吉田所属のサンプドリアが前パルマ指揮官のダヴェルサ氏を新監督に招へい

2021.07.04 19:19 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表DF吉田麻也が所属するサンプドリアは4日、ロベルト・ダヴェルサ氏(45)の新監督招へいを発表した。契約期間は2023年6月30日までの2年となる。

昨シーズンのセリエAを9位でフィニッシュしたサンプドリアでは、クラウディオ・ラニエリ監督が退任。その後任にはパトリック・ヴィエラ氏や、ジュゼッペ・イアキーニ氏、アンドレア・ピルロ氏など複数の候補の名前が挙がっていたが、最終的に昨季までパルマを率いていたダヴェルサ氏となった。

ダヴェルサ氏は2016年12月、当時セリエCにいたパルマの指揮官に就任。2017-18シーズンにセリエA復帰に導くと、過去2シーズンはセリエA残留に導く手腕を発揮していた。

昨シーズンは熱意の欠如を理由に昨年8月に解任されていたが、今年1月にファビオ・リベラーニ前監督の後任として再登板。しかし、チームは最下位でセリエB降格となっていた。

なお、ダヴェルサ氏は現役時代の2000-01シーズンに1年間サンプドリアでプレーしていたクラブOBでもある。


関連ニュース
thumb

吉田不出場のサンプドリア、ヴラホビッチ弾などに沈みフィオレンティーナに完敗《セリエA》

サンプドリアは11月30日、セリエA第15節でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、1-3で完敗した。サンプドリアのDF吉田麻也はベンチ入りも出場しなかった。 3日前に行われた前節ヴェローナ戦を3-1で制した15位サンプドリア(勝ち点15)は、ヴェローナ戦の前半35分から緊急出場となった吉田が今節もベンチスタートとなった。 6位フィオレンティーナ(勝ち点21)に対し、サンプドリアは15分に先制する。右サイドからのカンドレーバの左足クロスにガッビアディーニがヘッドで合わせた。 しかし23分、左サイドからソッティルの上げた右足クロスにファーサイドのカジェホンに押し込まれ、試合を振り出しに戻されると、32分に逆転される。 右サイドからのボナヴェントゥーラのクロスをヴラホビッチにヘッドで決められた。そして45分、CKのサインプレーの流れからボナヴェントゥーラのシュートのルーズボールをソッティルに押し込まれ、サンプドリアは前半を1-3で終えた。 迎えた後半もフィオレンティーナに主導権を握られると、59分にソッティルの独走を許す。しかしGKと一対一となったソッティルはシュートを枠に外して助かった。 結局、後半はスコアが動かず1-3でサンプドリアは敗戦。吉田に出番がなかった中、連勝とはならなかった。 2021.12.01 05:01 Wed
twitterfacebook
thumb

顔が似ている?サンプドリア公式のチョイスに吉田麻也も思わず困惑「なぜ毛利小五郎…」

サンプドリアの英語版公式ツイッターの投稿に日本代表DF吉田麻也も思わず困惑した。 吉田は11月の代表活動後に負傷していたことが判明。21日に行われたセリエA第13節のサレルニターナ戦は大事を取って欠場していたものの、27日に行われた第14節のエラス・ヴェローナ戦ではベンチに戻っていた。 そんな中、サンプドリアの英語版公式ツイッターは、吉田が復帰したことを祝してか、ヴェローナ戦直前に日本代表DFの写真を投稿。吉田が顎に左手を添えながらキメる1枚に「小五郎 毛利」という日本語のコメントとともに紹介した。 『名探偵コナン』に登場する毛利小五郎というまさかのチョイスには、日本のファンからも驚きの声が集まり、「眠りの麻也」「割と似てる(笑)」「毛利小五郎を知ってるとは」「目の覚めるようなプレー期待しています」といったコメントが寄せられていた。 ヴェローナ戦では、DFアレックス・フェラーリがプレー続行不可能となったことで、「小五郎 毛利」こと吉田は35分からスクランブル投入される。投入直後に失点に絡んでしまう場面もあったものの、サンプドリアは後半に3ゴールを奪い逆転勝利を飾った。 試合後、吉田自身もこの投稿を知ったようで、自身のツイッターで「なぜ毛利小五郎…」と爆笑の絵文字を添えて反応している。 <span class="paragraph-title">【動画】確かに似ている?毛利小五郎と吉田麻也を比較</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/0ek8Ay1Rid">pic.twitter.com/0ek8Ay1Rid</a></p>&mdash; MAYA YOSHIDA (@MayaYoshida3) <a href="https://twitter.com/MayaYoshida3/status/1464946942681784335?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.29 21:35 Mon
twitterfacebook
thumb

緊急出動の吉田が失点関与もカンドレーバ躍動のサンプドリアが逆転で今季初の連勝!《セリエA》

セリエA第14節、サンプドリアvsエラス・ヴェローナが27日にルイジ・フェラーリスで行われ、ホームのサンプドリアが3-1で逆転勝利した。なお、サンプドリアのDF吉田麻也は35分から途中出場した。 前節、サレルニターナ相手に2-0の勝利を収めて連敗をストップした16位のサンプドリア(勝ち点12)は、9位のヴェローナ(勝ち点19)とのホームゲームで今季初の連勝を狙った。なお、前節ヒザのケガで負傷欠場となった吉田はベンチスタートとなった。 立ち上がりから相手にボールを握られて押し込まれる展開が続くサンプドリア。それでも、粘り強く守りながら要所でカウンターを繰り出していく。 徐々に試合が拮抗した中、サンプドリアにアクシデント発生。接触プレーで足を痛めたフェラーリがプレー続行不可能となると、35分に吉田がスクランブル投入される。 すると、結果的にこの選手交代が試合を動かすことに。37分、ヴェローナのロングボールを使った攻めからゴール前の吉田が相手の折り返しをはじき出すと、ペナルティアーク付近でこのクリアに反応したタメゼが右足のミドルシュート。このシュートに対して吉田、GKアウデーロがしっかりと反応していたものの、吉田の左足の内側に当たって大きくコースが変わったボールが左隅へ決まった。 吉田のクリアミスとも言える形で失点を喫したサンプドリアはすぐさま反撃を開始。45分にはカウンターの形からボックス左でカンドレーバのラストパスを受けたカプートに決定機も、ニア下を狙ったシュートはGKモンティポの足を使ったファインセーブに遭う。さらに、前半アディショナルタイムにはセットプレーから波状攻撃を仕掛けたが、ゴールをこじ開けることはできず。 それでも、後半も立ち上がりから攻勢を仕掛けるサンプドリアは51分、左サイドでヴェッレが正確なクロスを供給すると、ボックス中央のカプートが冷静に胸を使ってファーへ流す。これに反応したカンドレーバがピッチへ叩きつける右足のボレーシュートを左サイドネットへ突き刺し、2試合連続ゴールとした。 1-1のタイに戻った試合はここからよりオープンな展開に。59分にはボックス手前で仕掛けたシメオネが鋭い右足のシュートを枠の左下隅へ飛ばすが、ここはGKアウデーロがビッグセーブで阻む。 その後、互いに交代カードを切りながら勝ち越しゴールを目指して一進一退の攻防を繰り広げる。すると77分、サンプドリアは相手陣内右サイドで得たFKの場面で味方がズラしたボールをカンドレーバがゴール前に正確なボールを入れる。これに反応したエクダルがわずかにコースを変えたボールがゴール左隅に決まった。 カンドレーバの活躍で試合を引っくり返したホームチームは、86分にカプートとクアリアレッラの2トップを下げて守備的なカードを切り逃げ切り態勢に入る。88分にはボックス内でファラオーニに決定的なシュートを打たれるが、これはGKアウデーロの好守で凌ぐ。 すると、90分には自陣左サイドでのボール奪取からカウンターを発動すると、最後はボックス左でガッビアディーニのシュートのこぼれ球に反応したムッルが見事な左足のグラウンダーシュートを対角上のサイドネットへ突き刺し、直前に投入された2選手の絡みから決定的な3点目を奪った。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、後半の3ゴールで逆転したサンプドリアが今季初の連勝を飾った。 2021.11.28 01:11 Sun
twitterfacebook
thumb

「大事になら無くて良かった」ヒザ負傷で前節欠場の吉田麻也、回復を報告「ご心配おかけしました!」

サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が回復を報告した。 日本代表の守備の要として、そしてキャプテンとしてカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を戦っている吉田。サンプドリアでも守備の要として、セリエAでは先発フル出場を続けていた。 しかし、11月シリーズの代表活動後に負傷していたことが判明。21日に行われたセリエA第13節のサレルニターナ戦は大事を取って欠場。チームは4試合ぶりに勝利し、シーズン3度目のクリーンシートを達成していた。 ヒザを負傷していたとされる吉田だが、自身のインスタグラムを更新。既にトレーニングに復帰していることを報告した。 「少し膝を痛めましたがもう練習復帰しております!ご心配おかけしました!」 昨シーズンもフル稼働した吉田は、今夏は東京オリンピックにオーバーエイジとして出場。終了後には間も無くシーズンが開幕し、その後は3度アジアとイタリアを行き来するなど、体への負担は計り知れない。 この報告にはファンも「無理せずに回復管理しながら頑張ってください」、「大事になら無くて良かった」、「安心しました!」、「無理だけはしないでください!!」と、日本の大黒柱の復帰に安堵する声が多く寄せられた。 <span class="paragraph-title">【写真】ヒザ負傷の吉田麻也がトレーニング写真で回復アピール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWt1FNKIlta/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWt1FNKIlta/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWt1FNKIlta/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Maya Yoshida(@mayayoshida22)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.26 10:52 Fri
twitterfacebook
thumb

サンプドリアが控えGKラバッリャとの契約延長を発表

サンプドリアは25日、イタリア人GKニコラ・ラバッリャ(32)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 チェゼーナの下部組織出身のラバッリャは、チェゼーナの他SPALやヴィチェンツァ、パルマ、コゼンツァ、クレモネーゼなどでプレー。2020年にフリーで加入したサンプドリアでは、守護神を務めるGKエミール・アウデーロの控えとしてベンチ入りはするものの出場機会はなかった。 2021.11.25 23:50 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly