フィオレンティーナがイタリアーノ新監督就任を発表! ガットゥーゾ電撃退任受けスペツィアから引き抜き

2021.07.01 01:18 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナは6月30日、ヴィンチェンツォ・イタリアーノ氏(43)の新指揮官招へいを発表した。契約期間は2023年6月30日までの2年となるが、1年間の延長オプションが付随している。

なお、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えるところによれば、6月初めにスペツィアと2023年までの契約延長にサインしたイタリアーノ氏の引き抜きに際して、フィオレンティーナは契約解除金の100万ユーロ(1億3200万円)の支払いと、同氏のチームスタッフを同行させるためにユース選手を譲渡することになるようだ。

今シーズンのセリエAを13位で終え、ジュゼッペ・イアキーニ監督(57)の退任が決定していたフィオレンティーナは来季からの新指揮官として前ナポリ指揮官のジェンナーロ・ガットゥーゾ氏の就任を5月25日に発表。

しかし、補強について上層部との間で意見の相違があったとして、先月17日に双方合意の下でガットゥーゾ氏の退任が発表されていた。

ヴィオラの新指揮官に就任したイタリアーノ氏は、現役時代に中盤の選手としてエラス・ヴェローナやジェノア、キエーボといったクラブで活躍。現役引退後はヴェネツィアのアシスタントコーチやトラパニの指揮官を歴任し、2019年に当時セリエBのスペツィアの指揮官に就任した。

そして、就任1年目に昇格プレーオフを制してクラブ史上初のセリエA昇格に導いたほか、今シーズンのセリエAを15位でフィニッシュさせていた。

関連ニュース
thumb

ヴィオラの麒麟児ヴラホビッチがゴール量産体制! 2021年21試合で20得点

フィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチが目下急成長中だ。 母国の名門パルチザン・ベオグラード出身のヴラホビッチは2018年夏にフィオレンティーナに加入。190cmの恵まれた体格とストライカーとしての得点感覚を武器に2019-20シーズンから頭角を現すと、昨季はセリエA37試合で21ゴールをマーク。今夏の移籍市場でのステップアップも噂された。 結局残留して迎えた今シーズン、ヴラホビッチはセリエA開幕3試合で早くも3ゴールを記録。11日に行われた第3節のアタランタ戦では、2ゴールの活躍でチームを2勝目に導いた。 この日の2ゴールで、2021年のセリエAでは21試合で20得点に到達。比較対象としてポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、2020年にセリエAで33ゴールを挙げている。 対象が少し巨大過ぎたかもしれないが、2021年残りの2カ月半で16試合残っていることを考慮すると、ロナウド超えも不可能ではない。また、それがわずか21歳の若手ということも忘れてはならない。 そんなヴラホビッチにはアトレティコ・マドリーやトッテナム、さらにはマンチェスター・シティも関心を示しているようで、来夏には契約が残り1年を切ることから、このままいくと激しい争奪戦となることが予想されている。 なお、『transfermerkt』によると、フィオレンティーナ加入の際の移籍金はわずか195万ユーロ(現レートで2億5000万円)程度だったようだ。 2021.09.12 14:26 Sun
twitterfacebook
thumb

アタランタが今季初黒星…ヴラホビッチPK2発のヴィオラに惜敗《セリエA》

セリエA第3節、アタランタvsフィオレンティーナが11日にアトレティ・アズーリ・ディタリアで行われ、アウェイのフィオレンティーナが1-2で勝利した。 インターナショナルマッチウィーク前に行われた前節のボローニャ戦をドローで終えたアタランタがホームにフィオレンティーナを迎えた中断明けの初戦。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)初戦のビジャレアル戦を控える中、ガスペリーニ監督は前節から先発4人を変更。GKをムッソからスポルティエッロに変更したほか、負傷のムリエルに替えてサパタを最前線で起用した。 立ち上がりから右サイドのザッパコスタを起点に相手を押し込むアタランタは、幾度か際どいクロスで守備をけん制。10分には相手陣内右サイドで得たFKの二次攻撃からゴール前でこぼれ球に反応したディムスティがゴールネットを揺らす。だが、オンフィールドレビューの結果、オフサイドポジションのサパタがプレーに関与したとの判定でゴールは取り消しに。 その後もアタランタペースで試合が進む中、フィオレンティーナにアクシデント発生。肩を痛めた左肩を痛めたヴェヌッティがプレー続行不可能となり、これがデビュー戦となるオドリオソラがスクランブル投入された。 それでも、徐々にホームチームを押し返すフィオレンティーナは28分にボックス左でヴラホビッチが上げたクロスをGKスポルティエッロが触ったボールがファーに流れると、DFメーレの右腕に直撃。オンフィールドレビューの結果、これが故意のハンドと判断されてPKが与えられる。これをキッカーのヴラホビッチが冷静に決め、アウェイチームが先制に成功した。 その後、反撃に出たアタランタはミランチュクとペッシーナの2シャドーを起点に攻め手を窺うが、最後の場面で連携が合わず。1点ビハインドで試合を折り返した。 逆転を期して後半に入ったアタランタだが、いきなり出ばなを挫かれる。49分、ボナヴェントゥーラのボックス内での仕掛けに対して、DFディムスティが不用意に足をかけてしまい、この試合チーム2つ目のPK献上。これをキッカーのヴラホビッチに再び決められてドッピエッタを達成された。 この2失点目を受け、ガスペリーニ監督はメーレとミランチュクを下げてゴセンズとマリノフスキーを同時投入。54分にはそのマリノフスキーのスルーパスに抜け出したサパタがボックス中央でGKと一対一の絶好機も、ここはGKテラッチアーノのビッグセーブに阻まれる。 以降はフィオレンティーナのカウンターに晒されて難しい状況が続くが、65分に1点を返した。ボックス内でのイーブンボールの競り合いでゴセンズがカジェホンと交錯。オンフィールドレビューの結果、ゴセンズがアフターチャージを受けたとの判定でPKが与えられる。これをキッカーのサパタが冷静に左隅へ決めた。 このゴールで勢いづくホームチームは72分にサパタ、ディムスティと続けて際どいシュートを放つが、これはテラッチアーノの好守に遭う。さらに、リスクを冒して前に出るが、最後のところで粘るフィオレンティーナの守備に苦戦を強いられる。 その後、80分を過ぎてサパタ、パシャリッチ、ペッシーナを下げてイリチッチ、ピッコリ、これがデビュー戦となるコープマイネルスを続けてピッチへ送り出す。後半アディショナルタイムにはボックス内に侵入したザッパコスタに続けてチャンスが訪れるものの、いずれもシュートを打ち切れず。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ヴラホビッチのPK2発に沈んだアタランタが開幕3戦目にして初黒星を喫することになった。一方、難敵に競り勝ったフィオレンティーナは2連勝を飾っている。 2021.09.12 05:44 Sun
twitterfacebook
thumb

カリアリ、ヴィオラ退団のカセレスを1年契約で獲得

カリアリは1日、ウルグアイ代表DFマルティン・カセレス(34)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 バルセロナやユベントス、セビージャにラツィオと多くのクラブを渡り歩いたカセレス。2019年夏に前所属のラツィオからフリーでフィオレンティーナへ移籍し、キャリア通算10クラブ目となった。 イタリアでは4クラブ目のフィオレンティーナでは、加入初年度からスタメンを勝ち取ると、昨季はセリエAで29試合に出場し2ゴール1アシストを記録するも、契約満了で退団していた。 2021.09.01 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

オドリオソラがフィオレンティーナにレンタル加入! 初のセリエAでキャリア再生目指す

フィオレンティーナは28日、レアル・マドリーからスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラ(25)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「29」に決定した。 2018年夏にレアル・ソシエダから加入したものの、ケガにも泣かされ、レギュラーはおろかスカッド定着さえもままならないオドリオソラ。昨夏にレンタル先のバイエルンから戻ったが、公式戦16試合の出番にとどまった。 そのなか、カルロ・アンチェロッティ新体制に移行し、チーム内の序列は一新されたものの、スペイン代表DFダニエル・カルバハル、同MFルーカス・バスケスの牙城を崩すことはできず。 そして、スペイン人DFポル・リロラをマルセイユに売却したフィオレンティーナからのオファーを受け入れる形で、セリエA初挑戦を選択することになった。 2021.08.29 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

オドリオソラ、フィオレンティーナへのシーズンローンが決定的に!

レアル・マドリーのスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラ(25)がイタリアに渡るようだ。 2018年夏にレアル・ソシエダから加入したものの、ケガにも泣かされ、レギュラーの座を射止められずにいるオドリオソラ。昨夏に1年間のレンタル先であるバイエルンから戻ったが、公式戦16試合の出番にとどまった。そのなか、レアル・マドリーはカルロ・アンチェロッティ体制を再発足。オドリソラも心機一転といきたいところだが、プレシーズン中の新型コロナウイルス感染もあり、ラ・リーガ開幕から2試合で出番なしが続く。 現時点における右サイドバックでの序列もスペイン代表MFルーカス・バスケス、同代表DFダニエル・カルバハルに次ぐ3番手。今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)からフランス代表FWキリアン・ムバッペを狙うレアル・マドリーはリーグが定める25枠の選手登録を空けるため、オドリオソラも放出候補のひとりに目されている。そこで移籍先に浮上したのがスペイン人DFポル・リロラをマルセイユに売却したフィオレンティーナだ。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、オドリオソラのフィオレンティーナ移籍は決定的。両クラブ間の取引はまとまり、フィオレンティーナが給与を負担する形で買い取りオプションなしのシーズンローンになる模様だ。一方、オドリオソラもそれを受理。実現すれば、初のセリエA挑戦となるフィオレンティーナ行きが秒読み段階に入っているものとみられる。 2021.08.27 11:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly