先発の久保は見せ場を作れず、ビルバオに完敗でマジョルカ初黒星《ラ・リーガ》

2021.09.12 05:51 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マジョルカは11日、ラ・リーガ第4節でアスレティック・ビルバオとのアウェイ戦に臨み、0-2で完敗した。マジョルカのMF久保建英は77分までプレーしている。

マジョルカは前節、先発した久保が好プレーを見せた中、エスパニョールに1-0と勝利。2勝1分けと好スタートを切った中、代表帰りの久保が3試合連続スタメンとなった。

1勝2分けスタートのビルバオに対し、久保が[4-2-3-1]のトップ下でスタートしたマジョルカは押し込まれる展開を強いられると15分、CKの流れからラウール・ガルシアのヘディングシュートがゴール方向に向かったが、ゴールライン前のDFがカットした。

さらに19分にもラウール・ガルシアのバイシクルシュートでゴールに迫られたマジョルカは、ハーフタイムにかけても劣勢を強いられると、30分にはFKからイニゴ・マルティネスのヘディングシュートがGKを強襲。

マジョルカは劣勢ながら何とか前半をゴールレスで終えた。

迎えた後半、徐々にビルバオが押し込む流れが強まると、68分に先制する。ムニアインのFKからビビアンのヘディングシュートが決まった。

失点を受けてイ・ガンインら3選手を投入したマジョルカだったが、直後の74分にショートカウンターの流れから2失点目。

ムニアインが高い位置でボールを奪ってボックス左からクロスを送り、イニャキ・ウィリアムズがシュートを流し込んだ。

終盤にかけてもビルバオの前に反撃できなかったマジョルカは完敗。今季初黒星を喫している。



関連ニュース
thumb

「7連勝したのは運ではない」苦戦も勝利掴んだアンチェロッティ監督「非常に大きな責任を持った選手たちがいる」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、アスレティック・ビルバオ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 マドリーは1日、延期されていたラ・リーガ第9節でアスレティックと対戦した。 前節のセビージャ戦から中2日のマドリーと、グラナダ戦から中4日のアスレティックの一戦。コンディションに大きな差がある中、マドリーは40分にカリム・ベンゼマが3試合連続となるゴールを記録。このゴールを守り切り1-0で勝利を収めた。 これでリーグ戦6連勝、公式戦では7連勝を達成。首位を直走っている状況だ。 アンチェロッティ監督は、チームのパフォーマンスはあまり上手く行かなかったとしながらも、チームが諦めずに戦ったことを評価。チームとして戦えていることに手応えを語った。 「強度があり、ここまでアウェイで負けておらず、我々よりも2日間多く休息をとっている良いチームと対戦した」 「前半は上手くいった。後半はパスミスが増え、15〜20分は苦しい時間が続いた」 「自分たちのやりたいサッカーができなかったときに苦しむことができるチームだ。自分のやりたいことができないと諦めてしまう人もいる。ただ、レアル・マドリーはそんなことはない。彼らは今、非常に大きな責任を持った選手たちがいるからだ」 「7連勝したのは運ではない。自分のクオリティが出せない時は、他人のクオリティを利用する。とても満足している」 「前半よりも終盤の方が良かった。というのも、チャンスを作りたくないというエキシビジョンのように見えたからだ。最後の追い込みは、クオリティは落ちたが、こだわりもなかった」 <span class="paragraph-title">【動画】7連勝呼び込むベンゼマの3先連発弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CW9FLn1tDsm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CW9FLn1tDsm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CW9FLn1tDsm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.02 09:28 Thu
twitterfacebook
thumb

ベンゼマの3戦連発弾で逃げ切ったマドリーが不調ビルバオを撃破!《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは1日、ラ・リーガ第9節延期分でビルバオとホームで対戦し1-0で勝利した。 10月に開催されたカタール・ワールドカップ南米予選の影響で延期となった首位マドリー(勝ち点33)と8位ビルバオ(勝ち点20)による代替試合。 中2日での試合となったマドリーは、直近に行われたセビージャ戦(2-1で勝利)のスタメンからカルバハルに替えてルーカス・バスケスを起用した以外は、同じメンバーを採用した。 5試合勝利のないビルバオに対し、マドリーは7分、ボックス左から侵入したヴィニシウスがクロスを供給すると、ゴール右手前のベンゼマが倒れながらも右足で合わせたが、力のないシュートは相手GKがキャッチした。 対するビルバオは26分、ムニアインのFKからゴール前に抜け出したラウール・ガルシアがダイビングヘッドで合わせたが、このシュートはGKクルトワのファインセーブに防がれた。 ハーフタイムにかけては一進一退の展開が続いたが、40分にマドリーが先制する。アセンシオのミドルシュートがGKウナイ・シモンに弾かれるも、こぼれ球をモドリッチが左足に当てると、右に逸れたボールを最後はベンゼマが無人のゴールに流し込んだ。 後半の主導権を握るマドリーは55分、ルーカス・バスケスのマイナスの折り返しをボックス右手前で受けたモドリッチがヒールパスで中央に送ると、ペナルティアーク手前のクロースがコントロールショット。しかし、このシュートはわずかに枠の右に逸れた。 1点を追うビルバオは60分、イニャキ・ウィリアムズのパスで右サイドを抜け出したラウール・ガルシアの折り返しを走り込んだダニ・ガルシアがダイレクトで合わせたが、これはルーカス・バスケスがスライディングブロック。 さらに69分には、バイタルエリアで獲得したFKからゴール前抜け出したウナイ・ヌニェスが決定機を迎えたが、ヘディングシュートは枠の右に外れた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ビルバオは86分にボックス右深くまで侵入したベレンゲルのクロスをゴール前のベスガが頭で合わせたが、このシュートはミリトンの顔面ブロックに阻まれた。 結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。ベンゼマの公式戦3試合連続弾で逃げ切ったマドリーが首位をがっちりとキープした。 2021.12.02 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

数的優位のソシエダ、首位キープも終了間際のミスでバスク・ダービーはドロー《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第12節、レアル・ソシエダvsアスレティック・ビルバオのバスク・ダービーが10月31日に行われ、1-1で引き分けた。 首位ソシエダ(勝ち点24)と8位ビルバオ(勝ち点17)によるバスク・ダービー。 ソシエダはイサクとセルロートの2トップで臨み、シルバやメリノ、ヤヌザイらが中盤でスタメンとなった。 一方、ビルバオはイニャキ・ウィリアムズとラウール・ガルシアの2トップで臨み、ムニアインやベレンゲル、ダニ・ガルシアらが中盤でスタメンとなった。 開始1分過ぎ、ビルバオにビッグチャンスが訪れる。イニャキがディフェンスライン裏を取って飛び出したGKもかわしてゴールに向かったが、戻ったエルストンドの決死の好タックルの前にシュートは打ちきれなかった。 ひやりとしたソシエダがボールを握る展開で推移する中、19分にボックス右のイサクがGK強襲のシュートを浴びせた。 その後もソシエダがシルバ、メリノを軸にボールを動かす中、ハーフタイムにかけてもポゼッションを高めていった。44分にはシルバが右45度の位置からミドルシュートを狙ったが枠を捉えきれず、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半も同様の構図で試合が進むと、56分にソシエダがPKを獲得する。ボックス内でメリノがイニゴ・マルティネスに倒された。このPKをイサクが決めてソシエダが先制した。 失点後はビルバオが前がかったのものの、ソシエダはイエローカードを辞さない守備で応戦。1点のリードを保っていく。 そして84分、イニゴ・マルティネスがイサクに対してのファウルで2枚目のイエローカードを受けて退場。数的優位となったソシエダが1-0で逃げ切るかと思われたが、追加タイム1分に落とし穴。 ビルバオはボックス左角で得たFKをムニアインが直接狙うと、GKレミロがパンチングで弾き出しにかかるも、うまくミートできずにボールはゴールへ。 ミスで追い付かれたソシエダは首位をキープしたものの、ダービーを勝ちきることはできなかった。 2021.11.01 06:56 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーリ・ベルチチェがアスレティックと契約更新!

アスレティック・ビルバオは5日、スペイン人DFユーリ・ベルチチェ(31)と契約を更新し、2024年までの新契約を結んだことを発表した。現行のものから2年延長した格好だ。 同クラブのカンテラ出身のユーリは、2007年にトッテナムの下部組織に移籍するも、トップチームでは未デビューのまま、チェルトナムやバジャドリーBなどをレンタルで転々とし、2012年夏にソシエダに加入。エイバルへの2年レンタルも挟みながら、通算在籍5年間で公式戦88試合に出場した。 2017年夏にはパリ・サンジェルマンに加入し、公式戦32試合とまずまずの活躍を残すも、その1年後にアスレティック復帰が決定。11年ぶりの古巣で初めてトップチームデビューを果たし、ここまで主力として公式戦106試合に出場している。 4月以降そ径部のケガで長期の離脱を余儀なくされている中で契約延長に至ったユーリは、クラブの公式サイトで感謝の気持ちを伝えている。 「クラブとファンに感謝したい。この4年間は感動に満ちたものだった。最初から大きな愛情を感じさせてくれたんだ」 「さらに2年の延長ができてとても嬉しいよ。ここえでゃホームのように感じている。まだまだやらなきゃならないことがあるんだ」 なお、ユーリの復帰時期は10月下旬または11月上旬と予想されている。 2021.10.05 18:25 Tue
twitterfacebook
thumb

5年半休みなし! 鉄人FWイニャキ・ウィリアムズがラ・リーガ200試合連続出場達成、あと3試合で新記録

アスレティック・ビルバオのスペイン人FWイニャキ・ウィリアムズが偉大過ぎる記録に達した。 名門アスレティックの生え抜き選手として、スピードやスタミナ、屈強なフィジカルを武器に活躍を続けるイニャキ・ウィリアムズ。2014年12月に、当時の指揮官だったエルネスト・バルベルデの下、ラ・リーガのコルドバ戦でファーストチームデビューを果たすと、20歳ながら同シーズンの終盤戦には主力に定着していた。 2019-20シーズンは新型コロナウイルスの影響でおよそ3カ月もの中断を強いられるなど苦境もあった中、なんとラ・リーガで200試合連続出場記録を達成した。 イニャキ・ウィリアムズは18日に行われたラ・リーガ第5節のアトレティコ・マドリー戦に先発出場。2016年4月に欠場したのが最後であり、それから5年半が経過。これにより、偉大な200試合連続出場を達成した。 昨シーズン終了時点で、5シーズン連続でリーグ戦全試合に出場していたが、今回節目の200試合に到達。2016年4月から試合に出続け、ケガはもちろん、出場停止などもなくここまで積み上げた。 なお、ラ・リーガの記録は、レアル・ソシエダでプレーしたジョン・アンドニ・ララニャガ氏が持つ「202」となっており、残り3試合で記録更新となる。 順当に行けば、10月1日に予定されているアラベスとの一戦が記念すべき203試合目。どこまで記録を伸ばすのかに注目が集まる。 2021.09.19 18:55 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly