エルチェがシャルケMFマスカレルを獲得! 主将DFベルドゥも契約延長

2021.08.24 01:18 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エルチェは23日、シャルケからスペイン人MFオマール・マスカレル(28)を獲得したことを発表した。同日にシャルケとの契約を解消したマスカレルはフリートランスファーでの加入となり、契約は2022年6月30日までの1年となる。

マスカレルはレアル・マドリーのカンテラ出身で、ダービー・カウンティやスポルティング・ヒホンへのレンタル移籍を経験。2016年7月にフランクフルトへと完全移籍。その後、2018年にシャルケに活躍の場を移すと、守備的MFを主戦場に公式戦71試合に出場。2019–20シーズンは一時キャプテンも務めていた。

ヒホン時代の2016年以来、5年ぶりの母国帰還となるマスカレルは、今シーズンも残留争い濃厚なチームをプリメーラ残留に導けるか。

また、エルチェは同日、キャプテンを務めるスペイン人DFゴンサロ・ベルドゥ(32)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。

2017年にカルタヘナから当時3部に属したエルチェに加入した屈強なセンターバックは、ここまで公式戦150試合以上に出場。2度の昇格に大きく貢献していた。


関連ニュース
thumb

エスクリバ解任のエルチェ、フランシスコ・ロドリゲス氏を招へい

エルチェは28日、スペイン人のフランシスコ・ロドリゲス氏(43)の監督就任を発表した。契約は今季終了までとなっている。 同クラブでは21日、成績不振でフラン・エスクリバ監督(56)が解任された。エスクリバ監督は今年2月に就任し、昨季のラ・リーガ残留に導いたが、今季はわずか2勝という成績で首が飛ぶことに。 新監督のフランシスコ・ロドリゲス氏は、これまでにアルメリアやウーゴ、ウエスカなど母国クラブの監督を歴任。直近では昨年6月からジローナを指揮し、昨季のラ・リーガ2部で5位という成績を収めていた。 2021.11.28 22:15 Sun
twitterfacebook
thumb

エルチェ、成績不振でエスクリバ監督を解任…後任はクレスポ氏か

エルチェは21日、フラン・エスクリバ監督(56)を解任したことを発表した。 今年2月に就任し、昨シーズンのラ・リーガで17位残留に導いたエスクリバ監督。しかし、今シーズンはここまでわずか2勝で、直近6試合は未勝利の状況だった。21日に行われた第14節のベティス戦で0-3の完敗を喫し、解任に至った。 これまでにヘタフェやビジャレアル、セルタの指揮官を歴任してきた同監督は、2012年にエルチェでキャリアをスタート。就任1年目の2012-13シーズンに、エルチェを24年ぶりのプリメーラ復帰に導いていた。 なお、後任候補にはエルナン・クレスポ氏の名前が浮上中。監督としては、当時セリエBのモデナをはじめ、母国のバンフィエルドやデフェンサを歴任。今年2月からサンパウロで指揮を執っていたが、10月に成績不振で契約解除している。 2021.11.22 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティが覚醒ヴィニシウスを語る 「私はただ起用して自信を…」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が口を開いた。スペイン『マルカ』が報じている。 レアル・マドリーは30日のラ・リーガ第12節でエルチェ戦に臨み、2-1で勝利。エースのフランス代表FWカリム・ベンゼマを欠いてのアウェイ戦だったが、得点力の部分で大きな飛躍を遂げるブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールのドブレーテで2-1と勝利した。 15位のチームをしっかりと叩き、これで2試合ぶりの白星で4戦負けなしのレアル・マドリーだが、アンチェロッティ監督は試合後、最終盤にビルドアップでのミスから失点をした場面に不満を述べた。 「我々がかなりうまくコントロールできた。終盤を除いてね。この前にプレーしたばかりだから、とてもじゃないが、フィジカル的な試合に持ち込めなかった。誰もがゲーム終了を考えていたが、レフェリーが笛を吹くまで終わらない」 また、「たった2日半のオフで、インテンシティとエネルギーのあるプレーはできない」と語り、「ゲームの終盤をうまく切り抜けられなかったのはそのツケだ」と続けると、今季のここまで公式戦9得点と覚醒のヴィニシウスにも触れた。 「特別なことは何もしていない。私は彼が非常に良いプレーをしているから、ただ彼を起用して、自信を与えているだけだ。私はマジシャンというわけじゃない。ただ全選手に最大限の自信を与えられるようにしているだけなのだ」 なお、そんなヴィニシウスが11月のブラジル代表から落選した件を問われると、「それは友人でもあるブラジル代表監督の決断だ。私からはそれに答えることなんて何もない」と返している。 2021.10.31 18:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ不在のマドリーでヴィニシウスが輝く! 2ゴールでエルチェに勝利《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは30日、ラ・リーガ第12節でエルチェとのアウェイ戦に臨み、1-2の勝利を収めた。 1週間前の第10節では満身創痍のバルセロナを易々と下したマドリーだが、3日前の第11節オサスナ戦ではゴールレスドローに。クラシコ制覇に水をさす結果となってしまった。 今節は4日後に控えるチャンピオンズリーグのシャフタール・ドネツク戦に向けても勢いをつけたい一戦。開始早々にロドリゴが古巣戦のGKキコ・カシージャを強襲する強烈なミドルシュートでエルチェを牽制する。 しかし、18分にそのロドリゴにアクシデントが発生。足を痛めてアセンシオとの交代を余儀なくされた。それでも22分、敵陣で相手のパスをカットしたクロースが素早く前線へ送ると、ボックス手前のマリアーノが巧みな踵でのワンタッチで左に流す。最後はボックス左でフリーとなったヴィニシウスが仕上げて、マドリーが先制に成功した。 続く26分には、度々右サイドに流れているモドリッチの右足アウトサイドを使った縦パスにマリアーノが抜け出しボックス右へ侵攻。DFを抜いてフィニッシュまで持ち込んだが、角度が小さく、シュートは外のサイドネットを叩いた。 対して、今季3勝目を狙うエルチェも得点の雰囲気を漂わせる中、40分手前にはボジェの強烈なミドルシュートがGKクルトワを強襲。直後には、ボジェが右サイドの高い位置でアラバからボールを奪い、折り返しのクロスを供給。相手に当たって浮き球となったところをテクニシャン・パストーレがバックヒールで繋げ、最後はルーカス・ペレスがシュート。ボックス右でフリーとなっていたが、ジャストミートできずシュートは左へ逸れていった。 後半の立ち上がりにかけてもエルチェペースが継続。シュートこそないものの、幾度となくマドリーの守備陣を脅かしていく。しかし63分、攻撃から守備への切り替えのシーンで、ボールを持ったクロースに対してスライディングタックルを仕掛けたラウール・グティが2枚目のイエローカードで退場に。攻勢だったところに痛恨の退場となってしまった。 このタイミングでマドリーは、今季初先発のマルセロとL・バスケスをF・メンディとカルバハルに変更し、両サイドバックを入れ替える。そして、退場を機にエルチェの勢いは消失。こうなると自力で勝るマドリーが優位に立つ。 73分、敵陣でやや下がりながらセンターサークル付近でパスを受けたクロースが、ダイレクトでボックス左て前のモドリッチへ縦パスをつける。そこから素早くボックス左にスルーパスを送ると、走り込んだヴィニシウスが相手に体をぶつけられながらも、飛び出してきたGKを嘲笑うチップキックを流し込み、追加点を決めた。 その後、ヴィニシウスは84分にお役御免でアザールと交代。同時にモドリッチも下がり、カマヴィンガが投入され、試合を締めにかかる。しかし、まさかのところに落とし穴が待ち受けていた。 86分、自陣でカゼミロが出した横パスがベネデットに引っかかりボールをロスト。さらにそのこぼれ球がボックス内に流れ、拾ったペレ・ミジャに1点を奪われてしまった。 この失点から暗雲が立ち込めてきたマドリー、後半アディショナルタイムには一本のスルーパスからピンチになりかけたが、カゼミロが汚名返上となるスライディングタックルで未然に阻止。このプレーで顔面に相手の足が入ってしまったカゼミロは鼻血を出してしまったが、この間に試合終了のホイッスルが鳴り響き、マドリーが勝利。ヴィニシウスの2ゴールでなんとか逃げ切った。 2021.10.30 22:58 Sat
twitterfacebook
thumb

ベンゼマが休養で招集外、エルチェ戦欠場へ

レアル・マドリーは29日、翌日にアウェイで行われるラ・リーガ第12節エルチェ戦の招集メンバーを発表した。カルロ・アンチェロッティ監督はフランス代表FWカリム・ベンゼマをメンバー外としている。 スペイン『アス』によればベンゼマは29日のチーム練習に参加せず、ジムでの調整に留めたとのこと。負傷を抱えているわけではなく、ユーロ2020からオーバーワークのベンゼマのコンディションを考慮しての休養とのことだ。 ベンゼマは今季、ラ・リーガ全10試合、チャンピオンズリーグ全3試合で先発。1170分中、1159分に出場しており、疲労が懸念されていた。 2021.10.30 06:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly