アディダスがノイアーの代表100キャップを記念した特別なキーパーグローブ「プレデター」をリリース!ラトビア戦で着用

2021.06.11 05:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アディダスから、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが代表通算100キャップを達成したことを記念する特別なキーパーグローブが発売された。

2009年のデビューからドイツ代表で長らく守護神に君臨するノイアー。GK大国として知られるドイツの地で35歳の今も第一線を走り続け、来るユーロ2020の登録メンバーにも入っている。

ノイアーは2日に行われたデンマーク代表との国際親善試合に出場すると、続く6日のラトビア代表戦でもプレー。代表キャリア節目の100試合出場を達成していた。

それを記念して、アディダスはノイアーが着用しているキーパーグローブ「プレデター」の特別バージョンを発表。白が基調となっているグローブにはドイツ国旗に用いられる黒、赤、金のラインが描かれている。また、手首の部分は黒ベースに金色が施されている。

さらに、ドイツ国旗が描かれているだけでなく、「100」の数字とともにノイアーの背番号「1」、そして代表デビュー年の「2009」、100試合達成の「2021」という数字が刻まれている。

なお、ノイアーはラトビア戦ですでにこのキーパーグローブを着用していた。



1 2
関連ニュース
thumb

ベンゼマとグリーズマンが練習復帰、初戦のドイツ戦出場へ

フランス代表FWカリム・ベンゼマとFWアントワーヌ・グリーズマンの両選手が練習に復帰したようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ベンゼマは8日に行われたブルガリア代表との国際親善試合で右ヒザ付近を負傷。試合後には松葉杖をついている姿が見られていた。また、グリーズマンも同試合で左ふくらはぎを打撲し、練習を欠席していた。 しかし、『レキップ』によれば両選手共に14日の練習に合流しており、15日に行われるユーロ2020初戦のドイツ代表戦に間に合うと予想している。 2021.06.15 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ノイアーを称賛するヴェルナー「世界最高のGKだ」

チェルシーに所属するドイツ代表FWティモ・ヴェルナーが、バイエルン・ミュンヘンでプレーする同胞のGKマヌエル・ノイアーを称賛した。イギリス『メトロ』がコメントを伝えている。 2020年にチェルシーに移籍するまでブンデスリーガのRBライプツィヒに在籍していたヴェルナーは、クラブ同士の試合でノイアーと何度も対戦してきた。2017年にA代表デビューを果たしてからは、優勝した2017年のコンフェデレーションズカップや2018年のワールドカップなど、多くの試合で共に戦っている。 今季はクラブで公式戦52試合に出場し12ゴール15アシストを記録したヴェルナーは、ユーロ2020の初戦を前に、GKとしてドイツ代表史上初の100キャップを達成したノイアーを褒めちぎった。 「バイエルン相手にゴールを決めたことはあるが、彼相手には一度も決めたことがない。センセーショナルで、何年間も最高のGKであり続けている。僕にとって世界一のGKだ」 「トレーニングではゴールの右隅にシュートを打たないと入らないんだ。彼は壮大なオーラを放っていて、まさにトップクラスだよ」 ドイツ代表は15日、ユーロのグループF第1節にて、ロシア・ワールドカップの覇者であるフランス代表と対戦。19日には前欧州王者のポルトガル代表と戦う。 2021.06.14 18:49 Mon
twitterfacebook
thumb

両国を愛するが故?リベリがフランスvsドイツを展望「5-5の決着がいい」

フィオレンティーナの元フランス代表MFフランク・リベリが、注目の一戦を展望している。 ユーロ2020グループF第1節のフランス代表vsドイツ代表は、15日に予定されている。2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)王者と2014年のブラジルW杯王者がぶつかり合う両者の一戦に大きな注目が集まっている。 試合を前に、ドイツ『キッカー』のインタビューを受けたリベリは「この一戦、僕の胸には2つのハートが動いているんだ。バイエルンには12年もいたからドイツを愛しているけど、僕はこれからもずっとフランス人だ。だからこそ、僕は0-0の引き分けを希望する。いや、ファンがゴールを見られるように1-1、あるいは5-5がいいかな」とコメント。両国に所縁ある38歳のドリブラーは、複雑な心境のようだ。 また、フランス代表については、「カリム(・ベンゼマ)は非常に重要な存在になるかもしれない。彼は僕と同世代の素晴らしいストライカーなんだ。カリムのフランス代表への復帰はとても嬉しいよ」と5年ぶりの代表復帰を果たしたベンゼマを注目選手に推した。 さらに、ドイツ代表についても言及。2年ぶりの代表復帰となったバイエルン時代の同僚ミュラーを絶賛した。 「僕にとって、彼ほどドイツサッカーを体現している選手はいない。トーマス(・ミュラー)はこのチームのイメージにとって重要な存在だ」 「彼は最高レベルで多くのタイトルを獲得しており、膨大な経験をチームにもたらすことができる。また、同僚をリードすることができ、常にポジティブな人物なんだ。彼の代表チームへの復帰は当然のことであり、ドイツにとっても幸運なことだと思うよ」 2021.06.14 15:47 Mon
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表に痛手…ゴレツカ、ユーロ初戦のフランス戦欠場が決定

ドイツサッカー連盟(DFB)のオリバー・ビアホフ氏は10日、バイエルンMFレオン・ゴレツカが15日に行われるユーロ2020初戦のフランス代表戦を欠場することを発表した。ドイツ『SPORT1』が伝えている。 5月8日に行われたブンデスリーガ第32節ボルシアMG戦で左足ハムストリングを負傷して以降、戦線離脱が続いているゴレツカ。それでもユーロに向けたドイツ代表メンバーには招集されており、フランス戦に間に合うかどうかという状況だった。 先日にヨアヒム・レーブ監督も欠場を示唆していたが、この度ビアホフ氏が改めて同選手の初戦欠場を明らかにした。 「レオンはチームトレーニングを行う準備はできている。しかし、最初の試合で出場することはない。今後はさらに負荷をかけたトレーニングを進めて、医療スタッフが注意深く観察していく」 「彼は素晴らしい人格者であり、重要な選手だ。私は彼が今大会で重要な役割を果たすと確信しているよ」 なおドイツ代表は、初戦のフランス戦の後、19日にポルトガル戦、23日にハンガリー戦が控えている。 2021.06.10 21:32 Thu
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表で充実のミュラー、目指すはユーロでの初ゴール 「どんなことだって可能なはず」

ドイツ代表FWトーマス・ミュラーがユーロ2020に向けた自信を語った。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ドイツは11日から開幕するユーロ前最後のテストマッチとして、7日の国際親善試合でラトビア代表と対戦。2日に行われたデンマーク代表戦では引き分けに終わったものの、この日は7ゴールを決め7-1のスコアで大勝。ユーロ本大会に向け、弾みがつく勝利になった。 この試合で2018年以来となる代表戦でのゴールを決めたミュラーは代表での手応えについて言及。ユーロではいまだノーゴールであることにも触れ、大会初ゴールが決めたいと意気込んだ。 「今日は結果が最も重要となる試合ではなかった。自分たちがやりたいと思っていたサッカーを実行できたことが、何より重要だったんだ。今考えてみると、これだけ明確な勝利を収めたのは久しぶりかもしれないね」 「今日のピッチはとても気持ちの良いものだったよ。もちろん、(ユーロ初戦で戦う)フランスがラトビアと違う国だということは理解している。それでも、今日は非常に納得のいくゲームができた」 「この大会でゴールを決めることが、僕にとっての目的であることは間違いないね。大会では魅力的で情熱的なサッカーをしていきたい。僕は7月中旬までカレンダーを空けているんだ。どんなことだって可能なはずさ」 2021.06.08 16:41 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly