ドルトムントMFブラント、負傷で2週間ほど離脱に

2021.09.18 00:15 Sat
Getty Images
ドルトムントのドイツ代表MFユリアン・ブラントが2週間ほど離脱するようだ。ドルトムントを率いるマルコ・ローゼ監督が明かしている。
PR
ブラントは15日に行われたチャンピオンズリーグ第1節ベシクタシュ戦に先発するも、ハーフタイムで交代となっていた。ローゼ監督によれば筋肉系の問題を抱えたとのことだ。
ブラントは今季のブンデスリーガで3試合に出場して1ゴールを挙げていた。

一方で公式戦ここ4試合を足首の負傷で欠場していたベルギー代表MFトルガン・アザールが19日に行われるウニオン・ベルリン戦で復帰できる見込みとのことだ。


PR
関連ニュース

C大阪とドルトムントが7月に長居で激突! 古巣戦の香川真司「心から楽しみ」

セレッソ大阪は12日、今夏にドルトムントとのプレシーズンマッチを発表した。 この試合は『EUROJAPAN CUP 2024』と銘打たれ、7月24日にヤンマースタジアム長居にて19時15分キックオフを予定。C大阪でプレーする元日本代表MF香川真司にとって、言わずもがな、古巣との対戦となる。 そんな香川をはじめ、小菊昭雄監督はクラブの公式サイトを通じて歓迎した。 ◆小菊昭雄監督 「世界を代表するクラブ、そして世界を代表するトッププレーヤーと真剣勝負することで、セレッソ大阪のクラブ力が上がるということを昨年実感しました。今回も、この対戦を通して、選手の貴重な経験となり自信となり、成長に繋がると確信していますので、素晴らしい試合ができることに感謝していますし、全力でドルトムントと対戦したいと思います」 ◆香川真司 「今回、ドルトムントと対戦できることを心から楽しみにしています。自分にとって、大切なクラブであり、ドルトムントでの経験は一生の財産だと思っています。ファン・サポーター含めて、彼らと成し遂げたことは本当に財産だと思っていますので、また日本で戦うことができることを本当に楽しみにしています」 ドルトムントは今季のチャンピオンズリーグでもベスト8に勝ち進むドイツの強豪。『EUROJAPAN CUP』は3度目の開催で、ドルトムントは2019年のマンチェスター・シティ、2022年のローマに続く参戦となる。 2024.04.12 19:45 Fri

「試合に勝ったことが重要」1アシストで勝利に貢献のグリーズマンが喜び「後半はかなり苦しんだけど…」

アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、チャンピオンズリーグ(CL)での勝利を喜んだ。『UEFA.com』が伝えている。 グリーズマンは10日にホームで行われたドルトムントとのCL準々決勝1stレグで先発。開始早々にMFロドリゴ・デ・パウルのゴールで先制すると、32分にはグリーズマンのラストパスを受けたFWサムエウ・リーノにもゴールが生まれて2点差に。後半は相手の反撃を受けながらも1失点に抑え、2-1で勝利した。 この試合の最優秀選手に選出されたグリーズマンは勝利という結果がもっとも重要と強調しつつ、後半は苦しんだことも認めている。 「僕たちはこの試合に勝った。それが重要なことなんだ。終わり方がどうかは関係なくね。確かに、守勢に回り押し込まれての失点で試合が終わったのは、残念ではある。でも、重要なのはCL準々決勝の1stレグに勝つことであり、今は敵地でも同様に勝つ必要があるだろう」 「勝てて良かったよ。今の僕は治療が必要で、それからよく休む必要があるね。このクラブにはヨーロッパでも最高の理学療法士がいるから、僕の回復を助け土曜日の試合に備えることができるだろう。これは非常に重要なんだ」 「後半、相手がボールを持って僕たちを押し返したので、僕らのほうが優れていたと言えるかどうかは分からない。3点目を決められる場面もあったと思うけど、後半はかなり苦しんだというのが正直な感想だ。それでも、自分たちは準決勝に進出できるレベルを持っていると理解している」 2024.04.11 12:10 Thu

敵地で敗北も終盤に大きな1ゴール、ドルトムント指揮官は「すべてオープンなままだ」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での敗戦にも前向きな姿勢を示した。『UEFA.com』が伝えている。 ドルトムントは10日、敵地でのCL準々決勝1stレグでアトレティコ・マドリーと対戦。開始早々に失点を許す立ち上がりとなると、中々波に乗れないチームは追加点も奪われてハーフタイムへ。後半に入ってもチャンスを作れない苦しい時間帯が続いたが、81分に途中交代のFWセバスティアン・アラーがワンチャンスをものにして1点差とすると、そのまま1-2で試合を終えた。 敗れはしたものの、最小限の点差でホームの2ndレグに向かえることとなったテルジッチ監督は、巻き返しに強い自信を示している。 「すべてはオープンなままだ。最初の30分の我々は、十分ではなかったと思う。このレベルの戦いにおいて、多くのミスをすれば試合は終わってしまうことが多いだろう」 「しかし、我々はそれを受け入れず、そこから自分たちの力を示すことができた。今日は確かにミスが多すぎたが、それ以上に大事なのは我々が見せたリアクションにある」 「最終的に、ドローであっても不当な結果とはならなかっただろう。今は6日後に控える試合を楽しみにしている。今日は、相手が何を望んでいるのかを感じたし、我々がホームで何をすべきかも理解できた」 2024.04.11 11:10 Thu

ホームでドルトムント相手に先勝、終盤に失点もシメオネ監督は「勝てば嬉しいし、良い気分だ」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での勝利を喜んだ。『UEFA.com』が伝えている。 10日、ホームでドルトムントとのCL準々決勝1stレグを迎えたアトレティコは、開始早々にMFロドリゴ・デ・パウルのゴールで先制すると、32分にはFWサムエウ・リーノにもゴールが生まれて2点差に。後半に入っても相手にほとんどチャンスを作らせない時間帯が続いたが、81分に失点を許し2-1で試合を終えた。 最小限のリードを手にして敵地での2ndレグに臨むこととなったシメオネ監督は、厳しい試合で自分たちのプレースタイルを示せたことを誇っている。 「この段階の試合では、すべてにおいて非常に互角な戦いになると思っている。我々はこれまでもそうした試合を目にしてきたし、今回対峙するのも非常に困難なライバルだ」 「前半は我々の方が優勢だったと思う。試合をうまくコントロールし、リードを広げることができた。しかし、相手にも素晴らしい選手がいて、1点差としてきた。もしかしたら、引き分けに終わった可能性もある」 「勝てば嬉しいし、良い気分になるものだ。チームが自分たちのスタイルでプレーしてくれると、私は幸せな気分になる。15日間も試合がなく、どうなるかわからなかったが、良いプレッシャーをかけ敵陣で何度もボールを奪えた。今、我々は何が起こるか理解しつつ彼らのスタジアムに向かうことになる」 2024.04.11 10:45 Thu

レーティング:アトレティコ・マドリー 2-1 ドルトムント【CL】

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグ、アトレティコ・マドリーvsドルトムントが10日に行われ、2-1でアトレティコが先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽アトレティコ・マドリー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240410_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 13 オブラク 6.0 前半終盤のマートセンの際どいミドルをセーブ DF 20 ヴィツェル 6.0 古巣対決。ソリッドな守備が効いていた。ゴールに迫る惜しいボレーもあった (→サビッチ -) 2 ヒメネス 6.0 ディフェンスを統率。失点は悔やまれるが勝利に貢献 3 アスピリクエタ 6.0 流石の安定感。サンチョやフュルクルク相手に自由を与えない守備ができていた MF 16 モリーナ 5.5 守備をベースに戦い、アデイェミを封じる (→サウール -) 14 M・ジョレンテ 6.0 推進力あるプレーで攻め手に。後半半ばから2トップの一角でプレー 6 コケ 6.0 しっかりゲームをコントロール。1点目は彼の潰しが起点となった 5 デ・パウル 7.0 先制点を挙げた他、中盤のリズムを生み出すパスワークを見せる (→コレア -) 12 リーノ 6.5 追加点を奪った他、3点目のチャンスも。ゴール前の決定機に顔をよく出した (→リケルメ -) FW 7 グリーズマン 6.0 追加点をアシスト。気の利いたプレーが多かった 19 モラタ 5.5 シュートはなかったが、前線からの守備で貢献 (→バリオス 5.5) 右インサイドMFに入り、攻守に絡んだ 監督 シメオネ 6.5 1点差以上の内容差があっただけに、先勝したが悔やまれる ▽ドルトムント採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240410_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 コベル 7.0 ヴィツェルとリーノのシュートを好守で阻止。2ndレグに繋いだ DF 26 リエルソン 6.0 バタついていたディフェンスラインにおいて唯一安定していた 15 フンメルス 5.0 チームがバタついた序盤、自身も同じようにバタついて失点に関与 4 N・シュロッターベック 5.0 2失点目はフンメルスと被ってしまったところからやられた 22 マートセン 5.0 横パスをカットされて先制点献上 MF 20 ザビッツァー 5.0 対面のデ・パウルに躍動を許した 23 ジャン 5.0 序盤はポゼッション時、最終ラインに下がってボールを配球。しかしアトレティコのハイプレスをかわせず断念 8 フェリックス・エンメチャ 5.0 先発抜擢も攻守に影響及ぼさず前半で交代 (→ブラント 6.5) 彼の投入で後半の持ち直しに成功 FW 10 サンチョ 5.5 仕掛けのプレーは何度かしていたが、打開には至らず 14 フュルクルク 5.0 サポートが少なく孤立していた (→アラー 6.5) うまく試合に入れずにいたが、ワンチャンスを決めきった 27 アデイェミ 5.0 いつもの積極性がなかった (→バイノー=ギテンス -) 監督 テルジッチ 5.5 1点差に持ち込み、2ndレグに望みをつないだ ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! コベル(ドルトムント) 3~4失点してもおかしくない内容だったところを2失点に留め、2ndレグに望みを繋いだ。 アトレティコ 2-1 ドルトムント 【アトレティコ】 デ・パウル(前4) リーノ(前32) 【ドルトムント】 アラー(後36) 2024.04.11 05:59 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly