ドイツ代表に痛手…ゴレツカ、ユーロ初戦のフランス戦欠場が決定

2021.06.10 21:32 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドイツサッカー連盟(DFB)のオリバー・ビアホフ氏は10日、バイエルンMFレオン・ゴレツカが15日に行われるユーロ2020初戦のフランス代表戦を欠場することを発表した。ドイツ『SPORT1』が伝えている。

5月8日に行われたブンデスリーガ第32節ボルシアMG戦で左足ハムストリングを負傷して以降、戦線離脱が続いているゴレツカ。それでもユーロに向けたドイツ代表メンバーには招集されており、フランス戦に間に合うかどうかという状況だった。

先日にヨアヒム・レーブ監督も欠場を示唆していたが、この度ビアホフ氏が改めて同選手の初戦欠場を明らかにした。

「レオンはチームトレーニングを行う準備はできている。しかし、最初の試合で出場することはない。今後はさらに負荷をかけたトレーニングを進めて、医療スタッフが注意深く観察していく」

「彼は素晴らしい人格者であり、重要な選手だ。私は彼が今大会で重要な役割を果たすと確信しているよ」

なおドイツ代表は、初戦のフランス戦の後、19日にポルトガル戦、23日にハンガリー戦が控えている。

関連ニュース
thumb

元ドイツ代表DFボアテングが有罪も前科付かず、元妻への暴力行為で罰金2億3400万円

元妻への暴行容疑で地方裁判所に出廷したリヨンの元ドイツ代表DFジェローム・ボアテングが、有罪判決を受けた。ドイツ『ビルト』が伝えた。 問題となっているのは、ボアテングの元妻であるシェリン・センラーさんに対する3年前の暴力。2人は2007年から交際をスタートさせ、双子の女の子を授かったものの、2018年に離婚。2019年にセンラーさん側から家庭内暴力で起訴されていた。 9日、ボアテングは裁判所に出廷。自身の暴行については否定したが、判決は有罪となり罰金処分が下された。 懲役5年とも報じられていた中、『ビルト』によればボアテングは1回3万ユーロ(約390万円)を60回に分けて支払うとのこと。合計で180万ユーロ(約2億3400万円)の罰金となった。 なお、検察官は危険な身体的危害、暴行、侮辱の罪で、執行猶予付きの1年6カ月を求刑していたが、罰金処分に終わった。 1回の罰金学はボアテングの収入に応じて決められるが、最大で3万ユーロしか科せられず、最高額になるとのこと。月収を90万ユーロ(約1億1700万円)と見たてており、年収を1080万ユーロ(約14億円)と考えて計算しているようだ。 また、60回の罰金となるものの、ドイツでは刑期は90日を上回った場合は前科とみなされるため、ボアテングは前科者にはならないという。 今回の事件は起訴状によると、ボアテングがカリブ海のタークス・カイコス諸島でバカンスを過ごしていた最中に、センラーさんを殴打したとされている。ボアテングは、侮辱しながら殴ったり、頭に噛みつき、地面に叩きつけるなどの行為に及んだとのこと。また、検察官によると、ガラス製のランタンや保冷バッグを“全力”で投げつけたとのこと。罪状は、侮辱罪と故意の身体的危害とされていた。 2021.09.10 12:37 Fri
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表を乗せた飛行機が緊急着陸…出発から14時間後に選手たちは無事解散

ドイツ代表の一行を乗せた飛行機が緊急着陸する事態となっていた。 9月のカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨んでいたドイツ代表。8日にはアウェイでアイスランド代表と対戦し、0-4で快勝を収めていた。 9月の予選3連戦を0-2、6-0、0-4と1失点もせずに3連勝で終えたドイツ。ハンジ・フリック新監督を迎えて、絶好調だったが、帰りにトラブルに巻き込まれた。 試合を終えてアイスランドから帰路についたドイツ代表の一行。しかし、途中のスコットランドのエディンバラに飛行機が緊急着陸していたのだ。 ドイツ代表の公式ツイッターでは「安全第一。エディンバラで、予防措置としての安全な緊急着陸。そこから個人の移動が計画される」と報告。予防措置として緊急着陸したと報告されていた。 その後しばらく飛行機の中で過ごしたドイツ代表の一行。最終的にはフランクフルトへと向かう別の機体がエディンバラへと向かい、選手たちはフランクフルトとミュンヘンへそれぞれ無事に飛び立っていた。 ドイツ『ビルト』によると、アイスランドを飛び立った飛行機だが、2時間後にパイロットが緊急コードを受信。医療的な緊急事態や燃料不足、機体の欠陥を示すものだったという。そのため、エディンバラに緊急着陸したとのことだ。 航空会社の「KlasJet」は今回の件について、「非常用発電機の信頼性の低い機能を発見した後、乗務員は安全上の理由から、最も近い適切な空港に飛ぶことにしました。乗客にリスクはありませんでした」と説明。あくまでも予防措置として緊急着陸をしたとのことだ。 最終的には離陸から14時間後にドイツへと戻ってきた選手たち。勝ち点9とともに無事に帰れて何よりだ。 <span class="paragraph-title">【写真】緊急着陸後、機内でコーヒーブレイク</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Zeit für einen weiteren Kaffee. <br>Hier läuft alles sehr unaufgeregt, ruhig und professionell. Wir sind noch im Flieger und gedulden uns ein bisschen. <a href="https://t.co/VfrnIIoodU">pic.twitter.com/VfrnIIoodU</a></p>&mdash; Die Mannschaft (@DFB_Team) <a href="https://twitter.com/DFB_Team/status/1435868825401057282?ref_src=twsrc%5Etfw">September 9, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.10 11:28 Fri
twitterfacebook
thumb

元妻への暴行容疑で出廷の元ドイツ代表DFボアテングが無罪を主張…事の発端は“カードゲーム”での口論

今夏バイエルンを退団し、リヨンへと移籍した元ドイツ代表DFジェローム・ボアテング。元妻への暴行容疑で地方裁判所に出廷したが、容疑を否認した。 問題となっているのは、ボアテングの元妻であるシェリン・センラーさんに対する3年前の暴力。2人は2007年から交際をスタートさせ、双子の女の子を授かったものの、2018年に離婚。2019年にセンラーさん側から家庭内暴力で起訴されていた。 元々2020年12月に裁判が開かれる予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でここまで延期に。9日にJ・ボアテングはミュンヘンの地方裁判所に出廷することになっていた。 ドイツ『ビルト』によると、ボアテングは紺色のスーツに白いシャツで出廷。4人のボディガードが脇を固めていたという。 起訴状によると、ボアテングはカリブ海のタークス・カイコス諸島でバカンスを過ごしていた最中に、センラーさんを殴打したとされている。ボアテングは、侮辱しながら殴ったり、頭に噛みつき、地面に叩きつけるなどの行為に及んだとのことだ。 また、検察官によると、ガラス製のランタンや保冷バッグを“全力”で投げつけたとのこと。罪状は、侮辱罪と故意の身体的危害とされている。 なお、ボアテングの主張によると、センラーさんを押しのけようとした際に倒れ込んでしまったとのこと。また、投げつけたのはランタンではなくクッションだったといい、ランタンはテーブルからただ地面に落ちただけとのことだ。 事の発端は、カードゲームでの口論だったという。平和な休日で良い雰囲気だったというが、カードゲーム中にセンラーさんと友人の1人が、ボアテングがカードゲームでイカサマをしていると非難。口論がどんどんエスカレートしていったようだ。 しかし、翌日には両者は仲直り。壊れたランタンなども夜のうちに片付けられ、謝罪もしたという。 ただ、センラーさんの主張は違う。「親指で私の目をこんな風に掴んだ」と主張し、「彼は私の髪を引っ張り、頭に噛み付いた。唇を叩き、頭を引っ張り、血を私の顔に吐きかけた」というものだった。また、跪いた時には、腎臓を激しく殴り、呼吸ができなくなったという。 ボアテングの弁護士も、センラーさんの主張には何も証拠がないとし、この訴訟は本来は中止されるべきだったと主張している。 なお、センラーさんとその友人も証言するとのこと。『ビルト』によれば4人の証人が召喚されているとのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】元妻への暴行容疑で出廷した際のボアテングの様子</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Ligue 1 : ouverture du procès de Jérôme Boateng pour violences conjugales<a href="https://t.co/snsgxOhECR">https://t.co/snsgxOhECR</a> <a href="https://t.co/Mgduw2qd4M">pic.twitter.com/Mgduw2qd4M</a></p>&mdash; franceinfo (@franceinfo) <a href="https://twitter.com/franceinfo/status/1435941503361245192?ref_src=twsrc%5Etfw">September 9, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Jerome Boateng has appeared in a Munich court accused of assaulting ex-girlfriend <a href="https://t.co/33dhWXiIKm">https://t.co/33dhWXiIKm</a> <a href="https://t.co/QkVvIJQRGG">pic.twitter.com/QkVvIJQRGG</a></p>&mdash; Mirror Football (@MirrorFootball) <a href="https://twitter.com/MirrorFootball/status/1435914667885531138?ref_src=twsrc%5Etfw">September 9, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.09 21:48 Thu
twitterfacebook
thumb

成果より決定機逸が目立つヴェルナー、ゴールではなく宇宙開発がピックアップされる

チェルシーのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーは、決定機逸が目立ってしまうようだ。ESPNは『チャンスを逃した』との動画を公開した。 ドイツは8日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループJ第6節でアイスランド代表とアウェイで対戦。ヴェルナーは[4-5-1]の最前線でスタメン起用された。 試合は主導権を握ったドイツが一方的に攻め込み、次々とゴールを奪う。すると、3-0で迎えた61分にはヴェルナーにも絶好のチャンスがやってきた。 裏を取ったDFルーカス・クロステルマンのクロスに対し、ゴール前へ走り込むヴェルナー。相手GKはニアをケアしており、ゴールはがら空きだったが、正面6ヤードからフリーで合わせたシュートはバーの上へ。これにはクロステルマンも信じられないといった表情を見せた。 チェルシーでも昨季は簡単なシュートほど外していた印象のヴェルナー。このシーンもボールがややマイナス気味になっていたとはいえ、決定機の逃し方がネガティブなイメージに繋がってしまっているようだ。 ただ、ヴェルナーはこの後89分に汚名返上とばかりに1ゴール。2日のリヒテンシュタイン代表戦、5日のアルメニア代表戦でも点を取っており、3戦フル出場中で3試合連続で得点を挙げている。 なお、試合は最終的に4-0でドイツが勝利。グループJの首位をキープしている。 <span class="paragraph-title">【動画】決定機をフイにするヴェルナー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CTk1JKpsqBX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CTk1JKpsqBX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CTk1JKpsqBX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.09 18:50 Thu
twitterfacebook
thumb

予選3連勝のドイツに手応えつかむノイアー 「チームは上昇傾向にあると確認できた」

バイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが代表チームが力強いメッセージを発信できていることを喜んだ。ドイツサッカー連盟(DFB)が伝えている。 ノイアーは8日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループJ第6節のアイスランド代表戦に先発。今夏にハンジ・フリック監督が就任してから予選2連勝中のチームはこの日も圧倒的な支配力を示し4ゴールを奪取した。相手の攻撃をほぼシャットアウトしたこともあり、ノイアー自身にそれほど見せ場はなかったものの、チームの4-0の勝利に貢献している。 この結果、ドイツはW杯予選グループ首位をキープ。ヨアヒム・レーブ前監督時代にチームを包んでいた停滞感から脱却しつつある。試合後のインタビューに応じたノイアーはフリック体制になってからチームは明確なメッセージを出す必要があったとコメント。それを成し遂げられたことについて、満足感を示している。 「(新たな体制となってから)僕たちはすぐにメッセージを打ち出すことが重要だったんだ。今日のこのピッチ状態を考えると、最高のサッカーをするのは難しかったと思う。それでも自陣で危険な状態にならないようにするため、支配を試みたよ」 「僕たちはこの試合、本当によく守れたと思っている。そこについては満足しているよ。この3試合で、チームは上昇傾向にあるとしっかり確認できた。だから、これからもこの状態を続けていきたいね」 2021.09.09 15:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly