東京五輪銀メダルのU-24スペイン代表ソレール、バレンシアと両親からのサプライズに笑顔

2021.08.19 06:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
東京オリンピックに出場したU-24スペイン代表MFカルロス・ソレールがバレンシアのサポーターたちに銀メダルを披露した。ソレールは大会全6試合に出場。3試合で先発し、スペインの銀メダル獲得に貢献した。大会を終えたソレールは9日に帰国すると、10日にはバレンシアの練習に合流。そして13日に行われたラ・リーガ開幕節のヘタフェ戦に先発出場し、決勝点となるゴールまで決めてみせた。

怒涛のスケジュールをこなしているソレールだが、ヘタフェとの試合では、サプライズで登場した両親からメダルを受け取り、バレンシアのサポーターたちに銀メダルを披露する場面があった。
ソレールの母は「バレンシアが今日、彼のために行ったこの行為は素晴らしい。本当に美しいです。彼のバレンシアへの愛は魂から来ているものです。彼は本当に愛しています。私たちは感謝していますし、彼とチームをとても誇りに思っています。彼らは本当にうまくやっています」とアカデミー出身の息子とクラブの関係を称えた。

また、ソレールの父も「彼が私たちを見つけたとき、彼は驚きの表情を見せていました。ここに私たちがいることを予想していませんでした。彼が懸命に働いて得たものを、ここでファンに見せることはとても重要でした」とソレールがサプライズに驚いていたことを明かした。

完璧なシーズンのスタートを切ったソレール。バレンシアで成長した姿を見せ、次はA代表デビューといきたいところだ。

1 2

関連ニュース
thumb

飛び道具アセンシオにヴィニシウスがメモリアル弾! 主力2選手負傷もマドリーが5pt差維持で後半戦へ《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第17節延期分、レアル・マドリーvsバレンシアが2日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが2-0で勝利した。 2位のマドリーは前節、レアル・ソシエダとのハイレベルな上位対決を0-0のドローで連勝を逃した。この結果、前日に一足早く前半戦を終えた首位のバルセロナとの暫定ポイント差が「8」に開いた。 今回の延期分と週末のマジョルカ戦後にモロッコ開催のFIFAクラブ・ワールドカップ2022に参戦するアンチェロッティのチームは、ガットゥーゾ監督を解任してお馴染みボロ暫定体制となった14位のバレンシアを相手に2戦ぶりの勝利を狙った。マドリーは先のスーペル・コパで激闘を演じた相手との再戦に向けて先発2人を変更。バルベルデとロドリゴに代えてモドリッチ、アセンシオを起用した。 カバーニとムサを縦関係の2トップに配した[4-4-2]で臨んだバレンシアに対して、マドリーが立ち上がりから主導権を握る。開始3分には相手バックラインのミスからボールを奪ったモドリッチが、ボックス右に走り込むアセンシオへ得意のアウトサイドパスを通す。だが、利き足とは逆の右足で放ったシュートはGKママルダシュヴィリの好守に阻まれる。 いきなりの決定機をキッカケに流れを掴みたいマドリーだが、以降は自陣でコンパクトな守備ブロックを敷くバレンシアの守備に苦戦。遅攻の局面ではなかなか良い形で相手の守備を揺さぶれず。 それでも、マイボール時やポジティブトランジションの局面でミスが目立つアウェイチームの隙を就き、フィニッシュまで持ち込んでいく。19分と25分にはいずれもボックス内で起点を作ったベンゼマのお膳立てからアセンシオに決定機も仕留め切れない。さらに、28分には再びベンゼマの正確なラストパスからボックス左に走り込んだヴィニシウスにシュートチャンスが訪れるが、置きに行ったシュートはGK正面。 ピンチこそないものの、以降も攻撃面の停滞感が続くと、アクシデントにも見舞われる。接触プレーの際に右の内転筋辺りを痛めたミリトンが自ら交代を要求。これを受け、36分にカルバハルがスクランブル投入となり、ナチョがセンターバックにポジションを移した。 振るわない内容にディフェンスの要を失う厳しい展開となったが、エル・ブランコはハーフタイム直前に見せ場を作る。 前半アディショナルタイム、左CKの場面でモドリッチの右足インスウィングのクロスをファーサイドのリュディガーが頭で合わせてゴールネットを揺らす。だが、直前のゴール前の競り合いに関してオンフィールド・レビューが入ると、ムサの顔面を右手で叩いたベンゼマのファウルが取られてゴールは取り消しとなった。 結局、ゴールレスで試合を折り返したホームチームだったが、ハーフタイムにきっちり修正を施すと、キックオフ直後から押し込んだ後半立ち上がりにゴールをこじ開ける。 52分、右サイドに流れてキープしたベンゼマからボックス手前右でマイナスのパスを受けたアセンシオが得意の角度から左足を一閃。鋭いブレ球シュートがゴール左隅の完璧なコースに決まった。 アセンシオお馴染みのゴラッソで先手を奪ったマドリーは畳みかける。55分、カウンターからハーフウェイライン付近の左サイドでボールを収めたベンゼマが背後を狙うヴィニシウスを走らせる絶妙なスルーパスを供給。そして、驚異のラン・ウィズ・ザ・ボールでDFを完全に振り切ったブラジル代表FWがボックス内でGKとの一対一を制し、マドリー通算200試合出場を自ら祝う通算49点目とした。 この連続ゴールで勝利に大きく近づいたが、直後にはヒザの負傷か筋肉系のトラブルかベンゼマがプレー続行不可能となり、ロドリゴの投入を余儀なくされる。また、アンチェロッティ監督はクロースとモドリッチのベテランコンビのコンディションを考慮してバルベルデ、負傷明けのチュアメニをピッチへ送り込んだ。 以降もバルベルデが強烈なミドルシュートでゴールに迫るなど、危なげなく時計を進めていくホームチーム。さらに、72分にはヴィニシウスに抜かれかけたDFガブリエウが完全なレイトで蹴りを見舞う愚行を犯して一発退場となり、試合の大勢はここで決した。 その後、マドリーは3点目こそ奪えなかったものの、バレンシアにほぼ攻撃の機会を与えぬまま2-0で試合をクローズ。2戦ぶりの白星を手にした昨季王者はバルセロナとの5ポイント差を維持してシーズンを折り返すことになった。 2023.02.03 07:02 Fri
twitterfacebook
thumb

低迷するバレンシアがガットゥーゾ監督の解任を発表

バレンシアは30日、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督(45)を解任したことを発表した。 スイスのシオンで監督キャリアをスタートさせ、パレルモやピサを経て、ミランやナポリといったセリエAの強豪を指揮したガットゥーゾ監督は、昨季限りで解任となっていたホセ・ボルダラス前監督の後任として、昨年6月に就任。 その新体制では、リーグ開幕5試合で3敗とスタートダッシュに失敗すると、ラ・リーガ前半戦を終えた時点で自動降格圏の18位カディスと1pt差の14位と低迷。また、直近の3試合ではカディス、アルメリア、バジャドリーと残留を争うクラブを相手に1分け2敗と未勝利に終わっていた。 バレンシアは解任したガットゥーゾ監督に対して「クラブはこの数ヶ月間トップチームの指揮を執った同監督の献身的な努力に感謝するとともに、同監督の今後の活躍を祈っている」と、感謝の声明を発表している。 なお、後任決定まではチームマネージャーのサルバドール・ゴンサレス氏が暫定監督を務めるとのことだ。 2023.01.31 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシア行き交渉進むサウールが決勝点! 指揮官は慰留「ここで定位置争いを」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が元スペイン代表MFサウール・ニゲス(28)の去就問題に言及した。スペイン『Relevo』が伝えている。 アトレティコは29日にラ・リーガ第19節でオサスナと対戦。途中出場のサウールが74分に先制点を決めると、最後までこの1点を守り抜き、アウェイで0-1の勝利を収めている。 値千金の決勝点をマークしたサウールだが、出場機会の少なさに不満を抱いており、ここ数日はバレンシアへのレンタル移籍交渉が進行中。シメオネ監督は試合後のインタビューでこの件を問われ、チームに残って欲しいと呼びかけた。 「退団についてサウールと話したことはない。彼がどう考えているかはわからないよ。退団するも、ここに残るも、マーケットが閉じるまであと数日残っている。私たちは彼に残って欲しい」 「彼は常に全力を尽くしてきた。良い結果も悪い結果もつきものだが、今日の彼は試合に美しく順応し、重要なゴールを決め、勝利をもたらした。動き出しに優れ、ネットを揺らす能力を持ったミッドフィールダーだよ」 「願わくばここに残り、引き続きチームメイトたちとポジション争いをして欲しい」 サウールはオサスナ戦の出場により、アトレティコでの通算出場数が362試合に。嬉しい今季初ゴールもゲットしたが、今冬中のバレンシア行きを強く希望しているとされている。 2023.01.30 16:53 Mon
twitterfacebook
thumb

財政難バレンシア、1月全資金をサウール獲得に捧ぐ? 18カ月レンタルを画策

バレンシアが、アトレティコ・マドリーの元スペイン代表MFサウール・ニゲス(28)獲得を模索しているようだ。スペイン『Relevo』が伝えている。 アトレティコ通算361試合出場を誇るサウール。下部組織から在籍し、若手時代の武者修行を除けばクラブ一筋で歩んできたが、一昨季に出場機会が減り、昨季はチェルシーにレンタル移籍していた。 チェルシーでもさほどプレーできず、復帰した今季も途中出場がメイン。そんなサウールに対して今冬、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督率いるバレンシアが獲得を模索し続けているという。 バレンシアは当初、アトレティコに半年レンタルを提案も却下され、今度は来季までの18カ月レンタルを用意し、サウールの年俸700万ユーロ(約9億8000万円)を全て負担する姿勢を示しているとのことだ。 さらに、サウール獲得のために他の補強を諦める覚悟があるとされ、今冬まだ1人も獲得していないバレンシアが、1月に準備した資金を全てサウールに捧ぐことすらあり得ると考えられている。 気になるのはその実現性だが、バレンシア、アトレティコ、サウールの三者は27日に会談予定。ここでは買い取りオプションの有無についても話し合われるとされ、サウール本人はバレンシア行きを希望しているとのことだ。 2023.01.27 21:14 Fri
twitterfacebook
thumb

低迷バレンシア… ガットゥーゾ監督がチームのメンタリティ改善に意欲「相手に怯えている」

バレンシアのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督がアスレティック・ビルバオ戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝える。 バレンシアは26日に行われたコパ・デル・レイ(国王杯)準々決勝でアスレティックと対戦。1点ビハインドの43分にオウンゴールで同点とするも、前半のうちに勝ち越しを許し、後半にもPKで追加点を献上。その後の反撃も乏しく1-3で敗れ、敗退が決まった。 試合後には数百人のサポーターがスタジアム近辺で抗議の大合唱。ラ・リーガは昨年11月を最後に勝利がなく、降格圏と3ポイント差の12位とあってか、オーナーのピーター・リム氏とガットゥーゾ監督を槍玉にしたチャントが歌われたという。 ガットゥーゾ監督は試合後の記者会見で「困難に直面した矢先に去るのは私のやり方ではない」と辞任を否定した上で、選手たちのメンタリティの欠如を指摘している。 「100%を出し切ったが、それでも質は低かった。相手に怯えているようにも見えた。このようなゲームをしてしまうと私は謝罪せざるをえない。私にはその責任がある」 「何が起こっているかをよく分析する必要がある。明日は選手たちとコミュニケーションをとるよ。なぜ選手たちが恐れているのか、なぜいつも前半に失点するのか…。彼らから意見を聞くべき部分もある」 また、本拠地で国王杯敗退を喫した事実をサポーターに詫びている。 「メスタージャに来た45000人に謝りたい。我々はほとんどの時間帯で自分たちのプレーができなかった。サポーターたちもその状況を好まないだろうし、我々全員が教訓を突きつけられた。試合中のブーイング? それも尊重する」 2023.01.27 13:57 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly