インテルとの契約延長を希望するヤング「信じられないような時間を過ごしてきた」

2021.05.07 12:38 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルの元イングランド代表DFアシュリー・ヤングが、自身の去就についてコメントしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

ヤングは2020年1月、それまでキャプテンも務め、公式戦261試合に出場していたマンチェスター・ユナイテッドからインテルに移籍。加入当初からアントニオ・コンテ監督の信頼を掴むと、主軸としてプレーした。

今シーズンもここまで公式戦31試合に出場しており、3アシストをマーク。チームの11年ぶりのスクデット獲得に大きな貢献を果たしている。一方で、インテルとの契約は今季限りとなっているが、契約交渉は進んでいない。

『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じたヤングは、自身の去就について焦りはないとコメント。インテルでのキャリアを続けたいと語ったうえで、プロキャリアをスタートさせたクラブであり、来シーズンのプレミアリーグ昇格が決まっているワトフォードへの復帰の可能性も否定しなかった。

「(インテルとの)話し合いは行われているよ。僕はこのクラブで信じられないような時間を過ごしてきたから、もし何かあるのならきっと取引が成立すると思う」

「ただ、誰もがパンデミックの影響に見舞われていて、財政状況がどうなっているかは分からない。だから今は待ちの状態さ。僕は冷静で穏やかにしていて、フットボールを楽しんでいる。リーグ戦で優勝したばかりだけど、残り4試合だけに集中している」

「決断には多くの要素が絡んでくるだろう。僕と僕の家族にとって、正しい決断かは確認していきたいね。ワトフォードに戻らないと言ったことはない。10歳のときから所属するクラブだ。でも、今は何もないよ。代理人もそのことについて僕に何も話していない。どうなるにせよ、難しい決断になるだろう」

また、ヤングはユナイテッドからインテルに移籍した当時の心境にも言及。オーレ・グンナー・スールシャール監督への感謝を語りつつ、正しい判断だったと語った。

「移籍は大きな決断だった。僕はユナイテッドのキャプテンであり、在籍10年目を迎えようとしていたからね。ただ、クラブは進化しようとしていた。オーレは本当によくやっていたと思う」

「僕はオーレと話した時、自分がプレーできる可能性について尋ねた。彼は正直であり、その話自体も理解できたよ。テーブルの上には契約書も置かれていた。でも、もう1年ベンチに座り、ちょっとした役割を果たすだけにはなりたくなかった。僕は20歳の頃のようにプレーできると知っていたからね」

「インテルのような世界最大級のチームから、毎週プレーできると言われた。だから、代理人に『契約を結ぼう』と言ったんだ。コンテがチェルシーにいたとき僕を欲しがっていたことも助けになったし、ロメル・ルカクからは『今すぐ来てくれ』と何度も電話がかかってきていたんだ。だから、決断は早かった」

関連ニュース
thumb

インテルのチームメートであるシュクリニアル「クリスティアンが無事で良かった」

インテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルが、試合中に倒れたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンに対してコメントした。スロバキア『SFZ』に語っている。 エリクセンは12日、ユーロ2020第1節のフィンランド代表戦に先発。43分にスローインのボールを受けにいった際に、そのままピッチへと力なく倒れ込んで一時は心肺停止状態に陥った。チームドクターの適切な処置により一命を取り留め、今では会話もできる状態に回復している。 そのエリクセンについてシュクリニアルは以下のように語った。 「仲間とテレビで見ていたが、本当に怖かった。サッカー界全体がそう感じていたと思う。少なくとも今はクリスティアンが無事であることを確認している。最終的にこのような結果になったことを嬉しく思う。彼はすぐにピッチに戻ってくると思うよ」 2021.06.14 06:30 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ移籍の可能性も?L・マルティネスの去就について代理人は「あらゆるオファーに耳を傾けたい」

インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(23)の代理人を務めるアレハンドロ・カマノ氏が、選手の去就について語った。イタリア『スカイ』が伝えている。 L・マルティネスは2018年7月にインテルに加入。欧州初挑戦でありながら主軸に定着すると、これまで公式戦132試合出場49ゴール20アシストの成績を残している。今季もFWロメル・ルカクとのダブルエースという形で公式戦48試合出場19ゴール11アシストを記録。チームのスクデット獲得に多大な貢献を果たした。 一方で、インテルは財政難の影響から緊縮財政を進めており、主軸の去就は不透明な状況となっている。L・マルティネスの去就についてインタビューに応じたカマノ氏も、現時点では2023年6月までとなっている契約を更新するつもりはないと語った。同時に、バルセロナ移籍の噂についても触れている。 「インテルは現行契約の更新を提案してきたよ。ただ、今のところ我々は現状の契約のままでいいという結論に達している」 「昨年、ラウタロとバルセロナの間に何があったのかは知らない。彼は元代理人からバルサの話を聞いたと言っていたが、すべてが混乱していたようだ。今の我々の仕事は、インテルのプロジェクトをできる限り理解したうえで、あらゆるオファーにも耳を傾けることだね」 「バルセロナでプレーしたいと思わない人はいないだろう。世界でも有数のビッグクラブだからね。とはいえ、ブラウグラナ(バルセロナの愛称)とは今のところ何もないし、何かを考えているわけでもない」 また、カマノ氏はインテルがL・マルティネスの移籍金として、最低でも9000万ユーロ(約119億円)を要求するという報道に言及。価格が高すぎると苦言を呈している。 「9000万ユーロは大げさな数字だと思う。インテルが彼を売るつもりがないのだとしても、適正な値段はあるものだ。確かなのは、ラウタロがどんな挑戦にも耐えることができるということだろう。彼はどんな責任にも耐えられる選手だよ」 2021.06.10 17:26 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーがハキミ獲得に動く!PSGとの争奪戦に

チェルシーがインテルに所属するモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(22)の獲得に乗り出したようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 先日、パリ・サンジェルマン(PSG)が獲得交渉を始めたというハキミ。レアル・マドリーからドルトムントにローン移籍した過去2シーズンに評価を高め、昨夏に推定4000万ユーロ(約53億円)でインテル入りしたモロッコ代表DFに6000万ユーロ(約80億円)のオファーを提示したと伝えられた中、チェルシーもその金額に匹敵する小切手を用意しているようだ。 インテルでは財政難の影響から緊縮財政を進めており、それに伴う補強方針の食い違いから、11年ぶりのスクデットをもたらしたアントニオ・コンテ監督が退任。ハキミも現金化の筆頭に挙げられているが、同クラブは8000万ユーロ(約100億円)の移籍金を求めているようだ。 PSGもチェルシーもかなりの差があるが、『スカイ』は、インテルがチェルシーに所属するイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(26)とデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン(25)に関心を持っていることから、チェルシーが有利に交渉を進めることができることを示唆している。ただ、エメルソンに関してはレンタルを希望しているインテルに対し、チェルシーは売却の意思が固い模様。クリステンセンについても、後釜を確保できるかに掛かってくるため、単純な交渉とはならないようだ。 ハキミは今季のインテルで絶対的な右ウィングバックとしてセリエA37試合に出場。7ゴール10アシストの成績を残して11年ぶりのスクデット獲得に貢献した。 2021.06.10 15:14 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル会長語るコンテ退任劇 「異なるビジョンを持っていた」

インテルのスティーブン・チャン会長がアントニオ・コンテ前監督の退任理由を明かした。 先月26日、インテルはアントニオ・コンテ前監督との契約を双方合意の下、解除したことを発表。2年目となる今シーズン、クラブに11年ぶりとなるスクデットをもたらした指揮官の退任はチーム内外に激震を与えた。 チャン会長はイタリア『スカイ』のインタビューでこの解任劇について説明。既報の通り、経営規模縮小に乗り出したいフロントと補強を必要不可欠と考えるコンテ前監督とのズレが原因のようだ。 「私の考えでは、監督との戦略は常に長期的なものだ。しかし、Covidによるパンデミックはサッカー界のシステム全体に困難をもたらしており、これはクラブとして心に留めておかなければならないことだ」 「このような状況下では、Covidに関わらず、コストを削減し、財政を健全化することが目標の一つとなる。当然このような状況に直面している他のクラブも同じだろう」 「しかし、当然のことながらコーチ陣は別のビジョンを持っていた。特にコンテは、常に勝利への意欲を持っている人間だ。彼は、我々とは異なる市場へのアプローチを試みており、長期的にクラブと関わるなかで、我々とは異なるビジョンを持っていた。だからこそ、袂を分かった」 また、新指揮官として就任したシモーネ・インザーギ監督についても言及。手腕を絶賛し、大きな期待を寄せた。 「クラブと足並みを揃えることができ、それと同時に経験豊富な監督だ。イタリアとヨーロッパの両方で戦うことのできる指揮官であり、若く、大きな可能性を秘めている。彼は我々のチーム編成によく合っていると思う」 「彼は我々に必要な条件をたくさん持っていると思うし、それと同時に今後、チームや経営陣と共に能力を最大限に発揮してくれると確信している」 2021.06.07 18:30 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルの新監督は既報通りシモーネ・インザーギ氏に決定!! 2年契約を締結

インテルは3日、シモーネ・インザーギ氏(45)の新監督就任を発表した。契約期間は2023年6月までの2年となっている。 今季はユベントスの10連覇を阻止し、11年ぶり19度目となるスクデットを獲得したインテル。2年目のアントニオ・コンテ監督のもと、28勝7分3敗で勝ち点91という独走態勢を築き、来季への期待も大きかった。 だが、財政難で緊縮財政に乗り出そうとするクラブの方針に憤ったコンテ監督は5月26日、双方合意の下で契約解除。チーム内外に激震を与えた。 チャンピオンチームの新たな指揮官に注目が集まるなか、就任が決まったのはラツィオで指揮を執っていたS・インザーギ氏だ。 ピアチェンツァでプロキャリアをスタートさせたS・インザーギ氏は、期限付き移籍で武者修行を繰り返したのちに1999年にラツィオに加入。1999-20シーズンのリーグ優勝に貢献するなど一時代を築き、以降はサンプドリア、アタランタへの期限付き移籍を経て、2010年5月にスパイクを脱いだ。 引退後はそのままラツィオの下部組織へ指導者として着任しセカンドキャリアを歩み始めると、2016年4月に前監督の解任によってトップチームへと昇格。2018-19シーズンはチームにコッパ・イタリア優勝をもたらし、翌シーズンには5季ぶりにチャンピオンズリーグ(CL)出場へと導くなど、5年間にわたってラツィオでタクトを振っていた。 今季は6位に終わったものの、コッパ・イタリアでセリエA4位のユベントスが優勝したため、繰り下げでヨーロッパリーグ出場権を獲得した。現地メディアでは新たに3年契約を結ぶものとみられていたが、先月27日に突如退任が決定。既報通り、インテル入りとなった。 2021.06.03 21:50 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly