初戦黒星を悔やむスコットランド指揮官「両者の間にそれほど大きな差はなかったが…」

2021.06.15 10:47 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スコットランド代表のスティーブ・クラーク監督がユーロ2020初戦での敗北を悔やんだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

スコットランドは14日に行われたユーロ2020グループD第1節でチェコ代表と対戦。1998年のフランス・ワールドカップ(W杯)以来となる大舞台でチームは積極的な姿勢を見せたが、なかなか得点を奪えない展開に。するとチェコのFWパトリック・シックに超ロングシュートを含む2ゴールを許し、そのまま0-2のスコアで敗れた。

初戦の結果、グループステージ最下位となったスコットランドは強豪国であるイングランド代表、クロアチア代表との試合を残しており、決勝トーナメント進出に向け早くも苦しい状況になっている。

試合後のインタビューに応じたクラーク監督は敗れはしたものの内容では決して劣っていなかったとコメント。ただし、得点をするのに十分なプレーはできていなかったと認めた。

「我々は競争するためここにやって来て、試合でもそれは示せていたと思う。時に、フットボールの試合では思い通りにならないこともあるが、今日はまさにそんな日だった」

「正直に言って、両者の間にそれほど大きな差はなかったと思う。ただ、我々のポゼッションやゴールへのチャレンジを見た時、適切なタイミングで十分な攻撃ができていなかった」

「失点の時間帯が良くなかった。ハーフタイムの5分前にセットプレーから失点したのは残念だったね。普段であれば、よく守っていた場面だった」

「後半は良いスタートを切ることができた。ジャック(・ヘンドリー)のシュートがバーを叩き、彼はさらにシュートを打ったがブロックされ、それが相手のストライカーにわたった。見事なフィニッシュを決められてしまったね。そこから先は、難しい午後になってしまった」

「我々は良いチャンスを作り、試合に戻るチャンスもあったんだ。もし1-2になっていれば、また違った午後になっただろう。結果にはがっかりしたが、既に次の試合に向けて準備はできている」

また、クラーク監督はこの試合欠場となったDFキーラン・ティアニーについても言及。直前で主軸選手を欠いたのは痛手だったと語りつつ、次の試合には出場できる可能性があると語った。

「我々はチームの形について多くの仕事をしてきており、キーランもそれに関わっていた。だから、試合まで48時間というところで彼がちょっとした体の不調を訴えて欠場した場合、少しばかりの変更が必要になってしまう。そうすると、チームのダイナミックさも変化する」

「彼は最近の我々に欠かせない存在だ。とはいえ、彼がいなくてもこの試合でそれほど酷いディフェンスをしたとは思っていない。最初の失点は防げたかもしれないが、2失点目は本当に良いシュートだった」

「キーランは金曜日の試合に間に合う可能性がある」

関連ニュース
thumb

シティは左SB補強でティアニーに照準? ククレジャの約82億円は高すぎるとの考えか

マンチェスター・シティがアーセナルのスコットランド代表DFキーラン・ティアニー(25)に関心を寄せているようだ。 ティアニーは2019年8月にセルティックからアーセナルへと加入した左サイドバック。アーセナルではこれまで公式戦通算86試合4得点12アシストを記録するなど、ミケル・アルテタ監督からの信頼のもとで主力選手の1人として活躍している。 その一方で、ケガがちであることも知られており、アーセナル加入後の3シーズンでたびたび負傷離脱を繰り返し、今シーズンも今年4月の左ヒザの手術実施のために終盤戦を欠場していた。 それでもプレミアリーグ屈指の実力者に興味を抱くビッグクラブは後を絶たない。スコットランド『スコッツマン』によると、以前より報じられていたレアル・マドリーやバルセロナに加え、新たにシティもティアニーの獲得を模索し始めたようだ。 左サイドバック補強を目指すシティは、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのスペイン代表DFマルク・ククレジャ(23)をトップターゲットとして獲得を目指しているとされ、すでに正式オファーを提示すると伝えられている。だが、『スコッツマン』は、シティの首脳陣らはブライトン側が要求している5000万ポンド(約82億5000万円)の支払いに二の足を踏んでいると指摘。ジョゼップ・グアルディオラ監督もその才能を高く評価しているというティアニーへ方針転換するかもしれないと分析している。 今シーズンのアーセナルでは腕章を巻く試合もあるなど、新シーズンの主将候補の1人ではないかと目されたティアニー。今夏の移籍はあるのだろうか。 2022.06.20 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーロ2020出場に導いたGKマーシャル、スコットランド代表から引退

QPRのGKデイビッド・マーシャル(37)がスコットランド代表からの引退を表明した。スコットランドサッカー協会の公式サイトにコメントを掲載した。 2004年8月に代表デビューを飾ったマーシャルはこれまでスコットランド代表として47試合に出場。ユーロ2020本戦出場を懸けたプレーオフ準決勝イスラエル代表戦、決勝のセルビア代表戦ではいずれもPK戦となった中、マーシャルの活躍で本戦出場を勝ち取った。そしてユーロ2020では3試合にフル出場していた。 代表引退についてマーシャルは「自分の国のためにプレーするのが大好きだった。ユーロでプレーできたことがハイライトになったよ。後進に道を譲るべきと考えたのが今回の決断に至った最大の理由だ。ネーションズリーグが始まる前に発表するべきだと思ったんだ」とコメントを残した。 2022.06.08 01:30 Wed
twitterfacebook
thumb

指揮官も「国民全員でつかんだ勝利」W杯POに臨んだウクライナ代表は全員が国旗を背負い入場

カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ準決勝のスコットランド代表vsウクライナ代表が1日にハムデン・パークで行われ、3-1でウクライナが勝利を収めた。 当初は3月24日に開催予定だったが、2月24日に始まったロシアによるウクライナへの軍事侵攻の影響で延期となっていた一戦には、ウクライナのスタメン選手全員がウクライナ国旗を背負って入場。困難な状況に立ち向かう誇りを見せた。 不屈の精神を示したウクライナは、MFアンドリー・ヤルモレンコ、FWロマン・ヤレムチュク、FWアルテム・ドヴビクのゴールで3-1と快勝。5日にカーディフで行われるウェールズ代表との決勝戦を戦う。 この1カ月間、スロベニアでトレーニングを行っていたウクライナ代表。オレクサンドル・ペトラコフ監督は試合後、選手の戦いぶりを高く評価し、今日の勝利は国民全員で手にしたものだと、力強い言葉を残している。 「今日はピッチに出る前、普通の人々、我々の国やファン、苦しんでいる人々のためにプレーをしようと話をした」 「サッカーはチームスポーツだ。勝利はすべて選手たちのおかげだ。故郷では塹壕、兵舎、病院などにいる人々が、あらゆる軍隊の代表者が、すべてのファンがプレーヤーに感謝し拍手を送っているだろう。ただこれは国民全員でつかんだ勝利だ」 <span class="paragraph-title">【動画】W杯プレーオフ、ウクライナ代表はスタメン全員が国旗を纏って入場</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>スタメン全員が<br>ウクライナ国旗を<br>背負って入場<br>\<br><br>困難な状況でW杯予選を迎えたウクライナ代表<br><br>人々に勇気を与えるために運命の一戦に挑む。<br><br>W杯欧州予選プレーオフ<br>スコットランド×ウクライナ<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZNsrc=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中 <a href="https://t.co/2coOVbdu4w">pic.twitter.com/2coOVbdu4w</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1532119805360123904?ref_src=twsrc%5Etfw">June 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.02 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「自分たちを失望させた」ウクライナに敗れW杯出場を逃したスコットランド、ロバートソンは謝罪「ファンのみんなに申し訳ない」

スコットランド代表のDFアンドリュー・ロバートソンが、ウクライナ代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフのスコットランドvsウクライナが行われた。 ロシアによる軍事侵攻の影響で、3月に行われるはずだったプレーオフが中止に。ウクライナはいまだに攻撃を受けている中、スコットランドは3カ月近く待った試合を行うこととなった。 ホームでの一戦。紛争がスタートしてから初の公式戦となるウクライナが難しい試合になると思われたが、スコットランドは33分に先制を許してしまう。 まさかの先手を奪われると、49分にも失点。苦しい状況に追い込まれて焦りが出てしまい、思うように試合をコントロールできない。79分にはカラム・マクレガーがゴールを決めるも、もう1点が遠く、後半アディショナルタイムに被弾。1-3で敗れ、1998年のフランス大会以来のW杯出場の夢は閉ざされてしまった。 難しい試合となった中で、ホームで敗れてしまったスコットランド。ロバートソンが『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じ、試合を振り返った。 「とても残念だ。この試合を長い間待っていたけど、実際には報われなかった。ウクライナは、僕たちよりも早く落ち着き、それが続いていた」 「彼らが疲れることが分かっていたので、試合を保とうとしたけど、苦しい戦いとなった」 「思い通りにプレーできなかった。それが一番残念なことだ。今夜は自分たちを失望させてしまった」 「もちろん傷つくのは当然だ。今夜を振り返る必要があるけど、ここからネーションズリーグに向けて、プッシュし続けなければいけない。僕たちは団結しなければいけない」 「僕たちに批判が集まるのは分かっている。僕たちが言えることは、ファンのみんなに申し訳ないということだけだ。また挑戦していかなければいけない」 2022.06.02 09:50 Thu
twitterfacebook
thumb

「キャリアで最高のパフォーマンスを」W杯まであと1勝、ウクライナDFジンチェンコがウェールズ戦へ意気込み

ウクライナ代表のDFオレクサンドル・ジンチェンコが、スコットランド代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフのスコットランドvsウクライナが行われた。 ロシアによる軍事侵攻の影響で、3月に行われるはずだったプレーオフが中止に。ウクライナはいまだに攻撃を受けている中、初の公式戦に臨んだ。 試合は33分に、アンドリー・ヤルモレンコがゴールを奪って先制すると、49分にはロマン・ヤレムチュクがゴールを奪い、リードを広げる。 79分にはカラム・マクレガーにゴールを許して、1-2とされるが、後半アディショナルタイムにアルテム・ドヴビクがダメ押しゴール。1-3で勝利を収め、ウェールズ代表が待つプレーオフ決勝へと駒を進めた。 難しい中で見事に勝利を収めたウクライナ。試合前に涙ながらに語っていたジンチェンコが『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じ、試合を振り返った。 「僕たちにとっては、1戦1戦が最後の試合のようなものだ。チームとしてワールドカップを夢見てきたし、あと1試合勝たなければいけない」 「厳しい戦いになることは分かっていたけど、3つのゴールを決められた。もっと得点することもできたと思う」 「僕たちにとって(ウェールズ戦)は大きな意味を持つ試合になる。最終的なものでもあり、僕たち全員が自分たちのキャリアで最高のパフォーマンスを示さなければいけない。そして、何が起きるかを見てみよう」 また、『UEFA.com』にもコメント。試合が開催されたことに感謝し、しっかりとゴールを積み上げて勝利できたことを喜んだ。 「試合が行われたことに感謝する。僕たちは今日、最高のパフォーマンスを見せ、見守っているすべてのウクライナのファンに、素晴らしい感動と良い気持ちを届けようと努力した」 「先制ゴールを決めることはいつでも素晴らしいことだ。それは常に自信を与えてくれるし、後半の早い段階での2つ目のゴールは、試合を落ち着かせるためにも、僕たちにとってとても重要だった」 「スコットランドは難しいチームで、簡単なことではないことは分かっていた。残念ながら1つゴールを許したが、チームとして、グループとして、すべて一緒になり、うまくいくことができた」 あと1勝でW杯出場が決定するウクライナ。ウェールズとの決勝は、5日に行われる。 2022.06.02 09:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly