね」 「僕が移籍を望んだのは、トップチームにできるだけ早く昇格するためだった。それにPSVはヨーロッパのトップクラブだからね。当時はとても意味のあることだったし、今も意味のあることだと思っているよ」 なお、PSVとU-21イングランド代表で印象的な活躍を見せるマドゥエケには、古巣トッテナムやレスター・シティなど依然として母国クラブが関心を示しており、将来的にはプレミアリーグでプレーする可能性が高いようだ。 2021.10.28 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

スールシャール解任論本格化のユナイテッド、ジダン氏は新指揮官就任に関心なしか

マンチェスター・ユナイテッドの新指揮官に、ジネディーヌ・ジダン氏が就任する可能性は低いようだ。 ユナイテッドは24日に本拠地オールド・トラッフォードで行われたプレミアリーグ第9節でリバプールと対戦。前半に4失点を喫する厳しい戦いを強いられると、後半立ち上がりに1点を追加され、そのまま一矢報いることもできず、屈辱の0-5の惨敗を喫した。 プレミアリーグのリバプール戦で歴代ワーストの5点差をつけられて大敗したチームは、これでリーグ戦4試合未勝利(1分け3敗)。さらに、直近の公式戦9試合では5敗を喫しており、以前から度々浮上していたスールシャール監督の解任論が高まっている。 また、後任の有力候補には、昨シーズンにインテルをセリエA優勝に導いたアントニオ・コンテ氏が浮上。それ以外ではフランス代表のディディエ・デシャン監督や、レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督といった現役指揮官の名前が挙がる中、フリーのジダン氏も候補の一人と噂されていた。 しかし、『ESPN』によれば、ジダン氏は現時点でユナイテッドの新指揮官就任に関心がない様子。かつてレアル・マドリーを率いてチャンピオンズリーグ(CL)3連覇の偉業を成し遂げた名将は、現場復帰を急がず、適切なタイミングを待っていると伝えている。 なお、ユナイテッド首脳陣は30日に行われる次節のトッテナム戦までは、監督交代を行わない模様。この難局で結果を残し、続投となるか。はたまた約3年に及んだ政権に終わりをつげ、新指揮官を迎え入れることとなるのか。レッドデビルズの未来に大きな注目が集まっている。 2021.10.27 12:01 Wed
twitterfacebook
thumb

惨敗劇演じたスールシャール、逆風吹き荒れるも続投へ…クラブもそれを匂わす

マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督(48)はひとまず続投のようだ。 2018年末からユナイテッドを率い始め、今季で4年目のスールシャール監督。今夏の大型補強により、現体制初のメジャータイトルにも期待が高まったが、不安定な戦いが続き、以前から“無策”と揶揄されるノルウェー人指揮官のユナイテッド監督としての資質が改めて問われ始めている。 24日に行われたプレミアリーグ第9節では首位のリバプールをホームに迎え撃ち、4試合ぶりの勝利を狙ったが、前半だけで4失点。巻き返そうと後半の頭から起用したフランス代表MFポール・ポグバもピッチインから15分ほどで一発退場を強いられるなど、空回りして、0-5の惨敗を喫した。 そうした目も当てられない結果を受けて、この試合前から再び熱を帯びつつあったスールシャール監督の去就問題にさらなる拍車がかかる事態に。昨季限りでインテルを去り、フリーのアントニオ・コンテ氏ら候補もすでに挙がるが、リバプール戦での惨敗劇後も引き続き指揮を執るようだ。 イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、クラブ内もリバプール戦での大敗にひどい失望感と苦痛を味わう結果だと受け止めている様子だが、ここリーグ4試合で1ポイントを掴むのみの状況からの改善こそが当面の焦点だと認識。現時点でスールシャール監督の職が脅かされていないという。 また、後任候補の筆頭と目されるコンテ氏だが、現時点で接触の事実なし。首脳陣が監督交代を真剣に検討し始めたともいわれるユナイテッドだが、衝撃の大敗から一夜明け、クラブ公式ツイッターに「オーレは反撃のために次の3試合に目を向けている」と続投を示唆している。 そんなスールシャール監督だが、今後のリーグ戦でもトッテナム、マンチェスター・シティとの連戦が続き、その間にチャンピオンズリーグ(CL)のアタランタ戦も待つ厳しいスケジュール。続投となっても、逆風の吹き荒れるなかでの指揮となるが、この難局を抜け出す活路を見いだせるか。 2021.10.26 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

不満爆発? サラーにゴールを許した瞬間のC・ロナウドの“謎の動き”に現地も注目

24日に行われたプレミアリーグ第9節で、リバプール相手に0-5の大敗を喫したマンチェスター・ユナイテッド。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドもゴールを奪えず、ラフプレーでイエローカードを貰うなど精彩を欠いた。 そんな中、イギリス『GIVE ME SPORT』が注目したのが、0-2で迎えた前半38分にリバプールのFWモハメド・サラーに3点目を奪われたシーンだ。 リバプールの選手たちがサラーを祝福する中、C・ロナウドはそれに目もくれずに両手の人差し指だけを突き出すと、その両手を上下左右に高速で動かす謎の動きを見せていた。 『GIVE ME SPORT』はC・ロナウドのジェスチャーが何を意味したのは分からないが、少なくとも彼が幸せでなかったことは分かると伝えており、ファンからは「子供みたいだ」「スールシャール(監督)の戦術に疑問を持っている」といった声もあった。 この試合では悪目立ちしてしまったC・ロナウド。オーレ・グンナー・スールシャール監督の次に批判の矢面に立たされているが、ここから巻き返すことができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】C・ロナウド“謎の動き”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Cristiano Ronaldo is done with Ole Solskjaer and his dubious tactics! <a href="https://twitter.com/hashtag/OleOut?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OleOut</a> <a href="https://t.co/N3ThWDhAjT">pic.twitter.com/N3ThWDhAjT</a></p>&mdash; The Wing Wizard#GlazersOut (@Left_Winger07) <a href="https://twitter.com/Left_Winger07/status/1452625993353465860?ref_src=twsrc%5Etfw">October 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.26 16:01 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly