リーズ、ウェールズ代表FWロバーツと新契約締結! 今季待望のPL初ゴール

2021.06.10 01:07 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーズ・ユナイテッドは9日、ウェールズ代表FWタイラー・ロバーツ(22)と2024年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

WBAのアカデミー出身のロバーツは、2018年1月に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたリーズに完全移籍。そして、2018-19シーズンに就任したマルセロ・ビエルサ監督の下ではセカンドトップ、攻撃的MFを主戦場に多くのタスクを科された中、主力としてプレミアリーグ昇格に貢献した。

そして、自身にとってWBA時代の2015–16シーズン以来の挑戦となったプレミアリーグでは、準主力として27試合に出場。ホーム最終戦となった第37節のサウサンプトン戦では待望のプレミアリーグ初ゴールを挙げていた。

また、リーズでの活躍をキッカケに招集されたウェールズ代表ではここまで通算14試合に出場。今週末に開幕するユーロ2020の登録メンバーにも入っている。

関連ニュース
thumb

リーズが20歳のノルウェー人GKを獲得! 公式戦は既に100試合近く経験

リーズ・ユナイテッドは31日、ノルウェー人GKクリストファー・クラーソン(20)を獲得したことを発表した。契約期間は4年となる。 母国ノルウェーのヴォレレンガ出身のクラーソンは2019年6月に18歳でプロデビュー。プロ2年目の2020シーズンには正GKに抜擢され、リーグ戦29試合に出場した。5月にスタートした今季の2021シーズンも、ここまでリーグ戦全14試合に出場中だった。 クラブではすでに50試合以上に出場しているが、アンダーの各代表でもU-15から常に名を連ね、すでに40キャップ近い経験を持つ。 今夏にエルチェへレンタル移籍したスペイン人GKキコ・カシージャの後釜としての加入だが、リーズは現守護神のイラン・メリエとの競争を望んでいるようだ。 クラーソンは、DFジュニオール・フィルポやMFアマリ・ミラー、そしてマンチェスター・シティから買い取ったFWジャック・ハリソンらに続く新戦力となっている。 2021.07.31 17:54 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー有望株が移籍! U-19イングランド代表MFベイトがリーズと3年契約

リーズ・ユナイテッドは22日、チェルシーからU-19イングランド代表MFルイス・ベイト(18)の獲得を発表した。移籍金は非公表。契約は2024年夏までの3年となる。 ベイトはセントラルMFがメインポジションで、左利きのパサー。U-9カテゴリーからチェルシーで過ごして、2019年10月にプロ契約を結ぶなど、パスセンスが魅力の有望株だが、昨季もトップチームデビューを果たせなかった。 慣れ親しむチェルシーを離れ、まずはU-23カテゴリーが主戦場になるようだが、マルセロ・ビエルサ監督がトップチームを率いるリーズに活躍の場を移すベイト。自身のSNSに惜別のメッセージに綴った。 「10年前に初めてコブハムのドアを開けて以降、長くともにした選手たちやスタッフのおかげで、今の僕がある。でも、僕は今こそキャリアの新たな章に進むべきとき。チェルシーのみんなが僕にしてくれたことを永遠に感謝する!」 2021.07.23 08:55 Fri
twitterfacebook
thumb

リーズ退団の元スペイン代表MFパプロ・エルナンデスがスペイン3部のカステジョンと3年契約

スペイン3部にあたるプリメーラ・ディビシオンRFEFのカステジョンは20日、元スペイン代表MFパブロ・エルナンデス(36)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2024年6月30日までの3年間となる。 スペイン代表として4試合の出場歴を持つウインガーのパブロ・エルナンデスは、バレンシアやカディス、ヘタフェ、スウォンジーなどで活躍。2014年7月にカタールのアル・アラビへと完全移籍すると、UAEのアル・ナスル、ラージョ・バジェカーノへのレンタル移籍を経て、2017年1月にリーズへ完全移籍した。 リーズでは3度チームの年間最優秀選手に選出されるなど、公式戦175試合に出場し36ゴール41アシストを記録。2020-21シーズンはプレミアリーグで16試合に出場も、契約満了で退団していた。 <span class="paragraph-title">【動画】パブロ・エルナンデスのリーズでの輝き!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJEWXgzVjdBQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.21 12:25 Wed
twitterfacebook
thumb

リーズのビエルサ監督がシステムに加えたいのはアダマ・トラオレ、今夏獲得に挑む

リーズ・ユナイテッドが、ウォルバーハンプトンのスペイン代表FWアダマ・トラオレ(25)に興味を示しているようだ。イギリス『90min』が伝えている。 昨季のプレミアリーグを18勝5分け15敗の9位で終えたリーズ。優勝したマンチェスター・シティに1勝1分けで勝ち越すなど、昇格組ながらもマルセロ・ビエルサ監督の下で上位陣に劣らないサッカーを展開した。 そのビエルサ監督が、新シーズンに向けて補強したいと考えているのがトラオレだ。リーズの指揮官は、以前からトラオレに興味を持っていたようで、自らのシステムに合うと考えているようだ。 リーズは今年1月にもトラオレとの契約を望んでいたが、この時は期限付きでの契約を望んでいたため、契約には至らなかったとされている。 昨季の公式戦で41試合3ゴール3アシストを記録したトラオレは、ウルブスと2023年まで契約が残っているものの契約延長の可能性は低く、ウルブスはオファーがあれば耳を傾ける準備があるようだ。 ウルブスはミドルスブラに2000万ポンド(約29億8000万円)程度を支払って2018年夏にトラオレを獲得したが、その後にトラオレの市場価値は上昇。売却となれば大きな利益を生むこととなる。 なお、トラオレにはリバプールやシティ、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなどが興味を示しているとみられているが、現時点ではリーズが非常に有力だとされている。 2021.07.20 21:50 Tue
twitterfacebook
thumb

リーズ退団アリオスキの新天地はガラタサライか?

ガラタサライが北マケドニア代表DFエズジャン・アリオスキ(29)の獲得に迫っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 ロマーノ氏が伝えるところによれば、ガラタサライは当初、クリスタル・パレスを退団したオランダ代表DFパトリック・ファン・アーンホルト(30)の獲得に動いていたものの、交渉が破談に終わったという。 そこで急遽、アリオスキにターゲットを変更し、現在はフリートランスファーでの加入に向けて交渉が最終段階を迎えているようだ。 スイスのヤング・ボーイズの下部組織で育ったアリオスキは、スイスのシャフハウゼン、ルガーノを経て、2017年7月に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に属していたリーズ・ユナイテッドへ完全移籍で加入した。 リーズでは、公式戦171試合に出場し22ゴール19アシストを記録。昨シーズンは自身初のプレミアリーグで36試合出場2ゴール3アシストを記録していた。 マルセロ・ビエルサ監督の下では左サイドバックを主戦場に、豊富な運動量と球際での気迫を前面に打ち出しながらも、正確な左足と攻撃センスを武器に攻守両面で存在感を放っていた。 そのため、クラブは契約延長のオファーを出したものの、交渉がまとまらず先月末付けで退団が決定していた。 北マケドニア代表として通算46キャップを誇り、ユーロ2020でも活躍した29歳はトルコで新たな挑戦に挑むのか…。 2021.07.16 15:22 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly