エリクセンが冗談を言うまでに回復!心配するチームメイトに「僕より顔色悪いみたいだけど?」

2021.06.14 19:23 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、緊急搬送後初めて公にコメントを残した。世界中に衝撃が走った12日に行われたユーロ2020のフィンランド代表戦から二日。意識を取り戻したエリクセンの容態も徐々に安定し、現在では会話もできる状態まで回復している。

順調に快方へ向かいながらも余談は許さない状況で、未だ退院の目処は立っていないエリクセン。それでも14日の朝、代理人を通じてコメントを発表。無事を報告した。

「ありがとう、諦めずに頑張るよ。今は調子も良くなってきた。だけど僕の身に何が起こったのかを知りたい」

「そして、僕のためにあらゆる努力をしてくれた全ての方に感謝したい」

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、FaceTimeでインテルのチームメイトと会話をしたというエリクセンは、心配する仲間に「僕より顔色悪そうだけど大丈夫か!?」と痛快な冗談も飛ばしたようで、「いますぐトレーニングできる」と、早くも現場復帰に意欲も見せている模様。

とはいえ代理人によると「まだ休む必要がある。彼には妻と両親がついている」と、しばらくは安静を求められるとのこと。

また、同胞のデンマーク代表の面々は、GKカスパー・シュマイケルは「ハッピーエンドになった良かったよ。まだ終わったわけではないが、もっと酷かったかもしれない」と安堵。FWマルティン・ブラースヴァイトは「僕たちは友人、そしてチームメイトを失いかけた。無事を祈る中で何と言ったか正確には覚えてないけど、この件は僕の信仰心を強めることになった」と話す。

また、MFピエール=エミール・ホイビュルクは、「横たわったクリスティアンが白目を剥いているのを見た時恐怖を覚えた」と当時の様子を回想し、いかに凄惨な状況だったかを語った。

なお、前例として試合中に倒れた選手が、医師のアドバイスからそのまま引退したケースもあるが、果たしてエリクセンは再びピッチに戻って来られるだろうか。
関連ニュース
thumb

エリクセンの卒倒を間近で見たバルセロナFWが正直に語る「人が死体を見たらすぐに理解する」

バルセロナに所属するデンマーク代表FWマルティン・ブラースヴァイトがユーロ2020の試合中にMFクリスティアン・エリクセンが倒れたシーンについて振り返った。 6月12日に行われたユーロ2020グループB第1節のデンマーク代表vsフィンランド代表の一戦。先発したエリクセンだったが、前半途中に卒倒。意識を失ったエリクセンに対して、ピッチ上で心肺蘇生法(CPR)などの救命措置が取られた。 エリクセンはすぐに試合会場の近くにあるコペンハーゲンの病院に搬送され、一命を取り留め、日常生活を送れるレベルに回復している。 そのシーンをピッチから間近で見たブラースヴァイトは当時について、『433』とジェエリーメーカー『ラッキーメタル』が制作したドキュメンタリーの中で正直に語った。 「僕は人生で最も悪い状況の1つを経験した。デンマーク史上最大のスポーツイベントになるはずだったが、それは悪夢だった」 「あの夜に起こったことは多くの人に衝撃を与えた。僕が彼を見た瞬間、彼は逝ってしまったと思った。その瞬間にできることは神へ祈ることだけだと思った」 「人が死体を見たら、それは分かるものだ。すぐに理解する。僕はそれを見た。目に入った時、一生懸命に祈り始め、その瞬間にできることはそれだけだと感じた」 「私たちはすべての医師に彼の治療を頼んだ。その時の写真は誰にも見られたくないものだ」 「すべては良い結末で終わった。クリスティアンは元気で症状も安定している。それが僕たちが望むことができる唯一のことだ」 その後、心臓発作の再発を防ぐべく植え込み型除細動器(ICD)を装着する手術を受けたエリクセンだが、3日にメディカルチェックを受けるためミラノに到着。原因究明のため詳しい心臓検査を受け、今後ICDを取り外してプレーができるかの判断が行われるようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】退院後初めて確認されたエリクセンの元気そうな姿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CQ0tzmkjBhs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CQ0tzmkjBhs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CQ0tzmkjBhs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Bjørn Bindzus(@bjornbindzus)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWR1BoRjk5SiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 2021.08.04 06:35 Wed
twitterfacebook
thumb

「反応に感動した」 ユーロ2020を振り返るUEFA会長がエリクセン卒倒時を語る

欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長が、ユーロ2020決勝を前に大会を振り返った。イギリス『BBC』が伝えた。 今大会は、従来であれば2020年に12カ国12都市で開催される予定だった。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、1年延期となり、11カ国11都市で開催された。 残すところはイタリア代表vsイングランド代表の決勝のみとなった中、チェフェリン会長は『BBC』のポッドキャストで今大会を振り返った。 今大会を語る上で、忘れてはならないのはデンマーク代表。初戦のフィンランド代表戦で、MFクリスティアン・エリクセンが突如意識を失いピッチ上で倒れ込むアクシデントが発生。さらに心停止を起こし、ピッチ上で心肺蘇生法(CPR)などの救命措置が取られ、試合会場の近くにあるコペンハーゲンの病院に搬送された。 一命をとりとめたエリクセンだったが、その当時のチームメイトの振る舞いには称賛の声が集まり、特にキャプテンであるDFシモン・ケアーの対応が脚光を浴びた。 心臓発作の再発を防ぐべく植え込み型除細動器(ICD)を装着する手術を受けたエリクセンはすでに回復。元気な姿を見せているが、チェフェリン会長はそのシーンに触れ、 「恐ろしい状況だった。みんな完全にショックを受けた。ただ、ある意味では、レベルの高いサッカーの試合で起きたことは良かったのかもしれない。救急隊員が20秒で駆けつけ、そのお陰で彼の命が救われたことは間違いない」 「神に感謝する。彼は大丈夫だ。彼と素晴らしい対応をしてくれた医師団には敬意を示すことが重要だった」 「あの事件の後、デンマークの選手たちがさらに団結するのを見た。彼らも素晴らしい反応を示した。特にキャプテン(シモン・ケアー)の反応には感動した」 2021.07.11 10:16 Sun
twitterfacebook
thumb

これは胸熱! インテルファンがチーム始動日に死の淵を彷徨ったエリクセンに捧げるチャントの大合唱!

ファンの後押しが力になるとよく聞くが、これほどの後押しはないだろう。 2020-21シーズンのセリエAを制し、ユベントスから覇権を奪ったインテル。アントニオ・コンテ監督が退任し、新指揮官にラツィオを指揮していたシモーネ・インザーギ監督を迎えて、リーグ連覇に挑む。 そのインテルは、9日に新シーズンに向けて活動を再開。すると、アッピアーノ・ジェンティーレにあるインテルのトレーニング施設には、大勢のインテルサポーターが訪れ、チームへのエールを送った。 インテルのサポーターたちは、新シーズンに向けたプレシーズンをスタートさせるチームの到着を待つと、チームフラッグを振り回し、大声でチャントを歌うなど、コロナ禍では考えられない行動に打って出た。 もちろん、ワクチン接種が進む中で、イタリアではこれらの行為が今は認められており、違法ではない。すると、チームの面々はサポーターの前に登場し、久々に顔を合わせることとなった。 チャントを歌い続けていたファンたちだったが、ここで1つの行動に出る。大勢のインテルサポーターがとあるチャントを大合唱。そのチャントは、MFクリスティアン・エリクセンのものだった。 エリクセンは、デンマーク代表として出場したユーロ2020の初戦のフィンランド代表戦で試合途中に突如意識を失い、ピッチ上に倒れこむアクシデント。さらに心停止を起こし、ピッチ上で心肺蘇生法(CPR)などの救命措置が取られ、試合会場の近くにあるコペンハーゲンの病院に搬送された。 一命を取り留めたエリクセンだったが、心臓発作の再発を防ぐべく植え込み型除細動器(ICD)を装着する手術を受け無事に成功。すでに退院しており、健康状態には問題がないようだ。 一方で、イタリアでは除細動器を体に埋め込んだままコンタクトスポーツを行うことは禁じられており、エリクセンが今後どうなるかは未定。まだチームには合流していないものの、集まったファンは死の淵から帰還したエリクセンに向けてチャントを歌い続けた。 熱いインテルファンは、イタリア代表を応援する一方で、愛するチームのエリクセンへの愛情を示す行動。その場にはエリクセンは居なかったが、しっかりと届くはずだ。 <span class="paragraph-title">【動画】エリクセンに届け! インテルファンがチャントを大合唱!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"> Cori per <a href="https://twitter.com/hashtag/Eriksen?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Eriksen</a> al raduno dell&#39;<a href="https://twitter.com/hashtag/Inter?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Inter</a> ad Appiano <a href="https://t.co/YJwQJd92Ra">pic.twitter.com/YJwQJd92Ra</a></p>&mdash; TUTTOmercatoWEB (@TuttoMercatoWeb) <a href="https://twitter.com/TuttoMercatoWeb/status/1413804225834913796?ref_src=twsrc%5Etfw">July 10, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJSUHc0M1R0bSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.10 22:05 Sat
twitterfacebook
thumb

UEFAがデンマーク戦での一部サポーターの愚行受け、イングランドを処分へ

欧州サッカー連盟(UEFA)は、7日に行われたユーロ2020準決勝のデンマーク代表戦における一部イングランド代表サポーターの不適切な振る舞いについて処分を前提に調査を開始したことを発表した。 7日にウェンブリー・スタジアムで行われた準決勝は延長戦の末にイングランドが2-1で勝利し、史上初の決勝進出を果たした。 しかし、同試合ではイングランドの勝利に水を差す幾つかの愚行が確認されていた。 その中でより非難を浴びたのが、FWハリー・ケインが延長前半に決めた決勝点の場面でのGKカスパー・シュマイケルに対する妨害行為だ。 イングランドは102分にFWラヒーム・スターリングがDFヨアキム・メーレに倒され、際どい判定ながらPKを獲得。 勝敗を大きく左右する重要な場面だったが、その瞬間にシュマイケルの顔にレーザーポインターが向けられ、緑色の光がちらついた。スローで確認するとシュマイケルの右目にも光が当たっていたように見えたが、圧巻の集中力を見せたデンマーク守護神は全く気にすることなく、ケインのPKを横っ飛びでストップ。だが、ルーズボールをねじ込まれてしまっていた。 そして、UEFAは今回の妨害行為を受け、「この事件はやがてUEFA管理・倫理・規律委員会(CEDB)によって処理されることになる」と、調査を開始したことを明らかにした。 また、UEFAはレーザーポインター事件に加え、「国歌斉唱中にサポーターが起こした妨害行為」、「サポーターによる花火の点火」という2つのインシデントに関しても処分を科すことを明かした。 なお、一連の処分はイングランドサッカー協会(FA)に科されることになり、罰金やUEFA公式戦における無観客措置、一部スタンドの封鎖といった処分が見込まれる。 2021.07.08 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

誇り高くユーロ去るデンマーク、主将ケアー「素晴らしい冒険だった」

イングランド代表に敗れてベスト4敗退となったデンマーク代表だが、選手たちは誇り高くユーロを去る。 デンマークは7日に行われたユーロ2020準決勝で延長戦の末に1-2で敗戦。この結果、1992年大会以来、2度目の優勝の夢が潰えることになった。 FWハリー・ケインの決勝点が物議を醸すPKの流れからだったこともあり、デンマークにとっては悔やまれる形での終わり方となった。 だが、キャプテンを務めるDFシモン・ケアーは、一時生死をさまよったエースMFクリスティアン・エリクセンの戦線離脱、グループリーグ2連敗からの大逆転突破を含め、幾つもの感情に揺り動かされた今大会を前向きに捉えている。 デンマークの偉大なるリーダーはイングランド戦直後に行われたデンマーク『DR1』のインタビューで今大会を振り返った。 「素晴らしい冒険だったよ。ここで終わってしまったことは残念だけど、それが現実なんだ。僕らが受けたサポートは、自分たちが期待していた以上のものだったよ。そのことを誇りに思う。だけど、決勝戦に進出できなかったことはやっぱり残念だったね」 「僕らはこの試合をとてもよく戦った。時折、難しい状況に陥ることもあったけど、それも気にならなかった。前半のいくつかの場面でもう少し鋭さがあれば、追加点を取ることができたかもしれない」 また、ケアーと共に今大会を通じてその熱量溢れるプレーでチームを鼓舞し続けた闘将といえるMFピエール=エミル・ホイビュルクは、感極まった様子を見せながらも、今大会でのチームの戦いぶりに満足感を示している。 「言葉に詰まってしまうね。今ここで何かを言うのは少し難しいよ。ただ、僕はこの冒険に参加したグループと人々を誇りに思う。その喜びを感じているよ」 「もっと上に行ければ最高だったけど、この仲間たちと一緒に戦えたことを心から嬉しく思うよ」 志半ばで今大会を去ることになったデンマークだが、世界中のフットボールファンの魂を揺さぶった、その素晴らしい戦いぶりに心からの感謝を伝えたい。 2021.07.08 15:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly