W杯予選のブラジルvsアルゼンチンが開始直後に異例の中止…ブラジル保健当局がアルゼンチンの検疫規則違反を問題視して介入

2021.09.06 06:34 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選のブラジル代表vsアルゼンチン代表が、新型コロナウイルスの保健規制問題によって試合開始直後に中止となった。イギリス『BBC』が伝えている。

カタール(W杯)南米予選第6節のブラジルvsアルゼンチンは現地時間5日にブラジルで開催予定となっており、両チームはスタメン発表、スタジアム入場の後、キックオフを迎えた。

しかし、開始6分過ぎにブラジルの保健当局のスタッフが突如、ピッチサイドに現れると、マッチオフィシャルや両ベンチに対して、試合を即時中断するよう介入を行った。

その後、アルゼンチンの選手たちはロッカールームへ引き揚げた一方、ブラジルの選手たちはピッチに残って状況を見守ることに。その後、チッチ監督、リオネル・スカローニ監督の両指揮官、キャプテンのMFカゼミロ、FWリオネル・メッシがピッチに集まって協議を重ねたものの、ブラジルの保健当局の強硬な態度もあり、最終的に試合続行を断念。

ブラジルが試合の代わりにオープン・トレーニングセッションに切り替えたタイミングで、南米サッカー連盟(CONMEBOL)が公式ツイッターを通じて、 「試合審判の判断により、FIFAが主催するワールドカップ予選のブラジル対アルゼンチンの試合を中断する」、「審判員とマッチコミッショナーは、FIFA規律委員会に報告書を提出し、同委員会が今後の手順を決定する。これらの手続きは、現行の規則に厳密に従っています」との公式声明を発表し、試合の中止を認めた。

今回の試合に向けてはイングランドのプレミアリーグのクラブに所属するアルゼンチン代表のDFクリスティアン・ロメロ、MFジオバニ・ロ・チェルソ(共にトッテナム)、GKエミリアーノ・マルティネス、MFエミリアーノ・ブエンディア(共にアストン・ビラ)の4選手に関して、ブラジルの検疫規則を違反したとの指摘があった。

伝えられるところによると、4選手は5日のブラジル代表戦に向けてサンパウロ入りした際に、検疫に関する虚偽の申告をしたという。

ブラジルでは、入国までの2週間以内にイギリスの滞在歴がある場合、14日間の隔離措置を取らなければならない。しかし、4選手はプレミアリーグの試合で出場またはベンチ入りしていたにもかかわらず、滞在歴はないと申告したようだ。

そして、4選手の内、ブエンディアを除く3選手がブラジル戦にスタメン出場したことを受け、ブラジルの保健当局は試合開始直後に試合への介入という強硬手段に打って出たようだ。

なお、『AFP通信』によると、ブラジルの保健当局(ANVISA)の代表者であるアントニオ・バッラ・トーレス長官は、ブラジルのテレビ番組で、「ANVISAが最初から指示したことがすべて履行されなかったため、このような事態になった。(4人の選手は)国外退去を待つ間、隔離された場所にいるように指示されたが、彼らはそれに従わなかった。彼らはスタジアムに行き、フィールドに入り、一連の違反行為を行った」と、アルゼンチン代表の違反行為を訴えた。

一方、アルゼンチン代表を率いるスカローニ監督は、試合開始前の時点で問題が解決されなかったことを問題視している。

「とても悲しくなる」

「私はいかなる犯人も探していない。何かが起こったのか、起こらなかったのか、そんなことを言っている場合ではない」

「世界最高の選手たちを楽しむ、みんなのためのパーティーであるべきだった。アルゼンチンの人々には、監督として私が選手を守らなければならないことを理解してもらいたいと思う」

「彼らが試合に出られないと通告されたことは一度もなかった。我々は試合をしたかっただけだ。それはブラジルの選手たちも同様だ」

今回の問題に関しては試合開始前の段階で発覚していたものであり、本来であれば、試合開催前にFIFAやCONMEBOL、両国サッカー協会を含めて、ブラジルの保健当局と解決策を見いだすべきものだった。だが、どこに責任の所在があるかは不明だが、試合開始直後の中断、中止という異例のドタバタ劇は、多くのフットボールファンを混乱、失望させる最悪の結末を迎えることになった。


関連ニュース
thumb

ブラジル代表、ワクチン未接種を理由にレナン・ロージを招集せず

アトレティコ・マドリーDFレナン・ロージがワクチン未接種によってブラジル代表の招集メンバーを外れた。ブラジル『グローボ』が伝えている。 ブラジルサッカー連盟(CBF)は13日、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に向けた、ブラジル代表の招集メンバー26名を発表した。 ここまで11勝2分けの無敗で首位に立つブラジルは、すでにW杯本大会出場を決定。今後は消化試合となるが、負傷離脱中のエースFWネイマール(パリ・サンジェルマン)ら一部選手を除き順当に主力が招集されていた。 その中でロージは直近の代表ウィークに招集され、所属クラブでもケガなくプレーしている中、メンバーを外れることに。これを受け、会見の場ではチッチ監督に招集外とした理由を尋ねる質問があった。 これに対して、同監督はロージが2回のワクチン接種を完了させていないことを理由に挙げた。 「レナン・ロージは、ワクチン接種を受けていなかったためブラジル代表でプレーする機会を失った」 「個人的には予防接種は社会的責任であると理解している。私自身は自分の家族、私が責任を負っている人々にその必要性を説いている」 現時点でロージは1回のワクチン接種を終えているが、27日にアウェイ戦を戦うエクアドルでは2回の接種を終えていない場合、入国が認められないという。また、ブラジルでの活動においても完全接種を終えていない場合、行動制限が伴うことを理由に招集を諦めたとのことだ。 なお、ブラジルはロージ不在を受け、DFアレックス・サンドロ(ユベントス)、DFアレックス・テレス(マンチェスター・ユナイテッド)を左サイドバックのポジションで招集している。 2022.01.14 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表が発表! 負傷ネイマール不在もダニエウ・アウベスらが招集《カタールW杯南米予選》

ブラジルサッカー連盟(CBF)は13日、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に向けた、ブラジル代表の招集メンバー26名を発表した。 ここまで11勝2分けの無敗で首位に立つブラジルは、すでにW杯本大会出場を決定。今後は消化試合となるが、チッチ監督は負傷離脱中のエースFWネイマール(パリ・サンジェルマン)ら一部選手を除き順当に主力を招集した。 なお、DFダニエウ・アウベス(バルセロナ)、MFフィリペ・コウチーニョ(アストン・ビラ)は新天地に移籍後初めての招集となった。 ブラジルは今月27日にエクアドル代表とのアウェイ戦、2月1日にパラグアイ代表とのホーム戦に臨む。今回招集されたメンバーは以下の通り。 ◆ブラジル代表メンバー一覧 GK アリソン・ベッカー(リバプール/イングランド) エデルソン(マンチェスター・シティ/イングランド) ヴェヴェルトン(パウメイラス) DF マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/フランス) アレックス・サンドロ(ユベントス/イタリア) エメルソン・ロイヤル(トッテナム/イングランド) ガブリエウ・マガリャンイス(アーセナル/イングランド) アレックス・テレス(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) チアゴ・シウバ(チェルシー/イングランド) エデル・ミリトン(レアル・マドリー/スペイン) ダニエウ・アウベス(バルセロナ/スペイン) MF ガゼミロ(レアル・マドリー/スペイン) ファビーニョ(リバプール/イングランド) フレッジ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) フィリペ・コウチーニョ(アストン・ビラ/イングランド) ルーカス・パケタ(リヨン/フランス) ブルーノ・ギマランイス(リヨン/フランス) ジェルソン(マルセイユ/フランス) エヴェルトン・リベイロ(フラメンゴ) FW ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー/スペイン) ロドリゴ・ゴエス(レアル・マドリー/スペイン) マテウス・クーニャ(アトレティコ・マドリー/スペイン) ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ/イングランド) ハフィーニャ(リーズ・ユナイテッド/イングランド) アントニー(アヤックス/オランダ) ガブリエウ・バルボサ(フラメンゴ) 2022.01.14 00:07 Fri
twitterfacebook
thumb

オミクロン株の影響で日本代表のウズベキスタン戦が中止、入国認められず…W杯最終予選の中国戦、サウジ戦は開催

日本サッカー協会(JFA)は7日、1月21日(金)に予定されていたキリンチャレンジカップ2022のウズベキスタン代表戦の中止を発表した。 1月、2月のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けた強化試合として実施予定だったウズベキスタン戦。JFAによると、世界的な新型コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大の影響により、日本への外国人の新規入国停止が続くなか、本試合に参加するウズベキスタン代表の入国が日本政府より認められなかったため中止の判断となったとされている。 JFAは「試合を楽しみにお待ちいただいていたファン・サポーターの皆さま、特別協賛をいただいているキリングループ各社、ご支援をいただいているスポンサー各社、試合を中継する予定となっていたフジテレビをはじめ、関係各所に多大なるご迷惑をおかけすることになりましたことをお詫び申し上げます」としている。 また、1月27日(木)の中国代表戦、2月1日(火)のサウジアラビア代表選に関しては予定通り開催されるとのことだ。 2022.01.07 22:04 Fri
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.94】2019年アジアカップ以来の代表復帰。30歳を迎えるFWはカタールW杯に手が届くのか?/武藤嘉紀(ヴィッセル神戸/FW)

「Jリーグで毎試合しっかり出場して得点感覚を戻す、そして『ゴールマシーン』になることを目標にして、大きな決断をしました」 今年8月のヴィッセル神戸移籍会見でこう宣言した武藤嘉紀。今季前半戦だけで15ゴールをマークした古橋亨梧(セルティック)が背負った11番を引き継いだ男は貪欲にゴールに突き進み、14試合出場5ゴールという数字を残した。神戸もJ1・3位でフィニッシュ。目標だったアジアチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得に少なからず貢献してみせた。 「ゴールマシーンになる」という大目標を公言した本人にしてみれば、「自分はこんなもんじゃない」という気持ちが強いのだろうが、今季後半が復活への序章となったのは間違いない。 実際、武藤の前線からのハイプレスと献身的なアップダウン、ゴール前での駆け引きの鋭さ、敵を背負いながらのペナルティエリア内への侵入などは、Jリーグ基準をはるかに超えていた。森保一監督が2022年1月のウズベキスタン戦(埼玉)に挑む日本代表候補に抜擢したのも、確かに頷ける話だ。 武藤が代表に戻ってくるのは、2019年アジアカップ(UAE)以来、3年ぶりとなる。あの時は浅野拓磨(ボーフム)の負傷辞退によって追加招集された形だった。当時はニューカッスル移籍1年目で試合に出たりでなかったりの状況だったが、プレミアリーグ参戦で身に着けたタフさや逞しさを前面に押し出してくれるのではないかと大いに期待された。 絶対的1トップ・大迫勇也(神戸)が初戦・トルクメニスタン戦で負傷したこともあり、武藤には第3戦・ウズベキスタン戦(アルアイン)で先発のチャンスが訪れ、値千金の先制弾も奪った。が、指揮官の評価が急上昇することはなかった。 その後、ニューカッスルで出番を失った影響から代表復帰は叶わず、2020年夏にエイバルへ赴いてからもお呼びがかからずじまい。そのまま3年もの月日が経過してしまった。不完全燃焼のまま終わった2018年ロシアW杯のリベンジを果たしたいと渇望しながら、長期間、足踏み状態を強いられていたのだ。 この間、森保ジャパンの最前線は大迫がずっと主軸を担い続けてきた。ただ、彼もケガやコンディション不良で離脱することが少なくなく、鈴木武蔵(ベールスホット)やオナイウ阿道(トゥールーズ)など複数候補が試されてきたが、なかなか指揮官のお眼鏡に叶わなかった。今年9月からスタートした最終予選でも大迫依存症は顕著で、セルティックでゴールを量産している古橋でさえも、1トップでは使ってもらえない時期が続いている。 神戸移籍後の大迫が復調傾向なのは、誰もが認めるところだが、彼がいなければまともに戦えないというのは、日本代表にとっては歓迎すべき状態ではない。最前線でしっかりとタメを作り、攻撃のスイッチを入れられる人材が最低もう1人は必要だ。高さと強さ、ゴール前での嗅覚を兼ね備えた武藤はその役割をこなせるだけのポテンシャルを備えた選手。ここは一気に序列を上げるチャンスなのである。 武藤のアドバンテージは現在、大迫とともにプレーしている点。10月2日の浦和レッズ戦から三浦淳寛監督が2トップを採用したことで、お互いに生かし生かされる関係がスムーズに構築できている。 大迫も「自分がゴールを奪えるようになったのも、フォーメーションによるところが大。僕と武藤でしっかり前に行けるし、そこにアンドレス(・イニエスタ)だったり、(山口)蛍だったりが絡める。相手にとってすごく怖い攻撃ができている」と太鼓判を押していた。 日本代表は2トップを採用するケースは限られているものの、停滞した時間帯に2人が揃ってピッチに立つことで、ゴール前の厚みが増すのは間違いない。そういう使い方ができることを考えても、武藤を代表に置いておく価値はあるのだ。 かつてチェルシーからオファーを受けたスピードと推進力は30歳を目前にした今も健在。両ウイングでもプレーできる。最終予選突入後の代表は右サイドの快足アタッカー・伊東純也(ヘンク)への依存度が高まっているが、彼に何らかのアクシデントがあった時を考えても武藤というカードがあるのは心強い。彼ならば、ドリブラータイプの堂安律(PSV)や久保建英(マジョルカ)とは違った色合いをチームにもたらせるはずだ。 武藤が本気で2022年カタールW杯を引き寄せようと思うなら、こういった数々の強みを強く押し出すことが肝要である。負けん気の強い男は1月17日からの代表合宿の重要性を誰よりもよく分かっているはず。そこに向けてトップコンディションを作ってくるに違いない。 果たして彼は手薄感の強いFWに殴り込みをかけられるのか…。年明けのパフォーマンスが大いに楽しみだ。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.12.31 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

タトゥー禁止で代表チーム強化!? 中国が代表選手に「社会の良い模範」を求める

中国当局はサッカー選手がタトゥーを入れることを禁止することにするようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 近年では、中国代表の選手にタトゥーを入れた選手が増えており、中国代表の主軸でもあり、広州FCでもプレーするDFチャン・リンペンなどが有名なところだ。 しかし、中国の国家体育総局(GAS)は「社会の良い模範」になるため、タトゥーの禁止を決定。タトゥーを消すか、覆うことを代表チームに求めるようだ。 GASは「サッカー選手の管理を強化するための提案」という声明を発表。その中で、中国代表チームの懲戒要件に設定するとしている。 「全てのレベルの代表チームは、管理措置の関連要件を厳格に実施します。中国のサッカー選手のポジティブな精神を完全に示し、社会の良い模範となります」 「A代表とU-23代表チームの選手は、新たなタトゥーをすることを固く禁じられています。すでにタトゥーを入れている選手は、自分で除去することを勧めます」 「チームによって合意された特別な状況においては、選手はトレーニングと試合でタトゥーを隠す必要があります」 なお、U-20以下のチームでは、タトゥーのある選手の招集は「厳しく禁止する」ことになるようだ。 また、GASは代表チームは選手の「愛国心教育を強化する」ための「思想・政治教育活動」を取り入れるべきだとし、そうすることで「使命感、責任感、名誉を高め、優れたプレースタイルで征服し、よく戦うことができる代表チームを作ることができる」としている。 なお、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を戦う中国代表だが、6試合を終えて6チーム中5位。予選敗退の可能性が高まっている。 2021.12.30 19:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly