初戦落として傷心…ポーランド指揮官「がっかり、がっかりだよ」

2021.06.15 12:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポーランド代表のパウロ・ソウザ監督がスロバキア代表戦を振り返った。ポーランド『TVP SPORT』が伝えている。

14日にスロバキアとのユーロ2020グループE第1節を迎えたポーランド。主導権を握りながらも、アタッキングサードでのプレー精度を欠いて効果的にフィニッシュまで持ち込めずにいると、18分に先制点を献上してしまう。

後半開始早々にMFカロル・リネティが同点としてなおも責め立てたが、62分にMFグジェゴシュ・クリホヴィアクが2枚目の警告を受けて退場処分に。10人となったポーランドは69分に勝ち越しを許し、重要な初戦を落とすことになった。

エースを封じ込められて初戦を落とした指揮官は相当残念がっている様子。攻守においてより積極的な姿勢を見せないといけないと、改善点を口にした。とはいえ、以降の対戦相手も踏まえてか、今後にはやや悲観的な様子ものぞかせた。

「この結果には傷心だ。我々はもっとうまくプレーすることができるし、ある時点ではできていた。そのような状況では、確実に勝利する必要があった。前半はロベルト・レヴァンドフスキがゲームに関わらせてもらえなかったので、ハーフタイムに戦術を変更した。我々は1週間、この日のために取り組んできたが、うまくいかなかった」

「相手にもっとプレッシャーをかけ、もっとシュートを打たなければならない。ペナルティエリアに入れさせないよう、より良い守備をすべきだ。2失点目は非常に残念。相手をよく分析したが効果がなかった。がっかり、がっかりだよ。(グループステージ)突破のチャンスは少なくなったが、我々の未来を見るのは難しいね」

関連ニュース
thumb

ウォーカーと小競り合いを起こしたグリク、妻のマルタさんが殺害の脅迫被害に

ベネヴェントのポーランド代表DFカミル・グリクの妻が脅迫被害を受けているようだ。イギリス『スポーツバイブル』が伝えている。 グリクは8日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループI第6節、イングランド代表戦に出場。前半終了間際にプレーが切れた際、イングランドのDFカイル・ウォーカーと言い合いに。グリクがウォーカーの喉あたりをつねる行為に発展した。 ピッチ内ではお咎めはなかったが、それとは別にピッチの外にも波紋が広がっているようだ。 『スポーツバイブル』によれば、グリクの妻、マルタ・グリクさんが殺害の脅迫被害を受けているとのこと。マルタさんのSNSには心無い声や直接的な脅迫の言葉も届いたようだ。 なお、試合中での事象に関してグリクは「口頭での争いがあったが、それ以上何も起こらなかった」と語っている。ピッチ内で起きたいざこざに関しては、現在FIFAが調査中とのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】夫の行為により殺害脅迫を受けた妻のマルタさん</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CQK43GfNkAC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CQK43GfNkAC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CQK43GfNkAC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Marta Glik(@martaglik)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】グリクがウォーカーの首の皮を掴む </span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">GLIK <a href="https://t.co/sj8nkI42Ba">pic.twitter.com/sj8nkI42Ba</a></p>&mdash; iga (@polishnt) <a href="https://twitter.com/polishnt/status/1435690809555308545?ref_src=twsrc%5Etfw">September 8, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.11 20:15 Sat
twitterfacebook
thumb

イングランドvsポーランドの一戦で小競り合い…グリクがウォーカーの喉の皮膚をつまむ

8日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループI第6節、ポーランド代表vsイングランド代表は前半終了時に小競り合いがあった。 予選5戦全勝でグループ首位に立つイングランドが、5ポイント差で2位に位置するポーランドのホームに乗り込んだグループIの頂上決戦は、0-0のまま前半終了間際にポーランドがFKを獲得する。 ここで、イングランドのDFカイル・ウォーカーとポーランドのDFカミル・グリクが言い合うと、グリクがウォーカーの喉あたりの皮膚をつまむ場面があった。ウォーカーはこれに応じず、この行為は主審の目の前であったものの特にお咎めなしでFKが行われ、その後前半終了の笛が吹かれた。 すると、今度はグリクがFKの場面で相手のファウルがあったとして主審に主張する。これをきっかけにイングランドのDFハリー・マグワイアとグリクの言い争いに発展し、両軍の選手が入り乱れる事態に。しばらくの小競り合いがあった後、ロッカールームに戻ろうとしたグリクが呼び戻され、マグワイアとグリクの2人にイエローカードが提示された。 イギリス『サン』によると、この件はすでにFAに報告されているとイングランドのFWハリー・ケインのコメントを伝えている。 「ハーフタイムの直前に事件があり、FAに報告された。彼らが慎重に調査している、まずはそれからだ」 「聞いたところではすでにそれが行われているが、まだ言われていない。僕たちは映像をみて、彼らと話す機会がなかった」 イングランドのガレス・サウスゲイト監督も同様のコメントを残している。 「どんなことが起きたのかを把握している。報告があるので、何が起こったのかをもう少し知る必要がある」 「現時点ではまだすべての証拠を収集している段階、これ以上推測する意味はない」 <span class="paragraph-title">【写真】どうして?グリクがウォーカーの首の皮を掴む</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Kamil Glik, what are you doing? <a href="https://twitter.com/hashtag/POLENG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#POLENG</a> <a href="https://t.co/0ZcnraWHTo">pic.twitter.com/0ZcnraWHTo</a></p>&mdash; BettingOdds (@BettingOddsUK) <a href="https://twitter.com/BettingOddsUK/status/1435692751732068357?ref_src=twsrc%5Etfw">September 8, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">FA to investigate ugly incident in Poland vs England World Cup qualifier <a href="https://t.co/5o10Y5kyjl">https://t.co/5o10Y5kyjl</a></p>&mdash; The Sun Football (@TheSunFootball) <a href="https://twitter.com/TheSunFootball/status/1435718854282551302?ref_src=twsrc%5Etfw">September 8, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.09 17:35 Thu
twitterfacebook
thumb

イングランドはポーランド相手に土壇場被弾で今予選初失点で初ドロー…《カタールW杯欧州予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループI第6節、ポーランド代表vsイングランド代表が8日に行われ、1-1のドローに終わった。 予選5戦全勝でグループ首位に立つイングランドが、5ポイント差で2位に位置するポーランドのホームに乗り込んだグループIの頂上決戦。 前節、リンガードの2ゴール1アシストの活躍によってアンドラ代表に4-0と快勝したイングランドはその一戦から先発全員を変更。ユーロ2020で準優勝を果たした主力が戻り、前線は1トップにケイン、2列目に右からスターリング、マウント、グリーリッシュが並んだ。 試合は立ち上がりからエンジン全開のポーランドが押し込む入りに。レヴァンドフスキとブクサの2トップをシンプルに使うホームチームは、セカンドボールを効果的に回収しつつ、ウイングバックのシンプルなクロスでチャンスを窺う。 一方、15分を過ぎた辺りからケイン、グリーリッシュを起点にカウンターで相手を引っくり返す場面を増やすイングランド。19分には右サイドのウォーカーの攻撃参加から最後はボックス中央でボールを受けたマウントが右足を振るが、これは枠の上に。直後の21分には右サイドで仕掛けたスターリングからの浮き球のクロスをケインが頭で合わすが、味方への折り返しを意識したこのシュートは相手守備に対応される。 以降はイングランドが完全にボールの主導権を握って相手陣内深くでのプレータイムを増やしていくが、攻撃の枚数や最後の精度が足りず、守備時に5バックでゴール前を固めるポーランドの堅守に苦戦。 一方、ポーランドは29分にリネティの浮き球パスに反応したレヴァンドフスキがゴール前でDFとGKより先に浮き球を叩いてゴールに迫るが、これはGKピックフォードのセーブに遭う。 その後、前半終了時にはグリクとマグワイアの衝突から両軍入り乱れる小競り合いが発生するなど、互いにフラストレーションをため込む状況のままハーフタイムを迎えることになった。 後半は立ち上がりからイングランドが優勢に試合を運ぶ。スターリングとグリーリッシュの両翼が相手陣内の深い位置で仕掛ける場面を増やすと、53分にはフィリップスがこの試合最初の枠内シュートを放つ。 その後もイングランドペースが続くものの、ポーランドの堅守をあと一歩でこじ開けられない。だが、頼れるエースストライカーが個の力でゴールをこじ開ける。 72分、相手陣内中央でウォーカーからワンタッチの落としを受けたケインが距離のあるところから右足を一閃。強烈なシュート回転がかかったミドルシュートに対して、GKシュチェスニーは目の前のDFベドナレクがブラインドになったか、やや反応が遅れてボールはそのままゴール右隅を射抜いた。 マイケル・オーウェン超えとなるケインの代表通算41点目(単独5位)によって大きく勝利に近づいたイングランドは、積極的に交代カードを切っていくポーランドの攻撃を受け止めながらカウンターでトドメを差す戦い方にシフト。 ここまで5戦無失点の堅守イングランドはGKピックフォードの不用意なキックをブロックされてあわや失点という場面こそ招いたものの、冷静に時計を進めていく。 だが、ホームの大歓声を後押しに最後まで戦い続けるポーランドが、試合終了間際に意地を見せた。92分、波状攻撃からボックス左でボールをキープしたレヴァンドフスキが正確なクロスを上げると、これをゴール前に飛び込んだシマンスキが頭で押し込んだ。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、白熱の頂上決戦は1-1のドローに終わった。イングランドは今予選初失点によって土壇場で勝ち点3を逃したことで、今節2位に浮上したアルバニア代表に勝ち点4差に迫られることになった。 また、同日行われたハンガリー代表vsアンドラ代表、アルバニア代表vsサンマリノ代表は、いずれもホームチームが2-1、5-0と快勝を収めている。 ポーランド代表 1-1 イングランド代表 【イングランド】 ケイン(72分) 【ポーランド】 シマンスキ(92分) 2021.09.09 06:05 Thu
twitterfacebook
thumb

サウスゲイト監督、勢いに乗るポーランドを警戒 「完璧にプレーしなければならない」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、8日のポーランド戦に向けて意気込みを語っている。協会公式サイトがコメントを伝えた。 カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループIで、ここまで5戦全勝中のイングランド。内容17得点1失点と、攻守ともに申し分ないパフォーマンスが続いている。 対するポーランドは、グループステージの序盤は思うような結果が残せなかったものの、第4節と第5節で連勝。その2試合で11ゴールと大量得点を記録し、現在はイングランドに次ぐ2位につけている。 勢いに乗るポーランドとの対戦を控えたサウスゲイト監督は、プレーの細部にも注意を払わなければならないと警戒心をあらわに。4-0で勝利した直近のアンドラ代表戦のような心構えが必要であると主張した。 「我々は先日のように試合に臨まなければならない。ポゼッションを保つことがアウェイのスタジアムに立ち向かうための大きな要因になることはわかっているが、試合の流れは思い通りにはならないだろう」 「今回の相手はとても良い状態にある。彼らはここ2試合に勝っており、優れた選手がいる。先日対戦したハンガリーよりもボールをキープしてくるはずだ 「だからこそ、プレスのかけ方やディフェンスの仕方など、細部に至るまで完璧にプレーしなければならない」 また、第3節で対戦した際は負傷のため欠場していたFWロベルト・レヴァンドフスキにも言及。ワールドクラスのストライカーだと称賛しつつ、チームとしてのクオリティの高さについても語っている。 「レヴァンドフスキはヨーロッパで最も優れたフィニッシャーの1人だ」 「彼がチームにもたらすものに備えなければならないが、他にも素晴らしい選手がいることも承知だ。あの夜、ウェンブリーでは本当にいい試合をしてくれたし、最後まで我々を追いこんだ」 「我々はレヴァンドフスキを中心に対策を用意しているが、チーム全体に対しても準備をしなければならない」 2021.09.08 15:24 Wed
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキやジエリンスキらポーランド代表メンバーが発表《カタールW杯欧州予選》

ポーランドサッカー協会(PZPN)は16日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨むポーランド代表メンバー26名を発表した。 パウロ・ソウザ監督が率いるポーランド代表。ユーロ2020では1勝も挙げられずにグループ最下位でのは痛いと悔しい思いをした。 そんな中招集された今回のメンバーには、エースのFWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)やGKヴォイチェフ・シュチェスニー(ユベントス)、DFヤン・ベドナレク(サウサンプトン)らを招集。ローマのMFニコラ・ザレフスキが初招集を受けている。 ポーランドは3試合を終えて勝ち点4の4位に位置。9月2日にホームでアルバニア代表(6pt/3位)、同5日にアウェイでサンマリノ代表(0pt/6位)、同8日にホームでイングランド代表(9pt/1位)と対戦する。 今回発表されたポーランド代表メンバー26名は以下の通り。 ◆ポーランド代表メンバー26名 GK バルトロミエ・ドラゴウスキ(フィオレンティーナ/イタリア) ウカシュ・スコルプスキ(ボローニャ/イタリア) ヴォイチェフ・シュチェスニー(ユベントス/イタリア) DF トマシュ・ケジオラ(ディナモ・キエフ/ウクライナ) マチェイ・リブス(ロコモティフ・モスクワ/ロシア) ティモテウシュ・プハチ(ウニオン・ベルリン/ドイツ) パウェル・ダビドビッツ(エラス・ヴェローナ/イタリア) カミル・グリク(ベネヴェント/イタリア) バルトシュ・ベレシュインスキ(サンプドリア/イタリア) ミハウ・ヘリク(バーンズリー/イングランド) ヤン・ベドナレク(サウサンプトン/イングランド) MF カクペル・コズクォフスキ(ポゴニ・シュチェチン) セバスティアン・シマンスキ(ディナモ・モスクワ/ロシア) グジェゴシュ・クリホヴィアク(クラスノダール/ロシア) プルゼミスラフ・フランコフスキ(RCランス/フランス) ヤクブ・モダー(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド) カミル・ヨズヴィアク(ダービー・カウンティ/イングランド) マテウシュ・クリッヒ(リーズ・ユナイテッド/イングランド) ニコラ・ザレフスキ(ローマ/イタリア) カロル・リネティ(サンプドリア/イタリア) ピオトル・ジエリンスキ(ナポリ/イタリア) FW ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ドイツ) ダヴィド・コフナツキ(デュッセルドルフ/ドイツ) クシシュトフ・ピョンテク(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) カロル・シフィデルスキ(PAOKテッサロニキ/ギリシャ) アダム・ブクサ(ニューイングランド・レボリューション/アメリカ) 2021.08.17 20:48 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly