東京五輪銀メダルのU-24スペイン代表ソレール、バレンシアと両親からのサプライズに笑顔

2021.08.19 06:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
東京オリンピックに出場したU-24スペイン代表MFカルロス・ソレールがバレンシアのサポーターたちに銀メダルを披露した。

ソレールは大会全6試合に出場。3試合で先発し、スペインの銀メダル獲得に貢献した。大会を終えたソレールは9日に帰国すると、10日にはバレンシアの練習に合流。そして13日に行われたラ・リーガ開幕節のヘタフェ戦に先発出場し、決勝点となるゴールまで決めてみせた。

怒涛のスケジュールをこなしているソレールだが、ヘタフェとの試合では、サプライズで登場した両親からメダルを受け取り、バレンシアのサポーターたちに銀メダルを披露する場面があった。

ソレールの母は「バレンシアが今日、彼のために行ったこの行為は素晴らしい。本当に美しいです。彼のバレンシアへの愛は魂から来ているものです。彼は本当に愛しています。私たちは感謝していますし、彼とチームをとても誇りに思っています。彼らは本当にうまくやっています」とアカデミー出身の息子とクラブの関係を称えた。

また、ソレールの父も「彼が私たちを見つけたとき、彼は驚きの表情を見せていました。ここに私たちがいることを予想していませんでした。彼が懸命に働いて得たものを、ここでファンに見せることはとても重要でした」とソレールがサプライズに驚いていたことを明かした。

完璧なシーズンのスタートを切ったソレール。バレンシアで成長した姿を見せ、次はA代表デビューといきたいところだ。

1 2

関連ニュース
thumb

5試合ぶりの勝利を飾ったベティスがCL出場権獲得に望みをつなぐ!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第36節のバレンシアvsベティスが10日に行われ、0-3でベティスが勝利した。 リーグ戦4試合勝利のない5位ベティス(勝ち点58)が、公式戦7試合未勝利の10位バレンシア(勝ち点44)のホームに乗り込んだ一戦。 試合は一進一退の攻防が続く中、ベティス30分にチャンスを迎える。ペナルティアーク内でギド・ロドリゲスが倒されて獲得したFKをカナレスが直接狙ったが、シュートは相手GKの正面を突いた。 ゴールレスで迎えた後半が、ベティスが立ち上がりにスコアを動かす。57分、敵陣中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、カナレスのパスをボックス内で受けた受けたウィリアン・ジョゼが左足でゴールネットを揺らした。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指す。するとベティスは87分、ボックス右から侵入したサバリの折り返しがフアンミに当たると、ペナルティーアーク右に走りこんだカナレスがゴール右隅へシュートを突き刺した。 さらにベティスは、90分にも途中出場のボルハ・イグレシアスがゴールネットを揺らし、3-0で完勝。5試合ぶりの勝利を飾ったベティスが、チャンピオンズリーグ出場権獲得に望みをつないでいる。 2022.05.11 04:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシアで飛躍のウーゴ・ドゥロが完全移籍、2026年まで契約

バレンシアは10日、ヘタフェのスペイン人FWウーゴ・ドゥロ(22)を完全移籍で獲得し、2026年6月まで契約を結んだことを発表した。 センターフォワード兼ウインガーのウーゴ・ドゥロは、ヘタフェのカンテラ出身。2020年にレアル・マドリーにレンタル移籍し、今季はバレンシアにレンタルで加入していた。 そして迎えた今季はラ・リーガで30試合(うち先発は21試合)に出場して7ゴール3アシストを記録。コパ・デル・レイでは6試合に出場して3ゴールを記録し、準優勝に貢献していた。 2022.05.10 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシアがスペイン代表MFソレールのバルサ行き合意を完全否定「契約延長の交渉中」

バレンシアは2日、バルセロナとスペイン代表MFカルロス・ソレール(25)の移籍で合意したという報道を完全に否定した。 報道は1日にスペイン『アス』が発表したもの。バルセロナとバレンシアがソレールの移籍で合意し、バルセロナは今夏2000万ユーロ(約27億3700万円)の移籍金で契約を結ぶことで合意したとしていた。 しかし、この報道に対してバレンシアが声明を発表。合意に至ったという報道を否定。契約延長に向けて交渉しているとした。 「月曜日、『アス』に掲載された情報に関して、バレンシアはバルセロナとカルロス・ソレールの移籍に関して合意したということ、交渉があるということを完全に否定する」 「現在、クラブは選手および代理人と、バレンシアとの契約延長に関してオープンな交渉を行っている」 バレンシア生え抜きのソレールは、2017年1月にファーストチームへと正式昇格。現在は背番号10を背負っているチームの中心選手だ。 これまでバレンシアでは公式戦通算219試合に出場し35ゴール31アシストを記録。今シーズンもラ・リーガで28試合に出場し11ゴール5アシストと中盤の選手としては素晴らしいスタッツを記録している。 昨年夏には東京オリンピックにも出場。日本代表とも対戦し、現在はスペイン代表としても活躍するソレールだが、2023年夏でバレンシアとの契約が満了を迎える。 『アス』は、バルセロナがオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを放出させることを考えているとし、チャビ・エルナンデス監督はチームに残したい意向があるものの、資金がないクラブが売却要因と考えており、その後釜にソレールを連れてくるとしていた。 なお、デ・ヨングは、マンチェスター・ユナイテッドやバイエルンなどのクラブから興味を示されており、7000万ユーロ(約95億8100万円)で売却するつもりがあるとのこと。ソレールに2000万ユーロを支払っても、デ・ヨングを売却することで5000万ユーロ(約68億4400万円)の利益を生むことを目論んでおり、チームにいる選手の給与やその他の補強に当てるつもりがあるとしていた。 <span class="paragraph-title">【動画】東京五輪前に日本代表との試合で決めたソレールのゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJPQ2lSVUtvMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.05.02 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「神に感謝する」17年前の優勝を知る伝説のMFホアキンが涙「最近溜め込んでいた感情から…」

レアル・ベティスのMFホアキン・サンチェスが、コパ・デル・レイの優勝を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 23日、コパ・デル・レイ決勝のベティスvsバレンシアが行われた。2004-05シーズン以来3度目の優勝を目指すベティスと、2018-19シーズン以来9度目の優勝を目指すバレンシアの対戦。慎重な入りを見せた中、先にスコアを動かしたのはベティスだった。 11分、ボルハ・イグレシアスがゴールをこじ開けて先制。しかし、バレンシアも30分にウーゴ・ドゥロがゴールを奪い同点に追いつく。 互いに譲らないまま試合は進み、延長戦へ。延長戦では互いに崩せず、PK戦にもつれ込むと、互いに3人目まで全員が成功。しかし、4人目のキッカーでは先攻のバレンシアのユヌス・ムサが枠の右に外してしまい痛恨の失敗。ベティスはミスなく、5-4で勝利。17年ぶりの優勝を遂げた。 この試合でベンチスタートとなったホアキンは、86分から途中出場。PK戦でも2人目のキッカーを務めて成功させ、見事に優勝に貢献した。 ホアキンは、17年前の優勝を知るレジェンド。さらに、対戦相手のバレンシアでもコパ・デル・レイのタイトルを獲得しており、様々な感情が渦巻く一戦となった。 試合後に涙したことについてホアキンは「涙は最近溜め込んでいた感情から来ている。それが内面化するのだから、涙が出るのは当たり前だ。こんなにも美しいカップをもう一度勝ちたいと、みんなが思っていた」と、多くの想いを持って臨んだ試合だったと振り返った。 チームの成功については「今年だけでなく。数年前から徐々に目標を達成し、チームを改善してきたことが、今シーズンに繋がっていると思う。携わった人たちは、みんな値する」と、ここ数年積み上げてきた成果だとコメント。一方で古巣に対しても「バレンシアのみんなにもおめでとうと言いたい。結局。PK戦は僕たちにとっては宝くじみたいなものであり、僕たちもそれに値した」と、最後は運が分けたと語った。 多くのファンが集まった一戦。17年ぶりにタイトルをもたらせたことについては「また、家にいるようなものだから、とても幸せだ。セビージャの全ての人々に贈ることができたこと、神に感謝する」と語り、幸せを噛み締めた。 <span class="paragraph-title">【貴重動画】17年ぶりの優勝を遂げが歓喜の瞬間をピッチサイドから!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJBS1ZlVDk1NSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.04.24 11:37 Sun
twitterfacebook
thumb

17年ぶりにカップ制覇のベティス、ペジェグリーニ監督も歓喜「観客を見て負けられないと…」

レアル・ベティスのマヌエル・ペジェグリーニ監督が、コパ・デル・レイの優勝を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 23日、コパ・デル・レイ決勝のベティスvsバレンシアが行われた。2004-05シーズン以来3度目の優勝を目指すベティスと、2018-19シーズン以来9度目の優勝を目指すバレンシアの対戦。慎重な入りを見せた中、先にスコアを動かしたのはベティスだった。 11分、ボルハ・イグレシアスがゴールをこじ開けて先制。しかし、バレンシアも30分にウーゴ・ドゥロがゴールを奪い同点に追いつく。 互いに譲らないまま試合は進み、延長戦へ。延長戦では互いに崩せず、PK戦にもつれ込んだ。 運命のPK戦では互いに3人目まで全員が成功。しかし、4人目のキッカーでは先攻のバレンシアのユヌス・ムサが枠の右に外してしまい痛恨の失敗。ベティスはミスなく、5-4で勝利。17年ぶりの優勝を遂げた。 試合後、ペジェグリーニ監督はコパ・デル・レイ制覇に喜びを露わにし、ファンのおかげだとした。 「みなさんのサポートとチームのクオリティを両立させることが重要だった。観客を見た時、この試合に負けることはとても難しいだろうと思った」 「チームは常に冷静で、我々が決して失うことのなかったプレーを続けた。我々は優勝に値する」 過去にはマンチェスター・シティでプレミアリーグとリーグカップを制するなど、タイトルを獲得してきたペジェグリーニ監督だが、この日も特別な1日であると語った。 「比較するのは好きではない。とても幸せな日だ。他のチームでも良いシーズンを過ごしたことはある。ただ、今日は確かに、私にとってとても特別な日になる」 ラ・リーガでは現在5位。チャンピオンズリーグ(CL)出場権を掴める可能性もあるなか、残りのシーズンに向けても意気込みを語った。 「チャンピオンズリーグを戦いたい。すでに、実績として1つのタイトルがあるが、チームはリーグの残りの戦いに集中している。トップに追いつけるように努める」 また、17年ぶりの優勝については改めてコメント。喜びを噛み締めた。 「勝てないまま17年が経ったんだから、さらにその喜びを味わうべきだ。久々に二重の喜びだ。これだけの人気クラブが、こんなに長く勝てないはずはないんだ」 <span class="paragraph-title">【貴重動画】17年ぶりの優勝を遂げが歓喜の瞬間をピッチサイドから!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJBS1ZlVDk1NSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.04.24 10:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly