東京五輪銀メダルのU-24スペイン代表ソレール、バレンシアと両親からのサプライズに笑顔

2021.08.19 06:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
東京オリンピックに出場したU-24スペイン代表MFカルロス・ソレールがバレンシアのサポーターたちに銀メダルを披露した。ソレールは大会全6試合に出場。3試合で先発し、スペインの銀メダル獲得に貢献した。大会を終えたソレールは9日に帰国すると、10日にはバレンシアの練習に合流。そして13日に行われたラ・リーガ開幕節のヘタフェ戦に先発出場し、決勝点となるゴールまで決めてみせた。

怒涛のスケジュールをこなしているソレールだが、ヘタフェとの試合では、サプライズで登場した両親からメダルを受け取り、バレンシアのサポーターたちに銀メダルを披露する場面があった。

ソレールの母は「バレンシアが今日、彼のために行ったこの行為は素晴らしい。本当に美しいです。彼のバレンシアへの愛は魂から来ているものです。彼は本当に愛しています。私たちは感謝していますし、彼とチームをとても誇りに思っています。彼らは本当にうまくやっています」とアカデミー出身の息子とクラブの関係を称えた。

また、ソレールの父も「彼が私たちを見つけたとき、彼は驚きの表情を見せていました。ここに私たちがいることを予想していませんでした。彼が懸命に働いて得たものを、ここでファンに見せることはとても重要でした」とソレールがサプライズに驚いていたことを明かした。

完璧なシーズンのスタートを切ったソレール。バレンシアで成長した姿を見せ、次はA代表デビューといきたいところだ。

1 2

関連ニュース
thumb

ローマでほぼ構想外のディアワラ、今冬のバレンシア移籍が濃厚か

ローマのギニア代表MFアマドゥ・ディアワラ(24)がバレンシア移籍に向かっているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2019年夏にナポリからローマ入りしたディアワラはここまで公式戦通算66試合に出場して2ゴール2アシストを記録。加入当初は高い期待がかけられていたが、今シーズンから就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下では主軸の座を掴めず。久々のスタメン出場となった10月のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では大敗を喫し、これに激怒したモウリーニョ監督からは構想外の扱いを受けることになった。 その後はやや立場を回復し、セリエAで3試合に出場したものの、11月に行われた第14節のトリノ戦を最後に先発なし。こうした状況を受け、クラブもディアワラ本人も今冬の移籍に向けて動いている。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、ギニア代表MFに対しては2016年から関心を示し続けているバレンシアが獲得に近づいているようだ。当初は半年間のレンタル移籍のみのオファーだったが、移籍金を得たいローマは買い取りオプションの付随を望んでいるという。バレンシアがこの条件を受諾さえすれば、交渉の成立は近いようだ。 2022.01.18 17:59 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴァスがアトレティコ移籍を希望 バレンシア指揮官「彼の考えは、ここを出て行くこと」

バレンシアに所属するデンマーク代表DFダニエル・ヴァス(32)が、アトレティコ・マドリー移籍を希望しているようだ。 アトレティコは、今冬の移籍市場でイングランド代表DFキーラン・トリッピアーがニューカッスルに完全移籍。そのため、現在チームには本職の右サイドバックがクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコのみとなっており、スペイン代表MFマルコス・ジョレンテが中盤と併用される形で同ポジションを務めている状況だ。 これを受け、クラブがトリッピアーの後釜の確保に動く中、有力な候補の一人に挙がっているのが、セルタとバレンシアでラ・リーガ220試合以上に出場しているヴァスだ。 今シーズンはチーム事情でボランチを主戦場とするヴァスだが、本職は右サイドバックやサイドハーフ。複数のポジションをカバーする戦術理解度の高さに加え、その優れた右足のキック精度はトリッピアーの後釜として打ってつけだ。 そのヴァスに関して、バレンシアを率いるホセ・ボルダラス監督は、スペイン『Cadena Ser』で選手自身がアトレティコ行きを希望していることを認めた。 「彼はアトレティコからオファーがあると言っていた。そして、彼の考えは、ここを出て行くことだ」 「そのことについて私自身は決断を下せないが、下せたらと思う。ただ、私はオーナーではなく、ただの監督だ」 「誰が残って、誰が行くかを決めるのは私ではない。彼は自分が重要であることを知っているし、私は彼を全面的に信頼していると言った。しかし、プレーヤーに対して、残るべきか去るべきかを指示することはできない。クラブが決めなければならないことなんだ」 2022.01.17 22:42 Mon
twitterfacebook
thumb

バレンシアの元伊代表DFピッチーニがツルヴェナ・ズヴェズダに移籍

ツルヴェナ・ズヴェズダは15日、バレンシアから元イタリア代表DFクリスティアーノ・ピッチーニ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの2年半となる。 フィオレンティーナの下部組織出身のピッチーニは、ウイングからサイドバックまでこなす右サイドのスペシャリスト。スペツィアやリボルノなどイタリアのクラブをレンタルで渡り歩いたあと、ベティスとスポルティング・リスボン移籍を経て2018年夏にバレンシアへ加入した。 すぐに右サイドバックとしてレギュラーに定着したものの、バレンシアでの生活はケガの連続。加入1年目は3度のケガに悩まされると、翌シーズンは右膝蓋骨骨折で1年丸々棒に振ってしまった。その後、アタランタへの半年間のレンタルを経て2021年1月に復帰していた。 今シーズンここまでは公式戦8試合に出場し、ラ・リーガ第17節のエルチェ戦ではチームを2-1の勝利に導く決勝点を挙げていた。 2022.01.16 05:30 Sun
twitterfacebook
thumb

相手選手2人が転倒…マドリーMFカマヴィンガのタックルがファンの間で激論に「レッドでしょ」「素晴らしいタックル」

レアル・マドリーのフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガのタックルが激論を巻き起こしている。 9日、バレンシアをホームに迎えたマドリーは、カリム・ベンゼマ、ヴィニシウス・ジュニオールの2ゴールもあり、4-1とリードを奪って試合終盤を迎えた。 問題のシーンはカマヴィンガが敵陣までルーズボールを追っていったタイミングで起きた。バレンシアのDFムクタル・ディアカビ、DFホセ・ルイス・ガヤを含めた3人がほぼ同時にアプローチ。カマヴィンガのみがスライディングで足を伸ばし、結果としてバレンシアの2選手はもつれて倒れる恰好となった。 論点となっているのは足の裏を見せたかどうかや、タックルがどこへ向かっていたかだろうか。 タックルにいったカマヴィンガの左足と、ディアカビの右足、ボールタッチのタイミングはどちらが先か、この映像からだけでは判断し辛い。そしてボールが流れた後に、カマヴィンガの左足がディアカビの右足の甲を踏むような形となり、足首も良くない曲がり方をしているように見える。 このシーンがサッカーファンの間で激論を巻き起こした。「レッドでしょ」、「足首を直接蹴ったのではなく、フォローアップで触れただけだ」、「さすがマドリー。審判補強したんですね」、「先にボールに触れている、素晴らしいタックル」など、意見は真っ二つに分かれた。 また、このシーンをカードコレクターとして知られるセルヒオ・ラモス(パリ・サンジェルマン)になぞらえてピックアップした『ESPN』に対して、「このツイートをした背景は何なの?」、「スポーツの世界的リーダー」と、取り上げる必要すら感じないと揶揄する声も上がっている。 なお、判定自体はノーファウル。DAZNの中継では別アングルの映像も確認できるが、ファンはこの映像から様々な感じ方をしたようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】レッド?ノーファウル?議論となっているカマヴィンガのタックル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Sergio Ramos would be proud of this tackle from Eduardo Camavinga <a href="https://t.co/CyTa3h4LTc">pic.twitter.com/CyTa3h4LTc</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1480546930908450822?ref_src=twsrc%5Etfw">January 10, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.12 22:07 Wed
twitterfacebook
thumb

ベンゼマがマドリー通算300ゴール達成! ヴィニシウスとのドブレーテ共演で2022年リーグ初白星《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第20節、レアル・マドリーvsバレンシアが8日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが4-1で快勝した。 2022年初戦となったヘタフェ戦にまさかの0-1で敗れ、前半戦を2位セビージャと5ポイント差の首位で終えたマドリー(勝ち点46)。来週ミッドウィークにサウジアラビアで開催されるスーペル・コパ・デ・エスパーニャの準決勝でバルセロナとのクラシコを控える中、9位のバレンシア(勝ち点28)を相手に新年のリーグ初勝利を目指した。 直近のコパ・デル・レイで昨季屈辱の敗戦を喫したアルコヤーノ(3部)相手に3-1の勝利を収め、きっちりバウンスバックを果たしたアンチェロッティ率いるチームは、その試合で完全休養を与えたGKクルトワやモドリッチ、ベンゼマ、新型コロナウイルスから回復したヴィニシウスが復帰し、現状のベストメンバーがピッチに並んだ。 戦前の予想通り、立ち上がりからボールを握って相手を押し込むマドリーは、セットプレーから最初の決定機を創出。6分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でクロースがゴール前に入れたボールをミリトンが頭で合わすが、枠を捉えたシュートはGKシレッセンのパラドンに阻まれ、公式戦2試合連続ゴールとはならず。 以降はボールの主導権を握りつつ、バレンシアが狙うカウンターをきっちり防いでゲームをコントロールするホームチーム。ミリトンの決定機以降はなかなかチャンスまで持ち込めずにいたが、相手のハイラインの背後を突く形で際どいシーンを創出していく。 30分にはモドリッチのスルーパスに抜け出したアセンシオがボックス内でGKと一対一となるが、シレッセンの果敢な飛び出しに阻まれる。さらに、40分には背後を取ったヴィニシウスのタメから遅れてサポートに入ったモドリッチがボックス中央で左足の鋭いシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。 徐々にゴールを匂わせる攻めを見せるマドリーは前半の内に先制に成功。43分、高い位置でインターセプトしたカゼミロがボックス内でDFアルデレテと交錯しPKを獲得。これをキッカーのベンゼマがゴール左上隅の完璧なコースに突き刺し、クラブ通算584試合目で節目の300ゴールを達成した。 1点リードで試合を折り返したマドリーは、後半も集中した入りを見せると、ベンゼマに続きもう一人のエースが2022年最初の一発を決める。52分、左サイドからドリブルで内に切り込んだヴィニシウスがベンゼマとのパス交換でボックス内に侵入。一度DFディアカビに触られるも、ゴール前にこぼれたボールに素早く詰め、ゴール右隅へ丁寧に流し込んだ。 これで俄然余裕が出てきたマドリーは、前がかるバレンシアに対して鋭いカウンターを仕掛けていく。61分にはベンゼマのショートスルーパスに抜け出したアセンシオがボックス右でシュートを放つ。これはGKシレッセンにセーブされるが、こぼれ球をゴール前でドフリーのヴィニシウスが頭で押し込み、ドブレーテを達成した。 これで勝利に大きく近づいたマドリーは、直後にヴァスの強烈なミドルシュートでゴールを脅かされるが、この試合初めてのピンチはGKクルトワの見事なワンハンドセーブで凌いだ。 70分を過ぎてモドリッチ、カゼミロを下げてカマヴィンガとセバージョスをピッチに送り込んだマドリー。このまま試合を締めたいところだったが、76分にはメンディのボックス内でのファウルからPKを献上。ゴンサロ・ゲデスのPKはGKクルトワが見事な反応でセーブするが、その撥ね返りをヘディングで押し込まれてクリーンシートを逃す。 すると、この1点で息を吹き返したバレンシアにここから押し返され始め、ヴァスやマヌ・バジェホに際どいシュートを打たれる。 その後、ナチョ、バルベルデの投入で逃げ切り態勢に入ったマドリーは、88分にセバージョスとメンディのコンビで左サイドをこじ開けてボックス中央のベンゼマに折り返しが繋がると、ベンゼマは絶妙な反転シュートを流し込み、ヴィニシウスに続くドブレーテで試合を決める4点目とした。 そして、両エースのドブレーテの共演で曲者バレンシアに完勝のマドリーが、ヘタフェ戦での敗戦を払しょくする2022年リーグ戦初勝利を収めて週明けのクラシコに弾みを付けた。 2022.01.09 06:55 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly