S・ラモスの行き先候補、現状4つ! シティが現段階の最有力

2021.06.17 16:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(35)の行き先は現状、4つの候補が考え得るようだ。2005年夏にセビージャからレアル・マドリーに加わって以降、最終ラインの軸として公式戦通算671試合の出場数を誇り、数々のタイトルに寄与したS・ラモス。今やカピタンの称号を欲しいままにするが、今季最終年の契約は依然として延長されず、16日に退団が正式決定した。

そうなれば、気になるのが新天地。17日の会見で明かされるであろう経緯や背景も注目されるが、スペイン『アス』によると、現時点でマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン(PSG)、そして古巣セビージャが行き先候補に挙がるという。

そのなかで、最有力だというのが今季限りでスペイン代表DFエリックガルシアがバルセロナに旅立ち、スペイン代表DFアイメリック・ラポルテにも移籍の噂があるシティだ。S・ラモスの代理人は前々からレアル・マドリー退団時の合意を目指して、シティと接触を図っている模様だ。

次に移籍先と目されるのがシティの宿敵であり、イングランド代表DFハリー・マグワイアの相方を務めるトップレベルのセンターバックを探すユナイテッド。その次はフランス代表FWキリアン・ムバッペとの契約延長が最優先事項のPSGだが、DFラインの強化も目標であり、候補だという。

そして、最後はほかの3クラブと比較して、可能性こそ低いものの、古巣セビージャ。連れ戻しに多額の資金が必要だけに、実現性の低い話だが、キャリア終盤の移籍であるのを鑑みると、下部組織時代から過ごした地元クラブに戻る選択肢もなくないものとみられているようだ。

なお、S・ラモスはレアル・マドリーから届いた約10%給与カットの単年契約による延長オファーを拒否。獲得を望むクラブは年俸として最低でも1200万ユーロ(約15億9000万円)を支払う必要があるといわれる。
関連ニュース
thumb

ユナイテッドがヴァラン獲得でレアル・マドリーと合意

マンチェスター・ユナイテッドは27日、レアル・マドリーに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァラン(28)の獲得で合意に達したことを発表した。 イギリス『スカイ・スポーツ』によれば移籍金はボーナス込みで4100万ポンド(約62億5000万円)、契約期間は1年延長オプション付きの4年になるとのことだ。今後メディカルチェックを済ませ次第、正式契約となる運びだ。 ヴァランは2011年夏にレアル・マドリー入り。主力センターバックとして4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝をはじめ、計18個ものタイトルに寄与するだけでなく、代表チームでも2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)で世界王者に輝いた。 ユナイテッドは先日、ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)を移籍金7300万ポンド(約111億円)で獲得。続けざまの大型補強に成功した形だ。 2021.07.28 03:27 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリーが売却目指すヨビッチ、イタリアの3クラブがレンタルでのオファーを検討か

レアル・マドリーのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(23)が、今夏に退団する可能性が高まっているようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ヨビッチは2019年夏にフランクフルトから6000万ユーロ(現レートで約78億円)の移籍金でレアル・マドリーに加入。エース候補として高い期待が寄せられていた。しかし、マドリーの初年度は存在感をほとんど発揮できず。加えて、ピッチ外での問題行動もあったことから昨シーズンはジネディーヌ・ジダン監督の構想から外れ、1月にレンタル移籍でフランクフルトへと復帰した。 かつてエースとして活躍した古巣に戻ったヨビッチは、最初こそブンデスリーガ3試合3ゴールをマークするなど活躍を見せたものの、その後失速。結局18試合4ゴール2アシストでシーズンを終え、マドリーに帰還している。 マドリーは昨季限りでジダン監督が退任し、カルロ・アンチェロッティ監督が就任したこともあり、ヨビッチの立場が変化する可能性もあったが、スペイン『マルカ』によると依然として売却候補であることに変わりはないようだ。 ヨビッチに対しては、インテル、ジェノア、サンプドリアなどイタリア勢が獲得に関心を示しており、レンタルでのオファーを検討しているという。 一方で、マドリーはヨビッチの移籍金を3500万ユーロ(約45億5000万円)に設定しているとされており、今夏の去就に注目が集まっている。 2021.07.27 16:47 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴァランも退団濃厚のレアル・マドリー、すべてはムバッペ獲得のためか

レアル・マドリーはパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ(22)獲得に執着しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 長らくムバッペの名がトップターゲットに挙がり続けるマドリーだが、近年は新型コロナウイルスの影響が財政面を直撃。買い控えの昨夏に続き、今夏もオーストリア代表DFダビド・アラバをフリーで獲得するなど、大金投じずの補強ぶりが目立つ。 だが、それもこれもムバッペ獲得のため。今夏は契約満了で退団したスペイン代表DFセルヒオ・ラモスに続いて、フランス代表DFラファエル・ヴァランまでも移籍濃厚だが、すべては次世代のスターであるムバッペを獲得するためのものだという。 そんなマドリーはヴァランを移籍金5000万ユーロ(約64億9000万円)前後でマンチェスター・ユナイテッドに売却見込み。クラブ屈指の高給取りだったS・ラモスの退団でも税抜き1500万ユーロ(約19億4000万円)の給与カットに成功した模様だ。 また、節約はそれだけにとどまらず、スペイン代表MFルーカス・バスケスに関しても新たな右サイドバックを獲るよりも安上がりという判断で先日に契約を延長。S・ラモス&ヴァラン退団で不安視されるセンターバックも補強しないようだ。 ただ、PSGも現状、契約が2022年までのムバッペを売る意思なし。オファーに耳を傾けるとすれば、1億8000万ユーロ(約233億4000万円)以上の移籍金を求め、選手にも税抜きで年俸2000万ユーロ(約25億9000万円)を用意する必要が出てくる。 そのため、レアル・マドリーは25選手の登録上限を上回る28選手が在籍のチームからさらなる売却を検討。ただ、ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールは非売品で、セルビア代表FWルカ・ヨビッチも大した額にならないと見込んでいるのことだ。 2021.07.27 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

マンU加入目前のヴァランにファーディナンド氏が太鼓判 「マグワイアの良いパートナーになる」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるリオ・ファーディナンド氏が、加入目前となっているレアル・マドリーのフランス代表DFラファエル・ヴァランを絶賛した。スペイン『マルカ』が伝えている。 マドリーとの契約を1年残しながらも、新たな挑戦を求めて移籍をリクエストしたというヴァラン。いくつか候補が上がった中、現在は移籍金5000万ユーロ(約65億1000万円)でのユナイテッド入りが決定的となっている。 これまで4度のチャンピオンズリーグ優勝や、その同数となるクラブ・ワールドカップ優勝など、多くのタイトルを獲得してきた2018年の世界王者にファーディナンド氏も大きな期待を寄せている。加入前ながら、早くもDFハリー・マグワイアとのコンビに胸を躍らせているようだ。 「彼はマンチェスター・ユナイテッドの一員になりたかったに違いない」 「これまで14回の決勝戦に出場し、そのすべてで優勝している。素晴らしい血筋の持ち主だ」 「勝利へのメンタリティもあるかって? そうだね。フランス代表でもレアル・マドリーでも成功を収めてきた」 「彼はスピードや勝ち方のノウハウをチームにもたらすだろう。また、ビッグゲームで勝つ方法を知っている。どんな試合でも動じることはないのだ」 「間違いないクオリティを持っていて、とても速く、味方をうまくカバーすることができる。マグワイアの良いパートナーになるはずだ」 2021.07.27 15:57 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴァランのユナイテッド移籍決定的に! 65.1億円前後で合意、来週発表見通し

レアル・マドリーに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァラン(28)のマンチェスター・ユナイテッド移籍が決定的なようだ。 レアル・マドリーとの契約が2022年まで残る上、クラブから延長の打診もありながら、プレミアリーグでの新たな挑戦を求め、移籍が取り沙汰されるヴァラン。これを受けて、レアル・マドリーが売却のタイミングとなる今夏の現金化に動くなか、獲得に乗り出したのがユナイテッドだ。 イングランド代表DFハリー・マグワイアの新たな相棒を探すユナイテッドは早い段階でヴァランと個人条件で合意に達したといわれ、レアル・マドリーとの移籍金を巡る話し合いが焦点に。そして、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏は26日、クラブ間合意を主張した。 ユナイテッドはヴァランの移籍に関する書類を準備しており、細かな部分が処理され次第に公式化される見込みで、移籍金額は5000万ユーロ(約65億1000万円)前後。個人条件の詳細は4年ベースの1年延長オプション付きで、全うすると、2026年6月末までの契約になる模様だ。 そんなヴァランのお披露目は検疫ルールの関係で来週になる見通し。今週中にもマンチェスターに向かうが、メディカルチェックは数日後になるようだ。 ついにユナイテッド入りが決まりそうなヴァランは2011年夏にレアル・マドリー入り。主力センターバックとして4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝をはじめ、計18個ものタイトルに寄与するだけでなく、代表チームでも2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)で世界王者に輝いた。 2021.07.27 08:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly