セルティックが狙うポステコグルー監督はライセンスを所持せず…しかし認定手続きがすでにスタート

2021.06.04 12:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
セルティックが招へいに動いているとされる横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督(55)だが、思わぬ問題が発生したようだ。今シーズンは宿敵・レンジャーズに無敗でスコティッシュ・プレミアシップの優勝を許したセルティック。今年2月に2019年5月から指揮してきたニール・レノン監督を解任。ジョン・ケネディ監督が指揮を執っていたが、新シーズンに向けては新たな監督を迎えるべく動いている。

かつてボーンマスを率いていたエディ・ハウ氏(43)をターゲットにしていて交渉していた中、セルティックは交渉がまとまらなかったことを報告。新たな指揮官を探すと声明を発表していた。

ポステコグルー監督招へいに向けては、“6桁”の違約金として数十万ポンド、日本円にして数千万〜1億円程度を支払うという具体的な報道まで出ており、セルティックとポステコグルー監督の間の交渉は順調に進んでいるとみられていた。

しかし、イギリス『スカイ・スポーツ』が1つの懸念材料を報道。ポステコグルー監督がセルティックを指揮するのに必要なUEFAプロライセンスを持っていないことを報じた。

ヨーロッパのプロクラブを指揮するには必要な「UEFAプロ」ライセンス。この資格を所持していなければ監督に就任することは不可能となる。

しかし、抜け道はあり、欧州サッカー連盟(UEFA)に対して「資格認定手続き」を申請し、承認されれば問題はないとのことだ。

セルティックは2013年から2017年までオーストラリア代表を率いた実績に加え、クラブチームでも国際レベルで25年間マネジメントしてきたことで、免除されると考えているようだ。

しかし、これが認められるには数週間がかかるため、セルティックが望む早期の監督就任は難しいこととなった。

『スカイ・スポーツ』によるとUEFAのスポークスマンは「ポステコグルー氏は現在、UEFAプロライセンスを保有していません」とコメント。「能力認定の手続きはスタートしました。このプロセスには数週間かかる可能性があります」とコメント。手続きはすでに行われているとのことだ。

現段階では監督を務める資格がないものの、認められるのは時間の問題とみられている一方で、セルティックの監督就任に向けて着実に近づいていることが明るみに。あとは横浜FMとの交渉のみとなりそうだ。
関連ニュース
thumb

セルティックがポステコグルー監督の招へいを発表、横浜FMも退任を発表「残念なことに、お別れをする時がきました」

セルティックは10日、アンジェ・ポステコグルー監督(55)の監督就任を発表した。契約期間は1年間となる。 ポステコグルー監督は、サウス・メルボルンやパナハイキ、ブリスベン・ロアー、メルボルン・ビクトリーで監督を務め、2013年からはオーストラリア代表監督を務めていた。 2018年から横浜F・マリノスの監督に就任。堅守が売りだったチームスタイルから攻撃サッカーにスタイルを転向。1年目は12位に終わったが、2019シーズンは15年ぶりとなる明治安田生命J1リーグで優勝を果たしていた。 2020シーズンはリーグ戦では9位と中位に終わったが、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではクラブ史上初の決勝トーナメント進出を果たすなど一定の結果を残すと、今シーズンはここまで16試合を戦い勝ち点34で3位につけている。 予てから噂されていた中、正式に就任が発表。横浜FMFも退任を発表した。 横浜FMは「監督、クラブ間での協議を重ねた結果、クラブとしてポステコグルー監督の意志を尊重して双方合意のもと、シーズン途中ではありますが横浜F・マリノスの監督を退任し、セルティックFCの監督に就任することが決定いたしました」としている。 またポステコグルー監督に対しては「クラブは、横浜F・マリノスを支え、新たな歴史を築き、多くの功績を残されたことに感謝をするとともに、ポステコグルー監督の新たな挑戦をファミリーとしてサポートしたいと思います。クラブを離れてもポステコグルー監督は、マリノスファミリーの一員であり、F・マリノスの将来を見守ってくださいます」とコメント。暫定的に、F・マリノススポーツクラブ・アカデミーグループダイレクターであり、Jエリートリーグで指揮を執っている松永英機氏が監督を務めるとのことだ。 ポステコグルー監督はクラブを通じてコメントしている。 「マリノスファミリーの皆さんへ」 「皆さんにお知らせすることがあります。残念なことに、お別れをする時がきました。横浜F・マリノスの監督になり3年半が経ちますが、新たな挑戦に踏み出すことを決断しました」 「横浜F・マリノスに関わるすべての人たちに対し、言葉では表すことのできない感謝の気持ちを持っています」 「クラブスタッフ、チームスタッフの皆さん、選手たち、そしてこの国で最も情熱的なファン・サポーターの皆さんから、世界中のどの監督もがうらやむような厚いサポートをいただきました」 「私が監督に就任した際、横浜F・マリノスを日本中で誰もが話題にするようなチームにするというビジョンをお話ししました。成功をもたらすことはもちろんですが、皆さんがクラブを誇りに思えるようなサッカーを実現したいという想いでした」 「多くの困難があり、その道のりは決して簡単なものではありませんでしたが、我々は特別なことを成し遂げられるということを信じ続けました。多くの特別な瞬間がありましたが、2019シーズンのJリーグ制覇を上回るものはありません。あの日産スタジアムでの最終戦は、いつも私の心の中にあり続けます」 「ファン・サポーターの皆さんをワクワクさせることができたことも誇りです。妥協を許さずに常に成長を求め、素晴らしいサッカーを見せることができました。選手が日本代表に選出されたことや、夢を追い求め欧州にチャレンジする選手がいたりと、多くのことを成し遂げてきました」 「コロナ禍で、ファン・サポーターの皆さんの大歓声をスタジアムで聞けなかったことは寂しかったですが、様々な制限がありながらもチームを応援する気持ちは伝わっていました」 「私と私の家族を代表して、チームスタッフ、選手、素晴らしいファン・サポーターの皆さんに感謝をお伝えします。ありがとう」 「私は離れても、マリノスファミリーの一員ですし、皆さんは常に私と私の家族の中にあり続けます」 「Forever F.Marinos ボスより」 2021.06.10 18:25 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FM指揮官ポステコグルー、7月5日までの招へい目指すセルティックと口頭合意か

横浜F・マリノスを率いるアンジェ・ポステコグルー監督(55)のセルティック行きに向けた動きが着々と先進しているようだ。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、7月5日からウェールズで予定するプレシーズンのトレーニングキャンプまでにポステコグルー監督の招へいを目指すセルティックは横浜FM側と補償金の支払いで合意。ポステコグルー監督もスコットランドの名門と個人条件で口頭合意に至ったという。 ただ、ポステコグルー監督は現時点で欧州のクラブを率いるのに必要なライセンスを不所持。セルティックは欧州サッカー連盟(UEFA)から承認を得るというタスクが残っているが、すでに特例を認めるよう働きかけ、同監督の25年間にわたる指導実績から許可されるものと期待している模様だ。 渦中のポステコグルー監督はセルティック行きの話がまとまれば、イギリス入国後に10日間におよぶ自主隔離に。したがって、上述したプレシーズンからの合流を実現させる場合、今月末までに契約をまとめ上げる必要がありそうだ。 なお、今季のスコティッシュ・プレミアリーグで2位に終わったセルティックは6月17日から始動後、ウェールズでのプレシーズンキャンプに。そこで3試合の対外戦が予定され、7月19日からの週に始まる予定のチャンピオンズリーグ(CL)予選2回戦に臨む。 2021.06.08 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

セルティックが本気、横浜FMのポステコグルー監督招へいへ“6桁”の違約金支払いへ

セルティックが招へいに動いているとされる横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督(55)だが、セルティックは違約金を支払って招へいするつもりのようだ。『フットボール・インサイダー』が伝えた。 今シーズンは宿敵・レンジャーズに無敗でスコティッシュ・プレミアシップの優勝を許したセルティック。今年2月に2019年5月から指揮してきたニール・レノン監督を解任。ジョン・ケネディ監督が指揮を執っていたが、新シーズンに向けては新たな監督を迎えるべく動いている。 かつてボーンマスを率いていたエディ・ハウ氏(43)をターゲットにしていて交渉していた中、セルティックは交渉がまとまらなかったことを報告。新たな指揮官を探すと声明を発表していた。 そんな中浮上したのが横浜FMのポステコグルー監督。セルティックは本格的に動いている中、横浜FMに対して違約金を払うことを決めたと『フットボール・インサイダー』が報じている。 正確な金額こそ明かされていないが、“6桁”と報じられており数十万ポンドになるとのこと。日本円にして数千万〜1億円程度が考えられる状況だ。 セルティックは早期の監督就任を求めており、早ければ今週中にも発表したいとのこと。一方で、ポステコグルー監督は横浜FMに退団を求めたとも報じている。 ポステコグルー監督は、サウス・メルボルンやパナハイキ、ブリスベン・ロアー、メルボルン・ビクトリーで監督を務め、2013年からはオーストラリア代表監督を務めていた。 2018年から横浜FMの監督に就任。堅守が売りだったチームスタイルから攻撃サッカーにスタイルを転向。1年目は12位に終わったが、2019シーズンは15年ぶりとなるJ1リーグ優勝を果たしていた。 2020シーズンはリーグ戦では9位と中位に終わったが、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではクラブ史上初の決勝トーナメント進出を果たすなど一定の結果を残すと、今シーズンはここまで16試合を戦い勝ち点34で3位につけている。 2021.06.03 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMポステコグルーがセルティックへ? エディ・ハウと交渉決裂で白羽の矢

横浜F・マリノスを率いるアンジェ・ポステコグルー監督(55)にセルティック行きの噂が急浮上している。 イギリス『Telegraph』の記者であるジョン・パーシー氏が自らのツイッターに「セルティックがアンジェ・ポステコグルーとの交渉を進め、今夜にも彼の監督就任が近づいている」と投稿。これを受けて、スコットランド『The Scotsman』やオーストラリア『SBS』、そしてイギリス『デイリー・メール』も一斉に報じている。 今季のセルティックは今年2月のニール・レノン監督退任を受けて、ジョン・ケネディ氏が暫定的に指揮を執ったが、スコティッシュ・プレミアリーグ10連覇ならずの2位で終戦。新指揮官として元ボーンマス監督のエディ・ハウ氏(43)との接触が取り沙汰されたが、27日に交渉が決裂したため、ポステコグルー監督にシフトした模様だ。 セルティック側もクラブ公式サイトを通じてエディ・ハウ氏との交渉決裂を公表。新指揮官招へいの動きについても「セルティックを前進させ、サポーターにさらなる成功をもたらす質と熱意を備えた監督の任命を近く発表することを目指しています」と続け、ごく近いうちの監督発表を示唆している。 かつてオーストラリア代表指揮官を歴任したポステコグルー監督は2018年から横浜FMを率い、2019年に明治安田生命J1リーグを制覇。9位に終わった昨季を経て、今季はここまで9勝4分け2敗の4位につけている。シーズン途中の退団となれば、横浜FMにとっても大打撃となるが、いずれにせよ続報を待ちたいところだ。 2021.05.29 11:01 Sat
twitterfacebook
thumb

セルティックCEOの自宅が放火の被害に…3台の車大破にガレージ全焼も負傷者はなし

セルティックの最高経営責任者(CEO)を務めるピーター・ローウェル氏の自宅で放火事件が発生した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 事件は現地時間19日未明、グラスゴー近郊サウス・ラナークシャーのソーントンホールにあるピールロードで発生。ローウェル氏の自宅でガレージに停まっていた3台の車が爆発を起こすと、この爆発によって発生した炎が家屋に燃え移って甚大な被害が引き起こした。 ローウェル氏とその家族は何とか自宅から脱出し、この爆発と火災による負傷者は出なかったものの、消防車8台を動員して鎮火にあたるなど、現場周辺は騒然となった。 その後、スコットランド警察とスコットランド消防本部による共同調査によって今回の爆発と火災は事故ではなく人為的に引き起こされたものであることが判明。そして、防犯カメラには火災発生の直前に黒いフード付きジャンパー、黒いトレーナー、フェイスマスクを身に着けた180cm前後のやせ型の男が3台の車に向けて燃焼促進剤を巻いている様子が映されていた。 また、火災時に事件現場の近くにはシルバーまたはグレーの不審なハッチバック車が停まっていたことも確認されている。 現時点で犯人の特定には至っておらず、地元警察は近隣住民などに防犯カメラの映像や不審者の心当たりなど情報提供を呼びかけている。 今回の事件を受けて、セルティックのスポークスマンは火災の発生を認めると共にローウェル氏とその家族に対する全面的なサポートを約束している。 「ピーター・ローウェル氏の自宅とそこにあった車が、今朝方の爆発と火災により大きな被害を受け、家族は家を出なければならなくなったことを確認しています」 「ピーターの家族は、この恐ろしい出来事に非常にショックを受けていますが、幸いにも全員が無事でした」 「また、スコットランド警察が現在、犯罪捜査を行っていることを把握しています」 「ピーターと彼の家族はもちろん、クラブの全員の完全なサポートとケアを受けます」 ローウェル氏は、セルティックでこれまで17年間勤務し、来月引退する予定だった。 一方、セルティックは今シーズン、宿敵レンジャーズに25ポイント差を付けられて無敗優勝を許し、リーグ10連覇の夢を阻まれていた。 今回の放火事件とセルティックの今季の不振に因果関係があるかは不明だが、仮に成績不振に激高した過激なサポーターによる犯行であれば、許されざる愚行だ。 <span class="paragraph-title">【動画】3台の車とガレージに甚大な被害…</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">BREAKING: Police are treating the fire at Celtic chief Peter Lawwell&#39;s home as deliberate after CCTV showed a man pouring an accelerant on the vehicles. They are appealing for anyone with information to come forward. <a href="https://t.co/7sJSXEFslV">pic.twitter.com/7sJSXEFslV</a></p>&mdash; Sky Sports Scotland (@ScotlandSky) <a href="https://twitter.com/ScotlandSky/status/1395040799394615297?ref_src=twsrc%5Etfw">May 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.05.20 07:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly