福島、早稲田GK上川琢の加入内定&特別指定選手認定を発表「強い御縁と喜び、そして責任を感じます」

2021.09.17 18:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
福島ユナイテッドFCは17日、早稲田大学に所属するGK上川琢(21)の来季加入内定及び特別指定選手認定を発表した。背番号は「31」を着用する。

神奈川県出身の上川は、湘南ベルマーレU-15平塚で育ち湘南ベルマーレU-18に昇格すると、現在福島の監督を務めている時崎悠監督に指導を受けた後に早稲田大学へ進学。そして今回、特別指定選手として福島入りしたことにより、再び時崎監督のもとでプレーすることとなる。

その上川は、クラブを通じてコメントをしている。

「2022シーズンより福島ユナイテッドFCに加入することになりました、早稲田大学 上川琢です。自分が幼い頃から抱いていたプロサッカー選手という夢を、クラブ創立10周年を迎える福島ユナイテッドFCでスタートできることを大変光栄に思います。現在監督をされている時崎さんには、湘南ベルマーレU-18で3年間大変お世話になり、再び活動を共に出来ることに強い御縁と喜び、そして責任を感じます」

「また、オファーをいただいた中で、自分が3月下旬に手術を負う怪我をしたにも関わらず、強化部の方々が常に自分を気にかけてくださったことは、感謝しても感謝しきれません。そして、サッカーのみならず、福島県の特産物をユニフォームにアレンジして試合でPRしたり、「農業部」として地域の方々と交流しながら農作業をする取り組みは、プロ選手としてのキャリアを積み上げていく上でも学びと成長に繋がるものと感じました」

「選手としては、DFライン背後のカバーリングと前線への配球を得意とする、攻撃的GKです。『面白く格好いい』このポジションの魅力を多くの人に伝えたいです。福島ユナイテッドを応援してくださる、ファン、サポーターの皆さま、関係者の皆様、よろしくお願いします!最後になりますが、常に自分のことを支えてくれた家族、今まで一緒に戦ってきたチームメイト、また自分に関わってくださった指導者の方々に、この場を借りて感謝を申し上げます」

関連ニュース
thumb

Jリーグが新型コロナのワクチン接種啓発映像を全57クラブ分制作、各クラブのホームゲームなどで順次放映

Jリーグは18日、「ワクチン・検査パッケージ」を導入したチケットによる技術実証を開始するにあたり、全57クラブの主力選手が出演する新型コロナウイルスワクチン接種啓発映像(30秒)を制作したことを発表した。 この啓発映像は、10月16日(土)の明治安田生命J1リーグ第32節 横浜F・マリノスvs北海道コンサドーレ札幌にて横浜FMバージョンを先行放映。今後、各クラブのホームゲーム等で順次放映されるとのことだ。 映像はJリーグ全57クラブそれぞれのバージョンで制作され、映像の中では、制限がある生活の中で、選手たちが今何よりもしたいことを伝えることで感染対策と日常生活を回復することの大切さを訴え掛けている。 この映像は、2021年5月14日に全国知事会に対して申し入れを行った「新型コロナウイルスワクチン大規模接種への協力」の活動の一環として、試合時におけるスタジアムの大型映像装置やリーグ、クラブの公式ホームページ・SNSで放映するとともに、全国知事会を通じてJクラブのホームタウン自治体の広報活動にも活用頂くために提供される。 Jリーグは「ワクチン接種者(2回目の接種)が全人口の60%を超えたものの、さらに接種率を向上させることで、現在適用している様々な日常生活の制限を段階的に緩和し、感染対策と日常生活の回復に受けた取組を両立することが可能となります。リーグとJクラブは引き続き一体となって新型コロナウイルスワクチン接種への協力と接種を推進するための啓発活動を進めてまいります」としている。 <span class="paragraph-title">【画像】Jリーグが発表したワクチン接種啓発映像のキャプチャ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jleague202110_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©︎J.LEAGUE<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jleague202110_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©︎J.LEAGUE<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jleague202110_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©︎J.LEAGUE<hr></div> 2021.10.19 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

岐阜がMF柏木陽介への脅迫投稿を公表、容疑者は特定済み

FC岐阜は18日、元日本代表MF柏木陽介に対する脅迫を含む不適切な書き込みについて報告した。 クラブの発表によると、今年6月頃、インターネット上において、生命身体への脅迫等を含む不適切な書き込みがあり、柏木とクラブが相談の上、6月10日に所轄の警察に被害届を提出していた。 今回の発表は、柏木とクラブが相談し、今後このようなことが起こらないように状況を発表することにしたという。なお、容疑者はすでに特定されているとのことだ。 岐阜は生命を通じて、「当該投稿内容は、当クラブの選手個人に対して行われたもので、個人やクラブとしては極めて卑劣な内容であり到底許されるものではありません。Jリーグ及びJクラブでは、差別や暴力のない世界を目指して定期的に各種の啓発活動を実施しているにも関わらず、その中でこのような事案が発生したことは誠に残念であります。当クラブとしましては、今後も同種の事案に対しては毅然と対応していくとともに、差別や暴力のない社会の実現に向けて取り組んで参ります」としている。 柏木はクラブを通じてコメント。二度と起こらないことを願うとした。 「インターネット上に書き込みされた事案で僕自身や家族は不安に感じておりました。この度、容疑者が警察の捜査により特定されたことから、今後は安心して生活することができますのでご報告させていただきます」 「このような行為は絶対に許されるものではありませんので、人を傷つけるような書き込みが無くなるように願っています。最後になりますが、この場を借りて、通報して頂いた方に御礼を申し上げます」 2021.10.18 18:12 Mon
twitterfacebook
thumb

長野のDF広瀬健太が左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断

AC長野パルセイロは18日、DF広瀬健太の負傷を発表した。 クラブの発表によると、広瀬は9日に行われた明治安田生命J3リーグ第22節のY.S.C.C.横浜で負傷したとのことだ。 広瀬は検査の結果、左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断されたとのことだ。 広瀬は2020年から長野でプレー。今シーズンはJ3で19試合に出場し1得点を記録していた。 2021.10.18 16:52 Mon
twitterfacebook
thumb

撃ち合いを制した宮崎が昇格圏キープ!3位富山もウノゼロ勝利で昇格は射程圏内【明治安田J3第22節】

明治安田生命J3リーグ第23節の6試合が17日に各地で行われた。 勝ち点差2で首位のロアッソ熊本を追いかける2位のテゲバジャーロ宮崎は、ホームのユニリーバスタジアム新富で鹿児島ユナイテッドFCと対戦。試合は、開始早々の6分に宮崎の青山が相手のボールをカットして右サイドからアーリークロスを上げると、ペナルティーマーク付近で渡邊がボレーシュートを放ち先制。続く16分には、ボックス左から梅田が右足で強烈なシュートを突き刺して追加点を奪う。前半のうちに米澤のゴールで1点を返されたものの、67分には途中出場の三村が3点目を挙げ再び鹿児島を突き放す。その後、フォゲッチに1点を返されたものの、何とか振り切り首位を走る熊本に食らいついた。 その宮崎の一つ下に位置している3位のカターレ富山は、ホームの富山県総合運動公園陸上競技場でカマタマーレ讃岐を迎え撃った。14分に右ショートCKのリターンを受けた椎名が左足でクロスを上げると、林堂がヘディングでシュートを放つ。一度はGKにセーブされたものの、こぼれ球を戸根がヘディングで押し込んで先制点を挙げた。その後もチャンスを作った富山だが、先制点が決勝点となり試合終了。J2復帰へ向け昇格圏2チームを追いかけ続ける。 J2昇格に向けて上位との差を縮めたい4位のいわてグルージャ盛岡は、岐阜メモリアルセンター長良川競技場で6位のFC岐阜とのアウェイ戦に臨んだ。22分に左CKから牟田が体勢を崩しながらヘディングシュートを決めると、対する岐阜は42分に右CKのこぼれ球を三ツ田が押し込んで同点とする。その後、64分にアタッキングサード左で岐阜がFKのチャンスを獲得すると、これが岩手DFに当たってオウンゴールとなり、岐阜が逆転に成功する。しかし、このままで終わらない岩手は、70分に左サイドの崩しから西田がゴール前へパスを送ると、このボールが相手DFに当たってこちらもオウンゴールに。このまま試合は終了し、上位を狙う岩手は痛恨のドローとなった。 ◆第23節 ▽10/16 アスルクラロ沼津 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ロアッソ熊本</span> ▽10/17 ヴァンラーレ八戸 1-1 福島ユナイテッドFC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">カターレ富山 1</span>-0 カマタマーレ讃岐 ガイナーレ鳥取 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 Y.S.C.C.横浜</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">テゲバジャーロ宮崎 3</span>-2 鹿児島ユナイテッドFC AC長野パルセイロ 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 藤枝MYFC</span> FC岐阜 2-2 いわてグルージャ盛岡 2021.10.17 18:13 Sun
twitterfacebook
thumb

Jリーグが「ホームタウン」制度撤廃報道を完全否定、公式声明を発表「撤廃・変更の事実は一切ない」

Jリーグは17日、「一部報道について」と題し、ホームタウンに関する声明を発表した。 17日、一部の報道機関が、Jリーグがホームタウン制度を撤廃することを検討していると報道。これが大きな話題を呼んでいた。 創設以来、地域密着を掲げて運営してきたJリーグにとっては異例の事態であり、各クラブのサポーターらが反応を示していた。 そんな中、Jリーグが村井満チェアマンの名義で声明を発表。報道を完全否定した。 「一部報道機関において、Jリーグがホームタウン制度を撤廃するとの表現を用いた報道がありました」 「JリーグではJクラブの本拠地を「ホームタウン」と呼び、Jクラブはホームタウンと定めた地域で、その地域社会と一体となったクラブづくりを行いながらサッカーの普及、振興に努めなければならないと定めています」 「このホームタウン制度について撤廃・変更の事実は一切なく、今後、Jクラブの営業、プロモーション、イベント等のマーケティング活動における活動エリアに関する考え方の方向性について議論しているものです。Jリーグが創設当初から掲げている地域密着の思想が揺らぐものでは全くありません」 2021.10.17 14:25 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly