東京五輪銀メダルのU-24スペイン代表ソレール、バレンシアと両親からのサプライズに笑顔

2021.08.19 06:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
東京オリンピックに出場したU-24スペイン代表MFカルロス・ソレールがバレンシアのサポーターたちに銀メダルを披露した。

ソレールは大会全6試合に出場。3試合で先発し、スペインの銀メダル獲得に貢献した。大会を終えたソレールは9日に帰国すると、10日にはバレンシアの練習に合流。そして13日に行われたラ・リーガ開幕節のヘタフェ戦に先発出場し、決勝点となるゴールまで決めてみせた。

怒涛のスケジュールをこなしているソレールだが、ヘタフェとの試合では、サプライズで登場した両親からメダルを受け取り、バレンシアのサポーターたちに銀メダルを披露する場面があった。

ソレールの母は「バレンシアが今日、彼のために行ったこの行為は素晴らしい。本当に美しいです。彼のバレンシアへの愛は魂から来ているものです。彼は本当に愛しています。私たちは感謝していますし、彼とチームをとても誇りに思っています。彼らは本当にうまくやっています」とアカデミー出身の息子とクラブの関係を称えた。

また、ソレールの父も「彼が私たちを見つけたとき、彼は驚きの表情を見せていました。ここに私たちがいることを予想していませんでした。彼が懸命に働いて得たものを、ここでファンに見せることはとても重要でした」とソレールがサプライズに驚いていたことを明かした。

完璧なシーズンのスタートを切ったソレール。バレンシアで成長した姿を見せ、次はA代表デビューといきたいところだ。



1 2
関連ニュース
thumb

ファティの鮮烈弾にコウチーニョが今季初弾! 終盤アグエロデビューのバルセロナがクラシコに弾みを付ける逆転勝利《ラ・リーガ》  

ラ・リーガ第9節、バルセロナvsバレンシアが17日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが3-1で逆転勝利した。   現在、1試合未消化ながら9位のバルセロナ(勝ち点12)が、8位のバレンシア(勝ち点12)をホームで迎え撃った名門対決。前節、敵地ワンダ・メトロポリターノで昨季王者アトレティコ・マドリーに0-2のスコアで完敗したバルセロナ。インターナショナルマッチウィーク期間でのクーマン監督の解任には至らなかったものの、現体制は崖っぷちの状況だ。   そういった中、チャンピオンズリーグ(CL)のディナモ・キエフ戦を挟んで、次節にレアル・マドリーとの今季最初のエル・クラシコを控えるブラウグラナは、4戦未勝利とやや失速するバレンシア相手に白星奪還を目指した。   2試合のベンチ入り禁止処分が解けたクーマン監督はアトレティコ戦から先発4人を変更。負傷のアラウホに代えて出場停止明けのエリック・ガルシアを起用したほか、ミンゲサ、コウチーニョ、ニコ・ゴンサレスに代えてジョルディ・アルバ、セルジ・ロベルト、今季初先発のアンス・ファティを復帰させた。さらに、アグエロが加入後初のベンチ入りを果たしている。   右サイドにセルジ・ロベルト、デストを縦に並べた[4-3-3]の布陣で臨んだバルセロナは、開始2分にボックス左で仕掛けたファティがニア下を狙ったファーストシュートを放っていきなりカンプ・ノウを沸かす。   だが、その直後にゴールをこじ開けたのはアウェイのバレンシア。5分、右CKの流れからクリアボールに反応したガヤがペナルティアーク手前から強烈な低弾道の左足のミドルシュートをゴール左隅に突き刺した。   ゴラッソを叩き込まれていきなり暗雲垂れ込むバルセロナだったが、今季初スタメンの新10番が圧巻の個人技でこれを払しょくして見せる。13分、相手陣内左サイドで仕掛けたファティが一度中央のデパイの足元に当てて短いリターンを受けると、これを抑えの利いた見事な右足のコントロールシュートでゴール右下隅へ突き刺した。   1-1のイーブンに戻った試合はここから拮抗した展開に。追いついたバルセロナがボールの主導権を握り、アルバとファティに加え、デパイを起点とした左サイドでの仕掛けで幾度か惜しい場面を作り出す。対するバレンシアも粘り強く守りながら狙いとするカウンターを仕掛けていき、25分にはゴンサロ・ゲデスが枠のわずか右に外れる鋭いシュートも放った。   均衡が保たれたままハーフタイム突入かに思われたが、バルセロナが前半終盤に逆転に成功する。39分、ボックス中央でキープしたデパイからショートパスを受けたアルバがすかさずグラウンダーの折り返しを入れると、これに飛び込んだファティがDFガヤに後方から倒されてPKを獲得。これをキッカーのデパイがゴール右隅へ強烈なシュートで突き刺し、41分の勝ち越しゴールとした。   ファティとデパイのコンビで2点を奪い、前半のうちに試合を引っくり返したバルセロナは、後半立ち上がりに早速ゴールに迫る。50分、ボックス左でデストからボールを引き取ったファティがニア下へ鋭いシュートを飛ばすが、これはGKシレッセンの好守に遭う。   一方、3失点目を免れたバレンシアも反撃を開始。53分には惜しくもオフサイドとなったものの、ソレールが左ポストを叩くシュートを放てば、57分にはゲデスがGKテア・シュテーゲンにファインセーブを強いる強烈なミドルシュートを放った。   序盤以降、バレンシアに押し返されるバルセロナは殊勲のファティを下げてコウチーニョ、70分過ぎにはガビとセルジ・ロベルトを下げてニコ、ミンゲサをピッチへ送り込んでいく。79分には絶好のカウンターチャンスが訪れるが、右サイドで背後へ抜け出したデストはスピードに乗った状態でボールをコントロールし切れず、ボックス内に持ち込んだもののフィニッシュには至らず。   散発ながらバレンシアに決定機まで持ち込まれる場面もあり、依然として緊迫感漂うカンプ・ノウだが、伏兵の会心のゴールで決着をつける。85分、相手を押し込んだ中でボックス右に飛び込んだデストが粘ってボールをキープし、ゴール前でフリーのコウチーニョへ丁寧に折り返す。コウチーニョはややボールタッチでバタついたものの、右足の反転シュートをゴールネットへ流し込み、待望の今季初ゴールとした。   これで勝利を確信したクーマン監督はデストに代えてアグエロをデビューさせ、前がかる相手に対してカウンターから4点目に迫りながら危なげなく試合をクローズ。そして、ファティの活躍光ったバルセロナは次節クラシコに弾みをつける3-1の逆転勝利を収めた。 2021.10.18 06:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第9節プレビュー】クラシコ控えるバルセロナが難敵と激突! マドリード2強は南米予選影響で延期

インターナショナルマッチウィーク前に行われた前節は、バルセロナとの強豪対決に完勝したアトレティコ・マドリーが上位で唯一の勝ち組に。一方、レアル・マドリーとセビージャはいずれも格下相手に今季リーグ初黒星を喫し、優勝争いは混沌の様相を見せている。 代表戦明け一発目となる第9節は、3試合を開催したカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選の影響により、グラナダvsアトレティコ・マドリー、レアル・マドリーvsアスレティック・ビルバオのマドリード2強絡みの2カードが開催延期となっている。 そういった中、最注目カードは次節にレアル・マドリーとの今季最初のエル・クラシコを控える9位のバルセロナ(勝ち点12)が、8位のバレンシア(勝ち点12)を迎え撃つ名門対決だ。 バルセロナは前節、敵地ワンダ・メトロポリターノで昨季王者アトレティコと対戦。FWルイス・スアレスの恩返しゴールを含め、0-2のスコア以上の差を見せつけられ、痛恨の公式戦2連敗となった。この中断期間にクーマン監督の更迭濃厚と見られていたが、違約金の支払いや後任探しの問題もあり、ラポルタ会長の宣言通り、ひとまず続投が決定している。 ただ、直近の無残な連敗もあり、クーマン監督の求心力はさらに低下しており、チームとしての自信低下も気がかりな状況の中、指揮官の古巣である難敵バレンシアとの名門対決に臨む。その対戦相手は2連敗から2戦連続ドローと4試合勝ちから見放されているが、強度の高い守備とカウンターを得意とするチームスタイルは、現在のバルセロナにとって最も不得手なタイプと言えるはずだ。 難敵撃破に向けては自慢のカンテラーノの躍動に期待。17歳でスペイン代表デビューを飾り、イタリア代表とフランス代表相手に堂々たるパフォーマンスを披露した売り出し中のMFガビ、試運転を終えてスタメン復帰が見込まれる新10番のFWアンス・ファティが屈強な相手守備陣攻略の糸口となれるか。また、同試合ではすでに実戦復帰したFWアグエロのデビューにも注目が集まるところだ。 マドリードの2強と勝ち点17で並ぶ3位のレアル・ソシエダは、MF久保建英を擁する12位のマジョルカ(勝ち点11)と対戦。前節は最下位のヘタフェに今季初勝ち点を献上する痛恨のドローとなったものの、目下5勝2分けの7戦無敗と好調を維持。また、エースのFWオヤルサバルに欠場の可能性があるものの、FWイサクは今回の代表ウィークでも活躍を見せている。 一方、対戦相手のマジョルカでは東京オリンピック以来のオヤルサバル、MFメリノらとの再戦が期待された久保だが、ヒザのケガによって引き続き欠場が確定。ただ、チームは前節のレバンテ戦で5試合ぶりの白星を挙げており、良い形で上位相手の一戦に臨めるはずだ。 また、1試合未消化ながら首位と3ポイント差の4位に位置するセビージャ(勝ち点14)は、16位のセルタ(勝ち点7)を相手に今季初黒星からのバウンスバックを図る。前節のグラナダ戦では試合内容自体はそこまで悪くなかったものの、攻撃の部分で最後の精度、連携の質を欠いており、その部分の改善が重要なテーマだ。中断期間を通じて連携面を深めたMFラメラ、FWラファ・ミルら新戦力の活躍が期待されるところだ。 その他では前節の結果を受け、今季リーグ初の指揮官交代に踏み切った18位のレバンテ(勝ち点4)と、最下位のヘタフェ(勝ち点1)の新指揮官対決に注目したい。 レバンテは内部昇格の形で2018年から指揮を執ったパコ・ロペス監督を解任し、過去にアラベスや中国の複数クラブを率いたハビエル・ペレイラ監督を招へい。 対するヘタフェは今季から就任したミチェル監督を解任し、バレンシアやアトレティコ、エスパニョール、ワトフォードの指揮官を歴任し、過去に2度チームを率いた経験を持つキケ・サンチェス・フローレスを再招へい。 今季開幕から白星のない2チームの内、新指揮官の下で初白星を飾るのはどちらのチームとなるか…。 《ラ・リーガ第9節》 ▽10/16(土) 《25:30》 レバンテ vs ヘタフェ 《28:00》 レアル・ソシエダ vs マジョルカ ▽10/17(日) 《21:00》 ラージョ vs エルチェ 《23:15》 セルタ vs セビージャ 《25:30》 ビジャレアル vs オサスナ 《28:00》 バルセロナ vs バレンシア ▽10/18(月) 《26:00》 アラベス vs ベティス 《28:00》 エスパニョール vs カディス ▽未定 グラナダ vs アトレティコ・マドリー レアル・マドリー vs アスレティック・ビルバオ 2021.10.16 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バレンシアがポルトガル人DFティエリ・コレイアとの契約を2026年まで延長

バレンシアは4日、ポルトガル人DFティエリ・コレイア(22)との契約を2026年6月30日まで延長したことを発表した。 スポルティング・リスボン下部組織出身のT・コレイアは、2018年11月にトップチームデビューを飾ると、翌年の夏にバレンシアへ移籍。正確なパスや対人プレーを武器に、これまで公式戦44試合に出場し2ゴール1アシストを記録している。 バレンシア加入当初は控え要員に甘んじていたが、徐々に出場機会を増やすと昨季は右サイドバックのレギュラーとしてラ・リーガ29試合に出場。今季もここまでラ・リーガ5試合に出場しているが、現在は筋肉系のケガで戦列を離れている。 2021.10.05 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

首位攻防戦でレアルに逆転負け…落胆のバレンシア指揮官「75分までのプレーは完璧だった」

バレンシアのホセ・ボルダラス監督は敗戦に大きなショックを受けているようだ。 バレンシアは19日、ラ・リーガ第5節でレアル・マドリーと対戦。勝ち点「10」で並ぶチーム同士の首位攻防戦となった試合は、前半からバレンシアがペースを握ると、66分にはFWウーゴ・ドゥロが先制点を挙げ、本拠地メスタージャでリードを奪った。 試合終盤を迎え、バレンシアがこのまま逃げ切るのかと思われたが、マドリーは土壇場で反撃開始。86分に同点に追いつかれると、88分にはFWカリム・ベンゼマのゴールで逆転を許した。試合は1-2のまま終了し、単独首位をマドリーに譲る形となった。 試合後、ボルダラス監督は終了間際の立て続けの失点による敗戦に落胆した様子を見せた。 「序盤から2人の選手を負傷で失ったにもかかわらず、チームは信じられないような努力をしていたと思うので、悲しい。チームは非常に高いレベルでプレーした」 「準備していたシナリオは完璧に達成されていった。我々は優位に立ち、ハイプレスを仕掛け、レアル・マドリーを不快にさせ、試合をコントロールしていた」 「レアル・マドリーはトップレベルのチームとして我々に立ちはだかったが、それほど危険ではなかった。後半になると、我々はリードを奪った」 「シナリオは当初の通りに進んでいたが、75分までのプレーは完璧だっただけに残念だった。あれだけの挫折や身体を張った努力が、結果的には仇となってしまったのは事実だ」 また、重要な試合を戦うチームをサポートするため、ホームに多くの観客が詰めかけたことにも言及。感謝を伝えつつ、今後に向けた意気込みを語った。 「ファンの皆さん、ありがとう。素晴らしかった。メスタージャの雰囲気は、このチームの心臓であるエネルギーと強さを取り戻してくれた。彼らは我々に多くの力を与えてくれたので、私がチーム全体を代表して感謝したいと思う」 「レアル・マドリーとの特別な試合で勝利をプレゼントしたかったが、それが叶わなかったのは残念だ。しかし、シーズンは長い長いレースなので、我々は次の試合に向けてトレーニングと準備を続ける」 2021.09.20 13:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴィニシウス&ベンゼマが殊勲の働き! 不屈のマドリーが試合終盤の連続弾でバレンシアとの首位攻防戦制す!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第5節、バレンシアvsレアル・マドリーが19日にメスタージャで行われ、アウェイのマドリーが1-2で逆転勝利した。   前節、1年半ぶりに戻ってきたサンティアゴ・ベルナベウでのセルタ戦を、ベンゼマのトリプレーテと、カマヴィンガのデビューゴールなどで5-2の快勝を飾ったマドリー。また、チャンピオンズリーグ(CL)初戦となったグループ最大のライバル、インテル戦ではカマヴィンガのアシストからロドリゴが試合終盤に値千金の決勝点を奪う、1-0の会心の勝利を挙げた。   勝ち点10で並ぶ2位のバレンシアとの首位攻防戦ではインテル戦からルーカス・バスケスに替えてアザールを起用した以外、同じメンバーを起用した。   対するバレンシアは開幕前の下馬評は低かったものの、ボルダラス新監督の下で開幕からソリッドなパフォーマンスを披露。直近のアラベス戦、オサスナ戦ではソレール、ゴンサロ・ゲデスを中心に攻撃陣が躍動感を見せ、2試合連続3ゴール以上を奪っての連勝を収めた。難敵相手に真価が試されるこの上位対決では負傷のガヤとチェリシェフに替えてフルキエ、古巣対戦のウーゴ・ドゥロを起用した以外、同じメンバーを継続した。   注目の上位対決は立ち上がりから球際のバトルが強調される拮抗した展開となる。戦前の予想通り、アウェイのマドリーがボールを握る形に落ち着くが、好調のヴィニシウスやアザールの仕掛けは相手守備に封じ込まれ、決定機まであと一歩という場面が目立つ。   ボールを奪えば、シンプルに相手の背後を狙っていくバレンシアは狙い通りの形で試合を進めていくが、13分にはソレール、23分にはコレイアと続けて筋肉系のトラブルか、プレー続行不可能となり、ユヌス・ムサ、ラトの投入を余儀なくされる。   すると、この負傷者の流れに乗っかる形となったマドリーもカルバハルがプレー続行不可能となり、26分にルーカス・バスケスがスクランブル投入された。   前半に3人の負傷者を出すアクシデント続きの首位攻防戦は前半半ばから終盤にかけてホームチームが優勢に運んでいく。30分には裏へ抜け出したマキシ・ゴメスがボックス内でDFアラバに後ろから倒されるが、これはVARのレビューの結果、ノーファウルの判定に。さらに、43分にはヴァスのFKからガブリエウがゴール前でドンピシャのヘディングシュートを放つが、これはGKクルトワのビッグセーブに阻まれる。   一方、マドリーは右サイドの攻撃を起点にカゼミロやバルベルデのミドルシュートで相手ゴールを脅かしたものの、バレンシアの守備を崩し切れぬまま試合を折り返すことになった。   迎えた後半も入りはバレンシアペースに。開始直後にボックス左に抜け出したウーゴ・ドゥロがGKクルトワの好守を強いると、以降もゴンサロ・ゲデス、ウーゴ・ドゥロとボックス付近で積極的に足を振っていく。   その後はマドリーが一時盛り返したが、序盤からの流れを汲んでホームチームに先制点が生まれる。66分、右サイドでのスローインの流れからフルキエがゴール前に入れたクロスに対してバスケスがクリアをし損ねると、このこぼれ球をボックス左のウーゴ・ドゥロが右足ボレー。DFミリトンに当たってわずかにコースが変わったシュートがゴール右隅に決まった。   昨シーズンにレンタルで在籍していたウーゴ・ドゥロに恩返し弾を決められたマドリーは直後に動く。カゼミロとモドリッチを下げてカマヴィンガとロドリゴを、さらに78分にはアザールとバルベルデに替えてヨビッチ、イスコをピッチへ送り出す。そして、攻勢を強めていく中、ボックス内のベンゼマに幾度か決定機が訪れるも、相手GKや守備陣の身体を張ったプレーに阻まれる。   その後、バレンシアが最後の交代機会を使って守備的な3枚替えを敢行した中、何とかゴールをこじ開けたいマドリーはリスクを冒して攻め立てる。すると、今季ここまでチームの攻撃をけん引する2選手が劇的逆転劇をもたらす。   まずは86分、ボックス中央でロドリゴの右からのクロスを収めたベンゼマが自身の外側でフリーのヴィニシウスに丁寧に落とすと、ヴィニシウスが狙いすまして放った右足のシュートが相手DFにディフレクトし、ニア下の最高のコースに決まった。   土壇場で追いついて勢いづくマドリーはさらに88分、ボックス手前左からヴィニシウスが右足でゴール方向に向かう浮き球のクロスを入れると、DFとGKに競り勝ったベンゼマが肩でボールをゴールへ流し込み、一気に逆転まで持っていった。   そして、ベンゼマとヴィニシウスのコンビで奪った値千金のリードを守護神クルトワを中心に守り抜いたマドリーが、難所メスタージャでの首位攻防戦を劇的な形で制して単独首位となった。 2021.09.20 06:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly