予選3回戦が終了! 守田英正のサンタ・クララ、香川真司のPAOKは予選プレーオフ進出《ECL》

2021.08.13 12:13 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
12日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の予選3回戦2ndレグが行われた。

2021-22シーズンから新たに設立されたECLは、チャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に次ぐ欧州サッカー連盟(UEFA)の第3階層レベルの大会。レギュレーション的には従来のELを分割する形式となっている。

その予選3回戦が12日に終了。予選プレーオフに進む32チームが決まった。

日本人選手が所属するクラブも予選3回戦に参加している。

MF齊藤未月が所属するルビン・カザン(ロシア)は、ポーランドのラクフ・チェンストホヴァと対戦。外国人枠の問題で去就が騒がれている齊藤はベンチ入り。試合は延長戦にまでもつれ込むと、106分に齊藤が途中出場した。

直前に味方が退場し、数的不利だったルビン・カザンだったが、齊藤は投入直後にファウルでイエローカードを受ける。さらにチームは111分に失点。そのまま0-1で敗れ、2戦合計0-1で予選3回戦敗退となった。

香川真司が所属するPAOKテッサロニキ(ギリシャ)はアイルランドのボヘミアンズと対戦。香川はベンチ入りも出番は訪れず。それでもチームは2-0で勝利し、2戦合計3-2で予選プレーオフ進出を決めた。

守田英正が所属するサンタ・クララ(ポルトガル)はスロベニアのオリンピア・リュブリャナと対戦。守田は先発フル出場を果たした。1stレグで0-2で勝利していたサンタ・クララは2ndレグもしっかりと0-1で勝利し、2戦合計0-3で予選プレーオフに勝ち進んだ。

また、ガンバ大阪から先日加入が発表されたFW中村敬斗が所属するLSKリンツ(オーストリア)は、セルビアのヴォイボディナと対戦。1stレグは1-0で勝利していたが、2ndレグは6-1と圧勝。2戦合計7-1で予選プレーオフに勝ち進んだ。

この結果、PAOKはプレーオフでクロアチアのリエカと、サンタ・クララはセルビアのパルチザン・ベオグラードと対戦。LASKはスコットランドのセント・ジョンストンと対戦する。

また、プレーオフには原口元気遠藤渓太が所属するウニオン・ベルリン(ドイツ)が参加し、フィンランドのクオピオン・パロセウラと対戦。そのほか、トッテナムはポルトガルのパソス・デ・フェレイラ、ローマはトルコのトラブゾンスポルと対戦する。

なお、ECLプレーオフの1sレグは8月19日、2ndレグは8月26日に開催される。

【予選3回戦結果】
▽8/9(月)
シャフチョール(カザフスタン) 0-0 コロス・コヴァリフカ(ウクライナ)
※AGG:0-0(3 PK 1)でシャフチョールが勝利

▽8/10(火)
ドムジャレ(スロベニア) 1-2 ローゼンボリ(ノルウェー)
※AGG:2-8 でローゼンボリが勝利

▽8/11(水)
アスタナ(カザフスタン) 3-4 クオピオン・パロセウラ(フィンランド)
※AGG:4-5 でクオピオン・パロセウラが勝利

▽8/12(木)
カラバフ(アゼルバイジャン) 1-0 AELリマソール(キプロス)
※AGG:2-1 でカラバフが勝利

ルビン・カザン(ロシア) 0-1 ラクフ・チェンストホヴァ(ポーランド)
※AGG:0-1 でラクフ・チェンストホヴァが勝利

モルデ(ノルウェー) 1-1 トラブゾンスポル(トルコ)
※AGG:4-4(3 PK 4)でトラブゾンスポルが勝利

ボデ/グリムト(ノルウェー) 2-0 プリシュティナ(コソボ)
※AGG:3-2 でボデ/グリムトが勝利

ジリナ(スロバキア) 5-0 トボル(カザフスタン)
※AGG:6-0 でジリナが勝利

ハンマルビー(スウェーデン) 5-1 チュカリチュキ(セルビア)
※AGG:6-4 でハンマルビーが勝利

ビクトリア・プルゼニ(チェコ) 3-1 TNSor(ウェールズ)
※AGG:5-5(4 PK 1)でビクトリア・プルゼニが勝利

PAOKテッサロニキ(ギリシャ) 2-0 ボヘミアンズ(アイルランド)
※AGG:3-2 でPAOKが勝利

RFS(ラトビア) 0-1 ヘント(ベルギー)
※AGG:2-3 でヘントが勝利

ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) 4-0 シロンスク・ヴロツワフ(ポーランド)
※AGG:5-2 でハポエル・ベエルシェバが勝利

マッカビ・テルアビブ(イスラエル) 1-0 スパルタク・トルナヴァ(スロバキア)
※AGG:1-0 でマッカビ・テルアビブが勝利

バーゼル(スイス) 4-0 ウーイペシュト(ハンガリー)
※AGG:6-1 でバーゼルが勝利

フォラ・エシュ(ルクセンブルク) 2-1 リンフィールド(北アイルランド)
※AGG:4-2 でフォラ・エシュが勝利

アンデルレヒト(ベルギー) 2-1 ラチ(アルバニア)
※AGG:5-1 でアンデルレヒトが勝利

コペンハーゲン(デンマーク) 4-2 ロコモティフ・プロヴディフ(ブルガリア)
※AGG:5-3 でコペンハーゲンが勝利

リエカ(クロアチア) 4-1 ハイバーニアン(スコットランド)
※AGG:5-2 でリエカが勝利

フェイエノールト(オランダ) 3-0 ルツェルン(スイス)
※AGG:6-0 でフェイエノールトが勝利

ヴェレジュ(ボスニア・ヘルツェゴビナ) 1-4 エルフスボリ(スウェーデン)
※AGG:2-5 でエルフスボリが勝利

オリンピア・リュブリャナ(スロベニア) 0-1 サンタ・クララ(ポルトガル)
※AGG:0-3 でサンタ・クララが勝利

スィヴァススポル(トルコ) 1-1 ディナモ・バトゥミ(ジョージア)
※AGG:延長戦の末3-2 でスィヴァススポルが勝利

ハイバーニアンズ(マルタ) 1-4 リガ(ラトビア)
※AGG:3-4 でリガが勝利

テウタ(アルバニア) 0-2 シャムロック・ローヴァーズ(アイルランド)
※AGG:0-3 でシャムロック・ローヴァーズが勝利

ラーン(北アイルランド) 1-0 パソス・デ・フェレイラ(ポルトガル)
※AGG:1-4 でパソス・デ・フェレイラが勝利

アバディーン(スコットランド) 2-1 ブレイザブリク(アイスランド)
※AGG:5-3 でアバディーンが勝利

HBトースハウン(フェロー諸島) 1-0 マッカビ・ハイファ(イスラエル)
※AGG:3-7 でマッカビ・ハイファが勝利

ダンドーク(アイルランド) 1-2 フィテッセ(オランダ)
※AGG:3-4 でフィテッセが勝利

LASKリンツ(オーストリア) 6-1 ヴォイボディナ(セルビア)
※AGG:7-1 でLASKが勝利

パルチザン・ベオグラード(セルビア) 2-2 ソチ(ロシア)
※AGG:3-3(4 PK 2)でパルチザンが勝利

オシエク(クロアチア) 1-1 CSKAソフィア(ブルガリア)
※AGG:3-5 でCSKAソフィアが勝利

【予選プレーオフ】
◆チャンピオンズパス
ジャルギリス(リトアニア) vs ボデ/グリムト(ノルウェー)
ネフチ・バクー(アゼルバイジャン) vs マッカビ・ハイファ(イスラエル)
フローラ(エストニア) vs シャムロック・ローヴァーズ(アイルランド)
リガ(ラトビア) vs リンカーン(ジブラルタル)
フォラ・エシュ(ルクセンブルク) vs カイラト(カザフスタン)

◆メインパス
カラバフ(アゼルバイジャン) vs アバディーン(スコットランド)
バーゼル(スイス) vs ハンマルビー(スウェーデン)
ビクトリア・プルゼニ(チェコ) vs CSKAソフィア(ブルガリア)
パソス・デ・フェレイラ(ポルトガル) vs トッテナム(イングランド)

スタッド・レンヌ(フランス) vs ローゼンボリ(ノルウェー)
アンデルレヒト(ベルギー) vs フィテッセ(オランダ)
LASKリンツ(オーストリア) vs セント・ジョンストン(スコットランド)
シャフチョール(カザフスタン) vs マッカビ・テルアビブ(イスラエル)

PAOKテッサロニキ(ギリシャ) vs リエカ(クロアチア)
クオピオン・パロセウラ(フィンランド) vs ウニオン・ベルリン(ドイツ)
フェイエノールト(オランダ) vs エルフスボリ(スウェーデン)
ラクフ・チェンストホヴァ(ポーランド) vs ヘント(ベルギー)

スィヴァススポル(トルコ) vs コペンハーゲン(デンマーク)
サンタ・クララ(ポルトガル) vs パルチザン・ベオグラード(セルビア)
トラブゾンスポル(トルコ) vs ローマ(イタリア)
ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) vs アノルトシス(キプロス)
ヤブロネツ(チェコ) vs ジリナ(スロバキア)


関連ニュース
thumb

インモービレがドッピエッタ、ミリンコビッチ=サビッチ退場もラツィオが吉田途中出場のサンプに快勝《セリエA》

セリエA第16節、サンプドリアvsラツィオが5日に行われ、1-3でラツィオが勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也は57分から出場した。 前節フィオレンティーナ戦では吉田が不出場だった中、1-3で敗戦した15位サンプドリア(勝ち点15)は吉田が引き続きベンチスタートとなった。 一方、前節ウディネーゼ戦を殴り合いの末に4-4で引き分けた9位ラツィオ(勝ち点22)は、インモービレ、ペドロ、ザッカーニの3トップで臨んだ。 立ち上がりからラツィオがボールを持つと、7分に先制する。インモービレのポストプレーを起点にザッカーニがラストパス。ボックス右のミリンコビッチ=サビッチがダイレクトでゴール右にシュートを決めた。 さらに17分、ザッカーニのスルーパスに反応したボックス中央のインモービレが左足でシュートをねじ込み、リードを広げた。 止まらないラツィオは37分、インモービレがドッピエッタ。ミリンコビッチ=サビッチのスルーパスでボックス右を突いてシュートを決めきった。 ラツィオが3-0として迎えた後半、インモービレに代えてムリキを投入。対するサンプドリアはカプートら3選手を投入した。 その後半はサンプドリアがゴールに迫ると、ドラグシン、ガッビアディーニが決定的なヘディングシュートを浴びせていくも、GKストラコシャのファインセーブに阻まれる。 57分に吉田をセンターバックに投入したサンプドリアの攻勢が続いた中、ラツィオは67分にミリンコビッチ=サビッチが審判への抗議で立て続けにイエローカードを受けて退場に。 82分にはFKから吉田が際どいヘディングシュートを放ったサンプドリアは、89分にガッビアディーニが一矢報いるも1-3で敗戦。2連敗となった。対するラツィオはリーグ戦4試合ぶりの勝利となっている。 2021.12.06 04:03 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤&伊藤フル出場のシュツットガルト、ヨベティッチにドッペルパックを許し2点のリードを守れず《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは5日、ブンデスリーガ第14節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、2-2で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場している。 前節マインツ戦を伊藤のブンデス初ゴールで6試合ぶりの勝利を飾った15位シュツットガルト(勝ち点13)は、引き続き伊藤と遠藤が揃って先発となった。 コルクト監督の初陣となった14位ヘルタ・ベルリン(勝ち点14)に対し、[3-5-2]で臨んだシュツットガルトは伊藤が3バックの左、遠藤が中盤アンカーでスタート。 そのシュツットガルトが良い入りを見せると15分に先制する。アントンのスルーパスでディフェンスライン裏を取ったマーモウシュが独走。GKとの一対一を制した。 さらに4分後、フェルスターがミドルシュートを決めてシュツットガルトがリードを広げた。 34分には伊藤がマークに付いていたベルフォディルに見事なカットインシュートを決められたかに思われたが、VARが入ってオフサイドがあり、ノーゴールに。 しかし40分、ヨベティッチの個人技から失点する。先ほどのベルフォディルのカットインシュートを彷彿とさせるような素晴らしいゴールを決められ、シュツットガルトは1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、ヘルタの攻勢を受けながらもシュツットガルトがリードを保つ中、74分にピンチ。ボックス手前左からヨベティッチに直接FKを狙われると、ゴール左を捉えていたがGKミュラーがファインセーブで凌いだ。 しかし2分後、同点とされてしまう。プラッテンハールトの左クロスに対してボックス内のベルフォディルの丁寧な落としから最後はヨベティッチに蹴り込まれた。 終盤にかけてもヘルタの攻勢を受けたシュツットガルトは2-2でタイムアップ。2点のリードを守れず引き分けに終わった。 2021.12.06 01:28 Mon
twitterfacebook
thumb

古橋亨梧は再三のチャンス生かせずもセルティックは3発快勝で4連勝《スコティッシュ・プレミアシップ》

5日、スコティッシュ・プレミアシップ第17節のダンディー・ユナイテッドvsセルティックの一戦が行われ、0-3でセルティックが勝利した。 リーグ戦3連勝中のセルティックは、この試合でも3トップのセンターに日本代表FW古橋亨梧を起用。右にトーマス・ロギッチ、左にはデイビッド・ターンブルを起用。前節のハーツ戦で負傷したジョタはメンバー外となった。 試合はセルティックペースで進む展開となる。両サイドを上手く使いながら攻め込んでいくセルティック。ジョタがいないこともあり、右サイドを中心に攻め込む展開が続く。 ロギッチと中盤のジェームズ・フォレストの関係で右サイドを崩す中19分、右サイドを仕掛けたロギッチがドリブルで持ち込みそのままカットイン。ボックス内でもボールを失わないと、左足でシュート。これがゴール左に決まり、セルティックが先制する。 幸先良く先制したセルティックは、その後も押し込む展開となる。24分にはボックス手前正面でFKを獲得。これをジョタの代わりに出場となったマイケル・ジョンストンが直接狙うが、壁に直撃する。 29分には右CKからターンブルがクロス。カール・スターフェルトが合わせるもゴールとはならない。 35分にもビッグチャンス。ロギッチのスルーパスに抜けでた古橋がボックス内右からダイレクトでクロス。これにターンブルが合わせるが、ミートできず追加点とはならない。 それでも40分にセルティックが追加点。カラム・マクレガーの浮き球のパスに反応したターンブルがDFラインの裏で合わせると、GKを越え、自ら浮き球を押し込み前半のうちにリードを広げる。 後半も攻め立てるセルティック。なかなか決定機が作れない中、60分に古橋が決定機を迎える。 右サイドのスペースに走り込んだリエル・アバダが浮き球をダイレクトでクロス。これに古橋がボックス中央でヘッド。シュートは枠を捉えるが、GKベンジャミン・ジークリストがセーブする。 さらに69分にも古橋がチャンス。マクレガーの長い浮き球のパスに反応すると、ボックス内でのGKとの一対一で浮き球のシュートを狙うがセーブ。さらにこぼれ球をシュートするが、これもセーブされる。 77分にもセルティックがチャンス。右サイドからアバダがクロス。最後は古橋が反転シュートを放つが、これもブロックに遭う。 攻め続けるセルティックは81分に追加点。右サイドへと展開するとアバダがダイレクトで折り返すと、バイタルエリアへとこぼれたボールをリアム・スケールズが蹴り込みゴール。リーグ戦デビュー戦となったスケールズがセルティック初ゴールを記録した。 まだ攻撃の手を緩めないセルティックは87分にもビッグチャンス。左サイドを仕掛けると、最後はスケールズがグラウンダーのクロス。これに古橋が飛び込むが、僅かに合わない。 91分にもセルティックはチャンス。スルーパスに抜けた古橋がカウンター。ドリブルで持ち込むと横のアバダへとパス。トラップが少し大きくなるも飛び出したGKをかわすシュートを放つが、枠の左に外れる。 最後まで試合を支配し続けたセルティックはそのまま0-3で勝利。リーグ戦4連勝を飾った。 ダンディー・ユナイテッド 0-3 セルティック 【セルティック】 トーマス・ロギッチ(前19) デイビッド・ターンブル(前40) リアム・スケールズ(後36) 2021.12.05 22:56 Sun
twitterfacebook
thumb

「良いシュートだった」ニアをブチ抜いた堂安律、今季3点目に満足感「このシュートを数回トレーニングした」

PSVの日本代表MF堂安律が、自身のゴールを喜んだ。 4日、エールディビジ第15節のユトレヒト戦を戦ったPSV。童顔はこの試合も先発出場を果たした。 [4-2-3-1]の右サイドで先発した堂安だったが、チームは12分に失点する。 しかし、前半のうちに逆転すると、51分には堂安が今シーズン3点目となるゴールを決めて突き放すことに成功。70分にはその堂安のアシストから、フィリップ・ムウェネがゴールを奪い、4-1で勝利を収めた。 1ゴール1アシストとチームの勝利に貢献した堂安は、試合後のインタビューに応じ、試合を振り返った。 「とても気分が良く、この瞬間をとても楽しんでいます。それはピッチ外でも重要です」 「チームメイトとのコミュニケーションは良いです。そして僕たちは素晴らしいグループを持っています」 「なので、ピッチ上で楽しんでいますし、ピッチ外でのチームメイトとの絆も良いものです」 また、トップ下を務めるコーディ・ギャクポとのプレーについても言及。普段トップ下に入るマリオ・ゲッツェとの比較もしながら、優れた選手とプレーすることは良いとした。 「もちろんです。僕は優れた選手とプレーするのが好きです。ここ数週間、マリオ(・ゲッツェ)とたくさんプレーしました」 「僕たちは彼が良い選手だと知っていますし、僕は彼とプレーするのが好きです。コーディはスタイルが異なりますが、優れた選手です。どちらも僕は好きです」 ダメ押しとなるゴールを決めた堂安だが、ニアサイドを撃ち抜いた際に味方がオフサイドになる可能性があり、VARチェックが入った。結果的にゴールは認められたが、ドキドキしていたという。 「はい。少し緊張しました。僕はグティ(エリック・グティエレス)に何が起きたのかを尋ね、そのことを話していました。結局、僕はラッキーで得点できてよかったです」 「DFが僕の左側を守ろうとし続けていると思いました。足の間には常に隙間があることは知っていました。今回のチャレンジだけではないです」 「そして良いシュートだったと思います。このシュートを数回トレーニングしました。僕はゴールできてとても嬉しく思います」 <span class="paragraph-title">【動画】堂安律がニアをブチ抜き今季3点目!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="in" dir="ltr">RITSU DOAN SNIPES <a href="https://t.co/9308KVL9Jq">pic.twitter.com/9308KVL9Jq</a></p>&mdash; Le Football en VOD LV (@LeFootballenV55) <a href="https://twitter.com/LeFootballenV55/status/1467172718583951372?ref_src=twsrc%5Etfw">December 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.05 20:10 Sun
twitterfacebook
thumb

久保建英、アトレティコを下す劇的決勝弾! 今季初ゴールの心境は…?

今季初ゴールをマークしたマジョルカの日本代表MF久保建英がコメントした。スペイン『マルカ』が報じている。 ラ・リーガ15試合を消化して14位につけるマジョルカはリーグ7試合で白星から遠ざかるなか、4日の第16節で2位のアトレティコ・マドリーとのアウェイ戦に臨んだ。 68分にFWマテウス・クーニャに守りを崩され、1点を追ったマジョルカだが、80分にDFフランコ・ルッソが同点弾。さらに終了間際の劇的弾も生まれ、逆転勝ちした。 そんな試合で特大の輝きを放ったのが74分から出場した久保。1-1の後半アディショナルタイム1分、ロングカウンターから相手の最終ラインを抜け出すと、名手GKヤン・オブラクの股下を射抜く左足シュートでネットを揺らした。 大仕事をやってのけた殊勲の久保は試合後、「良いカウンターアタックでした。ケガの影響で力を出し切れていなかったですし、このゴールに救われました」とチームとしてだけでなく、個人としても大きな得点だったと振り返った。 また、「チームは良い感じでしたし、難しい場面での戦い方を知っています。最終的にすごく大きな3ポイントを掴めましたし、どんなチームとも競り合えることが示せたと思います」と続け、アトレティコからの勝利を喜んだ。 そして、今回のゴールは首位を走る保有元のレアル・マドリーを関節的に後押しするものにもなったが、スペイン『Movistar』でマジョルカのいち選手であると強調した。 「今の僕はマジョルカに100%を尽くします。それがマドリーの助けになるのなら、それはそれで嬉しいです。でも、今はマジョルカでプレーしていますし、マジョルカのことしか考えていないです」 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英の劇的すぎる今季初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>カウンター!<br>ドリブル独走!!<br>冷静なフィニッシュ!!!<br>\<br><br>怪我を乗り越えた <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B9%85%E4%BF%9D%E5%BB%BA%E8%8B%B1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#久保建英</a> 選手、王者アトレティコ相手に終了間際の決勝ゴール<a href="https://twitter.com/hashtag/WOWOW?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WOWOW</a> 独自カメラ映像や試合後は、6日月曜夜11時からの「リーガダイジェスト!」でたっっっぷりとお届けします<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ラ・リーガ</a> <a href="https://t.co/3JJbdLmSXx">pic.twitter.com/3JJbdLmSXx</a></p>&mdash; WOWOWサッカー (@wowow_soccer) <a href="https://twitter.com/wowow_soccer/status/1467252569278119939?ref_src=twsrc%5Etfw">December 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.05 09:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly