「ゴール・オブ・ザ・シーズンだ」と呼び声高いイングスの圧巻バイシクル、代表初ゴールと酷似で話題に

2021.08.22 15:05 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラのイングランド代表FWダニー・イングスが決めたゴールが大きな話題となっている。

アストン・ビラは21日、プレミアリーグ第2節でホームにニューカッスルを迎えた。

アウェイでの開幕戦をワトフォードと戦い、3-2で敗れていたアストン・ビラ。本拠地ビラ・パークでの初戦で素晴らしいゴールが決まった。

今夏サウサンプトンから加入したイングスは、開幕戦でもPKを決めてアストン・ビラ初ゴールを記録。この試合は1トップで先発出場すると、こう着状態が続く中、前半アディショナルタイムにその瞬間が訪れる。

時間があまりない中右サイドからマテュー・キャッシュがロングスローを入れる。ニアサイドで競り合ったタイロン・ミングスがヘディングでフリック。すると、ボックス中央で待ち構えたイングスがお手本のようなバイシクルシュートを叩き込み、先制点をもたらした。なお、試合は2-0でアストン・ビラが勝利している。

新加入のストライカーがファンが戻った本拠地開幕戦でスーパーゴールを決めたということで、大きな盛り上がりを見せるところだが、実はこのゴールにはさらにすごい偶然が重なったことで話題に拍車がかかっている。

イングスはイングランド代表として3試合に出場し、ゴールは1つしか決めていない。その代表デビューゴールである1ゴールは、2020年10月8日に行われたウェンブリー・スタジアムでのウェールズ代表戦。2-0とリードした63分に記録した。

このゴールはCKからのゴールだが、左CKからのクロスが上がると、ファーサイドで競り合ったミングスがヘディングで折り返し、ボックス中央で反応したイングスがバイシクルシュートで決めたものだった。

スタジアムや流れこそ違えど、ミングスのヘディングのアシストからイングスのバイシクルシュートということもあり、大きな話題に。「ゴール・オブ・ザ・シーズンだ」と第2節で気が早い話も出ているが、それだけ素晴らしいゴールだったのは間違いない。



1 2

関連ニュース
thumb

リバプールで序列低下中のゴメス、ジェラード監督就任のビラが関心か

アストン・ビラがリバプールのイングランド代表DFジョー・ゴメス(24)の獲得に関心を抱いているようだ。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 ゴメスは2015年夏にリバプールへ加入してから、ここまで公式戦通算128試合に出場。オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクとコンビを組み、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)制覇に多大な貢献を果たしてきた。 しかし、昨季は2020年11月に代表チームで負ったケガでシーズン絶望となり、すでにファン・ダイクが長期離脱していたチームを支えることはできず。今季は新たにU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテが加入したこともあり、センターバックのポジション争いが注目されていたが、これまでのところ、ユルゲン・クロップ監督のファーストチョイスはファン・ダイクとカメルーン人DFジョエル・マティプのコンビとなっている。 今シーズンのゴメスは負傷もあり、公式戦7試合の出番しかなく、プレミアリーグでのスタメン出場はなし。ファン・ダイク、マティプだけでなく、すでにプレミアリーグで4試合にスタメン出場しているコナテに後れを取っている状況だ。 現在は負傷離脱中のゴメスだが、復帰後にも序列に変化がなかった場合、出場機会を求めて移籍を希望する可能性が出てくるかもしれない。こうした状況のイングランド代表DFに対して、関心を強めているのがビラだ。 11日にビラの指揮官に就任したスティーブン・ジェラード監督は守備の安定を非常に重視。そこで自身の古巣に所属し、まだ24歳ながらにして豊富な経験を持つゴメスを来年1月にチームへ迎えたい考えを持っているようだ。 一方で、クロップ監督はシーズン中に戦力が流出することを好んではおらず、仮にビラが本格的に動き出すようであれば交渉の行方が注目されている。 2021.11.29 17:54 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェラード監督がアストン・ビラ史上2人目の快挙!

アストン・ビラのスティーブン・ジェラード監督が、早くもクラブの歴史に名を刻んだ。 成績不振で解任されたディーン・スミス前監督に代わり、今月11日に就任したジェラード監督。初陣となった20日のブライトン戦では、終盤に2ゴールを挙げる劇的勝利で白星を飾った。 そして、27日にはクリスタル・パレス戦に臨み、アウェイで1-2の勝利。これで就任2連勝を収めることになった。 アストン・ビラにおいて、ジェラード監督はプレミアリーグ創設以降13人目の指揮官だが、過去に初陣を白星で飾ったのはジョン・グレゴリー氏とジェラール・ウリエ氏の2人のみ。さらに、連勝に至ったのは前者のみで、この度41歳指揮官は、1998年2月以来クラブ史上2人目の快挙を成し遂げた。 ジェラード監督は試合後、選手たちを称賛しつつも、現実的に将来を見据えた。 「前半は素晴らしかったが、後半はもう少し努力が必要だった。袖を巻くって耐えなければならない時間もあった。このリーグでは珍しいことじゃない。このような厳しい環境では特にね」 「それでも選手たちの努力と応用力には本当に感服する。喝采に値するよ。だが、それほど長くこの楽しみを味わうことはできないだろう」 2021.11.28 13:46 Sun
twitterfacebook
thumb

コンテに続いてジェラードも食事制限を実行、ケチャップやプリンなどを食堂から排除

アストン・ビラのスティーブン・ジェラード監督が、食事制限を課したようだ。イギリス『デイリー・レコード』がイギリス『テレグラフ』の情報をもとに伝えた。 11日、成績不振で解任されたディーン・スミス監督の後任としてビラの新指揮官に就任したジェラード監督。初陣となった20日のプレミアリーグ第12節のブライトン戦を見事勝利で飾っている。 そのジェラード監督は選手に対して高い基準を要求しているようで、レンジャーズと同様に、ビラでもトップチームとアカデミーの選手を対象に、食生活改善に踏み切ったようだ。手始めに練習場の食堂から炭酸飲料、ケチャップ、マヨネーズ、プリン、ホットチョコレートなどを排除したと伝えられている。 これらのメニューの排除はチームのスポーツ科学部門と共同で考案し、カロリーが高い割に体に良い栄養がほとんど含まれない「エンプティカロリー」の摂取を防ぐことを目的としているとのこと。一方で、エネルギー補給のため試合前には甘い物を食べることが許されているようだ。 先日はトッテナムの新指揮官に就任したアントニオ・コンテ監督も選手に食事制限を課したことで話題となったが、この規制がきっかけでチームは息を吹き返すことになるだろうか。 2021.11.24 15:08 Wed
twitterfacebook
thumb

プレミア初陣を白星で飾ったジェラード監督「夢見たことが現実になった」

アストン・ビラのスティーブン・ジェラード新監督が、白星で飾った初陣に喜びのコメントを残した。クラブ公式サイトが伝えている。 成績不振でディーン・スミス前監督を解任し、その後任にジェラード監督を招へいしたビラ。20日に行われたプレミアリーグ第12節のブライトン戦がその初陣となった。 新監督の下、チームはプレミアらしい強度とスピードでもって積極的な入りを見せる。しかしながら、好調のブライトンも徐々にペースを掴み始めるなど、どちらに転んでもおかしくない展開に。 終盤までゴールレスで進んだものの、迎えた84分、ビラは自陣のゴール前からカウンターを発動。DFアシュリー・ヤングから左のFWオリー・ワトキンスにパスが繋がると、そのままドリブルでボックス中央まで切り込み、見事な右足のコントロールシュートを突き刺した。 ジェラード新監督に初ゴールを捧げたビラ。さらに89分には、セットプレーの二次攻撃からMFジョン・マッギンがクロスを入れると、そのこぼれ球を主将DFタイロン・ミングスが豪快に蹴り込み勝負あり。新体制初戦を白星で飾るとともに、前体制下で続いていたリーグ連敗を「5」でストップした。 会心のパフォーマンスではなかったものの、勝利という結果にジェラード監督も安堵している様子。記念すべき初陣に大きな満足感をあらわにした。 「我々にとって重要な日となった」 「この試合の前に5連敗していたこともあり、選手たちは少し緊張していたが、観客も同じように緊張していたと思う」 「前半にはGK(エミリアーノ・マルティネス)のビッグセーブやマット・ターゲットの見事なブロックもあり、重要な場面を切り抜けることができた。後半はより落ち着いて良い試合ができたと思う」 「そのおかげで試合に勝つことができた。この試合に臨むにあたって、私が夢見たことが全て現実になった。選手たちのおかげだよ」 「少しの安心感と大きな満足感がある。最後にファンの反応を見ると、数カ月間感じていなかった全く違う感覚がある」 「しかし、これはスタートに過ぎない。試合中にあった小さな問題を解決し、学び、成長し、良くなって、来週もまたより多くの勝ち点を得なければならない」 2021.11.21 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

後半終盤の2ゴールでジェラード率いる新生ビラが白星発進! ブライトン撃破で連敗を「5」でストップ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第12節、アストン・ビラvsブライトン&ホーヴ・アルビオンが20日にビラ・パークで行われ、ホームのアストン・ビラが2-0で勝利した。 直近のリーグ5連敗で16位に低迷するビラは、ディーン・スミス前監督を解任し、リバプールのレジェンドであり、昨シーズンにスコットランドのレンジャーズでリーグ無敗優勝に導いたスティーブン・ジェラード監督を新指揮官に招へい。その注目の初陣となった今節はホームに7位のブライトンを迎え撃った。 このプレミアリーグ初陣に[4-3-3]の布陣を採用したブエンディア、イングス、ワトキンスを前線に配置。ホームサポーターの後押しを受け積極的な入りを見せる。12分にはターゲットの左クロスに逆のサイドバックのキャッシュが飛び込む形で惜しい場面も作り出した。 以降はアウェイのブライトンにボールを握られる展開を強いられ、31分には左サイドの深い位置に抜け出したククレジャの折り返しからゴール前のトロサールに決定的なシュートを許すが、ここはGKマルティネスのファインセーブで凌いだ。 劣勢ながらも0-0で試合を折り返したビラは後半立ち上がりにセットプレーの流れからミングスがゴールに迫ったが、以降はブライトンの安定したパスワークに押し込められて耐える時間帯が続く。 それでも、冷静にピンチの芽を摘み続けるホームチームは、ベイリー、ヤング、エル・ガジとフレッシュな選手の投入で徐々に流れを引き戻す。すると、84分には自陣深くからロングカウンターを発動。中央で粘りの突破を見せたヤングから左サイドで背後のスペースを狙うワトキンスにパスが繋がると、そのままドリブルでボックス中央まで切り込んだワトキンスが見事な右足のコントロールシュートをゴール右上隅に突き刺した。 見事なカウンターの流れからエースがゴールをこじ開けたビラは、その勢いに乗って89分にもセットプレーの二次攻撃からボックス手前右のマッギンが入れたクロスのこぼれ球を攻め残っていた主将DFミングスが豪快に右足で蹴り込んで試合を決定づける2点目とした。 その後、ブライトンの反撃をきっちり凌ぎ切ったビラがジェラード監督の初陣を劇的勝利で飾り、前体制下で続いていたリーグ連敗を「5」でストップしている。 2021.11.21 02:29 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly