最終ライン再構築のスパーズ、逸材CBラクロワに関心

2021.07.08 17:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムがヴォルフスブルクに所属するフランス人DFマクサンス・ラクロワ(21)に関心を示しているようだ。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。

先日にヌーノ・エスピリト・サント監督の就任が決定したトッテナムは、新シーズンに向けて急ピッチでチーム作りを進めている。

その中で優先事項となっているのが、ディフェンスラインの再構築だ。

ここ数シーズン守備のソリッドさを欠くチームはセンターバックが重要な補強ポイントとなっている上、ここに来てベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(32)に退団の可能性が浮上している。

ここまではボローニャの日本代表DF冨安健洋(22)、セビージャのフランス代表DFジュール・クンデ(22)、リヨンのデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(25)らが候補として報じられているが、そこに新たに加わったのがラクロワだ。

ロマーノ氏が伝えるところによれば、トッテナムの新マネージング・ディレクターに就任したファビオ・パラティチ氏は、ラクロワを高く評価しており、今後優先事項として交渉を進めていく構えだという。

ソショーでプロデビューを飾った190cmのセンターバックは、昨夏にヴォルフスブルクへ加入すると、デビューシーズンにリーグ戦30試合に出場するなど、すぐさま絶対的な主力に定着。同クラブのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に大きく貢献した。

昨シーズンのブンデスリーガではバイエルンDFアルフォンソ・デイビス、ドルトムントFWアーリング・ハーランドらに次ぐリーグ4位のスピードを計測するなど、アスリート能力が非情に高く、元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドとも比較される逸材だ。

なお、ラクロワに関してはドルトムント、チェルシー、RBライプツィヒがすでに関心を示しており、ヴォルフスブルクの要求額は3000万ユーロ(約39億円)程度と見込まれている。

関連ニュース
thumb

「コンテはチームの強みを生かしているか?」2戦未勝利のトッテナムに疑問の声

元スコットランド代表FWのアリー・マッコイスト氏が、トッテナムで守備を重視するアントニオ・コンテ監督の戦術に疑問を呈した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 1日に行われたプレミアリーグ第9節でアーセナルとの“ノースロンドン・ダービー”に完敗したトッテナム。続く4日のチャンピオンズリーグ(CL)グループD第3節のフランクフルト戦でもゴールレスドローに終わり、今季開幕から無敗が続き膨らんでいたファンの期待とは裏腹に、チームはやや失速傾向にある。 イギリス『BT Sport』に出演したマッコイスト氏は、フランクフルト相手に最後までゴールを奪えなかった試合を振り返り、コンテ監督の采配を疑問視。チームの強みである前線を活かしきれていないと指摘している。 「私はトッテナムの強さが前線にあると考えている。そして、誰もこの意見に異論はないだろう。一方で、彼らの守備陣については疑問符がつく。開幕直後のチェルシー戦では、もう少しソリッドな守備だと思ったがね。ここ数試合がこれからのターニングポイントになるか? 私はそう思わない」 「トッテナムファンができる議論は、コンテがチームの強みを生かしているかだろう。私ははっきりとした答えがわからない。彼は明らかにディフェンシブな考え方を持ち、チームを構成している。そして、それが非常に巧みであるのは間違いないだろう。トッテナムは今年のプレミアリーグで、ノースロンドン・ダービーの1試合しか負けていないのだから」 「しかしながら、もし私がデヤン・クルゼフスキやハリー・ケイン、ソン・フンミンだとしたら、チームのプレーに疑問を抱いているかもしれないね」 2022.10.05 15:42 Wed
twitterfacebook
thumb

「マコトは素晴らしいプレー」トッテナムを枠内シュート0に抑えた長谷部誠を指揮官が絶賛「選手のみんなを称えたい」

フランクフルトのオリバー・グラスナー監督が、トッテナム戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 フランクフルトは4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第3節でトッテナムをホームに迎えた。 日本代表MF鎌田大地、そしてMF長谷部誠も先発出場した試合。トッテナムがボールを握る中、フランクフルトも反撃に出る展開となる。 後半はフランクフルトも攻撃的に出ると、トッテナムはカウンターで応戦。しかし、互いにフィニッシュの精度を欠木、ゴールを奪えないまま試合は終了した。 ホームで引き分けに終わったものの、トッテナムの枠内シュートは0。長谷部を中心に高いパフォーマンスを見せた中、グラスナー監督は試合後に選手たちを称えた。 「選手のみんなを称えたい。とても良いパフォーマンスだった。誰もがトッテナムのクオリティを見ただろう。どちらのチームにもチャンスがあり、引き分けは問題ない」 「我々は長い間立ち向かい、勇気を持ち、何度もプレッシャーから解放された。そこに上手く対応できた」 「マコトは、ワールドクラスのストライカーに対して素晴らしいプレーをした。トッテナムの守備の強さは我々に多くの要求を課していた。これらのゲームに慣れるには、こういったゲームをしなければいけない」 「後半は前半よりも上手くやれる部分があった。このグループは、全てのコーチが言うことを確認する。とてもバランスが取れており、全てが可能となる」 「最終的には直接対決が重要になる場合がある。トッテナムに勝つためには、ロンドンで勝ち点3を獲得したい」 <span class="paragraph-title">【動画】長谷部、鎌田も活躍のトッテナム戦は互いに譲らずドロー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="R7gdSk0Jr5s";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.05 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ドローでCL2戦未勝利のトッテナム、コンテ監督「パフォーマンスはポジティブだった」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督がチャンピオンズリーグ(CL)でのドローに一定の満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 トッテナムは敵地で4日に行われたCLグループD第3節でフランクフルトと対戦した。先週末の“ノースロンドン・ダービー”で完敗を喫した直後の試合となり、立ち上がりから主導権を握ったものの、先制点を奪えないままハーフタイムへ。後半はよりオープンな展開となり、カウンターからゴールを狙うが、最後まで相手の集中した守りを崩せず、ゴールレスドローに終わった。 これでCL2試合未勝利となったが、コンテ監督はチームのパフォーマンスぶりをポジティブにとらえているようで、ダービーでの手痛い敗戦から立ち直った選手たちの姿勢を称えている。 「パフォーマンスはポジティブだった。高い強度で良いゲームができたと思うし、ピッチのどのゾーンでもプレッシャーをかけ、チャンスを作れていた」 「改善すべき点を見つけるとしたら、より冷静になる必要があるのは確かだ。このタイプの試合でチャンスを作ったなら、冷静になって得点まで繋げなければならない。点を取らなければ、勝利はないのだからね」 「アーセナル戦後に選手たちが良い反応を示すことには確信があった。ただ、試合中にこうした努力をすれば勝つべきであり、少しがっかりする必要はあるだろう。繰り返しになるが、勝ちたいなら得点を決めなければならない」 「とはいえ、今日は少なくとも0-0で試合を終えられた。(前節の)スポルティングCP戦では均衡した展開で得点するチャンスを失い、終了間際に2失点を許したからね」 「私は常に、このグループDには素晴らしいバランスがあると言ってきた。すべてのゲームですべてのチームがポイントを獲得することも失うこともできるだろう。我々はホームで2試合を戦った後にマルセイユでプレーする必要がある。ホームのファンと共に、決勝トーナメントに進むために最善を尽くせると確信しているよ」 2022.10.05 11:26 Wed
twitterfacebook
thumb

フランクフルトvsスパーズの初戦はゴールレス! 鎌田大地&長谷部誠はフル出場で奮闘《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループD第3節、フランクフルトvsトッテナムが4日にフランクフルト・シュタディオンで行われ、0-0のドローに終わった。なお、フランクフルトのMF鎌田大地とMF長谷部誠はいずれもフル出場した。 フランクフルトは前節、マルセイユに1-0で競り勝って待望のCL初白星を奪取。さらに、直近のリーグ戦ではシュツットガルト、ウニオン・ベルリンに連勝を飾っている。同勝ち点で並ぶグループ本命を迎えたホームゲームではそのウニオン戦から先発2人を変更。負傷のゲッツェとペッレグリーニに代えて、ソウとヤキッチを起用。長谷場は3バックの中央、鎌田は2シャドーの一角で先発に名を連ねた。 一方、スポルティングCPに敗れて今季公式戦初黒星を喫したトッテナムは、その直後に行われたレスター・シティ戦を6-2の大勝で飾ったが、インターナショナルマッチウィーク明け初戦のアーセナルとのノースロンドン・ダービーでは1-3の完敗を喫した。そのリーグ戦初黒星からのバウンスバックを図った中2日での厳しいアウェイゲームではダービーと全く同じスタメンを採用し、ケインとソン・フンミン、リシャルリソンのトリデンテとなった。 共に[3-4-2-1]を採用したことで、ミラーゲームの形となった試合は、地力で勝るアウェイチームがボールを握って主導権を握る入りとなる。流れの中では決定機まで持ち込めないトッテナムだが、今季精度を増すセットプレーから続けて際どいシーンを作り出す。 一方、時間の経過と共に相手のプレスをいなして良い形でボールを前進させるフランクフルトは、15分過ぎに続けて決定機を創出。まずは18分、左サイドを崩してリンドストロームの折り返しをボックス右で受けたローデがシュートに持ち込むが、ここはDFのブロックに遭う。さらに、このプレーで得た左右のCKからエンディカ、リンドストロームとボックス内で際どいフィニッシュ。 それでも、前半半ばから終盤にかけては再び主導権を握ったトッテナムが、前線の個的優位性を生かしてフランクフルトゴールに迫っていく。28分にはペナルティアーク付近でソン・フンミンからパスを受けたケインが長谷部をブロックしながら右足の反転シュートを放つが、これはわずかに枠の左へ外れる。 さらに、40分にはホイビュアのインターセプトからケインの絶妙なフリックに反応したソン・フンミンがボックス中央でフリーとなるが、右足のシュートは枠の右。その直後にもエメルソンのボックス内への侵入からファーでクロスのこぼれに反応したペリシッチにシュートチャンスも、DFにブロックされたボールはわずかに枠の右へ外れ、前半の内に先制点を取り切れなかった。 ゴールレスで折り返した後半は劣勢のフランクフルトがアグレッシブに入り、よりオープンな攻防が繰り広げられる。50分過ぎにはソウの浮き球パスに斜めのランニングでゴール前に入ったクナウフのボレーシュート、直後にボックス手前の鎌田がシュートを狙うが、GKロリスの好守とブロックに阻まれる。さらに、60分には途中投入のボレ、鎌田の連動したハイプレスからリンドストロームにシュートチャンスも、ここは枠に飛ばせず。 一方、トッテナムも相手が前に出てきたことで得意のカウンターを発動すると、3トップにペリシッチが絡む形からボックス内でケイン、ソン・フンミンとチャンスを作り出した。 入れ替わりが激しかった立ち上がりの攻防を経て試合は徐々に膠着。疲労困憊のトッテナムはペリシッチ、ラングレ、リシャルリソンを70分過ぎに下げて負傷明けのベン・デイビスやセセニョン、ブライアン・ヒルをピッチに送り出すが、この交代で攻撃を活性化させるには至らない。 試合終盤は完全に消耗戦となり、互いに最後の局面でミスが目立ち決定機まで持ち込めないクローズな展開に。また、すぐに次節を控えていることもあり、両者はあまりリスクを冒して前に出る姿勢を見せぬまま試合はタイムアップ。 ホームのフランクフルトは勝利で2位浮上とはならなかったが、長谷部を中心に相手の強力攻撃陣を枠内シュート0で抑え切るポジティブな手応えを得て来週に敵地へ乗り込むことになった。一方、疲労困憊のトッテナムは最低限の勝ち点1を持ち帰ったが、UEFAコンペティションでのアウェイ未勝利記録が7試合に更新されることになった。 2022.10.05 06:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ペリシッチが慣れ親しんだドイツの地でバウンスバック誓う 「チームメイトと監督を信じている」

トッテナムのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチがフランクフルト撃破への意気込みを語った。 チャンピオンズリーグ(CL)のグループDで本命と目されるトッテナムだが、前節のスポルティングCP戦での敗戦によって1勝1敗の2位に位置。ここからは同じく1勝1敗で3位につけるフランクフルトとの重要な連戦に挑む。 先週末に行われたアーセナルとのノースロンドン・ダービーを1-3で落とし、今季リーグ戦初黒星を喫した中で久々のドイツ帰還となったクロアチア代表は慣れ親しんだ地でのバウンスバックを期している。イギリス『フットボール・ロンドン』が同選手の会見コメントを伝えている。 「(ダービー敗戦後の雰囲気は)厳しかったよ。ダービーであろうと他の試合であろうと、負ければ嫌な気分になるものだ。だけど、フットボールでは、他のスポーツと同じように、またチャンスがある」 「もっと良い試合、もっと良いプレー、もっと走らなければならないし、クラブのために戦わなければならない。この前の試合では、それができなかった。僕はチームメイトと監督を信じているし、明日はそれを見せられると思っている。明日はグループリーグ突破に向けて、本当に大事な一歩になると思う」 また、過去にドルトムント、ヴォルフスブルク、バイエルンとドイツの3クラブでの経験を持つベテランアタッカーは、イングランドとドイツの違いについても言及。 「ドイツに戻るのはいつでも嬉しいよ。ドイツでは3つのクラブで5年間プレーし、多くのトロフィーを獲得することができた。また、ドイツで2人の子供を授かったことも、僕にとっては特別なことだね」 「リーグを比較すると、ドイツはとても似ていて、スペースが広い。ここで過ごした時間は楽しかったよ。プレミアリーグとの違いは、本当に良いチームが5、6チームあることかな。僕にとっては、それが唯一の違いだね。個人的には、同じようなリーグだと捉えているよ」 さらに、インテル時代もアントニオ・コンテ監督の下でプレーし、最終的にスクデット獲得の立役者となったペリシッチは、指揮官への信頼や自身と同じく新加入ながらあまり出場機会を得られていない同僚への助言も行っている。 「(コンテの下でのプレーは)初めは大変だった。何年かぶりにポジションを変えて、最初はちょっと大変だったね。でも、大丈夫だった。一生懸命やって、この2年半はこのポジションでプレーしている。悪くはないと思うけど、毎日、もっと良くできるはずだし、毎日改善しなければならない」 「僕はすべての新しいプレーヤーと話をしたけど、彼らはビッグクラブに来たことを理解する必要があり、忍耐強く、毎日働く必要がある。チャンスを待っている状況だけど、そのチャンスが来たら、彼らはそれを受け入れてうまくプレーしなければならない。そのようにしてのみ、彼らはチームがゲームに勝つのを助けることができるんだ」 「僕らの監督は過去にすべてのクラブでトロフィーを獲得したことは誰もが知っているし、彼は働くことが好きで、勝つことが好きだ。これは最も重要なことで、それこそ自分がイングランドに来た理由さ。僕も勝ちたいし、トッテナムで多くの良いことができることを示したい。今は良い状態だと思うし、あとは毎日ハードにやって、監督の言うことを聞くだけさ」 2022.10.05 00:37 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly