C・パレス、セルティックの主砲エドゥアールを獲得! 通算179試合86ゴール

2021.09.01 06:23 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クリスタル・パレスは8月31日、セルティックからフランス人FWオドソンヌ・エドゥアール(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。

パリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織出身のエドゥアールは、2017年夏にセルティックにレンタルで加入。そのシーズンは、リーグ戦のマザーウェル戦でのハットトリックを含めて公式戦29試合で11ゴール4アシストを記録し、翌夏の完全移籍を勝ち取った。

その後の3シーズンは、22ゴール、28ゴール、22ゴールと安定した得点力でセルティックの攻撃陣をリード。昨シーズンにレンジャーズのリーグ制覇を許すまでは、クラブの9連覇に貢献していた。

セルティック通算179試合86ゴールという驚異的なスタッツを誇る逸材FWにはレスター・シティなど、以前から多くのプレミアリーグのクラブからの関心を示していたが、1500万ポンド(約22億7000万円)というオファーを掲示した同胞パトリック・ヴィエラ監督率いるパレスへ加入することになった。

関連ニュース
thumb

ワトフォード、サールへの約34億円オファーを拒否…要求額は約48億円か

ワトフォードがセネガル代表FWイスマイラ・サール(24)に対するオファーを拒否したようだ。 サールは2019年夏にスタッド・レンヌからワトフォードへと加入。昨季はプレミアリーグで22試合5得点を記録するなど主力として活躍したが、チームは今季からチャンピオンシップ(英国2部)に降格となっていた。 今夏はマンチェスター・ユナイテッドからの関心のほか、リーズ・ユナイテッドは獲得に本腰とも伝えられている。そんななか、クリスタル・パレスも本格参戦したことが明らかになった。 フランス『フットメルカート』によると、クリスタル・パレスは移籍金2500万ユーロ(約34億3000万円)を提示。だが、3500万ユーロ(約47億9000万円)を要求しているとされるワトフォードは、この申し出を即座に拒否したとのことだ。 サールは今季、チャンピオンシップの開幕3試合にいずれもスタメン出場し、1得点1アシストをマーク。引き続き、重要な戦力として存在感を放っている。 2022.08.17 20:20 Wed
twitterfacebook
thumb

頭突き以外にパンチ未遂も…リバプールFWヌニェスのいらだちと相手DFの駆け引きが明らかに「彼は実力でやり返すべきだった」

クリスタル・パレス戦で頭突きを見舞って一発退場となったリバプールのウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスだが、前半から相当イラつかされていたようだ。イギリス『SPORTBIBLE』が伝えている ヌニェスは15日に行われたプレミアリーグ第2節クリスタル・パレス戦(1-1)で先発。57分にDFヨアキム・アンデルセンと小競り合いを起こし、頭突きを見舞って一発退場となった。 試合中に起きた頭突きということでこのシーンに大きな注目が集まっているが、マッチアップしたアンデルセンとのやり合いをまとめた動画が公開され、そちらも話題を呼んでいる。 アンデルセンはファウルになるかならないかのギリギリのところで常に駆け引き。ヌニェスは中々思うようにプレーができず、徐々にイライラが募っていく様子が見て取れた。 特に、アンデルセンがヌニェスを後ろから上手く掴んで動きを制限した場面では完全に理性を失い、空を切ったものの振り払ったアンデルセンを右手で思い切り叩こうとする場面もあった。 そして57分の一発退場。アンデルセンにしてやられたヌニェスには「ここから学んでくれ」、「イライラするのは分かるけどこれはダメ」、「実力でやり返すべきだったね」、「相手が上手かった」とファンも反応を寄せている。 ヌニェスは今回の退場で3試合の出場停止に。すでに自身のSNSでも謝罪しており、復帰後のさらなる活躍に期待がかかる。 <span class="paragraph-title">【動画】当たっていたらここで退場だった?ヌニェスのパンチ未遂(0:40~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A masterclass performance by Joachim Andersen on how to frustrate Darwin Núñez <br><br>Show this video to all the Black Stars defenders.<a href="https://twitter.com/hashtag/CitiSports?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CitiSports</a> <a href="https://t.co/grVQiJl5xq">pic.twitter.com/grVQiJl5xq</a></p>&mdash; Citi Sports (@CitiSportsGHA) <a href="https://twitter.com/CitiSportsGHA/status/1559478384312438786?ref_src=twsrc%5Etfw">August 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.17 12:02 Wed
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイク、愚行退場のヌニェスへ「学んでくれることを願っている」

リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクがチームメートのウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスに対し、反省を促した。 ヌニェスは15日に行われたプレミアリーグ第2節クリスタル・パレス戦(1-1)で先発。57分にDFヨアキム・アンデルセンと小競り合いを起こし、頭突きを見舞って一発退場となった。 3試合の出場停止となったヌニェスに対し、ファン・ダイクは次のように語った。 [当然、僕らは彼をサポートしている。このようなことがまた起こってはならない。彼が学んでくれることを願っている。あのような場面でも絶対に感情をコントロールしなければならないんだ。特にプレミアリーグではね」 2022.08.17 00:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ヌニェスに頭突きを食らったアンデルセンにSNSで脅迫「300~400ものメッセージを…」

クリスタル・パレスのデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセンに対し、SNSで脅迫が届いているようだ。 アンデルセンは15日に行われたプレミアリーグ第2節リバプール戦で先発。57分にリバプールFWダルウィン・ヌニェスと小競り合いとなり、頭突きを受けてヌニェスは一発退場となっていた。 リバプール期待の新戦力ヌニェスを退場に追いやったとしてアンデルセンのインスタグラムにはリバプールサポーターから「Fuck you」、「Bitch boy」といった脅迫が届いているとのことだ。 「昨日の夜、300~400ものメッセージを受け取った。もちろん、彼らがリバプールをサポートしているのは理解しているけど、ある程度の敬意は払って欲しい。SNSでの嫌がらせは止めて欲しい」 2022.08.16 23:45 Tue
twitterfacebook
thumb

数的不利も追いついたリバプール、クロップ監督はパフォーマンスを評価も「どのような記事、見出し、解説がされるかは想像つく」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、クリスタル・パレス戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 プレミアリーグ開幕戦のフルアム戦で2-2の引き分けに終わっていたリバプール。15日にリーグ戦初勝利を懸けてホームにクリスタル・パレスを迎えた。 開幕戦でアーセナルに敗れていたクリスタル・パレスだが、リバプールを相手に攻め込むと、32分にウィルフリード・ザハがゴールを決めて先制する。 開幕戦に続いて先制を許したリバプールだったが、この日はさらに苦境に。57分に相手の挑発に乗ってしまったダルウィン・ヌニェスがヨアキム・アンデルセンに頭突き。一発退場となり数的不利となる。 その後、ルイス・ディアスが同点ゴールを記録するも、勝ち越せずに試合終了。1-1の引き分けとなり、2戦連続ドローとなった。 試合後、クロップ監督はチームのパフォーマンスについて言及。悪くなかったと語ると共に、クリスタル・パレスに先制されたことが難しくなったとした。 「とても良かった。私は試合後に選手たちに誇りに思っていると話した。私はそう感じている」 「この1週間で多くのことが起こったが、試合はいつものようにスタートした。私はそれが大好きだったし、我々がやりたいプレーだった」 「もちろん、我々はこの状況を終わらせたかったが、とても上手くやったと思う。多くの足と体がボックス内でブロックされ、前半で既に7、8本をブロックしたと思う。これは特殊な数字であり、我々は明らかに正しい道を歩んでいる。これを続けていけば、あとは時間の問題だろう」 「ただ、残念なことに彼らは1-0とした。最初のカウンターだったと思う。(エベレチ・)エゼの周りには、ファブ(ファビーニョ)とトレント(・アレクサンダー=アーノルド)がいたし、最終ラインも2対1の状況だった」 「残念ながら、エゼがあそこでフリーになり、スペースも広くあり、ザハのスピード、フィニッシュもあった。彼らはどれほど優れているのか、どれほど対戦するのが難しいのかを示した」 1点ビハインドで折り返した中、もう一度試合の立ち上がりに戻ろうと選手たちをハーフタイムで鼓舞したというクロップ監督。しかし、ヌニェスの退場で再び難しくなったが、なんとか追いついて勝ち点を獲得できたと語った。 「ハーフタイムで、私は選手たちに試合をスタートさせた時のやり方に戻るべきだと言った。それが理想であり、示す必要があり、スピードや方向性が必要だった。そういう瞬間がパレスを苦しめ、彼らに問題を起こさせた」 「セカンドボールを拾い、さらに前進する必要がある。立ち上がりはポジティブなものだったが、その後にレッドカードが出てしまった」 「ただ、ルチョ(ルイス・ディアス)のリアクションは最高だった。その瞬間から、特別なゲームになった。我々のホームで信じられないほどの雰囲気だった。ただ、残念なことにゴールを決められなかった」 「それでも、我々のプレーのやり方は、みなさんも10vs11のフットボールを何度も見てきたと思うが、我々ほどチームにプレッシャーを与えることはない。でも、我々はやり遂げ、それが功を奏した」 「だから、今日は試合前よりも多くの勝ち点を得ている。どのような記事、見出し、解説がされるかは想像つくが、それが人生だ。でも、ここから進んでいく」 2022.08.16 11:22 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly