浦和がタイの強豪クラブ、ムアントン・ユナイテッドとパートナーシップ契約

2021.09.16 16:23 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
浦和レッズは16日、タイのムアントン・ユナイテッドとのパートナーシップの覚書を締結したことを発表した。

今回のパートナーシップ締結については「『さいたまと世界をつなぐ窓になる』という、浦和レッズ理念を具現化するきっかけになると考えており、異文化の中でも他者を理解し、スポーツを通して互いによりよい社会を形成し、そして次世代につなげていくような活動をクラブとして目指してまいります
」としている。

また、「同時に、『あらゆる分野でアジアナンバー1になる』というクラブのビジョン達成に向けて、クラブが持続的に発展していくためにアジア圏でのプレゼンス向上を目指し、3度目のACL制覇という大きな目標と共に実現していきたい」とし、4つの点で提携していくとのことだ。

(1)選手・コーチを含む人材の知識、アイデア、技術・トレーニング手法の学び等を通じて、連携を強め、発展を目指す。
(2)ニーズに応じた、若手選手を中心とした人材交流
(3)フットボールセミナーやフレンドリーマッチ等のイベント開催
(4)事業開発等の新たなビジネス機会の検討

ムアントン・ユナイテッドは、タイの強豪クラブ。浦和と同じ「赤・白・黒」のカラーをチームアイデンティティの一つとしており、過去には元日本代表DF青山直晃や元イングランド代表FWロビー・ファウラーなどが在籍した。

また、横浜F・マリノスのDFティーラトンや北海道コンサドーレ札幌のMFチャナティップ、セレッソ大阪のGKダン・バン・ラムも所属していたことがあり、サンフレッチェ広島や清水エスパルスでプレーしたFWティーラシンも所属していた名門だ。

浦和とは2013年のAFCチャンピオンズリーグでも対戦。さらに、タイ国内の大手メディア企業であるサイアム・スポーツ・シンジケートがオーナーを務めていることでも知られ、Jリーグのタイ国内放映権を取得し、毎節放映をするなど、アジアサッカー全体の発展に非常に熱心であり、多くの取り組みをしている。

今回のパートナーシップ契約について、浦和、ムアントンの代表がコメントしている。

◆立花洋一 代表(浦和レッズ)
「ムアントン ユナイテッドというタイ王国屈指のクラブとの提携を非常にうれしく思っております。ACLやFIFAクラブワールドカップなど、数多くの国際舞台での盛り上がりや経験を通して感じたこととして、浦和レッズや日本サッカー界が国内の人口減少という今後の課題と向き合う中で、永続して成長していくためには、アジア全体を見据えていかなければならないということがありました。今回の提携で、両クラブのノウハウや人材交流を通して、また新たに成長できる可能性が両クラブ、そして両国に広がると確信しています」

◆ウィラック・ロートン代表(ムアントン・ユナイテッド)
「日本、そしてアジアでトップクラブのひとつである浦和レッズとの提携を心からうれしく思っています。今回、2つのクラブは共通のビジョンを共有しました。これから共にフットボールの発展と、強い未来をつくっていけることを楽しみにしています。コロナウイルス感染症によるクラブの課題はありますが、我々はその壁を乗り越え、目的を果たすことができるでしょう。この提携は両クラブが持つ可能性をさらに広げ、すべての人にとって新しく、より良いフットボールの体験をつくる絶好の機会になると確信しています」

関連ニュース
thumb

J通算350試合出場の永井謙佑が1G2Aの大暴れ! 名古屋が浦和にホームで完勝【明治安田J1第24節】

明治安田生命J1リーグ第24節、名古屋グランパスvs浦和レッズが6日に豊田スタジアムで行われ、3-0で名古屋が勝利した。 12位の名古屋(勝ち点26)と8位の浦和(勝ち点32)が激突。両者は3日のルヴァンカップ準々決勝でも対戦しており、両レグ合わせて3連戦となる。 リーグ戦においては、前節の名古屋は北海道コンサドーレ札幌に土壇場で追いつかれ、痛恨の勝ち点逸。ここ7試合で1勝という不調に陥っている。一方の浦和は対照的に3連勝中。前節は新型コロナ蔓延で満身創痍の川崎フロンターレに3-1で快勝した。 名古屋はスタメンを前節から1人変更、浦和は5人変更して臨んだ一戦。序盤は互いにロングボールを活用した戦術をとるが、精度を欠いてなかなか攻撃には結びつかない。 そんな中、名古屋は18分にマテウスがボックス右から上げたクロスを永井がダイレクトボレー。枠には飛ばなかったが攻撃のリズムを徐々に掴むと、迎えた27分に先制に成功する。 敵陣右サイドのスローインを素早く再開し、ボールは右サイド最深部のマテウスの下へ。マテウスは対面する明本の股を抜くパスをボックス右の永井に繋げると、永井も相手の股を抜くクロスを供給。最後はゴール前に飛び込んだ重廣が押し込んだ。 浦和は35分の松崎のミドルシュートが相手ゴールを脅かしたものの、それ以外の攻撃はからっきし。不用意にロングボールを放り込めば時にカウンターの餌食となる。 前半アディショナルタイム、岩波が蹴ったロングボールを名古屋が跳ね返すと、こぼれ球を最終ラインの知念が対応ミス。その隙にボールを奪った永井が敵陣中央をドリブルで運び、最後はボックス右のマテウスが左足で丁寧に流し込んで追加点をもたらした。 後半も名古屋ペースが続く。まずは51分、永井の猛プレスでGKのミスキックを誘発し、稲垣がボックス手前でボールを奪取。ボールはボックス右のマテウスを経由して森下に渡ると、ボックス中央から左明日を振り抜いたシュートがクロスバーを直撃。まだまだ追加点の匂いを窺わせる。 すると64分、右サイドの深い位置に送ったロングボールは味方に届かなかったものの、相手が縦に繋ごうとしたパスを永井が強襲。ボールを奪った勢いでボックス右に侵入し、横パスを稲垣がシュート。これはGKに防がれたが、弾かれたボールが永井のもとへ流れ、体に当てながら押し込んだ。 その瞬間、主審はホイッスルを鳴らしハンドを主張。しかし、VARで確認した結果、腕には当たっておらず、ゴールは認められた。なお、永井はこの試合がJリーグ通算350試合目。節目の試合を自らのゴールで飾った。 その後、1ゴール2アシストと大車輪の活躍を披露した永井は仙頭との交代でお役御免。名古屋は守備に徹し、3点差を保ったまま試合をクローズ。これで長谷川健太監督と共にJ1通算250勝目となった。 名古屋 3-0 浦和 【名古屋】 重廣卓也(前27) マテウス・カストロ(前50) 永井謙佑(後19) 2022.08.06 21:04 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第24節:名古屋vs浦和】3日ぶりの再戦、今回は決着つけられるか

【明治安田生命J1リーグ第24節】 2022年8月6日(土) 19:00キックオフ 名古屋グランパス(12位/26pt) vs 浦和レッズ(8位/32pt) [豊田スタジアム] ◆課題は得点力、新戦力は輝くか【名古屋グランパス】 前節は北海道コンサドーレ札幌とアウェイで対戦。リードをしていながら、アディショナルタイムに追いつかれてドローに終わった。 これで後半戦は5試合を戦い1勝1分け1敗。勝ち点が伸びず、降格圏との勝ち点差は「4」となっている状況だ。 浦和とは3日前に同じ場所で戦い、1-1のドロー。追いついて引き分けに持ち込んだわけだが、今節を足掛かりに、ルヴァンカップでも勝ち上がりたい。 夏に実力者を補強した中で、ここから巻き返せるかは正念場。チームとしての完成度をあげる必要があるが、何よりも得点力の向上が急務だろう。 前節は新戦力の永井謙佑が先発デビュー、レオナルドが途中出場を果たした。共にゴールはなかったが、今節はネットを揺らすことができるだろうか。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:ランゲラック DF:中谷進之介、藤井陽也、丸山祐市 MF:森下龍矢、レオ・シルバ、相馬勇紀 MF:稲垣祥、仙頭啓矢 FW:マテウス・カストロ、永井謙佑 監督:長谷川健太 ◆いざ4連勝で上位への足掛かりに【浦和レッズ】 前節は満身創痍の川崎フロンターレを相手に3-1で勝利。手負いの相手にしっかりと勝利を収めることに成功した。 これでリーグ戦は3連勝。8戦無敗と勝ち点を積み上げている状況。この勢いで一気に上位に食い込んでいきたいところだ。 ただ、DFアレクサンダー・ショルツが復帰したルヴァンカップで負傷。ケガ人が戻っている中で、また軸を失うこととなってしまった。 それでも戦力は充実しているだけに、あとは継続して結果を残していけるか。チームとして戦い方には手応えがあるはずだけに、良さを出していきたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:宮本優太、岩波拓也、知念哲矢、明本考浩 MF:岩尾憲、伊藤敦樹 MF:ダヴィド・モーベルグ、江坂任、関根貴大 FW:キャスパー・ユンカー 監督:リカルド・ロドリゲス 2022.08.06 16:50 Sat
twitterfacebook
thumb

松尾弾で浦和が先制も、森下の一撃で名古屋が追い付く!復帰のショルツは負傷交代に…《ルヴァンカップ》

3日、YBCルヴァンカップ・プライムステージ準々決勝第1戦、名古屋グランパスvs浦和レッズが豊田スタジアムで行われ、1-1で引き分けに終わった。 前回大会の覇者・名古屋と2016年以来の優勝を狙う浦和の対戦は、今週末のリーグ戦と第2戦を含めて同一カード3連戦となっている。 公式戦3試合勝利なしと苦しんでいる名古屋は、今夏に湘南ベルマーレから加わった永木亮太が加入後初先発を飾り、鹿島アントラーズ時代のようにレオ・シルバとコンビを組む。最前線には20歳の石田凌太郎を起用した。 対する浦和はリーグ戦3連勝と絶好調。昨年のニューヒーロー賞を受賞し、先日のEAFF E-1サッカー選手権では日本代表初キャップを記録したGK鈴木彩艶が先発に名を連ね、アレクサンダー・ショルツも帰ってきた。 序盤は名古屋にボールを持たせた浦和は、2分に速攻を仕掛けてダヴィド・モーベルグがカットインから左足。さらに、右ポケットを攻略しての折り返しから松尾佑介がフィニッシュを迎えるも、ゴール前の小泉佳穂に当たってしまい、オフサイドとなった。 名古屋は仙頭啓矢がミドルを見せるも、バーを越える。石田のヘディングはGK鈴木に阻まれ、永木も右足でのフィニッシュを見せたが、こちらも枠を捉えられなかった。 互いに攻めあぐねる雰囲気が漂う中で、試合を動かしたのは36分の浦和。長いボールを右の高い位置で収めたモーベルグがマーカーをずらしてボックス角付近から左足でインスイングのクロスを送り、DFの背後から顔を出した松尾が右足を懸命に伸ばして合わせると、シュートはGKランゲラックの手を弾いてゴールに吸い込まれた。 アウェイゴールを許した名古屋はハーフタイムに2枚替えを決行。ただ、浦和も後半開始早々に稲垣祥のシュートを防ぎに行ったショルツが足を踏まれる恰好となり、プレー続行不可能に。交代を余儀なくされ、知念哲矢とともに関根貴大がピッチへ送られた。 互いにカードを切った中で次のゴールを生んだのは名古屋。59分、左サイドからマテウス・カストロが中央へ速いパスを入れると、仙頭がワンタッチで落として重廣卓也がボックス左を取る。折り返しをファーで森下龍矢が詰め、試合を振り出しに戻した。 ゲームは次第にオープンな展開となるも、両チームともに最後まで勝ち越しゴールを奪うことはできず、同点のまま試合終了。勝ち切れないながらも、追い付いた名古屋、アウェイゴールを奪った浦和と、ポジティブな要素を得つつ第2戦へ臨むこととなった。 名古屋グランパス 1-1 浦和レッズ 【名古屋】 森下龍矢(後14) 【浦和】 松尾佑介(前36) 2022.08.03 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「マジですか」浦和FWユンカーが驚いたのは!? おすすめのアイスを聞きながら「美味しかった」としたのは?

浦和レッズのFWキャスパー・ユンカーが、日本への驚きを露わにしながら、またファンとの交流を図った。 今シーズンはケガもあり、なかなか多くの出場機会がないユンカー。それでも、7月30日に行われた明治安田生命J1リーグ第23節の川崎フロンターレ戦に5試合ぶりに出場。1カ月ぶりに試合出場を果たした。 ユンカーは、普段からSNSを駆使してファンを楽しませており、注目の的に。そんな中、2日にツイッターである投稿をして、また話題となった。 ユンカーが投稿したのは1枚の画像。それは埼玉の気温等を示したもので、気温は37度、湿度は43%、体感気温は44度というもの。このスマホのスクリーンショットとともに「マジですか」と日本語で驚きを示した。 日本人ですら日常生活に支障をきたすほどの異常な暑さだが、デンマークで育ったユンカーにとってはさらに厳しく感じているはずだ。 そのユンカーはこの投稿を引用リツイートしながら「皆さんのおすすめのアイスは何でしょうか?教えてください」とファンに救済を求めることに。「ガリガリ君」、「竹下製菓さんのかき氷」、「アイスボックス」、「サクレ」といったシャーベット系のものが多く集まる中、「あずきバー!!!」、「スーパーカップ」、「雪見だいふく」など、様々なアイスがおすすめされていた。なお、北海道コンサドーレ札幌のFW中島大嘉も参加し、かつて話題になった「がりがりくんのコーンポタージュ味」と投稿している。 そんな中、ユンカーは再びツイッターを更新。「美味しかった」という一言に添えられていたのは森永乳業の「PARM」の袋。おすすめされたからか、それともそもそも知っていたのかは不明だが、暑い日が続くだけにユンカーのアイス投稿は今後も続くかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】おすすめアイスをファンに聞いたユンカーが食べたのは?</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">美味しかった <a href="https://t.co/s4loV5c7Xd">pic.twitter.com/s4loV5c7Xd</a></p>&mdash; Kasper Junker (@KasperJunker) <a href="https://twitter.com/KasperJunker/status/1554406435336986625?ref_src=twsrc%5Etfw">August 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.03 10:25 Wed
twitterfacebook
thumb

J1無失点記録樹立の西川がパントキックのコツを伝授、アオアシチャレンジに感嘆の声以外に「なるほど!ってできるかい!」

浦和レッズの日本代表GK西川周作のキックに感嘆の声が寄せられている。 足元に定評のあるGKとして、国内では先駆者的存在の西川。NHK Eテレにて放送中のTVアニメ『アオアシ』とのコラボレーション、『Jリーグアオアシチャレンジ』に登場し、パントキックのコツを披露した。 「ポイントはボールに足を持っていくことです」とのこと。手本ではコンパクトなモーションから放たれたキックが、低弾道でライン際の塚越マネージャーの持つボール袋へ一直線に吸い込まれている。 閲覧者からは「鳥肌立った」、「流石としか言いようがない」、「綺麗な軌道で惚れ惚れしますよ」など、感嘆の声のほかに「なるほど!ってできるかい!」、「すごすぎて凡人には理解できない!笑」との反応も上がっている。 YouTube版では詳細も伝授。「(ボールを高く)投げてしまうと(ミートポイントに)足を当てるのが難しいので、(ボールを抱えた位置である)腰の高さに足をそのまま持っていくイメージ、止まったボールを足で蹴ることを意識している」と、残している。 今季はリーグ戦フル出場の西川は7月10日の明治安田生命J1リーグ第21節FC東京戦にて、 J1通算170試合無失点の新記録を樹立。現在3連勝を含む8試合負けなしと好調の浦和において、最後方からチームを支える守護神の存在は大きいだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】西川の武器、正確なパントキックのコツを披露</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">浦和レッズ 西川周作 選手が<br>パントキックの蹴り方・コツを披露<br> <br>YouTubeではHow To動画も公開中<br>ポイントはボールに足を持っていく!<a href="https://t.co/zXJcxFJ7ZD">https://t.co/zXJcxFJ7ZD</a><br><br>挑戦して、上手くできた方は「<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグアオアシチャレンジ</a>」をつけて投稿<a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL?ref_src=twsrc%5Etfw">@REDSOFFICIAL</a> <a href="https://twitter.com/SHUSAKU_1?ref_src=twsrc%5Etfw">@SHUSAKU_1</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%A2%E3%82%B7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アオアシ</a> <a href="https://t.co/76qBVHk62I">pic.twitter.com/76qBVHk62I</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1554029171021516800?ref_src=twsrc%5Etfw">August 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.02 21:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly