「くすぶっている若い選手たちに希望や夢を」挫折も知るC大阪MF坂元達裕、初の日本代表での活躍を誓う

2021.05.31 17:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本代表は31日、6月3日のジャマイカ代表との国際親善試合に向けてトレーニングキャンプを実施した。

30日に国内組が合流。この日から、海外組と国内組が揃った合宿が行われる。

トレーニング前に選手たちがメディアのオンライン取材に応対。MF坂元達裕(セレッソ大阪)が、日本代表への思いなどを語った。

3月の韓国代表戦、モンゴル代表戦に招集されていた坂元。しかし、直前に負傷したことで不参加となり、代表のユニフォームに袖を通すことはなかった。

ケガも癒え、再び招集された坂元。日本代表については「前回は直前でケガしてしまって、悔しい思いをしてしまったので、今回はしっかり結果を残して、チームに貢献できるような活躍をしたいと思っています」とコメント。3月の悔しい思いを胸に活躍を誓った。

28日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー代表戦については「個々の質が高いですし、自分の良さをアピールするにはどうしていくかをイメージしてきたので、レベルが高い中で自分の良さをアピールできるようにトライしていきたいと思います」とコメント。日本代表のレベルの高さを感じたとしながらも、アピールしたいとした。

坂元はC大阪では2列目の右で起用されており、左利きという点を生かしてカットインしてからのクロスやシュートを得意としている。一方で、縦に突破することも可能だが「どっちも選択肢にあるということが自分の強みかなと思っているので、相手の切り方とか、中に行くとか、縦に突破するかを判断できればと思います」とし、判断よくやっていきたいと語った。

自分のプレースタイルについては「ミャンマー戦も伊東選手がプレーしていて、スピードがある選手で縦にどんどん抜けていくプレーが多かったので、自分もそういったプレーが求められるかなと思います」と縦への意識を求められるとコメント。「少し高い位置でボールを受けてドリブルを仕掛けたり、中に切れ込んでクロスやシュートなど、よりゴールに近いところでプレーしたいと思います」とし、縦だけではなく、良さを出していきたいと語った。

坂元はFC東京のアカデミー出身。ユースではなく前橋育英高校に進学すると、3年次は全国高校サッカー選手権で準優勝。その後、東洋大学へと進学し、2019年にモンテディオ山形へと入団。2020年からC大阪でプレーしている。

坂元はキャリアを振り返り「小さい頃からプロを目指し始めて、自分よりも上手い選手がたくさんいる中で、自分は代表に手が届くような選手ではなく、挫折もたくさんしてきました」と苦しんだキャリアだったとコメント。「なかなかプロの世界に入れるかどうかもわからない時期もあったので、こうやってここまでチャレンジする場を与えてもらったことはすごく嬉しいです」と、日本代表にまで上り詰めたことを喜んだ。

また「這い上がってきたからこそ、こういう代表の舞台で自分が結果を残して、今くすぶっている若い選手たちに希望や夢を与えられるのではないかと」と、中高生で苦しんでいる選手たちの希望の光になりたいとし、「活躍して結果を残したいと思います」と、日本代表としても結果を残すと意気込みを語った。

坂元の高校時代の同期には、MF小泉佳穂(浦和レッズ)やDF岡村大八(北海道コンサドーレ札幌)、MF鈴木徳真(徳島ヴォルティス)、MF渡邊凌磨(FC東京)、GK吉田舜(大分トリニータ)とJ1でプレーする選手が多い。

それぞれの選手が大学進学からJ2やJ3のクラブへと加入し、その後ステップアップを果たしている中、坂元が最初に日本代表のユニフォームを着ることとなった。

その点については「みんな高校の時からライバルとして切磋琢磨して、追い抜かれたり追い抜いたりということを結構繰り返していました。自分が代表に入れているからといって、自分がリードしているとは思っていなくて、常に試合に出て周りで活躍する選手を見て刺激に思いますし、負けていられないと思います」と今も良いライバル関係であるとのこと。「ライバルというか仲間がプロの世界でやれていることは自分にとっても大きいと思います。常に負けないようにどんどん活躍しなければいけないという刺激にはなっています」とし、自身の成長にも大きく関わっていると語った。

サッカーをする誰もが目指す日本代表まで上り詰めたが、その中でも転機となった時期については「高校の経験が一番大きいかなと思っています」と前橋育英高校時代が大きかったと語り、「選手権という舞台を経験して、それまで自分のメンタルが弱くて勝負どころでくじけてしまうというか、上手くいかないという部分がありましたが、選手権という大舞台を経験して、自信につながったというのもあります」と、大舞台に立ったことが自信になったとした。

また、「高校の仲間がプロの世界でみんな下から這い上がっていったというか、自分の同期は最初からJ1ではなく、J2を経験して上がっていった選手がほとんどなので、そういった中で切磋琢磨しながら刺激しあって成長しあえているということは今の状況では大きいことかなと思います」とし、仲間と共に高みへと上がっていったことが大きかったとした。

その日本代表は坂元にとっては「誰もが憧れると思いますし、自分も小さい頃から漠然となりたいと思っていました。なかなかそういう現実的な位置まで来るのが時間かかって、やっとこうしてチャンスをもらえたことは嬉しいことです」とコメント。「チャンスをもらったので定着しないと意味がないですし、良さを出して結果を残して、絶対的な選手になれるようにチャレンジしていきたいと思います」と、代表定着を目標に掲げた。

坂元は、日本代表で憧れていた選手について「香川選手は元セレッソで小さい頃から見ていた選手だったので、そういった選手に憧れて近づきたいなと思っていました」と、かつて10番を背負ったMF香川真司(PAOKテッサロニキ)の名前を挙げると「あとは清武さんも同じチームで、プレー中もそれ以外も尊敬できる人です。そういった人たちに近づけるようにしたいと思います」とコメント。同じC大阪のチームメイトの清武弘嗣の名前を挙げた。

これから世界との戦いに臨むこととなる坂元。その世界で戦うために必要な要素については「攻撃的な選手としてしっかりゴールに絡んだり、アシストすることなど、結果を出すことが大事です」と、数字を残すことが大事だとコメント。また、「当たり負けない事や守備でのハードワークも上に行くためには必要だと思い見ます」とし、チームのために貢献する必要もあるとした。

ポジションを争う伊東純也(ヘンク)については「スピードがあってテクニカルな選手ですが、自分は左利きなので、中に切れ込んでからのクロスは自分にはあると思います」と、カットインのプレーには自信があるとコメント。「そういうところで自分の良さを出していけたらと思っています」とアピールしたいと語った。


関連ニュース
thumb

「J選手もしっかり戦える」国内組に期待する長友佑都「活きの良い選手が多い」

日本代表候補メンバーのDF長友佑都(FC東京)が21日、オンライン記者会見に臨んだ。 1月27日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国代表戦、2月1日にサウジアラビア代表戦が控える日本代表は、現在はその候補メンバーを集めて合宿を行なっている。 21日にはキリンチャレンジカップ2022でウズベキスタン代表と対戦する予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)のオミクロン株の蔓延を受けて中止に。代わりに流通経済大学との親善試合が組まれ、前後半でメンバーを入れ替える形で7-0の勝利を収めた。 前半に出場し、FW武藤嘉紀のゴールをアシストした長友。今回の合宿は若手も多く、長友自身も刺激になったという。オフ明けのコンディションも上がってきているようだ。 「初めての若い選手たちもたくさんいましたし、国内組だけの合宿は僕は初めてだったので、活きの良いギラギラした若い選手たちが見れたので楽しかったです。刺激をもらいました」 「今回の合宿は1週間、すごく激しいトレーニングをやってきましたし、今日も試合で刺激を入れられたので、かなり自分が思っていた以上にコンディションが戻ってきてるなと」 また、日本代表のベテランとして、ピッチ外での役割も期待されている長友だが、Jリーグで活躍する選手に良い印象を感じたようだ。今日の試合で左サイドでコンビを組んだMF相馬勇紀への期待も語った。 「中盤の(脇坂)泰斗とか江坂(任)、稲垣(祥)たちはすごく落ち着いた経験のある選手たちで、球際も戦えるなと感じて、Jリーグでしっかりトレーニングしていると、これだけのパフォーマンスが出せるんだということを彼らが証明したんじゃないかなと思います」 「初めて組んだと思うんですけど、初めてと感じないぐらい非常にやりやすかったです。攻撃だけでじゃなくて献身的な守備もできて、それは世界と戦う上では間違いなく必要になってくるので期待したいなと思います」 今回の日本代表は、キャプテンを務める吉田麻也をはじめ、少なくない選手がケガなどで招集を見送っている。しかし長友は、そういった状況こそ、自身の経験を生かすことができると感じているようだ。 「リーダーシップがあるとは思ってないですが、ただ、やっぱり若い選手は怖さもあると思うんですよね。だからこそ、僕みたいなベテランで長いこといる選手が受け入れて、自分が馬鹿になって笑いを作ったりして、彼らの能力を最大限に発揮できる環境を作ることが僕らの役目だと思っています」 「もちろん、キャプテンの麻也のような中心選手や、三笘(薫)のような調子の良い選手がいないのは痛手ですけど、代表というのはどんな時も誰が出てもパフォーマンスを発揮しないといけない、そこは皆が自覚してると思うので。僕は何度もその経験をして乗り越えてきてますので、その落ち着きをチームにもたらせるよう、取り組みたいなと思います」 2022.01.21 22:46 Fri
twitterfacebook
thumb

親善試合で1ゴールの武藤嘉紀「大一番で発揮できるかどうか」

日本代表候補メンバーのFW武藤嘉紀(ヴィッセル神戸)が21日、オンライン記者会見に臨んだ。 1月27日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国代表戦、2月1日にサウジアラビア代表戦が控える日本代表は、現在はその候補メンバーを集めて合宿を行なっている。 21日にはキリンチャレンジカップ2022でウズベキスタン代表と対戦する予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)のオミクロン株の蔓延を受けて中止に。代わりに流通経済大学との親善試合が組まれ、前後半でメンバーを入れ替える形で7-0の勝利を収めた。 前半に出場し、DF長友佑都のクロスからゴールを決めた武藤。周りの選手と比べてコンディションの良さが窺えたが、本人も上々の感覚を掴んだようだ。 「すごく濃密で充実した合宿になりましたし、オフ明けでコンディションを上げるという面でもかなりプラスになりました」 「僕は完全なオフは取らなかったこともあって、だいぶ体は動いてたので上手く試合に入れたかなと思ってます。けど、試合と練習じゃ強度が違うので、そこの面で今日は試合ができて良かったなと思います」 「3トップだったこともあって、大迫(勇也)選手やトップ下の選手たちとの距離感を意識したましたし、けど前のポジションなので、アシストやゴールを取ることが仕事なので、それにフォーカスしました」 「実戦でしっかりゴールを決めたということは自信になりますが、この試合より大一番で発揮できるかどうかなので、ピッチで素晴らしいプレーができるように準備していきたいです」 2022.01.21 22:01 Fri
twitterfacebook
thumb

「プレーが楽しい」昨季から完全リフレッシュの酒井宏樹「まだトップレベルではないですが」

日本代表候補メンバーのDF酒井宏樹(浦和レッズ)が21日、オンライン記者会見に臨んだ。 1月27日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国代表戦、2月1日にサウジアラビア代表戦が控える日本代表は、現在はその候補メンバーを集めて合宿を行なっている。 21日にはキリンチャレンジカップ2022でウズベキスタン代表と対戦する予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)のオミクロン株の蔓延を受けて中止に。代わりに流通経済大学との親善試合が組まれ、前後半でメンバーを入れ替える形で7-0の勝利を収めた。 前半45分間の出場となった酒井は、試合後のオンライン会見でコンディションについて言及。万全ではないとしながらも、シーズンオフ中にリフレッシュができたとし、まずまずの手応えを掴んだという。 「僕らは天皇杯が終わって3週間のオフがあったんですけども、よくリフレッシュできました。昨シーズン終盤のただ試合をこなしているという状態ではなく、プレーするのが楽しい状態であるので、(調子は)上がってきているかなとは思います。もちろん、まだトップレベルではないですし、試合をどんどんこなしていかなければならないと思います」 「(トレーニングでは)なかなかチームメイト相手だと強くいけないですが、当たりにいくタイミングを掴むという部分では良い確認になったかなと。(試合で)スプリントも試しましたが、風が強すぎて(笑)。もう少し良いコンディションでやりたかったですけど、そういうアクシデントがある意味実戦らしかったかなと思います」 2022.01.21 21:22 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、初戦のミャンマー戦で快勝! 猶本光ら3選手が代表初ゴール《AFC女子アジアカップ》

なでしこジャパンは21日、AFC女子アジアカップのグループC第1節でミャンマー女子代表と対戦し、5-0で勝利した。 2023年のワールドカップ(W杯)アジア予選も兼ねたAFC女子アジアカップ。なでしこジャパンは、昨年10月の池田太監督の就任から、11月のオランダ遠征でアイスランド女子代表、オランダ女子代表とテストマッチを実施。しかし、帰国後は隔離期間を設けられたことから、12月のキャンプが中止となっていた。 インドで行われる今大会に向けて紅白戦などで調整を続けていた中、今月18日に岩渕の新型コロナウイルス感染が判明。アーセナル所属の岩渕はイングランドを出発する72時間以内に行われた検査では陰性だったが、インド到着直後の検査で陽性反応が確認された。 そのため、岩渕はチームへの合流はお預けとなり、このミャンマー戦はベンチ外に。スタメンについては、田中と植木が2トップを組む[4-4-2]の布陣が採用されている。 FIFAランク47位のミャンマーに対し、13位のなでしこジャパン。地力で劣る相手に立ち上がりから攻勢に出て、15分までに10本に迫るシュートを浴びせていく。その中で4分には、長谷川とのワンツーで右サイドを突破した清水のクロスから田中がヘディングシュート。これがクロスバーを叩く惜しいシーンに。 9分には味方とのパス交換で右サイドハーフの長谷川がカットインからシュートへ。安定したシュートシーンを演出していくなでしこジャパンが先制したのは22分のことだった。 自陣右サイドの深い位置からスローインで再開し、GK山下にボールが渡ると、正確なロングキックで右サイドに展開。これに反応した長谷川が深い位置からクロス。飛び込んだ植木がヘディングシュートを突き刺した。植木がこれが代表初ゴールとなった。 その後も攻勢を続ける中、40分過ぎに相手との接触で足首を負傷した林が続行不可能に。担架でピッチを後にし、代わりに猶本が出場した。その直後の42分には、右サイドバックの清水のクロスを長谷川が胸トラップからスムーズなシュートに繋げるが、ここもクロスバーを叩き、前半は1点にとどまった。 それでも後半立ち上がりに追加点が生まれた。47分、敵陣中央でパスを受けた宮澤が縦パスを入れると、ボックス手前の植木がポストプレーに入りワンタッチではたく。これでゴール前に抜け出した長谷川が難なくシュートを流し込んだ。 欲しかった2点目が生まれたなでしこジャパン。さらに53分には、ボックス手前左の位置から猶本が直接FKを叩きこみ3点目。猶本もこれが代表初ゴールとなった。 ハーフタイムで遠藤を下げて長野を投入していたなでしこジャパンは、70分手前にさらに宮澤と植木を下げて成宮と菅澤を投入。するとその直後、右サイドからパスを繋ぎ、ボックス手前の成宮にボールが渡ると、チェックが甘かったこともあり、迷うことなく左足を一閃。これがゴール左に突き刺さり、代表2試合目にして初ゴールを挙げた。 後半アディショナルタイムには、長谷川がダメ押しの5点目を決めて勝負あり。ミャンマーを全く寄せ付けないまま、なでしこジャパンが初戦快勝を収めた。 なでしこジャパン 5-0 ミャンマー女子代表 【日本】 植木理子(前22) 長谷川唯(後2) 猶本光(後8) 成宮唯(後26) 長谷川唯(後47) 2022.01.21 18:52 Fri
twitterfacebook
thumb

上田綺世がアピールのハットトリック! 日本代表候補が流経大に7ゴール快勝《トレーニングマッチ》

日本代表候補メンバーは21日、千葉県内で流通経済大学とのトレーニングマッチを行い、7-0で勝利した。 17日からトレーニングキャンプを行っていた日本代表候補メンバー。21日にはキリンチャレンジカップ2022でウズベキスタン代表と対戦する予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)のオミクロン株の蔓延を受けて中止となっていた。 その代わりに組まれた流通経済大学戦。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国代表戦、サウジアラビア代表戦に向けて、選手たちはアピールが必要となった。 【前半メンバー】※並びは予想 GK:権田修一 DF:酒井宏樹、中谷進之介、谷口彰悟、長友佑都 MF:脇坂泰斗、稲垣祥 MF:武藤嘉紀、江坂任、相馬勇紀 FW:大迫勇也 主力組と見られるメンバーが並んだ前半は開始早々にゴール。3分、左CKから最後は大迫が押し込み、日本代表候補が先制する。 強風吹き荒れる中、追い風だった日本代表候補だったが、序盤は息が合わずになかなか良い形を作ることができない。 両サイドから攻め込む日本代表候補は16分、左サイドを相馬が仕掛けると、ボックス内左から右足一閃。これがネットを揺らし、追加点を奪う。 攻め込む日本代表候補は、20分に長友が左サイドをドリブルで持ち上がると、相馬とのワンツーをハーフスペースで受け中央へクロス。これを武藤がダイレクトで蹴り込み、3点目。効果的に得点を重ねて45分を終える。 【後半メンバー】※並びは予想 GK:権田修一 DF:山根視来、谷口彰悟、西尾隆矢、佐々木翔 MF:渡辺皓太、松岡大起 MF:脇坂泰斗、鈴木唯人、荒木遼太郎 FW:上田綺世 後半、8名を代えて臨んだ日本代表候補。若手が中心となって戦っていく。 前半以上になかなか連動できていなかったが、徐々に落ち着きを取り戻すと、55分には右サイドを仕掛けた渡辺の折り返しを上田が決めて4点目を奪う。 57分には、ゴール前の混戦から脇坂がシュート。これはブロックされるが、こぼれ球をボックス内で渡辺が蹴り込んで5点目を奪う。 60分には、谷口と脇坂が下がり、流経大生とトレーニングパートナーだった佐藤恵允(明治大)が投入された。 その後はボランチの松岡、渡辺が落ち着いてボールを持ち、ゲームをコントロールすると、徐々に日本代表候補が押し込む状態に。それでも、流経大は推進力を持ってゴールを目指し、ボックス前でFKを獲得するなどチャンスを作る。 押し戻されることもあった日本代表候補だったが、72分には左サイドからの荒木のクロスに上田が飛び込んでダイビングヘッド。これが決まり、6点目を奪う。 さらに、90分には荒木のスルーパスを巧みに受けた上田がボックス内からシュート。飛び出したGKにセーブされるが、そのまま倒されPK。これを上田が落ち着いて決めてハットトリック達成。7-0で日本代表候補が勝利を収めた。 カタールW杯アジア最終予選に臨む日本代表メンバーは、22日に発表。海外組ではケガ人も多く出ており、誰が生き残るのか注目が集まる。 日本代表候補 7-0 流通経済大学 1-0:3分 大迫勇也 2-0:16分 相馬勇紀 3-0:20分 武藤嘉紀 4-0:55分 上田綺世 5-0:57分 渡辺皓太 6-0:72分 上田綺世 7-0:90分 上田綺世 2022.01.21 18:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly