バーンリー、リヨンから“シティキラー”コルネを獲得! 移籍金19億円の5年契約

2021.08.29 19:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バーンリーは29日、リヨンからコートジボワール代表FWマクスウェル・コルネ(24)の獲得を発表した。契約期間は5年となる。

コルネは左サイドバックとしてだけでなく、ウィンガーとしてもプレー可能な左利きのプレーヤーで、メスでプロキャリアをスタート。2015年1月に才能を買われ、リヨンに引き抜かれると、移籍2年目の2015–16シーズンに公式戦40試合の出場で12得点2アシストをマークした。

それ以降、主力の座を射止め、主に左サイドバックを務めた昨季も公式戦39試合に出場して4得点6アシストの活躍を披露。今季もリーグ・アン第2節の アンジ戦に出場したが、リヨンによると、移籍金1500万ユーロ(約19億4000万円)でこのたびのバーンリー入りが決定した。

プレミアリーグ初挑戦となるコルネはバーンリーの公式サイトを通じて「バーンリーとクラブが成し遂げてきたことに最大の敬意を抱いている。ハードワークへの挑戦を歓迎するし、自分が貢献できることなら何だってやる。僕らが何を成し遂げられるのか楽しみだ」とコメントした。

チャンピオンズリーグ(CL)でのマンチェスター・シティ戦3試合で通算4ゴールを決めたことでも名を知らしめるコルネを獲得したバーンリーは今季、プレミアリーグ開幕から2連敗スタート。29日に行われる第3節でリーズ・ユナイテッドをホームに迎え撃つ。


関連ニュース
thumb

ウェストハムが降格バーンリーのドリブラー、マクスウェル・コルネを獲得!

ウェストハムは5日、バーンリーからコートジボワール代表FWマクスウェル・コルネ(25)の獲得を発表した。背番号「14」をつける。 契約は5年+1年延長オプション。移籍金に関しては明らかにされていないものの、降格時に有効な1750万ポンド(約28億5000万円)の契約解除条項が発動されてのウェストハム入りとみられる。 主力をキープしつつ、補強を続けるウェストハム。囁かれる2列目の補強として、当初こそフランクフルトのセルビア代表MFフィリップ・コスティッチも浮上したが、バーンリーのドリブラー獲得に至った。 リヨン時代にチャンピオンズリーグでマンチェスター・シティを相手に結果を出し続け、“シティキラー”として脚光を浴びたコルネは昨夏にバーンリー入り。公式戦29試合で9得点2アシストを記録した。 新シーズンもプレミアリーグでプレーするコルネは「このクラブに加わるのは僕にとって新たなステップだし、プロジェクトの一部になれるのも本当に嬉しい。始まるのが楽しみで仕方ないよ」と喜んだ。 デイビッド・モイーズ監督は「彼をウェストハムに迎えられて嬉しく思う。彼はプレミアリーグとヨーロッパの両方で良い経験を持つ多才な選手だし、我々に強さと質をもたらしてくれるはず」と期待した。 2022.08.06 09:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ウェストハムがマクスウェル・コルネ獲得へ! クラブ間と個人間双方で合意

ウェストハムが、バーンリーのコートジボワール代表FWマクスウェル・コルネ(25)獲得を決定的なモノとしたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』など複数メディアが報じている。 今夏の移籍市場で2列目の補強を目指すハマーズは、当初フランクフルトのセルビア代表MFフィリップ・コスティッチの獲得を目指していたが、競合ユベントスの存在もあり交渉が難航。 そういった中、数週間前にはエバートン行きが濃厚と見られていたコルネの獲得に迫っているようだ。 コルネとバーンリーの契約には、降格時に有効となる1750万ポンド(約28億3000万円)の契約解除条項があり、ウェストハムはその金額を支払うことで合意。さらに、選手サイドとの交渉も合意に至り、一両日中にもメディカルチェックを受診する予定だという。 コルネは昨夏にリヨンからバーンリーに加入したレフティのドリブラー。リヨン時代には左サイドのスペシャリストとして評価を高め、チャンピオンズリーグでは“マンチェスター・シティキラー”との異名も持っていた。 バーンリーでは2トップの一角や左のウイング、ウイングバックや左サイドハーフでも起用されながら、リーグ戦26試合で9ゴール1アシストを記録。チームは無念の降格となったものの、個人としては上々のプレミアリーグ1年目となった。 2022.08.05 17:54 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートン、バーンリーからFWマクニールを完全移籍で獲得!

エバートンは28日、バーンリーのイングランド人FWドワイト・マクニール(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2027年6月30日までとなっている。 エバートンへの移籍が決定したマクニールは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「サイン出来て最高の気分だ。エバートンからの誘いを聞いたときは、すぐにでもサインしたかった。その一員になりたいと思った。彼らが今後何を望んでいるのか、監督と話したとき、本当にワクワクしたし、魅力的だったんだ」 14歳でバーンリーの下部組織に入団したマクニールは、2018年5月に19歳でファーストチームデビュー。以降はバーンリー一筋のキャリアを歩み、チームの主軸として公式戦通算147試合に出場して7ゴール17アシストを記録。 昨季もプレミアリーグ全38試合に出場し得意のドリブルから多くのチャンスを創出したが、得点は挙げられず、チームをチャンピオンシップ(イングランド2部)降格から救うことはできなかった。 なお、移籍金に関しては明かされていないがイギリス『The Athletic』は、2000万ポンド(約32億9000万円)で合意に達したと報じている。 2022.07.29 01:45 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートンがマクニール獲得でバーンリーと合意、移籍金約33億円を支払いか

エバートンがバーンリーのイングランド人FWドワイト・マクニール(22)獲得に近づいているようだ。 バーンリーの下部組織出身であり、2018年5月にファーストチームデビューを飾ったマクニールは、以降チームの主軸として公式戦通算147試合に出場して7ゴール17アシストを記録。昨シーズンもプレミアリーグ全38試合に出場したが得点は挙げられず、チームをチャンピオンシップ(イングランド2部)降格から救うことはできなかった。 得意のドリブルでチャンスを創出するウィンガーに対しては多くのクラブが関心を示していたが、そのなかでエバートンが獲得に接近。イギリス『The Athletic』によると、両クラブは2000万ポンド(約32億9000万円)の移籍金で合意に達し、選手は現在メディカルチェックを受けている模様だ。契約期間は2027年までの5年になると報じられている。 エバートンは昨シーズン、最終盤まで残留争いに巻き込まれており、フランク・ランパード監督はより高い目標を目指すべくチームの強化に着手。すでに昨季までバーンリーでプレーしていたDFジェームズ・タルコウスキの加入を発表したほか、スポルティングCPからDFルベン・ヴィナグレもレンタルで獲得している。 2022.07.28 16:34 Thu
twitterfacebook
thumb

シティが19歳デラップに対する完全移籍オファーを拒否も…ククレジャ獲得ならブライトン行きの可能性?

マンチェスター・シティは、U-19イングランド代表FWリアム・デラップ(19)に対する完全移籍でのオファーを断ったようだ。 デラップはシティのU-23チームを主戦場とするストライカー。かつてストーク・シティなどで活躍し、驚異的な飛距離と精度を誇るロングスローが世界的にも有名だった、ロリー・デラップ氏を父に持つサラブレッドとしても知られている。 2021-22シーズンはプレミアリーグとチャンピオンズ・リーグ(CL)でそれぞれデビューを果たし、今後の飛躍が期待される19歳。イギリス『デイリー・メール』によると、シティはサウサンプトンから届いた1600万ポンド(約26億1000万円)のオファーを拒否。武者修行の旅に行かせることは計画しているものの、完全移籍で手放すことは考えていない模様だ。 一方、ブライトン&ホーヴ・アルビオンもデラップに注目している様子。ブライトンとシティの両者は、スペイン代表DFマルク・ククレジャ(23)に関する話し合いを続けており、ククレジャのシティ移籍が成立した場合は、交渉の一部としてデラップの譲渡が含まれる可能性があるとのことだ。 完全移籍かレンタルかどちらになるかは明記されていないものの、『デイリー・メール』は以前にも、ブライトンがククレジャ交渉の一部として、デラップの1年レンタルを希望していると伝えていた。 なお、元シティのヴァンサン・コンパニ監督が率いるバーンリーも、デラップのレンタル獲得を目指しているとのこと。しかし、こちらについては実現の可能性が低いと紹介されている。 2022.07.24 14:39 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly