買収なら帰還も? ベルカンプ氏が古巣の現状を嘆き改革を訴える「アーセナルのDNAを取り戻す必要がある」

2021.05.23 11:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのレジェンドであり、プレミアリーグの『Hall of Fame(殿堂入り)』に選出されていた元オランダ代表FWデニス・ベルカンプ氏が、古巣の改革について語った。

ベルカンプ氏は、1996年にインテルからアーセナルに加入。無敗優勝した2003-04シーズンをはじめとした3度のプレミアリーグ優勝や4度のFAカップ優勝など、コミュティシールドも合わせると「11」のタイトル獲得に貢献した。

2006年に引退するまで10年間を過ごし、プレミアリーグ315試合で87ゴール94アシストを記録。2002年3月のニューカッスル戦で見せた、トラップと同時に相手を裏街道で抜き去った衝撃のスーパーゴールは今でも語り草となっている。
そのベルカンプ氏は、音楽ストリーミングサービス『Spotify』の共同創設者兼最高経営責任者(CEO)であるスウェーデン人のダニエル・エク氏が古巣の買収に動いていることを支持するコメントを残していたが、オランダ『Voetbal International.』で改めて言及した。

パトリック・ヴィエラティエリ・アンリのように、我々の時代のアーセナルを思い出すのは難しい」

「トロフィーを獲得したいという野心はアーセナルのDNAにある。決して負けを受け入れてはいけない。その精神は徐々に消えるものだ。現在の状況は諦めた感じがあるように思える。とても深刻だ」

「財政状況を考えると、アーセナルがトップクラブの後ろのリーグ中位で終わるということは普通のことに見える。でも、このクラブはそうではない。アーセナルのDNAを取り戻す必要がある」

アーセナルのオーナーである『クロエンケ・スポーツ&エンターテインメント(KSE)』のスタン・クロエンケ氏は、2007年にアーセナルの株式の9.9%を取得すると、徐々に株式を購入し、2011年4月には62.89%に達してオーナーとなった。

しかし、チームはかつてプレミアリーグの優勝を争っていたところから徐々に下降。さらに、アーセン・ヴェンゲル監督が退任したこともあり、クラブは下降線を辿り、ついにはチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグに出場しないまでになってしまっていた。

加えて、ヨーロッパの12クラブが表明したヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想にアーセナルも参加を表明。その後撤退したものの、この行為にファンが激怒。クロエンケ氏の退任を要求する声が高まっている。

ベルカンプ氏は、エク氏であればビジネスとしてだけでなく、ファン心理、スポーツ面でもチームを改革してくれると期待。黄金期を支えた、ティエリ・アンリ氏、パトリック・ヴィエラ氏と共に、買収を支持したいと考えていることを語った。

「ダニエルは生まれてこの方、アーセナルの真のファンだった。彼はクラブの崩壊について心配していた」

「スーパーリーグが日々のニュースで取り上げ続けられた時、ダニエルはかなり怒っていた。これをきっかけに彼は前に進もうと思い、我々に連絡してきたんだ」

「ティエリ(・アンリ)、パトリック(・ヴィエラ)、そして私とのZoomミーティングで、彼は懸念事項とプランを我々と共有した。それはすぐに大きな影響があり、ダニエルがいかに大ファンであるかがよくわかった。これは重要なことだと思う。ダニエルは、買収を遊び道具の購入だとは考えていなかった」

「彼は自分もそうであるように、サッカーファンの情熱を理解している。また、ファンの影響力を大幅に高めたいと考えている、例えば、クラブの理事会に参加させること。これは重要だと考えている。我々はもっとファンと近づきたい」

「ダニエルは、アーセナルが抱えている問題をそれで解決することはできないと認識している。少しだけお金を費やし、監督を解雇するだけでは、解決されない」

「アーセナルが来シーズンのリーグのトップを争いたいのであれば、すべてのポジションでトップの選手が必要となる。問題はそのようなレベルの選手たちにとって、クラブが魅力をしばらく欠いていることだ」

「だから、構造的な変化が必要となる。これはアーセナルのバックボーンだ。これは広範囲にわたる長期的なプロジェクトになるだろう」

「トップから始める必要があり、買収が重要となる。こうすることで、アーセアンルはサッカークラブをビジネスの観点だけで運営すべきではないことを理解しているオーナーと進んでいくことができる」

「イギリスのクラブにいくらお金がかかったとしても、アーセナルはこれからもサッカークラブであり続ける。つまり、全てのレベルに応じて、マネジメントする必要がある」

現役引退後は指導者としてアヤックスに所属しているベルカンプ氏だが、エク氏が買収した暁には、アーセナルに戻ることも考えるとコメント。一緒にクラブを立て直すつもりだと明かした。

「サッカー、情熱、野心を再び中心に据える必要がある。テクニカルな話については、たくさんのアイデアがあるが、結論に飛びつくことは意味がない」

「まずは、ダニエルの買収のオファーを受け入れる必要がある。その後、我々が現役のころとその後に得た知識を活用することは論理的だ。我々は準備ができている。ダニエルもそうだ。ファンも興奮している。あとは、今のクラブのトップ次第だ」

関連ニュース
thumb

ガブリエウ・ジェズスが右ヒザを手術…所属アーセナルが発表

アーセナルは6日、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの右ヒザの手術が成功したことを発表した。 2日に行われたカタール・ワールドカップのカメルーン代表戦で右ヒザを負傷し、無念の戦線離脱を余儀なくされたジェズス。 当初は1カ月程度の離脱と見られていたが、その後の検査によって手術が必要なことが判明。そして、カタールからロンドンに戻った同選手はすぐさま手術を受けた。 現時点で正確な離脱期間は不明だが、数カ月単位の離脱は確実となっており、イギリス『テレグラフ』は3カ月と予想している。 これにより、今夏5200万ユーロで獲得したエースストライカーを長期間失うことになったプレミアリーグ首位のアーセナルは、今冬の移籍市場でセンターフォワードの緊急補強を余儀なくされる見込みだ。 2022.12.07 02:32 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯離脱のジェズス、アーセナルに戻りヒザの手術へ…復帰は3カ月後か

カタール・ワールドカップでヒザを負傷したアーセナルのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスだが、3カ月離脱の危機に直面しているようだ。 2日に行われたカメルーン戦で右ヒザを負傷し、決勝トーナメントを控えるチームからの離脱を余儀なくされてしまったジェズス。当初、同選手の母国メディアは1カ月程度の離脱を見込んでいた。 しかし、ブラジル『sportv』は4日、手術が必要となる可能性が高いとし、さらなる長期離脱を予想。復帰まで最大3カ月要する見込みが高いと伝えている。 こうなると痛手を被るのはアーセナル。今季から5200万ユーロの移籍金で加入した25歳は、中断前までプレミアリーグ全14試合に先発出場し、5ゴール6アシストと攻撃をけん引してきた。 ここまではわずか1敗で首位を快走し、優勝最有力候補に名乗り出たアーセナルだったが、試練にぶつかることになってしまった。 2022.12.04 21:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ベナセル、ミランとの契約延長交渉不調の場合はプレミア行きか

ミランのアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセル(25)にプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ミランとの契約が2024年6月に切れるベナセル。ミランとの契約延長を最優先としているものの、チームメートのDFテオ・エルナンデスが受け取っている500万ユーロの年俸を希望しているとのこと。 仮にミランとの交渉が不調に終わった場合はチェルシーとアーセナルがベナセルの獲得に関心を持っているようでプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。 現状では両クラブとも関心を持っているレベルにとどまっているが、ミランとの交渉が進展しなければベナセル獲得へ本腰を入れる可能性があり、去就に注目が集まる。 2022.12.02 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

来夏去就注目のライスがステップアップ願望口に…

ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(23)が来シーズンのステップアップ願望を明かした。イギリス『テレグラフ』が報じている。 現在、プレミアリーグ最高の若手ホールディングMFとしての評価を確立するハマーズのキャプテン。今夏にはステップアップの可能性が取り沙汰されたものの、愛するクラブとの紳士協定によって残留を決断した。 しかし、今夏積極的な補強を敢行したチームは、デイビッド・モイーズ監督の限界を露呈するようなリーグ戦の低迷を強いられており、23歳MFの来夏の退団がより現実味を帯びてきている。 そういった中、現在スリーライオンズの一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)という代表レベルにおける最高峰の舞台を経験するライスは、公式会見の場で自身の去就に言及。 周囲のチームメイト同様にクラブレベルでもチャンピオンズリーグ(CL)のような最高峰の舞台に挑戦したいと、改めてステップアップ願望を口にした。 「皆さんが知っているように、チャンピオンズリーグのフットボールをプレーし、トロフィーを獲得している友人がここにはいる。キャリアは1つしかなく、キャリアの終わりには、自分が何を勝ち取ったのか、プレーした最大のゲームを振り返りたいと思うものだ」 「僕は野心的で、それをやりたいと思っている」 なお、ウェストハムはライスの移籍金を7000万ポンド~1億ポンド(約116億~166億円)程度に見積もっており、移籍先候補に挙がるプレミアリーグのメガクラブにとって十分に支払いが可能な金額だ。 ただ、以前から有力な候補に挙がる古巣のチェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールに関してはCL出場権獲得へ微妙な立ち位置となっており、マンチェスター・シティやアーセナルなどと競合した際にはその部分がネックとなりそうだ。 2022.12.02 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ホワイトの代表離脱に「我々は君のそばにいる」 所属先アーセナルがメッセージ

DFベン・ホワイトのイングランド代表離脱に所属先のアーセナルが反応した。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループBを2勝1分けで首位突破したイングランド代表。決勝トーナメント1回戦の相手もグループA2位のセネガル代表に決まり、ここからもう1つギアを上げていきたいところだ。 だが、イングランドサッカー協会(FA)は11月30日にホワイトの私事による離脱を報告。すでにイングランド代表が拠点を置くアル・ワクラから離れ、帰国した旨とともに、再合流の見通しがないとも記されている。 そのリリースではプライバシーの尊重も求められたなか、アーセナルがFAに追随する形で渦中のベン・ホワイトに関する声明を発表。多くに触れず、「我々は誰もが君のそばにいる、ベン」とのメッセージを送った。 2022.12.01 16:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly