インテルとの契約延長を希望するヤング「信じられないような時間を過ごしてきた」

2021.05.07 12:38 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルの元イングランド代表DFアシュリー・ヤングが、自身の去就についてコメントしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

ヤングは2020年1月、それまでキャプテンも務め、公式戦261試合に出場していたマンチェスター・ユナイテッドからインテルに移籍。加入当初からアントニオ・コンテ監督の信頼を掴むと、主軸としてプレーした。

今シーズンもここまで公式戦31試合に出場しており、3アシストをマーク。チームの11年ぶりのスクデット獲得に大きな貢献を果たしている。一方で、インテルとの契約は今季限りとなっているが、契約交渉は進んでいない。
『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じたヤングは、自身の去就について焦りはないとコメント。インテルでのキャリアを続けたいと語ったうえで、プロキャリアをスタートさせたクラブであり、来シーズンのプレミアリーグ昇格が決まっているワトフォードへの復帰の可能性も否定しなかった。

「(インテルとの)話し合いは行われているよ。僕はこのクラブで信じられないような時間を過ごしてきたから、もし何かあるのならきっと取引が成立すると思う」

「ただ、誰もがパンデミックの影響に見舞われていて、財政状況がどうなっているかは分からない。だから今は待ちの状態さ。僕は冷静で穏やかにしていて、フットボールを楽しんでいる。リーグ戦で優勝したばかりだけど、残り4試合だけに集中している」

「決断には多くの要素が絡んでくるだろう。僕と僕の家族にとって、正しい決断かは確認していきたいね。ワトフォードに戻らないと言ったことはない。10歳のときから所属するクラブだ。でも、今は何もないよ。代理人もそのことについて僕に何も話していない。どうなるにせよ、難しい決断になるだろう」

また、ヤングはユナイテッドからインテルに移籍した当時の心境にも言及。オーレ・グンナー・スールシャール監督への感謝を語りつつ、正しい判断だったと語った。

「移籍は大きな決断だった。僕はユナイテッドのキャプテンであり、在籍10年目を迎えようとしていたからね。ただ、クラブは進化しようとしていた。オーレは本当によくやっていたと思う」

「僕はオーレと話した時、自分がプレーできる可能性について尋ねた。彼は正直であり、その話自体も理解できたよ。テーブルの上には契約書も置かれていた。でも、もう1年ベンチに座り、ちょっとした役割を果たすだけにはなりたくなかった。僕は20歳の頃のようにプレーできると知っていたからね」

「インテルのような世界最大級のチームから、毎週プレーできると言われた。だから、代理人に『契約を結ぼう』と言ったんだ。コンテがチェルシーにいたとき僕を欲しがっていたことも助けになったし、ロメル・ルカクからは『今すぐ来てくれ』と何度も電話がかかってきていたんだ。だから、決断は早かった」

関連ニュース
thumb

インテルMFバレッラが同僚を語る 「ブロゾビッチは世界最高」「シュクリニアルは兄弟」

イタリア代表MFニコロ・バレッラがインテルのチームメイトについて語った。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 インテルの主軸として活躍するバレッラ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューでチームメイトとの関係を深掘りされ、クロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチやベルギー代表FWロメル・ルカクといった選手たちの名を上げ、称賛の言葉を並べた。 「マルセロ(・ブロゾビッチ)は世界最高のアンカーだよ。カゼミロという素晴らしい選手もいるけど、マルセロとは異なるスタイルだよね。マルセロのような存在は世界に2人といない」 「他にも優れたMFがいるよ。ミキ(ヘンリク・ムヒタリアン)は僕がこれまで一緒にプレーしてきた中で最もスマートな選手だ。中盤のどこでも上手にプレーする。ハカン・チャルハノールのプレービジョンは完璧さ」 「ルカク? (アントニオ・)コンテが率いるインテルはまさに彼中心の構成だったね。退団は大きな痛手になった。今季は彼が現在のインテルに適応する番さ。僕たちは彼の強さ、ハングリーさを知っている。批判されたときほど、それらを発揮してくれるよ」 一方、今季限りでの退団、来季のパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が噂され続けるミラン・シュクリニアルにも言及。"兄弟”にインテル残留を呼びかけた。 「僕は自分自身に最も厳しく、誰かにアドバイスすることは決してない。誰しもがいくつもの選択を重ね、キャリアの終わりにそれが正しかったかを振り返ることができる。僕にとって彼は兄弟。ただただ彼がインテルに残ってくれると信じている」 2022.12.09 18:08 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、伊代表DFアチェルビの買い取り金額の減額をラツィオと交渉か

インテルがラツィオからレンタル中のイタリア代表DFフランチェスコ・アチェルビ(34)の買い取りオプションの減額を目論んでいるようだ。 今夏にラツィオから買い取りオプション付きのレンタル移籍でインテルに加入したアチェルビ。加入当初はセンターバックのバックアッパーと考えられていたが、師弟関係のシモーネ・インザーギ監督の下で輝きを取り戻すと、現在ではレギュラーに定着し、今季ここまで公式戦14試合に出場している。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、インテルはアチェルビが昨年12月に自身のパフォーマンスを批判したラツィオのウルトラスと対立したことや、同選手を構想外としているマウリツィオ・サッリ監督のもとには戻らないことを承知の上で、獲得当初に設定した350万ユーロ(約5億円)の買い取りオプションからの更なる減額を目指し交渉を行っているとのことだ。 なお、アチェルビとラツィオの契約は2025年6月までとなっている。 2022.12.09 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルの38歳ハンダノビッチ、シーズン途中で現役引退も?

インテルの元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(38)がシーズン途中での現役引退を考えているようだ。イタリア『TuttoMercatoWeb』が伝えている。 2012年夏にウディネーゼからインテルへ移籍して以来、昨季まで10シーズンにわたって不動の正GKに君臨してきたハンダノビッチ。セリエA通算560試合の出場数を誇り、2020-21シーズンには自身初となるスクデットを獲得した。 しかし、今季は10月以降、新加入のGKアンドレ・オナナにポジションを明け渡しており、控えに降格。イタリア『Sportmediaset』によると、2023年6月の契約満了を待たずしてシーズン途中の引退を検討しているという。 仮に引退を決断した場合もシモーネ・インザーギ監督の下でコーチやスタッフに就任するとされ、残留は間違いないとも。ひとまずは中断期間を利用して行われるマルタ遠征に選手として帯同するとのことだ。 2022.12.05 13:33 Mon
twitterfacebook
thumb

失意のルカク… サネッティ副会長に続いて伝説のOBも励まし「運が悪かっただけ」

インテルの伝説的OBジュゼッペ・ベルゴミ氏が、失意に沈むベルギー代表FWロメル・ルカクを励ました。 ルカクはケガを押してカタール・ワールドカップ(W杯)に臨むも、前回大会3位のベルギー代表はグループステージ敗退というまさかの結末に。自身も最終節のクロアチア代表戦で再三にわたって決定機を逃し、今大会を無得点で終えた。 早々にカタールを去ることとなり、失意に沈むルカク。インテルのハビエル・サネッティ副会長から慰めの手紙を貰ったことも話題となったが、ベルゴミ氏もイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで励ましの言葉を並べている。 「明らかに彼(ルカク)の実力に見合った結果ではない。運が悪かっただけだよ。長い間プレーができなかったなかでも、ベルギーは(クロアチア戦で)彼が出てきて少しチャンスが増えただろう?」 「インテルへと戻ってくる頃には、フィジカル面ももう少し改善されているだろう。わずかでもW杯でピッチに立ったことが、インテルに還元されてくれると嬉しいよ。シモーネ・インザーギ(監督)だって彼を必要としている」 ここ最近は何かとマイナスの印象が強いルカクだが、インテルがスクデットを奪還するためにこの男の活躍は不可欠。中断期間明けの爆発に期待したい。 2022.12.04 20:40 Sun
twitterfacebook
thumb

慰めの手紙…インテル副会長のサネッティ、W杯で失意に沈むルカクをケア

インテルのハビエル・サネッティ副会長が、ベルギー代表のカタール・ワールドカップ敗退後に、ロメル・ルカクへ手紙を送っていたことを明かした。『ESPN』が伝えている。 今大会は優勝候補と目されながらも、グループステージ敗退となったベルギー代表。とりわけ、エースとして期待されたルカクはケガの影響もあり、出場したのは2試合でわずか54分間のみ。勝利必須のクロアチア戦では、何度か決定機を外し、非難の対象となってしまった。 そんなルカクのメンタルを心配してか、手紙を書いたというサネッティ副会長。クロアチア戦の決定機逸については同情を示している。 「あの試合の後、彼に手紙を書いた。本当に悲しいよ。彼は懸命に努力してあの舞台に立ったわけだからね」 「長いケガから復帰し、ベルギーも彼を求め、最終的に45分間プレーさせた。あのような試合はストライカーにはつきものだ。ラウタロ・マルティネスにもサウジアラビア戦の後に同じようなことを言ったよ。ゴールを決めれば心のモヤが全て晴れるとね」 「ルカクは足と頭で決められるチャンスを逃し、W杯から敗退することになった。不運にも枠にも嫌われてしまったね」 「最後のチャンスに関しては、彼は予想していなかったし、前にいたディフェンダーが彼の視界を遮っていた」 2022.12.04 15:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly