ユーロ制覇の影響がすごい…インシーニェの“シュート名”が辞書に!?

2021.07.27 14:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリのFWロレンツォ・インシーニェの“シュート名”がイタリアの辞書に載ったという。イタリア『スカイ』が伝えている。

インシーニェと言えば、ボックス手前左から放たれる右足のコントロールショットが印象的。イタリア代表の優勝で幕を閉じたユーロ2020でもベルギー戦で同様のゴールを決めていた。

イタリアでは「tiro a giro(回転のかかったシュート)」と呼ばれ、元々はナポリサポーターが作った名前。彼らは「destraggiro(右足の回転)」とも呼んでいるそうだ。

そして、この度辞書に載ることになったのは「tiraggiro」という言葉。「tiro a giro」がナポリの発音で「tir a ggir」に近いことから、“o”は付けずに1単語として、イタリアのオックスフォード英語辞典の新語に採用された。

なお、インシーニェの代名詞ともなっているこのシュートだが、イタリアのレジェンドであるアレッサンドロ・デル・ピエロ氏も得意としていたもので、日本でもゴールに向かって左45度の角度は「デルピエロゾーン」と呼ばれることも少なくない。

そのため、特にイタリアでは賛否両論あり、「gol alla Del Piero(デル・ピエロ風ゴール)」とも言われているようだ。



1 2
関連ニュース
thumb

「まだまだ成長しなければ…」ナポリ指揮官、開幕6連勝も満足せず

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が選手にさらなる成長を求めた。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ナポリは26日、セリエA第6節でカリアリと対戦。11分にFWヴィクター・オシムヘンが先制点を挙げ、1点をリードして試合を折り返すと、57分にはFWロレンツォ・インシーニェが追加点を決め、ホームで2-0と勝利を収めた。 これで開幕から破竹の6連勝となったナポリ。しかし、スパレッティ監督は試合後、チームにさらなる改善が必要だと話した。 「我々は、まだまだ成長しなければならない。我々は良い試合をして、常にトラブルを起こさずにコントロールしていた。もっと早く試合をクローズできれば良かったがね」 「人々は多くを期待している。我々は一つのボールに集中し、自分たちが何者であるかを認識し、どこを目指しているかを知らなければならない」 「我々と同じようにポイントを重ねているチームには、まだコンディションが整っていないチームもある」 また、ベンチメンバーも含め、選手たちに高い意識を持つように強く求めた。 「後半から出場したとき、自分が先発と同じだと思えない選手は、自分の個性を発揮し、チームの中では活躍することなんてできない。先発にも最初からなれないだろう」 「チャンピオンズリーグに出場したいのであれば、ドレッシングルームにそういったクオリティが必要だ。交代は5回あり、選手たちは後半に試合を変えることができる。我々が必要としているのは、しっかりとトレーニングに励む選手であり、そうでない選手はいらない」 「私はこれまで、下手な選手であり、下手な監督だったが、常に努力し、強い選手や監督に勝ってきた。クオリティを持っていて、それを態度で示さない選手を見ると、私は獣のように怒るだろう」 2021.09.27 15:08 Mon
twitterfacebook
thumb

カリアリに快勝のナポリが開幕6連勝《セリエA》

ナポリは26日、セリエA第6節でカリアリをホームに迎え、2-0で快勝した。 前節サンプドリア戦を快勝して唯一の開幕5連勝としたナポリは、[4-2-3-1]を継続。最前線にオシムヘン、2列目に右からポリターノ、ジエリンスキ、インシーニェと並べた。 マッツァーリ監督を迎えたものの前節エンポリに敗れ、2分け3敗と未勝利のカリアリに対し、ナポリは11分に先制する。ザンボ・アンギサのパスでボックス右深くまで侵入したジエリンスキが折り返し、最後はオシムヘンが合わせた。 先制後もナポリが敵陣でのプレーを続け、カリアリに何もさせない。追加点のチャンスこそなかったが、危なげない試合運びで前半を1-0で終えた。 迎えた後半、56分にナポリがPKを獲得する。ボックス右で仕掛けたオシムヘンが切り返したところでゴディンに倒された。このPKをインシーニェが決めてナポリがリードを広げた。 引き続きカリアリに何もさせないナポリは76分、オシムヘンとインシーニェをお役御免とする。 終盤にかけても余裕の試合運びを見せたナポリが快勝で開幕6連勝とした。 2021.09.27 05:38 Mon
twitterfacebook
thumb

3戦連発の計5ゴール! ナポリFWオシムヘンも個人としての充実ぶりを露わ

ナポリのビクター・オシムヘンが充実ぶりを露わにした。クラブ公式サイトが伝えている。 今季のセリエA開幕から唯一の4連勝で首位を走るナポリ。19日に行われた第5節ではサンプドリアのホームに乗り込むと、4-0の勝利で飾り、勝ち点2差で追走してくるインテルやミランらを振り切り、首位の座をキープした。 そんな好調ナポリを牽引するひとりが昨夏、ボーナス込みで移籍金8100万ユーロ(現レートで約104億9000万円)ともいわれるアフリカ人史上最高額でリールから加入したオシムヘン。サンプドリア戦でも2得点をマークした。 これで16日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループC第1節のレスター・シティ戦(2得点)を皮切りに公式戦3戦連発の5得点目に。個人としても絶好調のオシムヘンは試合後、今後に引き締めつつ、喜びの心境を語った。 「本当に嬉しいね。今季のスタートをうまく切るのは僕にとっても大事なことだったし、信頼してくれる監督に感謝したい。このクラブでプレーできるのを誇らしく思う」 「昨季は新型コロナウイルスに感染したり、ひどいケガもしてしまったが、今季は順調だね。コンスタントに練習も積めて、監督の助言を聞き入れ、チームの助けもある」 「自分の働きぶりには満足だが、これからも頑張っていかないとね。この道をチーム全員で歩み進めていかないとならない」 2021.09.24 11:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリ指揮官、開幕5連勝も冷静 「まだまだ先は長く、他チームに巻き返すチャンスもある」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が「まだまだ先は長い」と語った。 今季のセリエA開幕から唯一の4連勝スタートを切り、首位に立つナポリ。23日に行われた第5節ではサンプドリアのホームに乗り込むと、4-0の勝利で飾り、首位の座をキープした。 スパレッティ監督は試合後、『DAZN』のインタビューで個々の働きが光っての勝利だったと振り返った。 「今日は良い結果だったが、前半はサンプドリアに苦しめられた。我々が称賛に値するのはそうしたプレッシャーを凌ぎ、チャンスをしっかりとモノにしたという部分だ」 「オスピナは入りから襲いかかるサンプドリアからよくゴールを守ってくれた。オシムヘンも大きなギャップが生まれた相手のディフェンスを突いて、力を発揮してくれた」 「うまくいっていないときは個の力を押し出していこうとしなければならない。それこそが今日の我々がやったことだ」 また、チャンピオンズリーグ(CL)の出場権どころか、優勝も目指せるほどの好調ぶりだが、インテルを退団してから充電期間を挟み、監督業に戻った62歳のイタリア人指揮官は冷静さを保った。 「我々はただのフットボールチームに過ぎず、この街がこのクラブのカラーに寄せる並々ならぬ愛情を享受している」 「CL出場権を獲得できる平均的なポイントは80〜85。我々は72ポイントも足りない。だから、地に足をつけて、仕事を続けないとね」 「そういった観点から鑑みると、まだまだ先は長く、ほかのチームも巻き返すチャンスがあるということだ」 2021.09.24 10:05 Fri
twitterfacebook
thumb

好調ナポリ、吉田先発のサンプドリアに4発快勝で開幕5連勝!《セリエA》

セリエA第5節のサンプドリアvsナポリが23日にルイジ・フェラリスで行われ、0-4でナポリが勝利した。サンプドリアの日本代表DF吉田麻也はフル出場している。 前節のエンポリ戦で今季初勝利を飾ったサンプドリアは、その試合と同じ先発メンバーを採用。吉田はセンターバックで5試合連続のスタメン出場となった。 一方、リーグ戦4連勝と絶好調のナポリは、直近のウディネーゼ戦からスタメンを2人変更。ポリターノとエルマスに替えてロサーノとジエリンスキをスタメンで起用した。 試合は開始早々の10分にナポリが先制する。中盤でアドリエン・シウバのパスミスからボールを奪ったオシムヘンが素早くサイドチェンジ。これを受けたインシーニェがボックス左手前からクロスを供給するとゴール前に駆け上がったオシムヘンがジャンピングボレーシュート。このシュートはGKアウデーロが弾くもボールはゴールラインを割っており、ゴールが認められた。 先制を許したサンプドリアは19分、細かなパスワークで相手ボックス内に侵入するとベレシュインスキの落としをボックス手前のアドリエン・シウバがダイレクトシュートで狙ったが、これはGKオスピナがファインセーブ。さらに直後のCKでは吉田がヘディングシュートでゴールに迫ったが、これもGKオスピナの好セーブに阻まれた。 ピンチを凌いだナポリは、直後の21分にザンボ・アンギサのスルーパスからDFの裏に抜け出したオシムヘンが決定機を迎えると、飛び出したGKの上を越すチップキックでゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは認められず。 ハーフタイムにかけてもナポリが押し込んだ中、39分に追加点が生まれる。右サイドから仕掛けたロサーノがボックス右横から折り返しを供給すると、ボックス中央で受けたインシーニェが後方へ落とし、最後は走り込んだファビアン・ルイスがダイレクトシュート。狙いすましたシュートがゴール左隅吸い込まれた。 迎えた後半、ナポリは開始早々の46分にアクシデントに見舞われる。不調を訴えたラフマニがピッチに座り込むと、プレー続行不可能なりメディカルスタッフと共に歩いてピッチを後に。マノラスが緊急投入された。 不運な形で交代枠を使ったナポリだったが、直後の50分にジエリンスキのパスをボックス右で受けたロサーノの折り返しをオシムヘンが流し込み、3点目を奪取。 さらに58分にも、ザンボ・アンギサのパスをボックス右で受けたロサーノがマイナスに折り返すと走り込んだジエリンスキが強烈なダイレクトシュートをゴール右隅に突き刺した。 4点差となったサンプドリアは、71分にベレシュインスキとトールスビーを下げてデパオリとアスキルセンを投入。すると73分、カンドレーバのパスをボックス左で受けたカプートが折り返しを供給。ゴール前のクリバリに当たったボールを駆け上がったカンドレーバが押し込むが、VARの末にカプートのオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。 結局、試合はそのまま0-4でタイムアップ。敵地で4ゴールを奪ったナポリがセリエA開幕5連勝を飾っている。 2021.09.24 03:31 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly