ゼニトが首位攻防戦で圧勝!リーグ3連覇で8度目の優勝達成《ロシア・プレミアリーグ》

2021.05.03 17:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Dugout
ロシア・プレミアリーグの第28節が2日に行われ、ゼニトがロコモティフ・モスクワに6-1で圧勝。この結果、3度目のリーグ制覇を達成した。

首位のゼニトと2位のロコモティフ・モスクワの一戦。両者の勝ち点差は6であり、ロコモティフ・モスクワは勝利してプレッシャーをかけたいところだった。

しかし、19分にアルチョム・ジューバのゴールでゼニトが先制すると、39分にはサルダール・アズムンのゴールで追加点を奪うと、前半アディショナルタイムにはアズムンがPKを決めて前半で3-0とする。

後半に入ってもゼニトは攻勢を止めず、46分にアズムンがハットトリックを達成。ジューバ、マウコムがさらに得点を奪い、6-1で勝利を収めた。

ゼニトは2試合を残してのリーグ優勝を達成。通算8度目のリーグ優勝を3連覇で成し遂げた。

ゼニト 6-1 ロコモティフ・モスクワ

1-0 19分:アルチョム・ジューバ(ゼニト)
2-0 39分:サルダール・アズムン(ゼニト)
3-0 45分+3:サルダール・アズムン(ゼニト)
4-0 46分:サルダール・アズムン(ゼニト)
5-0 51分:アルチョム・ジューバ(ゼニト)
5-1 56分:フランソワ・カマノ(ロコモティフ・モスクワ)
6-1 67分:マウコム(ゼニト)



1 2
関連ニュース
thumb

クロップとの関係を明かすロブレン「時には最高のムードで話せないこともあったけど…」

ゼニトのクロアチア代表DFデヤン・ロブレンが、古巣リバプールを指揮するユルゲン・クロップ監督との関係について明かした。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 2014年夏にリバプールへ加入したロブレンは、公式戦185試合出場8ゴール5アシストを記録。大きなミスによって批判を浴びることも少なくなかったが、2015-16シーズンに行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝ドルトムント戦では劇的な決勝ゴールを記録するなど、随所で印象的な活躍を見せた。 しかし、クロップ監督の下で徐々に出場機会が減少していたロブレンは、チームが待望のプレミアリーグ優勝を果たした昨季終了後に、ゼニトへの移籍を決断した。 今回インタビューに応じたクロアチア代表DFは、クロップ監督とは友人関係を維持していると明かした。 「クロップが監督であり、僕は指揮官の言うことを実現しなければならない選手である以上、時には最高のムードで話せないこともあった。彼が僕を必要としているときに、負傷してしまった時などは特にね」 「それでも、僕たちは友人として別れを告げたよ。何か必要なことがあれば、お互い電話で話し合おうと約束もした。とても良い、オープンな話し合いだったと思う。今でも時々話はしているよ。一度だけ、彼から『チームに君がいなくて寂しい』と言われたことがあって、その時は無視したけどね」 「昨夏にリバプールを離れたことは運命だったと思っている。その前のシーズンも退団間近だったけど、その時は運命ではなかったんだ。リバプールを去ったことは間違いではなかった。僕は(ゼニトでの)最初のシーズンで、すでに2つのトロフィーを獲得している。これは誇りに思うしかないよ」 また、ロブレンは自身が変わるきっかけとなった試合にも言及。ミスを連発したことで前半30分にクロップ監督から交代を命じられた、2016-17シーズンのトッテナム戦が大きかったと語っている。 「クロップが30分で僕を外したあのトッテナム戦について話しておきたい。あれはショックだったけど、あの瞬間僕の心の中で何かが変わり、さらに努力する決定的なきっかけになった。それからはリバプールでの時間が終わるまで、勢いを維持できたと思う」 「その後にリバプールで獲得したトロフィーは、もちろん僕にとっても大きな成果だ。リバプールが燃え始めるきっかけにもなったね」 「他の人がそう思わなくても、僕自身はそう思っている。クロップも理解していると思うが、あのトッテナム戦から僕は良いプレーをするようになったんだ」 2021.06.03 13:23 Thu
twitterfacebook
thumb

フッキがドルトムント相手に“超人”ぶりを発揮して決めた弾丸ジャイロシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表FWフッキがゼニト時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆フッキが超人ぶりを見せつける<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJWWnFQT3BtRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ブラジルでのデビューを経て、Jリーグでもプレーしたフッキは、2008年夏にポルトに加入し、欧州デビュー。ストライカーとしての評価を上げると、2012年にロシアの強豪ゼニトに移籍した。 筋骨隆々の見た目から『超人ハルク』になぞらえてフッキの登録名でプレーするフッキだが、2014年3月19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、ドルトムントとの2ndレグでは、豪快なゴールを決めている。 ゼニトのホームで行われた1stレグでは、2-4で敗れていたゼニト。しかし、アウェイで行われた2ndレグでは、フッキがいきなり魅せる。 0-0で迎えた16分、右サイドでパスを受けたフッキは、相手からのプレッシャーを受けながらもボールをキープすると、ドリブルで中央へ切り込んでいく。相手陣内中央まで侵入すると、左足を豪快に一振り。ジャイロ回転のかかった強烈なシュートは、GKから逃げるような変化をしながらゴール左に決まり、逆転に望みを繋ぐ先制ゴールとなった。 フッキのゴールで先手を取ったゼニトは、試合には2-1で勝利したものの、合計スコア4-5と惜しくも及ばす。ラウンド16で姿を消している。 2021.01.15 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「宿泊施設が必要なら連絡を」クロアチアで発生した大地震、被災者をロブレンが救済

昨シーズンまでリバプールでプレーしたクロアチア代表DFデヤン・ロブレンが、クロアチアの国民を助ける動きを見せた。 クロアチアでは29日、首都のザグレブ近郊で、マグニチュード6.4の地震が発生した。 この地震により、少なくとも7名の命が奪われ、死者はさらに増える可能性があるとのこと。建物も倒壊し、12歳の少女も命を落としたという。 新型コロナウイルス(COVID-19)に見舞われ、世界的な危機に陥った2020年も終わりを迎えようとする中での悲劇。この地震では、隣国のセルビアやボスニア・ヘルツェゴビナでも感じられたという。 そんな中、ロブレンが自身が所有するホテルを貸し出すと提案。自身のインスタグラム(dejanlovren06)で呼びかけた。 「ペトリンジャの親愛なる皆さん。僕はノバルジャの僕のホテルを、最も危険にさらされている16の家族が利用できるようにしています」 「一時的に宿泊施設を必要とする場合は、僕のチームに連絡してください」 なお、チェルシーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチも支援を約束している。 <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CJYk2cFF2jV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CJYk2cFF2jV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CJYk2cFF2jV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Dejan Lovren(@dejanlovren06)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.12.31 19:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ロシアで珍オウンゴール発生、昨季までリバプール在籍のロブレンがやらかす

リバプールは16日に行われたプレミアリーグ第13節で、首位のトッテナムと対戦。緊迫した展開となった試合は、90分にFWロベルト・フィルミノがヘディングシュートを決め、劇的勝利で単独首位に浮上していた。 一方、時を同じくして、昨シーズンまでリバプールに在籍し、今シーズンからロシアのゼニトでプレーしているクロアチア代表DFデヤン・ロブレンがやってしまった。 <div id="cws_ad">◆闘将ロブレンが新天地ロシアで決めたゼニト初ゴール<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJGa0NVOGNqVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ロシア・プレミアリーグ首位のゼニトは16日、第19節で2位のスパルタク・モスクワと対戦。ロブレンはキャプテンマークを巻いて先発出場を果たした。 試合はゼニトが8分にFWサルダール・アズムンが先制点を決め、迎えた22分、スパルタク・モスクワが右サイドからクロスを上げる。ファーサイドへと通ったボールは、スパルタクFWが頭で中央へ折り返すも、味方は中に走り込んでおらず、ロブレンが胸でGKへとバックパスを試みた。 しかし、思ったよりもGKとの距離が近かったのか、ロブレンのチェストパスが大きくなり、GKの必死のジャンプも実らず、痛恨のオウンゴールとなった。 それでも、ゼニトは後半に2点を奪い、3-1で快勝。天王山を制し、スパルタク・モスクワとの勝ち点差を6に広げている。 <div id="cws_ad">◆ロブレンの”胸”オウンゴール<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">21&#39; | GOOOL - Lovren (<a href="https://twitter.com/Dejan06Lovren?ref_src=twsrc%5Etfw">@Dejan06Lovren</a>) tenta atrasar para o goleiro e marca gol contra, deixando tudo igual entre Zenit (<a href="https://twitter.com/zenit_spb?ref_src=twsrc%5Etfw">@zenit_spb</a>) e Spartak (<a href="https://twitter.com/fcsm_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@fcsm_official</a>) pelo Campeonato Russo.<a href="https://twitter.com/hashtag/RussoNoBandsports?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RussoNoBandsports</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/CampeonatoRusso?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CampeonatoRusso</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/futebol?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#futebol</a> <a href="https://t.co/U2JJ4i4XXy">pic.twitter.com/U2JJ4i4XXy</a></p>&mdash; BandSports (@bandsports) <a href="https://twitter.com/bandsports/status/1339261826408845319?ref_src=twsrc%5Etfw">December 16, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.12.17 17:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴィツェル弾で逆転勝利のドルトムントが首位通過を決める! 16歳ムココがCL最年少出場記録を更新《CL》

ドルトムントは8日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF最終節でゼニトと対戦し、2-1で勝利した。 グループ首位通過を目指すドルトムント(勝ち点10)が、すでにグループステージ敗退の決まっている最下位ゼニト(勝ち点1)のホームに乗り込んだ一戦。 ハーランドやデラネイ、ラファエル・ゲレイロ、アカンジ、ムニエら主力に多くの負傷者を抱えるドルトムントは、直近のフランクフルト戦から先発メンバーを6人変更。サンチョやレイナ、ダフード、GKビュルキに代えてロイスやトルガン・アザール、ベリンガム、GKヒッツを先発で起用した。 攻撃時[3-3-2-2]、守備時に[5-3-2]の布陣を採用するドルトムントは、16分に先制を許す。左からのスローインをバイタルエリア中央のドリウッシが逆サイドへ展開すると、これを受けたストロミンがマウコムとのパス交換でボックス右まで切り込み折り返す。これをボックス内に走り込んだドリウッシが右足で合わせるとフンメルスにディフレクトしたボールがゴール右隅に吸い込まれた。 先手を取られたドルトムントは、19分にボックス左から仕掛けたT・アザールがゴールに迫ったが、シュートはGKケルジャコフのセーブに阻まれる。その後もアタッキングサードまでボールを運ぶが、そこからのアイデアと精度を欠き、なかなか決定機まで持ち込むことができない。 すると、33分にドルトムントはゼニトの反撃に遭う。ロングパスを前線でドリウッシのスルーパスからDFの裏に抜け出したアズムンがボックス内まで持ち上がりゴールネットを揺らしたが、これはアズムンのオフサイドを取られ、ゴールは取り消しとなった。 ドルトムントは、前半終了間際の45分にロイスが右ポストを直撃のコントロールショットでゼニトゴールを脅かしたが、同点弾は生まれず。1点のビハインドで前半を終えた。 迎えた後半、ドルトムントは開始早々のにピンチ。47分、マウコムの右クロスからボックス内が混戦するとクジャイェフがシュートを放ったが、これはGKヒッツの好セーブで難を逃れた。 その後、主導権を握られる展開となったドルトムントは、58分にブラントとパスラックを下げてレイナとCL最年少出場記録となる16歳18日のムココをピッチに投入。すると68分、右CKのセカンドボールをボックス左のロイスがダイレクトで折り返すと、中央のフンメルスのシュート。これは相手GKに弾かれるも、こぼれ球をピシュチェクが押し込んだ。 72分にフンメルスとピシュチェクを下げてサンチョとザカドゥをピッチに送り出したドルトムントは、78分に逆転する。サンチョからのパスをボックス右手前で受けたヴィツェルがカットインから左足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。 その後、ゼニトの反撃を受けたドルトムントだったが、粘りの守りでこれをシャットアウト。ヴィツェルの決勝点を守り抜いたドルトムントが、グループ首位通過を決めた。 ゼニト 1-2 ドルトムント 【ゼニト】 ドリウッシ(前16) 【ドルトムント】 ピシュチェク(後23) ヴィツェル(後33) 2020.12.09 04:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly