ネイマール&ムバッペを警戒のストーンズ、シティ初の決勝進出に「自信がある」

2021.05.04 15:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのイングランド代表DFジョン・ストーンズがクラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)決勝進出に自信があると語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

準決勝でパリ・サンジェルマン(PSG)と激突のシティは敵地での1stレグを2-1の勝利で飾り、4日にホームでの2ndレグに臨む。引き分け以上、または0-1で敗れても勝ち上がりが決まる一戦だ。

ストーンズは試合に先駆けた会見で、ブラジル代表FWネイマールやフランス代表FWキリアン・ムバッペとの対峙を心待ちにしつつ、クラブ史上初となる決勝進出に自信をのぞかせている。

「僕らは静かに自信をみなぎらせている。そうでないとね。選手として、クラブとして、CL決勝に進出するというとても大きなチャンスだ。前回の続きとして、入っていかなければならない。僕らは本当に自信があるし、この先のチャレンジにワクワクしているよ」

「誰が相手でも、抑えるのは決して簡単ではない。2人のワールドクラスな選手と対戦できる大きな機会で、DFとしての自分自身をテストできるのはエキサイティンだね。でも、あの2人だけでなく、チーム全体を抑えていく必要がある」

「敗北は考えたくない。勝つために試合をする。それが過去5年間の僕らの考え方で、毎試合勝つためにプレーをしている」

関連ニュース
thumb

シティで序列低下のスターリング…英代表OBは状況に困惑 「長年、この男が頼りだったはずが…」

元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏がマンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングの現状を憂慮した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 スターリングは2015年夏にリバプールからシティへ加入以降、公式戦298試合に出場して115ゴール87アシストの成績を記録。チームの主軸として、数多くのトロフィー獲得に貢献してきた。 しかし、昨シーズンはベンチスタートとなる機会がやや増加すると、今シーズンもここまでの公式戦6試合中4試合でスタメンから外れている。また、18日に行われたプレミアリーグ第5節のサウサンプトン戦では開幕戦以来の先発出場となったが、好機を生かすことができず、チームも勝利を逃す結果に終わった。 今季はいまだ1ゴールを記録するのみであり、シティでの自信を失いつつあるスターリングに対しては今年1月の移籍市場でバルセロナがレンタル移籍に向けて動くという噂も囁かれている。 こうした状況に対して、自身のポッドキャスト番組『Vibe with Five』のなかでファーディナンド氏は、イングランド代表FWの境遇に同情。ジョゼップ・グアルディオラ監督のチームでは起こり得ることだと語りつつ、現在の状況が続くようなら多くのクラブが獲得に動くはずだと予想した。 「彼が自信を失った理由は、スタメンを外されたから以外にないだろう。彼は燃えていたし、多くを生み出していたのにね」 「長年、ゴールが必要なときにはこの男が頼りだった。それが突然、荒野にいるような状態だ。私はこれに困惑しているし、理解できてもいない」 「でも、これがペップ(ジョゼップ・グアルディオラ)の特徴さ。彼はたいていの場合うまくやるが、今回のスターリングの件ではどうだろうね。他のクラブの中には、『この状況がどうなるか見てみよう』と考えているところもあるはずだ」 「私がリバプールなら、明日にはスターリングを獲得するため動くだろう」 2021.09.21 17:59 Tue
twitterfacebook
thumb

ビッグゲーム控えるシティ、ペップは目前の試合に集中「今はカラバオカップに焦点を当てている」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、EFLカップ(カラバオカップ)に集中していると語った。クラブ公式サイトが伝えている。 21日に行われるEFLカップ3回戦でウィコムとの対戦を控えるシティ。チームは中2日、中3日で試合が続くタイトな日程が組まれている。 さらに、ウィコム戦後は、プレミアリーグのチェルシー戦、チャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン(PSG)戦、プレミアリーグのリバプール戦とビッグゲームが続くため、難しい状況に置かれている。 加えて、18日に行われたサウサンプトン戦ではビルドアップがうまくいかずに、ゴールレスドロー。イングランド代表MFフィル・フォーデンが復帰したものの、ハードな戦いが続き、選手には疲労が溜まり始めている。 しかし、グアルディオラ監督は過酷な状況下でもウィコム戦に集中することを明言。その後に続く試合でも良い試合をすると語った。 「今はカラバオカップに焦点を当てている。難しい状況にあり、何人の選手がこれから復帰するかを見守るつもりだが、我々はロンドン、パリ、リバプールに行き、必ず良い試合をするつもりだ」 「サッカーは、ビルドアップのプロセスをどれだけうまくこなせるかにかかっている。そうすれば、ストライカーもウイングも攻撃的MFも、より良いプレーをすることができる」 「その点、サウサンプトン戦では少し苦労した。彼らはそれを良くわかっている。相手が良いプレーをすることもあるし、サウサンプトン戦でチャンスが作れなかった理由を分析すると、そのような理由が挙げられる」 2021.09.21 15:22 Tue
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブとの3連戦控えるシティ、グアルディオラ監督はEFLカップでの若手起用明言 「他に選択肢がない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、EFLカップ(カラバオ・カップ)での若手起用を明言した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 シティはプレミアリーグ王者として迎えた今シーズン、開幕戦でトッテナムに敗れ黒星スタートとなると、18日に行われた第5節のサウサンプトン戦でも最後までゴールを記録することはできずゴールレスドローに終わるなど、今一つ波に乗り切れていない。加えて、チームは現在、DFジョン・ストーンズやDFアイメリク・ラポルテ、MFロドリら多くの負傷者を抱えている。 首位グループから離されないためにもここからの挽回が必要となるが、ここから25日にプレミアリーグ第6節でチェルシーと対戦した3日後、チャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマン(PSG)と激突。さらに中4日を経て10月3日に行われるプレミアリーグ第7節では、アンフィールドでリバプールと対戦する非常に厳しい日程となっている。 こうした状況を受け、グアルディオラ監督は21日に予定されているEFLカップ3回戦のウィコム戦では若手選手を起用するとコメント。チームに複数の負傷者が出ていることに触れつつ、アカデミーから新たな戦力が台頭することへの期待を語った。 「私には他に選択肢がない。我々は(EFLカップで)数人の若い選手をプレーさせるだろう」 「ジョン、アイメリク、オレクス(オレクサンドル・ジンチェンコ)、ロドリが負傷しており、(イルカイ・)ギュンドアンもそのリストに加わったと思う」 「EFLカップはアカデミーの選手にとって、良い機会になるはずだ」 また、グアルディオラ監督は負傷者のほか、数人の選手をEFLカップでは休養させることも明言。週末のチェルシー戦に備えたいと語っている。 「私は25日に行われるスタンフォード・ブリッジへの遠征を視野に入れている。何人かの選手はこれから始まる連戦に備えて休むかもしれないね」 「ルベン(・ディアス)とジョアン(・カンセロ)はここまですべての時間プレーしている。だから、おそらくウィコム戦には出場させないだろう」 2021.09.20 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

フォーデン、ゴールレスでも前向き 「ポジティブなものを得ることができた」

マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンがポジティブな要素を得られたと語った。クラブ公式サイトが伝えている。 18日に行われたプレミアリーグ第5節でサウサンプトンと対戦したシティ。チャンスこそ作りながら、相手GKアレックス・マッカーシーの前に仕留められずの展開が続き、ゴールレスドローに終わった。 フォーデンは負傷離脱からの復帰戦となった15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第1節のRBライプツィヒ戦に続いて、このサウサンプトン戦にも途中出場。救世主とはならなかったが、後半アディショナルタイムに惜しい場面を演出するなど、精力的な働きが光った。 チームとしては3連勝が止まり、残る今節の結果次第で上位勢から遅れを取る結果に終わったが、フォーデンは試合後、前向きなコメントをした。 「最後にゴールを決めて勝ったと思ったんだけど、VARで(ノーゴールと)判定されてしまったんだ。今日はサウサンプトンに苦しめられたよ。この結果を受け止めて、次の試合に向けて前進するだけだ」 「プレミアリーグの試合はどれもフィジカルを押し出したものになるけど、この試合からポジティブなものを得ることができた。僕らは最後まで諦めずにすべてを出し切ったんだ」 「このメンタリティを次の試合でも維持する必要がある」 2021.09.19 17:10 Sun
twitterfacebook
thumb

セインツ戦ゴールレスのシティ、ペップ「センターフォワードがいなかったからではない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督はビルドアップでの問題を指摘した。クラブ公式サイトが伝えている。 18日に行われたプレミアリーグ第5節でサウサンプトンと対戦したシティ。チャンスを生かせない戦況が続くなか、後半アディショナルタイムにネットを揺らしたが、これもビデオアシスタントレフェリー(VAR)の結果、ゴールが認められず、0-0に終わった。 これで3連勝が止まり、FWラヒーム・スターリング、FWガブリエル・ジェズス、FWジャック・グリーリッシュの3トップも振るわなかったグアルディオラ監督だが、試合後にその原因として後ろから前線にうまくボールを入れられなかったことを挙げた。 「今日、勝つことができなかったのはセンターフォワードがいなかったからではない。勝てなかったのはビルドアップ、クリエイト、前線に選手に良いボールを配球するというプロセスがうまくいかなかったからだ」 「良い状態であれば、走ることができ、より良いポジションをとることができる。枠内シュートは1本だけだったが、6ヤードのボックス(ゴールエリア)内では4、5回ほどブロックされる場面もあり、そこそこ良い位置にいたとは思う」 「勝てなかった理由はそれではないが、4バックと(MF)フェルナンジーニョのところでプロセスを行わなかったからだ。他の選手にボールを運ばなくてはならない5人が今日は良くなかった」 続けて、スペイン人指揮官はサウサンプトンの守備を称賛。相手のハードなディフェンスによってゲームプランが崩れたことを認めた。 「ゴールを決める方法はたくさんある。後ろに引いてカウンターを狙うこともできるし、ダイレクトに攻めることもできる」 「我々のプロセスはGKがセンターバックにパスを出し、そのセンターバックがサイドバックに繋ぐ。そして、サイドバックが守備的MFにパスを出し、攻撃的MFがウイングにパスを出すというものだ」 「その過程で旅をしたり、飛行機に乗ったり、一緒に生活していくんだ。これが我々のやり方だよ。今回のプロセスは我々が最初から望んでいたものではなかった。相手が良かったから難しかった。彼らはよく守っていた」 「時には困難なこともあるし、それは相手も関わってくる。それを忘れてはいけない。トレーニングの時間がもっと必要なときもある。今日はそんな感じだ。各ハーフの最初の15分は苦労したが、最後の30分は良くなっていた」 2021.09.19 14:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly