グラナダに敗戦で首位浮上ならず…自身も退席処分と踏んだり蹴ったりのクーマン「精神的に大きな打撃」

2021.04.30 11:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのロナルド・クーマン監督が振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。

29日に行われたラ・リーガ第33節のグラナダ戦で勝てば、単独首位浮上となる3位バルセロナ。24分にFWリオネル・メッシのゴールで先制に成功するも、63分に同点ゴールを許すと、79分には逆転弾を沈められ、1-2と敗れている。

自身も同点に追いつかれた直後、審判団への暴言があったとして退場を命じられたクーマン監督は試合後の会見に出席。首位浮上の絶好機を逸する痛恨の敗北を分析した。

「我々は試合を支配したが、落ち着かせる追加点を取れなかったね。ディフェンス面に関しても集中力の欠如があった」

「それがポイント逸に繋がってしまった。ディフェンスがうまくいかず、スペースを封じることができなかった」

また、「今日は負けたことを受け入れなければならない。がっかりしているし、精神的に大きな打撃だ」と嘆いたが、「まだチャンスはある。敗戦を分析し、前に進まなければならない。日曜日は重要な試合になる」とタイトルを諦めていない姿勢を強調した。

さらに、自身の退席処分についても言及。「私が第4審を侮辱したという記録があるとのことだが、理解できない。悪いことは言っていないし、侮辱したわけではない。信じられないことだ」と疑いを全面否定している。

関連ニュース
thumb

マルセイユ、バルセロナの米代表FWデ・ラ・フエンテ獲得決定的に

マルセイユがバルセロナに所属するアメリカ代表FWコンラッド・デ・ラ・フエンテ(19)を完全移籍で獲得することが決定的となった。フランス『RMC Sport』など複数メディアが報じている。 『RMC Sport』が伝えるところによれば、マルセイユとバルセロナはデ・ラ・フエンテの移籍に関して350万ユーロ(約4億6000万円)の移籍金で合意に至っており、すでに個人間合意に至っている選手サイドとは4年契約を結ぶ予定だという。 なお、今回の契約には各種インセンティブや、バルセロナ側の買い戻し条項などが含まれているようだ。 アメリカのマイアミ出身も10歳で家族と共にスペインに移住したデ・ラ・フエンテは、2013年にバルセロナのラ・マシアに加入。2020年11月のチャンピオンズリーグのディナモ・キエフ戦では待望のトップチームデビューを飾っていた。 左ウイングを主戦場に優れたアジリティと両足をそん色なく操るボールスキルを武器に、今シーズンのバルセロナBでは22試合6ゴール4アシストの数字を残すなど、印象的なパフォーマンスを披露していた。 2021.06.21 23:42 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサFWデンベレのユーロ2020が終了…ヒザの負傷でフランス代表から離脱

フランスサッカー連盟(FFF)は21日、バルセロナのFWウスマーヌ・デンベレがフランス代表から離脱することを発表した。 デンベレは、19日に行われたユーロ2020グループF第2節のハンガリー代表戦に後半から途中出場。しかし、87分にトマ・レマルと交代していた。 ディディエ・デシャン監督はヒザの負傷と伝えていた中、20日にブダペスト市内の病院でX線検査を実施したものの、ユーロ期間中の回復が見込めずに離脱することが決定した。 なお、フランス代表のメディカルスタッフととバルセロナの間では話し合いが行われているとのことだ。 初戦のドイツ代表戦では終盤の途中出場、ハンガリー戦でも途中出場となっていたデンベレ。シーズン中は良いパフォーマンスを見せていただけに、この離脱は辛いものとなった。 2021.06.21 19:50 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ会長がメッシの残留願う「できるだけ早くイエスと言ってもらいたい」

バルセロナのジョアン・ラポルタ会長が、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの契約延長について話した。スペイン『マルカ』が伝えている。 バルセロナはラポルタ新会長のもと、今夏の移籍市場で積極的な補強を敢行しており、すでにFWセルヒオ・アグエロ、FWメンフィス・デバイ、DFエリック・ガルシア、DFエメルソンの4選手を獲得。その一方で、6月末で契約切れを迎えるメッシとの延長交渉には苦戦を強いられている。 クラブのファン総会に出席したラポルタ会長は、スペイン『ラ・バンガルディア』のインタビューでメッシの契約延長について言及。エースの残留を強く願った。 「メッシにはできるだけ早くイエスと言ってもらいたい。そうすればあらゆる面で助かる」 「彼とは毎日コミュニケーションを取っている。契約延長に期待感を持ってくれているし、残留するための意欲を見せてくれていることについては感謝している」 また、「あと3、4人と契約することになるだろう」ともコメント。今夏の移籍市場で更なる戦力アップを狙っていることを示唆した。 2021.06.21 16:51 Mon
twitterfacebook
thumb

ポルトガル戦で活躍のゴセンズ、バルサやバイエルンから関心か

アタランタのドイツ代表MFロビン・ゴセンズ(26)にバルセロナやバイエルン、ドルトムントといったビッグクラブが関心を示しているようだ。ドイツ『Sport1』、『Sport Deutschland』が報じている。 ゴセンズは19日に行われたユーロ2020グループF第2節ポルトガル代表戦で3ゴールに絡む大活躍を見せた。この活躍を受け、アタランタは移籍金を3500万ユーロ(約45億円)から4000万ユーロ(約52億円)に上昇させた模様だ。 『Sport1』によればバルセロナがゴセンズの代理人に接触を図ったとのことだ。また、『Sport Deutschland』によるとバイエルンとドルトムントが獲得に乗り出す可能性があると主張している。 アタランタ不動の左サイドとして活躍するゴセンズはここ3シーズン、クラブのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献。今季は公式戦44試合の出場で12ゴール8アシストを記録していた。 2021.06.21 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「夢の実現だ」バルサ加入のオランダ代表FWデパイが歓喜「バルセロナ万歳!」

バルセロナに完全移籍で加入したオランダ代表FWメンフィス・デパイ(27)が、移籍についてコメントした。クラブ公式サイトが伝えた。 バルセロナは19日、リヨンからデパイを完全移籍で獲得することを発表。フリートランスファーでの加入となり、契約は2年間となっている。 新シーズンに向けては、FWセルヒオ・アグエロ、DFエリック・ガルシア、DFエメルソンに次いで4人目の補強となったデパイ。強力な攻撃陣をさらに強化する期待がかかる。 指揮を執るロナルド・クーマン監督とは、オランダ代表で共に働いており知った仲。アグエロ、そしてリオネル・メッシとともに強力な前線でトリオを組む可能性も高い。 そのデパイは、現在オランダ代表としてユーロ2020に参戦中。そんな中、クラブの最初のインタビューに応じ、今回の移籍について「僕は幸せであり、誇りに思っている」と語り、「世界最大で、最高のファンがいる」とクラブのイメージを語った。 改めて新シーズンに向けては「ファンで埋め尽くされたスタジアムでプレーできることにとても興奮している。バルサのファンはとても特別な方法で試合を後押ししてくれる」とファンの存在に言及。「彼らはサッカーをとても愛しており、僕はこのファンの前でプレーすることにとても興奮している」と早く後押しを受けたいと意気込んだ。 また、今回の移籍に尽力してくれた幹部にも感謝。「夢の実現だ。バルセロナの全ての幹部、会長、監督にも感謝したい」とコメント。「クラブのために全てを捧げるし、その準備はできている。ビスカ・エル・バルサ!(バルセロナ万歳!)」と、加入が待ち切れないようだ。 オランダ代表はここまで2戦2勝でグループステージ突破が決定。ユーロ制覇を手土産にバルサに合流することになるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】バルサ加入が決まったデパイのファーストインタビュー</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJRQ1ROdWZlZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.20 22:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly