エバートン、ボーンマスGKベゴビッチを獲得

2021.07.21 07:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンは20日、ボーンマスの元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKアスミル・ベゴビッチ(34)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月までの1年間で、オプションでさらに1年更新される契約になっている。

ストーク・シティやボーンマスで守護神として活躍し、チェルシーやミランにも在籍した経歴を持つベゴビッチは、プレミミアリーグ通算252試合に出場。昨季はチャンピオンシップのボーンマスで45試合に出場し、昇格プレーオフ進出を果たしていた。

エバートンではイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードが守護神を務めており、ベゴビッチは第2GKの役割を任されることになる。


関連ニュース
thumb

「ママに感謝しなきゃ」豪快ミドルシュートのタウンゼントが秘密を明かす「動画を送ってくれた」

エバートンの元イングランド代表MFアンドロス・タウンゼントが自身のゴールを振り返った。イギリス『BBC』が伝えている。 タウンゼントは13日に行われたプレミアリーグ第4節のバーンリー戦に3トップの一角で先発出場。1-1の同点で迎えた65分に敵陣中盤でボールを受けると、バイタルエリア中央から左足一閃。狙いすましたシュートをゴール左隅に突き刺した。 エバートンはその後も追加点を奪い、3-1で勝利。タウンゼントのスーパーゴールが決勝点となったが、試合後のインタビューでゴールの秘密を明かした。 「ママに感謝しなくちゃいけない。この1週間の間に、僕のすべてのゴールを編集した動画を送ってくれたんだ」 「彼女はそのすべてを切り取ってつなげてくれた。そして僕にもう一度自分自身を信じる必要があるよ言ってくれたんだ。そしてこのゴールでそれを証明できたと思う」 「何年か前に戻ったみたいだ。僕はビデオをロッカーに持っていっている。僕はゴールを継続的に決めていかなければならない。監督と一緒に正しいポジションに居続け、より多くのゴールを決め、この歴史あるクラブの助けになれることを願っている」 タウンゼントはニューカッスル時代の恩師であるラファエル・ベニテス監督率いるエバートンに今夏フリーで加入。ここまでプレミアリーグ全4試合に出場し、無敗スタートのチームの牽引している。 <span class="paragraph-title">【動画】枠外の軌道から急カーブ!タウンゼントのえぐいミドル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">It just gets better with every view. <a href="https://twitter.com/andros_townsend?ref_src=twsrc%5Etfw">@andros_townsend</a> <a href="https://t.co/utpvUYcDzv">pic.twitter.com/utpvUYcDzv</a></p>&mdash; Everton (@Everton) <a href="https://twitter.com/Everton/status/1437551670767017984?ref_src=twsrc%5Etfw">September 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.14 21:05 Tue
twitterfacebook
thumb

「ここに要塞を築きたい」 好調のエバートン指揮官がチームに自信

エバートンのラファエル・ベニテス監督がホームでの勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 プレミアリーグ開幕からの3試合で2勝1分けと好調なスタートを切ったエバートンは13日に行われた第4節において、バーンリーとホームで対戦。膠着した試合展開が続くなか、53分に先制点を許したものの、60分にDFマイケル・キーンの得点で同点とすると、そこからMFアンドロス・タウンゼントのゴールなどで一気に2点を追加し、3-1で勝利した。 この結果、プレミアリーグ連勝を飾ったエバートンは首位マンチェスター・ユナイテッドと勝ち点で並ぶ4位となっている。試合後のインタビューに応じたベニテス監督はチームのパフォーマンスを称賛しており、選手たちが常にベストを尽くそうとする姿を喜んだ。 「チームとファンのつながりをとても嬉しく思っている。我々はここに要塞を築いていきたいね」 「デマライ・グレイもアンドロスもクオリティが高く、優れたプロフェッショナルだ。彼らは、30歳のアンドロスでさえ学ぶことに熱心な姿勢を見せている」 「ファンが求めているのはすべてを捧げるチームだと思う。そして、彼らはそれを毎日、見られるだろう。去年の選手たちはもしかすると、そのレベルに達していなかったかもしれない。でも、今はすべてを捧げており、ファンもそれを評価している。それがチームを前に進ませる方法なのだ」 「ドレッシングルームで選手たちには、『我々はまだ何もしていない』と話した。我々はまだ始まったばかりであり、多くを改善する必要がある。でも全員がベストを尽くそうとしている姿には本当に嬉しく思っているよ」 また、ベニテス監督は今夏に加入して以降、公式戦5試合の出場で2ゴール2アシストの活躍を見せるタウンゼントに言及。ベテランの獲得は正しかったことを強調している。 「誰もがこのチームにはウイングが必要だと言っていた。今日はリシャルリソンがセンターフォワードとして素晴らしい仕事をしたが、2人のウイングがストライカーの仕事を助けていたと思う」 「アンドロスは我々にとって重要な選手になると私は確信していた。彼はプロフェッショナルで学ぶことに熱心な人間だ。そして、我々には他にも向上したいと思っている選手が揃っている」 2021.09.14 10:34 Tue
twitterfacebook
thumb

キャルバート=ルーウィンが負傷離脱…先頭集団に割って入る好調エバートンに大痛手

エバートンのイングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィンが戦線離脱した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 近年のエバートンでゴールゲッターとして大きく飛躍を遂げ、イングランド代表にも上り詰めたキャルバート=ルーウィン。ラファエル・ベニテス監督が就任した今季も開幕から3試合連続ゴールをマークするなど、エバートンの攻撃陣を牽引している。 だが、代表ウィーク明けの初戦となる13日にホームで行われたプレミアリーグ第4節のバーンリー戦ではベンチ外に。チームは3-1で逆転勝ちし、勝ち点10を積み上げる先頭集団に割って入ったが、キャルバート=ルーウィンの状態が心配されるところだ。 今季からプレミアリーグの舞台に戻ったスペイン人指揮官はバーンリー戦前のインタビューでキャルバート=ルーウィンがメンバー外の理由を尋ねられると、負傷によるものだと説明した。 「彼はつま先を骨折してしまった。問題を抱えながらトレーニングをし、痛みを抱えながらプレーしていたんだ。先日、大腿四頭筋を痛めてもいた。2〜3週間、あるいはそれ以上待たなければならないかもしれない」 2021.09.14 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

タウンゼント豪快ミドル弾など3ゴールを挙げたエバートンが逆転勝利!《プレミアリーグ》

エバートンは13日、プレミアリーグ第4節でバーンリーと対戦し、3-1で勝利した。 リーグ戦未勝利が続くバーンリーをホームに迎えたエバートンは、前節のブライトン戦から先発を2人変更。代表ウィーク中に負傷したキャルバート=ルーウィンとホルゲイトに替わりゴッドフリーとミナが先発で起用。3トップにタウンゼント、リシャルリソン、グレイを並べた[3-4-3]で試合に臨んだ。 立ち上がりから一進一退の時間が続く中、エバートンは28分にチャンスを迎える。右サイド高い位置でパスを受けたタウンゼントがカットインからボックス内へラストパス。これ受けたドゥクレがトラップで縦に切り込み右足を振り抜いたが、シュートは相手GKの好セーブに防がれた。 さらにエバートンは、38分にもリシャルリソンのパスでボックス右深くまで抜け出したコールマンの折り返しからグレイがゴールに迫ったが、これはコールマンのオフサイドディレイを取られた。 ゴールレスで迎えた後半、エバートンは早い時間に失点する。53分、左FKのこぼれ球を右サイドで拾ったJ・グズムンドソンがクロスを上げると、ゴール前のミーが頭で流し込んだ。 先制を許したエバートンだったが、すぐに反撃。すると60分、ショートコーナーのこぼれ球をから二次攻撃仕掛けると、右サイドでボールを受けたタウンゼントのクロスをM・キーンがヘディングで叩き込み、試合を振り出しに戻した。 同点弾で勢いづくエバートンは、そこから怒涛のゴールラッシュを見せる。65分、ドゥクレからのパスを敵陣中盤で受けたタウンゼントがバイタルエリア中央から左足一閃。狙いすましたシュートがゴール左隅に突き刺さった。 直後の66分には、自陣でのボール奪取からカウンターを仕掛けると右サイドでボールを受けたドゥクレが糸を引くようなロングスルーパスを供給。これに反応したグレイがGKとの一対一を冷静に制した。さらに68分にも、コールマンのクロスからドゥクレがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。 2点差をつけたエバートンは、75分に右CKの二次攻撃からウッドにゴールネットを揺らされたが、これはオフサイドの判定で難を逃れた。 結局、試合はそのまま3-1でタイムアップ。後半のゴールラッシュでエバートンが逆転勝利を飾っている。 2021.09.14 05:58 Tue
twitterfacebook
thumb

飼い殺し状態のMFハメス・ロドリゲスにトルコから公式オファー

トルコのイスタンブール・バシャクシェヒルが、エバートンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(30)に対して公式オファーを出したようだ。トルコ『ヒュリエット』などが報じた。 ポルトやモナコでプレーしていたハメスは、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)で5試合連続となる6ゴールを記録。その結果、大会終了後の2014年7月にレアル・マドリーへと鳴り物入りで加入する。 しかし、期待されていたほどの活躍はできず、公式戦125試合で37ゴール42アシスト。その後は、バイエルンへのレンタル移籍を経て、2020年9月にエバートンへとフリートランスファーで移籍していた。 エバートンでは加入1年目で公式戦26試合に出場し6ゴール9アシスト。しかし、今シーズンからラファエル・ベニテス監督が就任すると、ハメスは構想外に。チームで飼い殺し状態となっており、今夏の退団を強く願っていた。 しかし、ハメスに対して獲得に動いたクラブはなく、5大リーグの夏の移籍市場が閉鎖。しかし、8日まで市場が開いているトルコから公式オファーが舞い込んだようだ。 イスタンブール・バシャクシェヒルは近年力をつけてきたチームだったが、今シーズンはスュペル・リグの開幕からつまづき3連敗。19位と降格圏に現在位置している。 なお、スペイン『アス』はハメスがこのオファーを受け入れないと報道。冬の移籍市場が開くまで、飼い殺し状態を受け入れ、エバートンに残ると予想している。 <span class="paragraph-title">【動画】プレシーズンはトレーニングに励んだハメス</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJzaU5xVW5iWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.05 11:25 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly