「素晴らしい経験」東京五輪を戦った遠藤航が新キャプテン就任を語る「とても光栄」

2021.08.12 11:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
U-24日本代表として東京オリンピックを戦ったMF遠藤航が、新シーズンに向けた意気込みを語った。

2020-21シーズンはブンデスリーガでデュエル勝利数1位になるなど、その存在感を存分に示した遠藤。初のブンデスリーガ挑戦も物怖じしない姿は、大きなインパクトを残した。

昇格したばかりのチームもしっかりと1部残留を決め迎える今シーズン。遠藤はチームのキャプテンに任命されることとなった。
東京オリンピックでの戦いを終えてチームに合流した遠藤は、クラブのインタビューでそのオリンピックを振り返った。

「ありがとうございます。16日間で6試合に出場したので大変でしたが、気持ちも良いです。メダルを獲りたかったので少しガッカリしました。でも母国でのオリンピックに出場できたのは、素晴らしい経験でした」

また、自身が託されたキャプテンについてもコメント。やり方を変える必要はないと ペッレグリノ・マタラッツォ監督からも言われたとのことだ。

「この素晴らしいクラブのキャプテンであることをとても光栄に思います。監督から自分を変えるのではなく、今までと同じようにチームで自分の役割を果たしてくれと言われました」

「僕は引き続き模範となり、ピッチ内外でシュツットガルトと素晴らしいファンのために、常にすべてを提供します」

その遠藤だが、合流してすぐにブンデスリーガの開幕戦が待っている。14日に昇格組のグロイター・フュルト戦を迎える中、スタジアムに入るファンのためにも勝利したいと意気込んだ。

「ブンデスリーガの開幕戦までは時間がないですが、フュルトとのホームゲームに向けた準備はできています、ある程度のファンと一緒にスタジアムでプレーできることを嬉しく思います」

「僕たちは成功したいと思っているし、最初にファンにホームでの勝利を与えることができれば、素晴らしいことになると思います」

関連ニュース
thumb

シュツットガルト、敏腕SDミスリンタートが退任…「仕事を続けるための共通項が見いだせなかった」

シュツットガルトは11月30日、スポーツディレクター(SD)を務めるスヴェン・ミスリンタート氏(50)の退任を発表した。両者は同日付けで袂を分かち合い、2023年6月までの契約を双方合意のもとで解除するという。 ミスリンタート氏はクラブを通じて、「話し合いのなかで、私がシュツットガルトで仕事を続けるための共通項が見いだせなかった。私にとって、シュツットガルトはここ数年で本当に大切な存在になり、この素晴らしいクラブの発展に今後も携わりたかったし、残念に思う」と語った。 かつてドルトムントで卓越した目利きを発揮してFWロベルト・レバンドフスキら数々の才能を発掘したミスリンタート氏はアーセナルでも働いた後、2019年4月からシュツットガルト入り。最近では尚志高校の大器だったDFチェイス・アンリに目をつけ、シュツットガルトに導いた。 なお、最高経営責任者(CEO)のアレックス・ヴェーレ氏によると、クラブとして新契約のオファーを打診したが、ミスリンタート氏が受け入れず、交渉の打ち切りが決まったとのこと。クラウス・フォクト会長はミスリンスタート氏の貢献に感謝するとともに、今後の活躍を祈っている。 2022.12.01 10:55 Thu
twitterfacebook
thumb

遠藤航、独紙に明かす「イングランドへの挑戦は目標」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航が、キャリアの目標について語った。 昨季からシュツットガルトのキャプテンに就任した遠藤。2シーズン連続でブンデスリーガ最多のデュエル勝利数をマークするなど、大きな存在を示しており、今季も主軸としてここまで公式戦16試合に出場している。 日本代表でも不動のボランチとしての地位を確立。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選では、ホームの中国代表戦を除く8試合にフル出場しており、開幕が迫る本大会でもそのボール奪取能力に大きな期待がかかる。 そんな遠藤はドイツ『キッカー』のインタビューで、現在のキャリアの目標はプレミアリーグに挑戦することだと明言。また、フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠の背中を見て、チャンピオンズリーグ(CL)でのプレーにも憧れていると語った。 「イングランドへの挑戦は目標として、まだ頭の中にあります。何よりもCLでプレーしたい。それは率直な気持ちです」 「長谷部さんはCLでベスト16に進出することで、フランクフルトが何ができるかを証明している」 「だけど、シュツットガルトはとても快適に感じています。このチームは15年前にブンデスリーガのチャンピオンにもなりました。またそれが可能になるかもしれません。まず第一に、シュツットガルトで可能な限り多くのことを達成したいと思っています」 2022.11.21 17:48 Mon
twitterfacebook
thumb

【ブンデスリーガ日本人選手】板倉がW杯前最終戦で戦列復帰!堂安vs原口の上位対決はフライブルクに軍配

ブンデスリーガ第15節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第15節では伊藤、鎌田、堂安、原口、吉田が先発出場、板倉が途中出場した。 板倉滉の所属するボルシアMGは、ホームでドルトムントと対戦。試合は開始早々の4分にホフマンにゴールでボルシアMGが先制。19分にブラントのゴールで追いつかれたが、26分にホフマンのFKをベンセバイニがヘッドで叩き込み勝ち越すと、30分にもN・シュロッターベックがネットを揺らし、2点をリードする。 その後、前半終盤にセットプレーのこぼれ球をN・シュロッターベックに押し込まれ、再び1点差とされたボルシアMGだったが、後半開始早々の46分にコネがミドルシュートを沈め、リードは再び2点差に。 その後も危なげなく試合を進めたボルシアMGは、88分にコネに代えて板倉が大きな歓声に迎えられ、およそ2カ月ぶりのピッチへ。結局、試合はそのまま4-2でボルシアMGが快勝した。 また、堂安の所属するフライブルクと原口の所属するウニオン・ベルリンによる日本人対決は、前半で4点を奪ったフライブルクが、前半で10人となったウニオンの反撃を1点に抑え、4-1で勝利している。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽11/11 ボルシアMG 4-2 ドルトムント ◆88分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=430468">結果ニュース</a> ★鎌田大地[フランクフルト] ▽11/13 マインツ 1-1 フランクフルト ◆フル出場 ★長谷部誠[フランクフルト] ▽11/13 マインツ 1-1 フランクフルト ◆ケガのため欠場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=430562">結果ニュース</a> ★堂安律[フライブルク] ▽11/13 フライブルク 4-1 ウニオン・ベルリン ◆76分までプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽11/13 フライブルク 4-1 ウニオン・ベルリン ◆60分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=430565">結果ニュース</a> ★吉田麻也[シャルケ] ▽11/12 シャルケ 0-2 バイエルン ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=430509">結果ニュース</a> ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽11/12 レバークーゼン 2-0 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽11/12 レバークーゼン 2-0 シュツットガルト ◆ケガのため欠場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=430504">結果ニュース</a> ★浅野拓磨[ボーフム] ▽11/12 アウグスブルク 0-1 ボーフム ◆ケガのため欠場 2022.11.14 06:50 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤負傷欠場のシュツットガルト、伊藤フル出場もレバークーゼンにシャットアウト負け《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは12日、ブンデスリーガ第15節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。シュツットガルトのDF伊藤洋輝はフル出場、MF遠藤航は負傷欠場している。 前節ヘルタ・ベルリン戦をラストプレー弾で劇的勝利とした15位シュツットガルト(勝ち点14)は、遠藤が脳震とうにより欠場となった中、伊藤が[4-3-3]の左サイドバックでスタメンとなった。 13位レバークーゼン(勝ち点15)に対し、守勢の入りとなったシュツットガルトは30分に押し切られる。ディアビに持ち上がられ、ボックス手前からコントロールシュートを決められた。 ハーフタイムにかけても好機を作れなかったシュツットガルトは1点ビハインドのまま前半を終えた。 迎えた後半もレバークーゼンのペースで進む中、63分にピンチ。ディアビの左クロスに合わせたフリンポンのシュートがバーに直撃した。 そして77分にはフリンポンにボレーシュートでネットを揺らされるも、わずかにオフサイドで助かった。しかし82分、CKからターに決められ万事休す。 レバークーゼンの前に全くチャンスを作れなかったシュツットガルトは敗戦でブレイクに入ることとなった。 2022.11.13 01:25 Sun
twitterfacebook
thumb

一時意識不明に陥った日本代表MF遠藤航、ヴィマー監督も無事を報告「W杯出場を願っている」

シュツットガルトのミヒャエル・ヴィマー暫定監督が、日本代表MF遠藤航の無事を改めて報告した。 遠藤は8日に行われたブンデスリーガ第14節のヘルタ・ベルリン戦で、相手のイバン・シュニッチと頭同士で激突し、一時意識不明に。ピッチ上で何とか意識を取り戻したものの、プレーを続けられる状態ではなく、担架で運ばれ、病院へ直行していた。 カタール・ワールドカップが間近に迫り、日本代表としても具合が心配されたが、翌日には退院。脳震盪による合併症の可能性もあったものの、スポーツ・ディレクターのスヴェン・ミスリンタート氏は「勝利の女神は、我々の3番、ワタルにも宿っていた」 と無事を報告した。 そして、12日のレバークーゼン戦に向けた会見の場で、ヴィマー暫定監督も遠藤について言及。試合には出られないものの、快方に向かっていることを伝えている。 「ワタルは病院で一晩過ごし、いくつか検査を行った。脳震盪を起こしていたが問題ない。現在は回復に向かっているよ」 「昨日連絡があってね。彼がワールドカップに出られることを願っている」 2022.11.11 20:35 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly