「後ろに目がついているのか」フィルミノの軸足裏を通す“股抜きヒールパス”に賛辞

2021.06.24 21:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブラジル代表FWロベルト・フィルミノがブラジル人らしい技ありテクニックを見せた。

ブラジルは現地時間23日にコパ・アメリカ2021のグループB第4節でコロンビア代表と対戦。フィルミノはベンチスタートとなった。

しかし、10分にコロンビアFWルイス・ディアスのスーパーゴールで先制を許すと、そのまま前半が終了。攻め手が見出せなかったブラジルはハーフタイムでMFエヴェルトン・リベイロに代えてを投入し、流れを変えに行く。

後半に入り強めたブラジル。66分にフィルミノの圧巻のテクニックからビッグチャンスを作る。FWリシャルリソンのパスをペナルティーアーク内で受けたフィルミノが、自分の軸足の裏を通すヒールパスで相手DFダビンソン・サンチェスの股を通すと、反応したネイマールがGKをかわし無人のゴールへ。右に流れながらFWネイマールが流し込もうとするが、右ポストに嫌われゴールとはならない。

この場面はゴールにはつながらなかったものの、コパ・アメリカの公式ツイッターも「フィルミノの素晴らしいヒールパス」このシーンを取り上げ、ファンからも「後ろに目がついているのか」「魔法のようだ」「天才的」などフィルミノを絶賛する声が多く寄せられた。

さらに78分にはDFレナン・ロージからの鋭いクロスをフィルミノがボックス内でヘッド。自らのゴールで同点に追いついた。

試合は、このゴールの一連のプレーに関してコロンビアが猛抗議。後半のアディショナルタイムが10分になると、最後の最後に右CKからMFカゼミロがヘディングで合わせ、土壇場で逆転勝利を飾っている。



1 2
関連ニュース
thumb

ブラジルの主力ギマランイスがスペインとの五輪決勝に意気込む! 日韓W杯優勝の地“横浜”も意識

U-24ブラジル代表MFブルーノ・ギマランイスが東京オリンピック決勝のU-24スペイン代表戦に向けて意気込みを語っている。ブラジルサッカー連盟(CBF)がリヨンMFのコメントを伝えている。 2016年のリオデジャネイロオリンピックで初の金メダルを獲得したディフェンディングチャンピオンのブラジルは、今大会でも前評判通りの強さを発揮。グループステージを首位通過すると、準々決勝ではエジプト、準決勝ではPK戦までもつれ込んだメキシコとの激闘を制し、大会連覇に王手をかけた。 そして、7日に行われる決勝では同じく優勝候補の筆頭に挙がっていた難敵スペインと対戦する。 今大会ここまで全試合にスタメン出場し、攻守に安定したパフォーマンスを継続するボランチの主力は、オンライン会見の場で決勝に向けた意気込みを語っている。 「スペインはユーロで活躍していた経験豊富なプレーヤーを連れてきた。とても良いチームだと思うよ」 「明日から彼らの研究を始め、彼らのストロングを理解し、どのような形でウィークを探っていくかを考えるつもりだ」 「とてもタフな試合になると思うけど、フットボールファンにとって素晴らしい試合になると思うよ」 「確かに、彼らのスカッドは強力だけど、僕らには自分を含めてリシャルリソン、ドウグラス・(ルイス)、ダニ(・アウベス)、ジエゴ(・カルロス)と、ヨーロッパで多くの経験を積んでいる、素晴らしいプレーヤーがいることも強調しておきたいね」 「とにかく、とても複雑な試合になるはずだ。僕らは前回大会で史上初の金メダルを獲得し、ようやく肩の荷をおろすことができた。だけど、今回は王者の座を守る必要がある」 「ここまで自分たちの役割を果たし、この決勝戦は誰もが待ち望んでいるものなんだ。厳しい試合になると思うけど、心からこのオリンピックの金メダルを獲得したいと思っているよ」 なお、今回の決勝戦が行われる会場は2002年日韓ワールドカップで、ブラジルがドイツを2-0で破って優勝した横浜国際総合競技場。ギマランイスを含めチームは、それが大きな後押しになると考えている。 「ブラジルがここ(横浜)で優勝したことは、僕らにさらなる後押しを与えてくれる。僕らはこの戦いに十分に備えているし、金メダルを渇望しているんだ」 ブラジルは相性がいい横浜の地で、再び歓喜の瞬間を味わうことになるのか…。 2021.08.05 20:47 Thu
twitterfacebook
thumb

王者ブラジルが大会連覇に王手! メキシコとのPK戦を制して決勝進出《東京オリンピック》

東京オリンピックの準決勝、U-24メキシコ代表vsU-24ブラジル代表が3日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、0-0で120分の戦いが終了。その後、PK戦を4-1で制したブラジルの2大会連続の決勝進出が決まった。 日本と同じグループAを2位通過したメキシコは、準々決勝で韓国に6-3の快勝を収め、金メダルを獲得したロンドン五輪以来のベスト4進出を果たした。そのロンドン五輪で破ったブラジルとのファイナル進出を懸けた大一番では左サイドバックをサンチェスからアングロに入れ替えた以外、同じメンバーを起用した。 一方、グループDを首位通過したブラジルは、準々決勝でエジプト相手に思わぬ苦戦を強いられたが、マテウス・クーニャのゴールを最後まで守り抜き1-0のスコアで4強入りを決めた。大会連覇に向けた大きな障害となる難敵相手の一戦ではクーニャに代えてパウリーニョを起用した以外、同じメンバーを起用した。 メキシコがマルティンを最前線に配した[4-2-3-1]、ブラジルがリシャルリソンを1トップに配置した[4-2-3-1]の布陣で臨んだ中、超過密日程による連戦の疲労を感じさせないアグレッシブな攻防が序盤から繰り広げられていく。 ボールの主導権は地力で勝るブラジルが握ったものの、メキシコもボールを奪えば、鋭いトランジションでサイドの深い位置を取ってカウンターから一気に相手ゴール付近まで侵攻していく。 互いに決定機まであと一歩という状況が続いた中、14分にはブラジルに最初の決定機。左ウイングのパウリーニョの抜け出しを起点にボックス付近で細かくパスを繋ぎ、ボックス左でフリーのアラーナにボールが渡る。ここでアラーナはファーにポジションを取った味方へのクロスを選択せず、果敢に左足を振っていくが、ややコースが甘くなったシュートはGKオチョアの好守に阻まれた。 さらに、一連の攻撃で流れを手にしたブラジルは20分にもダニエウ・アウベスのボックス内でのマイナスの落としに反応したアントニーが得意の左足を振っていくが、グラウンダーのシュートはGKオチョアが難なくセーブ。続く23分にはボックス手前左の好位置で得たFKを今大会最年長38歳のダニエウ・アウベスが直接狙うが、36歳守護神が見事な反応ではじき出した。 以降も押し込み続けるブラジルは28分、ボックス内でルーズボールに反応したドウグラス・ルイスがエスキベルと交錯。主審は一度ブラジルにPKを与えたが、倒れ方がやや大げさだったこともありオンフィールドレビューが入ると、一転してノーファウルの判定となった。 この判定をキッカケに試合は徐々にメキシコが押し返していく展開に。なかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続いていたメキシコだが、前半終盤の40分過ぎにはアントゥナのラストパスに反応したロモが枠を捉えたシュートでGKサントスのファインセーブを強いると、45分にもコルドバからの浮き球パスに抜け出したアントゥナに絶好機が訪れるが、ここはGKサントスと相手DFの身体を張ったゴールカバーに阻まれた。 全体的にはブラジルペースも決定機の数ではほぼ互角となった前半を経て試合は後半に突入。メキシコはエスキベルを下げて韓国戦を出場停止で欠場していたオスカル・ロドリゲスをハーフタイム明けに投入し、より攻撃的な戦い方にシフトした。 後半も引き続きブラジルがボールを握る状況が続くものの、守備面でしっかりとアジャストしたメキシコがコンパクト且つタイトな守備で前半のようにアタッカー陣に自由を与えず。ただ、攻撃が停滞気味となったことで、62分にはアントゥナを下げて切り札の10番ライネスをピッチへ送り込んだ。 一方、後半に入って攻撃のリズムを作れなくなったブラジルも67分にパウリーニョ、72分にクラウジーニョを下げてマルティネッリ、ヘイニエルとフレッシュなアタッカーの投入で攻撃の活性化を図る。 後半半ばから終盤にかけては球際のバトルばかりが強調される膠着状態に。82分には右サイドで押し込んだブラジルがダニエウ・アウベスの正確なクロスから絶好機を演出するが、リシャルリソンのヘディングシュートは左ポストの内側を叩く。さらに、こぼれに反応したリシャルリソンがすかさず中央へ折り返すが、味方には合わず。 さらに、0-0のまま突入した後半アディショナルタイムには波状攻撃から鋭い縦への仕掛けを見せたヘイニエルがボックス左ゴールライン際から際どい折り返しを入れるが、これもDFの身体を張ったブロックに阻まれ、90分間での決着とはならず。 共に今大会初の延長戦に挑んだ中、互いにフレッシュな選手をピッチに送り込むが、疲労による身体の重さが顕著で決定機はおろかフィニッシュまで持ち込むことができず。決着はPK戦に委ねられることになった。 そのPK戦では先攻のブラジルがGKオチョアにすべてコースを読まれたものの、ダニエウ・アウベス、マルティネッリ、ブルーノ・ギマランイス、ヘイニエルの4人全員が成功。一方、後攻のメキシコは1人目のエドゥアルド・アギーレの左を狙ったシュートがGKサントスに完璧にセーブされると、2人目のバスケスもサントスにコースを読まれた結果、シュートを左ポストに当ててしまい、痛恨の連続失敗。3人目のロドリゲスが唯一決めたものの、あと一歩及ばず。 そして、ロンドン五輪決勝のリベンジを果たしたブラジルが苦しみながらも2大会連続の金メダル獲得に大きく前進した。 なお、大会連覇に王手をかけたブラジルは7日に横浜国際総合競技場で開催される決勝戦で、U-24日本代表vsU-24スペイン代表の勝者と金メダルを懸けて激突する。 破れたメキシコは6日に埼玉スタジアム2002で開催される3位決定戦で前述の敗者と銅メダルを懸けて対戦する。 U-24メキシコ代表 0-0(PK:1-4) U-24ブラジル代表 2021.08.03 19:55 Tue
twitterfacebook
thumb

東京五輪出場中のD・アウベスがホテルからイニエスタに感謝!「プレゼントをありがとう」

東京オリンピックのU-24ブラジル代表にオーバーエイジで出場しているDFダニエウ・アウベスがヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタに感謝した。 2人は2008年からD・アウベスがユベントスに移籍するまでの8年間をバルセロナで共に戦い、2008-09シーズンにはスペイン史上初めての主要タイトル三冠を獲得するなど多くの喜びを分かち合った。 現在はブラジルのサンパウロに所属するD・アウベスだが、今回の東京オリンピックにはオーバーエイジとして招集。ここまで大会全4試合に出場し、ベスト4進出にも大きく貢献している。 そんなD・アウベスは自身のインスタグラムのストーリーを更新。滞在中のホテルの部屋と思われる一室で、背番号“8”のヴィッセル神戸のユニフォームを身に纏った写真を公開した。ユニフォームにはイニエスタからのメッセージも記されており、D・アウベスは「特別なプレゼントをありがとう、ブラザー。愛してるよ」と感謝を綴っている。 イニエスタの神戸加入以降、バルセロナに縁のある選手も複数来日しているが、D・アウベスのJリーグ入りを期待する声も上がってきそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】イニエスタのメッセージ入り神戸ユニフォームを身に纏うD・アウベス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CSDvwd2NR_M/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CSDvwd2NR_M/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CSDvwd2NR_M/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">SportsCenter ESPN(@scespn)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.08.03 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

クーニャ弾でブラジルがエジプトを下す!連覇に向けてベスト4進出《東京オリンピック》

31日、東京オリンピックの準々決勝のブラジル代表vsエジプト代表が埼玉スタジアム2002で行われ、ブラジル代表が1-0で勝利し、2大会連続の準決勝進出となった。 グループDで7得点を挙げて首位で通過したブラジルは、1トップにここまで5ゴールのリシャルリソンを起用した[4-2-3-1]を採用。2列目には左からクラウジーニョ、マテウス・クーニャ、アントニーが並んだ。 対するは、グループC最終節でオーストラリア相手に今大会初勝利を挙げ、なんとか2位での決勝トーナメントを果たしたエジプト。グループステージ第1節、第2節と同じように[5-4-1]の陣形を採用した。 序盤からブラジルがボールを握る展開に。エジプトの守備ブロックを横に揺さぶり、広がったスペースに縦パスを差し込んで押し込んで行く。 攻め込まれる時間が続くエジプトは、5人のDFが相手に厳しくマークに付き、なかなか良い形でシュートを打たせない。 前を向いてボールを受けられないブラジルの攻撃陣は、中央を突破を中心にワンタッチでパスを繋ぎながらゴールに迫っていくようになる。 27分、細かいパスでエジプトの守備網をかいくぐって最後はリシャルリソンがシュート。GKエル・シェナウィの正面だったが、再現性のある攻撃を繰り出せるようになった。 すると37分、ブラジルが待望の先制点をゲット。カウンターの形から左サイドを突破したリシャルリソンがボックス内にグラウンダーのクロスを上げると、クーニャが走り込む。フリーで受け、落ち着いて右足を振り抜くと、ボールはゴール左下に突き刺さった。 スコアが動いてからも絶えずボールを支配したブラジルは、エジプトの陣地でボールを回し続ける。45分にはドウグラス・ルイスの直接FKがギリギリ枠の右に外れるなど、2点目の可能性を感じさせつつ試合を折り返した。 後半開始早々、ブラジルにビッグチャンス。スルーパスに抜け出したクーニャがGKエル・シェナウィと1対1を迎え、ループシュートを選択したが惜しくもゴール左に外れた。 その後も前半と同様にサイドバックを押し上げて攻撃的な姿勢を貫きつつも、エジプトのカウンターの芽を摘んでいくブラジル。最少失点差ながら危なげない試合運びを見せていた。 一方のエジプトは長い時間受け身になっていたため疲労が溜まり、だんだんと間延びしていく。DFラインと2列目の間で余裕を持ってボールを持たれてしまい、ピンチを何度も迎えていた。 タイムアップのホイッスルまでボールを持って攻め込み、試合を支配し続けたブラジルが危なげなく2大会連続の準決勝進出を決めた。 U-24ブラジル代表 1-0 U-24エジプト代表 【ブラジル】 マテウス・クーニャ(前37) 2021.07.31 21:12 Sat
twitterfacebook
thumb

カナダが3大会連続のメダルへ、日本戦でPKストップのGKラベが奮闘《東京オリンピック》

30日、東京オリンピックの女子サッカーの準々決勝のカナダ女子代表vsブラジル女子代表が宮城スタジアムで行われ、0-0のゴールレスで120分を終了。PK戦の末、4-3でカナダが勝利した。 日本と同じグループEを2位で突破したカナダ女子代表は、2012年にアメリカ女子代表を率いて金メダルを獲得したピア・スンドハーゲ監督率いるブラジル女子代表と対戦した。 序盤はブラジルが積極的な姿勢を見せたものの、次第にカナダがボールを握り返す。25分にはジェシー・フレミングがボックス手前の正面から狙うも枠の左に。直後には、スルーパスに反応したジャニン・ベッキーがボックス手前の右からダイレクトで狙うが、これも枠の左へそれてしまう。 一進一退の攻防が続くなか、前半の終了間際にはブラジルがカナダの隙を突いて高い位置でボールを奪い、デビーニャが一対一を迎える。だが、GKステファニ・ラベが素早く距離を詰めて、シュートをストップ。続くCKからのクロスもがっちりとキャッチした。 前半は互いに攻め合いながらもゴールレスで折り返すと、後半最初のビッグチャンスはカナダに訪れる。60分にセットプレーからヴァネッサ・ギルスがヘディングシュートを見舞うも、これはクロスバーに嫌われる。 以降はブラジルが主導権を握り、70分にはデビーニャのミドルを狙い、後半のアディショナルタイムには抜け出したルドミラが決定機を迎える。しかし、いずれもGKラベがストップし、ゴールレスのまま今大会初の延長戦に突入した。 延長戦ではブラジルが圧倒的に責め立てるも、GKラベの牙城をくずせず試合はPK戦に突入する。 先行のカナダは1人目のクリスティン・シンクレアがまさかの失敗。ブラジルは1人目のマルタが難なく沈めると、以降は両者がしっかりと決め続ける。 PKスコア3-3でブラジルが4人目を迎えると、日本戦でもPKを止めたGKラベが魅せる。アンドレッサの右横へのシュートを完璧に読んではじき出すと、カナダは5人目が決めて王手をかけ、ブラジルの5人目ラファエレのキックもGKラベがストップ。3大会連続のメダル獲得に向け、準決勝進出を決めた。 カナダ女子代表 0-0(PK4-3) ブラジル女子代表 2021.07.30 22:19 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly