「大好きだったクラブ」C大阪が千葉の高卒ルーキーGK松原颯汰の期限付き移籍加入を発表

2021.09.29 19:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
セレッソ大阪は29日、ジェフユナイテッド千葉からGK松原颯汰(18)が期限付き移籍で加入することを発表した。

移籍期間は2021年9月28日~2022年1月31日まで。なお、背番号は「39」となる。

松原は大阪府出身で流通経済大学付属柏高校から今シーズン千葉へと入団した。なお、ここまで出場機会はない。

C大阪はベトナム代表GKダン・バン・ラムがトレーニング中に負傷。左肩関節脱臼で全治4カ月と診断されていた。

松原は両クラブを通じてコメントしている。

◆セレッソ大阪
「ジェフユナイテッド市原・千葉から期限付き移籍で加入する事になりました松原颯汰です。昔から大好きだったクラブでプレーできる事を本当に嬉しく思います。沢山の事を見て学び、少しでも早くセレッソ大阪の力になれるよう日々頑張って行きます。皆さん、よろしくお願いします」

◆ジェフユナイテッド千葉
「この度、セレッソ大阪に期限付き移籍する事になりました。ファン、サポーターの皆さんにスタジアムでプレーしている姿を見せられないまま、セレッソ大阪に行くことになりましたが、成長してジェフの勝利に貢献できる選手になって戻って来られるように頑張ります!こんな自分ですが引き続き応援よろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

「すごい角度から決めたな」C大阪・鈴木徳真のJ1初ゴールは意外性ある技あり弾「前橋育英インターハイ優勝おめでとう弾」

セレッソ大阪のMF鈴木徳真が技ありの一撃を沈めた。 C大阪は6日、明治安田生命J1リーグ第24節でヴィッセル神戸とホームでの"関西ダービー"に臨み、3-0で勝利を収めた。鈴木はダブルボランチの一角で先発出場。1点のリードで迎えた31分には針の穴を通すような一撃で追加点を挙げた。 左CKのキッカーを務めた鈴木は、セカンドボールを回収した奥埜博亮からリターンを左のハイサイドで受けると、相手が寄せてこないとみるや、意表を突いてスピードのある低弾道のキックを選択。これがゴール前の密集を抜け、誰にも触れられずにゴール右下に吸い込まれた。 意外性のあるゴールは鈴木にとってのC大阪加入後初得点、かつJ1初ゴールに。ファンからは「徳真の初ゴール見れてよかった」、「前橋育英インターハイ優勝おめでとう弾やな」、「一夜明けてもやっぱ素晴らしい」、「すごい角度から決めたな」などの称賛も多数届いている。 昨季まで所属していた徳島ヴォルティスでも中盤で彩を放っていた鈴木は、この試合でも両チーム通じてトップの走行距離をマーク。今季のリーグ戦では途中出場が多かったが、負傷離脱者が増える中でチャンスが到来し、直近7試合では6試合で先発起用されると、この間チームは4勝3分けと負けなしときている。 この日も故障明けの原川力が再び負傷するアクシデントに見舞われたC大阪だが、元前橋育英高校のキャプテンは頼れる存在であり続けそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】針の穴を通すような鈴木徳真のJ1初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="U1LVB0NM4NE";var video_start = 220;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.07 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

守護神キム・ジンヒョンが好セーブ連発、加藤陸次樹のバースデー弾も生まれたC大阪が神戸に3発快勝【明治安田J1第24節】

明治安田生命J1リーグ第24節、セレッソ大阪vsヴィッセル神戸が6日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、3-0でホームのC大阪が勝利を収めた。 前節はアビスパ福岡を2-0で下し、直近6試合無敗と好調のC大阪。途中出場から追加点をマークした上門が今節は先発に名を連ねた。 対する神戸は前節、柏レイソルに0-1で敗戦。立て直しを期した一戦ではモンペリエから新加入のブラジル人DFマテウス・トゥーレルがスタメンで初出場となった。 序盤は両チームがけん制し合う展開となった中、最初に見せ場を作ったのはホームの神戸。10分、敵陣中央でボールを収めた大迫が右サイドに展開すると、受けた佐々木がボックス右手前から低い弾道のクロスを供給。大迫が再びこれに反応してニアサイドで右足を振り抜くも、これは相手GKの正面に飛んだ。 15分に原川が右肩を負傷し、続行不可能となるアクシデントに見舞われたC大阪だったが、22分には相手のミスを突いて先制する。高い位置での連動したプレスから、相手GKのパスを奥埜が敵陣中央でカットし、ゴール前へ冷静にパス。アダム・タガートがこれを収め、左足のシュートをゴールに流し込んだ。 ホームチームはさらに31分、左CKのこぼれ球にボックス手前左の奥埜が反応し、敵陣左サイド深い位置へダイレクトパス。これを受けた鈴木が右足でゴール前に鋭いボールを入れると、誰にも触れられずにゴール右下に吸い込まれた。 2点を追いかけることとなった神戸は42分、敵陣中央でイニエスタがボールを持ち、右サイドに鋭いパスを供給。これを受けた山川がボックス手前左から左足のシュートを放ったが、枠の上に外れる。 試合を折り返して49分にもアウェイチームに大きなチャンス。イニエスタの絶妙なスルーパスで佐々木が敵陣右サイド深い位置まで抜け出し、ボックス内にグラウンダーで折り返す。ゴール前に走り込んだ大迫がヒールでシュートで放つも、C大阪のGKキム・ジンヒョンの好セーブに阻まれる。 後半は押し込まれている印象のC大阪だが、53分に鈴木が自陣中央からロングボールを送ると、加藤が相手DFラインの裏に巧みに抜け出す。飛び出す相手GKを見て、ボックス手前左からループシュートを狙ったが、これは枠の左に外れてゴールならず。 2点ビハインドにもかかわらず後半のペースを握り続ける神戸は、左サイドでのコンビネーションからボックス手前左でイニエスタがボールを持つと、ボックス内の山口に美しいパス。受けた山口は落ち着いて右足を振り抜いたが、またしてもキム・ジンヒョンが素晴らしい反応を見せ、ゴールとはならない。 キム・ジンヒョンを中心とした守備陣が懸命のプレーを見せたC大阪は、87分のセットプレーで試合を決定づける。敵陣中央で獲得したFKの流れから松田がロングボールを供給。ゴール前に飛び込んだ加藤が力強いヘディングを枠内に叩き込み、自らの25歳の誕生日をゴールで祝った。 結局、試合は3-0のままタイムアップ。関西対決で快勝を挙げたC大阪がリーグ戦無敗を7試合に伸ばすとともに暫定3位に浮上した。一方の神戸は得失点差で暫定最下位に転落している。 セレッソ大阪 3-0 ヴィッセル神戸 【C大阪】 アダム・タガート(前22) 鈴木徳真(前31) 加藤陸次樹(後42) 2022.08.06 21:24 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪のトップチーム関係者1名が新型コロナ陽性

セレッソ大阪は4日、トップチームの関係者1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該関係者は発熱の症状があるとのこと。4日に抗原検査を実施し、陽性判定となった。 また、トップチームの選手などに濃厚接触者はいないとのことだ。 C大阪では3日に小菊昭雄監督が陽性判定を受けていた。 2022.08.04 20:40 Thu
twitterfacebook
thumb

脇坂の芸術弾で川崎FがAG奪取もC大阪がタガートの土壇場同点弾で先勝許さず《ルヴァンカップ》

JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第1戦、セレッソ大阪vs川崎フロンターレが3日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 グループステージでは鹿島アントラーズ、ガンバ大阪、大分トリニータと同居したAグループを2位で通過したC大阪。公式戦でも8戦無敗と好調を維持するチームは、2-0で勝利した直近のアビスパ福岡戦から先発2人を変更。マテイ・ヨニッチと山田寛に代えて西尾、上門を起用した。なお、小菊監督の新型コロナウイルス陽性判定を受け、高橋大輔コーチが暫定で指揮を執った。 一方、ACL参戦に伴い、今ラウンドからの参戦となる川崎F。先月の中断明け以降、クラブ内でのコロナ感染者続出により、苦しい台所事情を強いられるチームは、直近の浦和レッズ戦では通常7人登録のベンチメンバーを5人しか登録できず、その内の3人がGKという異常事態。そのスクランブル体制で臨んだ一戦を1-3で落とした。今回の一戦では先発3人を変更。ジェジエウ、家長、レアンドロ・ダミアンをベンチに置き、山村と宮城と共に、特別指定選手の山田新(桐蔭横浜大)がデビューを飾ることに。なお、ベンチメンバーは7人揃うも、引き続きGK3人というスクランブル体制となった。 今季リーグ戦ではホームチームが2戦全勝を飾っている今カード。ヨドコウ桜スタジアムで初めて声出し応援が解禁となった中、良い雰囲気で試合はスタートする。 立ち上がりはシンプルに相手の背後を狙うアウェイチームが押し込む入りを見せるが、時間の経過と共にリーグ戦でシーズンダブルを決めているホームチームが押し返し、逆に主導権を握った。 遅攻の場面では相手を崩し切るには至らずも、奥埜と鈴木のボランチコンビを起点としたアグレッシブ且つ、連動性のあるプレスでミスを誘い、カウンターを繰り出す。さらに、前回対戦でも機能したセットプレーで続けてフィニッシュまで持ち込んでいく。 16分にはセットプレーの二次攻撃から西尾、20分にはショートカウンターから上門が得意のミドルシュートを狙うが、相手守備陣の身体を張った守備に阻まれる。さらに、27分には右のハーフスペースを使った良い崩しから為田、上門と決定的なシュートを続けて放つが、ここはGKチョン・ソンリョンの圧巻のビッグセーブに遭う。 すると、立ち上がり以降、守勢を強いられた川崎Fが守護神のビッグプレーに応える先制点を奪った。33分、右サイドをドリブルで持ち上がった宮城が絶妙なタイミングでペナルティアーク付近に入り込んだ脇坂へ横パスを通す。ここで脇坂は鮮やかなターンでDFを振り切って前を向くと、左足のグラウンダーシュートをゴール右下隅の完璧なコースへ流し込んだ。 ワンチャンスを生かして先手を奪った川崎Fは、直後の36分にも左のハーフスペースで縦へ仕掛けた脇坂が絶妙なフェイントでDFをかわしてミドルシュートを狙うが、これは相手DFにディフレクトして枠の右に外れる。 一方、ここまでの展開を考えれば、少なくとも前半の内に追いつきたいC大阪は、40分にビッグチャンス。上門のスルーパスに抜け出した加藤がボックス右でチップキックを狙うが、GKの脇を抜けたシュートは枠の左に外れた。 川崎Fの1点リードで折り返した中、互いに選手交代なしで後半に臨む。だが、前半にシミッチとの空中戦の競り合いの際に後頭部を打っていた鳥海のプレー続行が困難となり、立ち上がりの早い段階に船木が投入された。 後半もC大阪がアグレッシブにプレスを仕掛けるが、[4-4-2]へのシステム変更を含め、ハーフタイムにきっちりと修正を施した川崎Fにうまく試合をコントロールされて膠着状態が続く。 流れを変えたいホームチームは62分、加藤、上門、為田を下げてアダム・タガート、ジェアン・パトリッキ、北野を投入する3枚替えを敢行。ゴールをこじ開けるために勝負に出る。 しかし、後半先にビッグチャンスを作ったのはアウェイチーム。68分、左サイドのスペースで仕掛けたマルシーニョが右足アウトを使った絶妙なクロスを供給。これにファーサイドの山田が飛び込むが、渾身のヘディングシュートはGKキム・ジンヒョンがギリギリで残した右足にかき出されてデビュー弾とはならなかった。 さらに、川崎Fは75分にも宮城の左サイドからの正確なクロスに反応した山田に決定機も、今度はヘディングの当たりが薄く、またしてもデビュー弾を逃した。 1点差が維持されたまま、試合は終盤戦に突入。川崎Fは前半からハードワークを見せた宮城、山田を下げて84分にはジェジエウ、レアンドロ・ダミアンの主力2選手を送り込み、逃げ切りを意識した戦い方にシフト。前がかるC大阪の攻撃を何とか凌いでいく。 だが、今季リーグ戦でいずれも勝利を収めているホームチームが、最後の最後に底力を見せる。89分、自陣でのボール奪取から左サイドのスペースでボールを受けた山中が速いタイミングでボックス内のスペースへクロスを送り込む。これがボックス中央に走り込んだタガートに繋がり、タガートは冷静にGKとの一対一を制した。 これで勢いづくC大阪がさらなる攻勢を仕掛けたものの、川崎Fも5分のアディショナルタイムで冷静に時計を進めてこのまま試合は1-1でタイムアップ。敵地でアウェイゴールを奪った川崎Fが優位な形で初戦を終えることになった。 なお、ベスト4進出を懸けた準々決勝第2戦は10日に等々力陸上競技場で行われる。 セレッソ大阪 1-1 川崎フロンターレ 【C大阪】 アダム・タガート(後44) 【川崎F】 脇坂泰斗(前33) 2022.08.03 21:01 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪の小菊昭雄監督がコロナ陽性…3日開催の川崎F戦は高橋大輔コーチが指揮

セレッソ大阪は3日、小菊昭雄監督が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを報告した。 小菊監督は現時点で発熱などの症状が確認されており、現在は適切な対策のもとで療養中とのことだ。 なお、3日開催のJリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第1戦、川崎フロンターレ戦に関しては、小菊監督に代わり、高橋大輔コーチが指揮を執ることになる。 一方、試合当日のスクリーニング検査は完了しており、陰性が確認されている選手・スタッフがエントリーし、予定通りに試合を開催する。 2022.08.03 16:57 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly