ユーロ制覇の影響がすごい…インシーニェの“シュート名”が辞書に!?

2021.07.27 14:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリのFWロレンツォ・インシーニェの“シュート名”がイタリアの辞書に載ったという。イタリア『スカイ』が伝えている。

インシーニェと言えば、ボックス手前左から放たれる右足のコントロールショットが印象的。イタリア代表の優勝で幕を閉じたユーロ2020でもベルギー戦で同様のゴールを決めていた。

イタリアでは「tiro a giro(回転のかかったシュート)」と呼ばれ、元々はナポリサポーターが作った名前。彼らは「destraggiro(右足の回転)」とも呼んでいるそうだ。

そして、この度辞書に載ることになったのは「tiraggiro」という言葉。「tiro a giro」がナポリの発音で「tir a ggir」に近いことから、“o”は付けずに1単語として、イタリアのオックスフォード英語辞典の新語に採用された。

なお、インシーニェの代名詞ともなっているこのシュートだが、イタリアのレジェンドであるアレッサンドロ・デル・ピエロ氏も得意としていたもので、日本でもゴールに向かって左45度の角度は「デルピエロゾーン」と呼ばれることも少なくない。

そのため、特にイタリアでは賛否両論あり、「gol alla Del Piero(デル・ピエロ風ゴール)」とも言われているようだ。



1 2
関連ニュース
thumb

唯一の開幕4連勝で首位も「今の順位は無意味」 ナポリ主将が冷静さを保つ

今季のセリエAで好スタートを切ったナポリだが、主将のイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェは冷静さを保った。 開幕3連勝で先頭集団にしっかりと割って入るナポリ。20日に行われた第4節はここまで2勝1分け無敗のウディネーゼとのアウェイ戦だったが、攻守に機能して、4-0の快勝で飾った。 今節の他会場結果も受けて、開幕から唯一の4連勝で首位に浮上したナポリだが、71分までピッチに立ち、1アシストのインシーニェは試合後、『DAZN』でさらに気を引き締めた。 「現状、(順位は)何の意味もなさない。僕らは素晴らしい試合をやった。ここに来て、4ゴールを決めるのは簡単なことじゃないからね」 「謙虚さを保ちつつ、地に足をつけ、頑張らないと。みんな、良い感覚があって、うまくやっている。監督はベストを尽くそうとしているし、僕らも続く必要がある」 「サンプドリアとのチャレンジングな試合も控えている。彼らも良い結果を手にして、モチベーションも高まっているだろうし、僕らもしっかりと準備しないとね」 「今の僕らにリラックスしている暇なんてないし、仕事をやり続けるしかない。監督は経験豊富だし、みんなが少しでも上を目指せるよう力を貸してくれている」 2021.09.21 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

唯一の開幕4連勝で首位浮上のナポリ、指揮官も自信深める 「自分たちのクオリティを認識しつつある」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督がセリエA首位浮上を喜んだ。イタリア『スカイ』が伝えている。 ナポリは20日に行われたセリエA第4節でウディネーゼと対戦。開幕3連勝を飾り、先週のミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)でもレスター・シティ相手に2点差を追いつき、引き分けに持ち込むなど好調のチームはこの日も前半にFWビクター・オシムヘンとDFアミル・ラフマニのゴールで2点を奪う。後半も攻勢を緩めず、2点を追加すると、その後は相手の反撃を許すことなく、4-0で勝利した。 セリエA唯一の開幕4連勝を飾り、首位に浮上したチームについて、試合後のインタビューに応じたスパレッティ監督は選手たちを称賛。ELのレスター戦が良いきっかけになったと語っている。 「レスター戦に重要な兆候があったと思う。チームは自分たちのクオリティを認識しつつあり、今日もそれを見られた。個性的な選手の中に少しの一体感が生まれれば、素晴らしいことができるはずだ」 「(カリドゥ・)クリバリは前に出るたびに相手にダメージを与え、常に自分の個性を表現している。ファビアン・ルイスは3-0になってから緩んだが、それまではディフェンスの前で彼にしかできない良質なボール回しをしていた。彼は素晴らしい選手になる可能性がある」 「攻撃と守備の局面はつながっている。序盤、ウディネーゼが我々のエリアの近くで脅かしてくることが多かったことを除けば、我々はうまく守備の局面を作ることができたね」 また、スパレッティ監督はファンの熱狂を上手く利用すれば大いなる成功も可能だと強調。リーグ戦のライバルは多いとしつつ、自分たちのクオリティに自信を示した。 「ナポリというクラブはファンからチームへの愛で満たされていて、選手たちは圧倒される。しかし、彼らをうまく巻き込むことができれば、熱狂は自らの力となり、それが我々の強みになるだろう」 「チームは過去にも素晴らしいシーズンを過ごしたことはあるが、重要なのはそれを継続することだ。今夜の彼らは自分の行きたい場所を知っている人たちのように、優れたチームを相手に素晴らしいゲームをした」 「今季は他チームも強く、いつもの7チームに加えてフィオレンティーナも入ってくるだろう。美しく、とても難しいリーグ戦になるはずだ。(スクデット獲得は)このレベルでどれだけ多くの試合をこなせるかにかかっていると思う。ミランは1年以上も同じクオリティの試合を続けており、インテルも退団した選手の補充ができている。とはいえ、我々も強いチームだ」 2021.09.21 10:54 Tue
twitterfacebook
thumb

敵地でウディネに圧勝のナポリが唯一の開幕4連勝! 鮮やか2つのセットプレー弾など圧巻の4ゴール《セリエA》

セリエA第4節、ウディネーゼvsナポリが20日にダチア・アレーナで行われ、アウェイのナポリが0-4で圧勝した。 ミランとローマの取りこぼしによって唯一開幕4連勝の可能性を得たナポリは、開幕2勝1分けと同じく好調を維持するウディネーゼのホームに乗り込んだ。 ユベントスを破った前節からはマノラスに替えてラフマニを起用した以外、同じメンバーを継続した。 立ち上がりはホームのウディネーゼが勢いを持って入ったこともあり、相手の推進力のある攻めに手を焼くナポリ。だが、13分にボックス左に持ち込んだインシーニェが得意のゾーンからの右足のシュートで最初の決定機を作ると、ここから徐々に試合の流れを掴んでいく。 すると、24分には最初の決定機と似たような形からマリオ・ルイの浮き球のパスにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したインシーニェがそのままボックスに持ち込んでGKの寸前で右足のミドルループシュート。これをゴール前に詰めたオシムヘンがゴールライン上で押し込んだ。 妙技を披露したインシーニェに0.7点はあげたい見事なゴールで先手を奪ったナポリは、ここから畳みかける攻めを見せる。31分にはペナルティアーク付近でパスを受けたファビアン・ルイスが強烈な左足のシュートを放つが、これは惜しくも左ポストの内側を叩いて枠を外れる。 だが、直後の35分にはサインプレーからの鮮やかなチームゴールで追加点を奪取。相手陣内中央左で得たFKの場面で、キッカーのインシーニェがボックス付近の大外で後ろへ戻る動きを見せたファビアンに横パスを入れる。これをファビアンが左足ダイレクトでボックス左のスペースに走り込んだクリバリに繋ぐと、クリバリのダイレクトの折り返しをファーで待ち構えていたラフマニが頭で押し込んだ。 そして、2つのファインゴールで2点を先行したナポリが、難敵ウディネーゼを相手に大きなアドバンテージを得て試合を折り返した。 迎えた後半も押し込む入りを見せたナポリは再びセットプレーからゴールをこじ開ける。52分、右CKの場面でショートコーナーからポリターノが左足インスウィングのクロスを大外のファビアンに繋ぐ。これをファビアンがダイレクトでマイナスに落とすと、待ち構えていたクリバリが強烈な右足のダイレクトシュートで決め切った。 クリバリの2試合連続ゴールで早々に勝利を決定づけたナポリに対して、敗色濃厚のウディネーゼはデウロフェウやロベルト・ペレイラ、ストリーガー・ラーセンと続けて主力を下げて、中2日で行われるローマ戦を意識した割り切った戦い方にシフト。 一方、果敢にゴールを狙い続けるナポリは制空権を握るセットプレーからザンボ・アンギサ、ラフマニ、相手の背後を積極的に狙うオシムヘンをシンプルに使ったカウンターから再三の決定機を創出する。 ナポリは70分を過ぎてインシーニェ、ポリターノを下げてロサーノ、ジエリンスキ、80分過ぎにはオシムヘンとファビアンを下げてペターニャ、ウナスをピッチに送り込み、試合を締める段階に入る。 その後、84分にロサーノがボックス左からファーポストを射抜く見事な右足のコントロールシュートでトドメの4点目を奪ったナポリが、敵地で4-0の圧勝。開幕4連勝でセリエA首位に浮上した。 2021.09.21 05:40 Tue
twitterfacebook
thumb

オシムヘン、同点弾含む2ゴールで本領発揮か「僕はナポリに貢献できるすべてを持っている」

ナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンが、レスター・シティ戦を振り返った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ヨーロッパリーグ(EL)にて、レスターやレギア・ワルシャワ、スパルタク・モスクワからなるグループCに所属するナポリは、16日に行われた第1節でレスターと対戦。2点を奪われて迎えた69分、オシムヘンがループシュートで1点を返すと、続く87分にもヘディングで同点ゴールを奪い、2-2の引き分けで勝ち点1を獲得した。 ナポリ1年目の昨季は多くのケガに悩まされながらも、今回同点ゴールを含む2ゴールの活躍を見せたオシムヘン。『スカイ・スポーツ』のインタビューにて、ようやく本領発揮かとの問いに答えた。 「僕は幸せだし、2点差をつけられてもチームとしてプレーし続けた」 「目標を設定するつもりはないよ。クラブは常に僕を信じてくれていたし、この2つのゴールでスタートできたことは確かに重要だ。このまま続けていきたいね」 「僕はナポリに貢献できるすべてを持っている。健康を維持し、ケガを避け、一歩ずつでもいいから一緒に目標を達成していきたいね」 2021.09.17 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

白熱した試合の裏で…レスターvsナポリの好カードで両サポーターが衝突

ヨーロッパリーグ(EL)のレスター・シティvsナポリで、サポーター同士が小競り合いを起こしていたようだ。イギリス『サン』が伝えている。 16日に行われたEL・グループC第1節の同試合。優勝候補が激突する開幕節屈指の好カードは、ホームのレスターが2点先行する展開となるものの、ナポリはFWビクター・オシムヘンの2ゴールで引き分けに持ち込み、セリエAで開幕3連勝と好調の意地を見せる結果となった。 だが、そんな白熱した試合の裏で、両クラブのサポーターが衝突していたようだ。『サン』によると、試合終了直後、2点差を追いついたナポリのファンがレスターを嘲笑するような態度をとっていたようで、それが引き金となり小競り合いが勃発。ボトルなど様々な物が投げ込まれ、ある者はベルトを武器に使っていたという。 およそ100人の警官と警備員が動員され、事態の収拾を図ったが、沈静化するまでに30分以上を擁したとのこと。中には殴られた警備員もいたようだ。 状況が急速にエスカレートした原因については警察による調査が行われる模様。今後、両クラブに対してUEFAから何らかの制裁があると予想されている。 2021.09.17 16:37 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly