アジアサッカー連盟は2年に1度のW杯開催案を歓迎「積極的に関与していきたい」

2021.09.14 17:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アジアサッカー連盟(AFC)は14日、ワールドカップ(W杯)の2年に1度の開催案を歓迎することを改めて発表した。

このプランは、今年5月にサウジアラビアが初めて提案した構想。国際サッカー連盟(FIFA)もこれに賛同し、元選手であるマイケル・オーウェンヤヤ・トゥーレなどを起用して支持を表明し、ジャンニ・インファンティーノ会長は実現可能性を探っている段階だ。

一方で、欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長は猛反対。また、南米サッカー連盟(CONMEBOL)も反対の姿勢を示していた。

賛否両論分かれているこの件について、AFCは改めて賛同することを発表。「新たな国際試合のカレンダーを最適化するための選択肢を検討する上で、FIFAが主導してスタートさせた協議プロセスを歓迎します」としており、2年ごとの開催の実現可能性を検討するようだ。

AFCはこの案については「ビジョンとミッションの中で、アジアのチームと選手が世界の大舞台で輝き続けることを目指し、ワールドクラスの大会を開催するとともに、加盟協会の発展を促進するためのオーダーメイドのプログラムを提供するという明確な目標を掲げています」としている。

また「同時に、AFCは、サッカーがアジアで最も人気のあるスポーツであり続けることを目指して、世界最大のスタジアムであるアジアの熱狂的なファンとの連携を強化することに引き続き取り組んでいます」としている。

最後には「全てのステークホルダーとの連携を重視しており、多様なニーズを反映し、世界中の全ての地域にとって潜在的な利益を引き出すような、インターナショナル・マッチ・カレンダーの未来を形成するために、積極的に関与していきたいと考えています」とし、2年に1度の開催に限らず、カレンダーの変更に取り組みたいとした。


NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly